Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浮気してしまったけど復縁したい!好きな人との関係を戻すための方法とは?

浮気してしまったけど復縁したい!好きな人との関係を戻すための方法とは?

恋愛関係や夫婦関係を壊してしまう原因である浮気。
ちょっとした出来心だったとしても、1回の浮気で破局や離婚に繋がることもあります。
今回は浮気してしまった場合でも復縁できる方法選を紹介します。
好きな人との復縁したい方、必見です。

1.誠心誠意謝る

謝って復縁する
しっかりと相手に自分が悪かったことを伝えることで、相手が許してくれることもあります。
もちろん、ここでの謝罪は心からの謝罪。
形ばかりの謝罪は、見破られた後の復縁がかなり難しくなります。
また、長年浮気しているといった場合は、謝っても許してもらえない恐れも。
それゆえに、浮気がすぐにバレてしまった際に使える方法といえるでしょう。

ラインやメールではなく、直接謝る

浮気がバレてしまった場合、相手の顔を見るのが申し訳なく感じてしまう方もいます。
しかし、そこでラインやメールで謝罪するのはアウト。
相手にそこまで反省していないという意思を見せているように思わせてしまい、さらに関係が悪化してしまいます。

顔を見たくないときでも、話し合いの場を設けて謝罪するのが一番。
ラインやメールの方が気軽に送れますが、どういった思いって発信したのか相手に伝わりません。
それよりも面と向かって謝ることで、相手に思いを伝えやすくなります。

浮気相手と連絡していないことを告げる

謝るだけではなく、浮気相手との連絡を切っていることも伝えることで、相手の信頼性もぐっと上がることも。
誠心誠意謝ることも大切ですが、相手にとっては「また浮気されるかもしれない」という不安があります。
実際、復縁したのにまた浮気されて別れたというというは、よくあるケース。
そのようなことをしないという意思表示のためにも、浮気相手と連絡していないことを強く伝えましょう。
相手の目の前で、浮気相手の連絡先を削除する方法もおすすめです。

逆ギレは禁物

相手によっては、どれだけ謝っても許してもらえない場合があるかもしれません。
しかし、その際にキレてしまうと元も子もありません。
逆ギレしてしまうと、「こっちが好きな人に浮気されて傷ついているのに、なぜそっちがキレるのか分からない」という考えを相手に与えてしまい、復縁が難しい状況に。

話し合いの場ではどれだけ相手に言われても、キレることなくジッと我慢しましょう。
浮気というのは、それくらい重い問題です。
相手との復縁を望む際には、しっかりとこれまでの自分とは違うことを伝えることが大切。
また、自分の意見ばかりではなく、相手の条件を飲むことで復縁を目指す方法も可能です。

2.冷却期間を設ける

どうにか復縁したい
浮気がバレてすぐに許される場合もあれば、冷却期間として一定時間距離を開けることもあります。
許してもらえればそれでOKと思うかもしれませんが、相手にとっては「また浮気するのでは無いか」という不信感が残っていることも。
それらを少しずつ無くしていくための方法として、冷却期間を用いるのです。

冷却期間はどのくらい必要なのか

冷却期間は、カップルや夫婦によって個人差があります。
例えば喧嘩が理由で浮気したといった、相手に落ち度が少しでもある場合は短くなることも。
理由は、冷却期間内に「あの時の喧嘩で浮気してしまったのでは無いか」という気持ちが生まれ、自分が悪いという意識に苛まれるからです。

一方で、相手に全くの落ち度がない場合は長期化。
浮気していた期間が長い場合でも、冷却期間が長引く恐れがあります。
しかし、あまりにも長すぎると自然に関係解消してしまうかもしれません、
ある程度見切りをつけて、自分から会いたいという連絡を相手に送りましょう。

冷却期間中は心を休ませよう

冷却期間中、常に相手のことを思うのは心身共に披露してしまいます。
相手と会わない間は、無理に考えることをやめて心と体をリフレッシュする時間にあてましょう。
そうすることで、新鮮な形で相手の気持ちを考えられます。
浮気がバレた直後は、相手も自分も怒りや悲しみによって心が荒れている状態。
冷却期間中に、その際の衝動を抑えて安定した心を取り戻しましょう。

どうしても難しい場合は、第三者に頼ってみるのもおすすめ。
友人に相談することで、自分が考えていなかった復縁方法を教えてもらえるかもしれません。

冷却期間を設けることで感じること

バレた直前は関係が最悪になりますが、冷却期間を設けることで、関係が修復することも。
その中には、これまで見えてこなかった相手の魅力が見えてくる場合もあります。
この気持ちは、相手も持つことがあります。

もしお互いに新たな魅力を感じられるようになったら、冷却期間を終わらせてもいい証となります。

浮気発覚後から復縁後の関係はどうなるのか

復縁するための冷却期間
謝罪や冷却期間によって復縁ができた場合、以前のような関係とは少し違った雰囲気になります。
どのような特徴があるのかに関しては以下の通りです。

束縛されやすくなる

相手は「自分がきちんと思いやっていなかったから浮気された」という気持ちが生まれることがあります。
それゆえに、今後浮気をさせないためにも、相手から束縛されやすくなるかもしれません。
浮気前よりも深い愛を感じられるようになるといったメリットもありますが、一方で自分の自由が少なくなるというデメリットがあります。
もし、束縛が強くなりすぎている場合はしっかりと伝えましょう。

また浮気をした場合は別れることも

1回目は許してもらったとしても、2回目は許してもらえない恐れがあります。
何度も浮気を重ねてしまうと、相手の不信感が募ってしまい、これまでの信頼関係が崩壊。
どれだけ相手のことを愛していても、全く聞いてもらえないようになってしまいます。

一方で、浮気を何度もされてしまうと、相手の心に深い傷を負わせる結果に。
「自分は魅力がない人間なんだ」と思い込んでしまい、相手へ愛を尽くさなくなります。
こうならないためにも、一度してしまった浮気は二度としないようにしましょう。

過去の話はタブーになる

付き合っている時間が長いと、思い出話を話すこともあるかもしれません。
浮気以前は特に問題ないことでしたが、浮気後は過去の話がタブーに。
理由は過去の話を振り返った際に、浮気という嫌な記憶が蘇るためです。

復縁が成功した場合は、過去を振り返らずに前だけを見るようにしましょう。
そうすることで、浮気直後の嫌な記憶が薄れていきます。

相手の変化に気が付けるようになる

浮気は、相手との関係が何かしら悪化した際に生まれるもの。
復縁後は、浮気が起きないためにも互いに相手の様子や仕草に対して敏感に反応しやすくなります。
これにより、メイクを変えたことや髪を切ったことなど小さなことに気づけるようになり、お互いの気持ちがさらに分かり合えるようになります。

もちろん、ただチェックするだけではなく、コミュニケーションをとることも大切。
コミュニケーションを積極的にとることで、相手の気持ちをしっかりと汲み取れるようになります。

確実に復縁をする方法はあるのか

確実に復縁したいなら復縁屋!
ここまで復縁方法やその後について紹介しましたが、中にはどうしても相手に許してもらえないこともあるかもしれません。
また、もうしないと決めた浮気をまたしてしまった場合は、破局や離婚に至ってしまう可能性も。
そんな場合でも相手と復縁したい時には、「復縁屋」に依頼してみてはいかがでしょうか。

復縁屋とは

復縁屋とは、復縁したい相手に対して依頼者が再び関係を戻せるように工作を行う専門業者のこと。
基本的には、探偵事務所が恋愛工作の一環として復縁屋を行なっている場合が多いです。
ほとんどの探偵事務所では恋愛における工作は行ってはいません。

また、探偵事務所ではない業者が復縁工作を行っていることもあるため、要注意。
そもそも探偵事務所は探偵業届出を申請しなければならないため、調査業を名乗ることはできません。
そこで、そういった探偵事務所ではない復縁業者はオンラインゲームやSNSといったインターネットを駆使した方法で間接的な復縁工作を行います。
一方で、探偵事務所である場合は調査業を申請しているため、実際にターゲットの生活をチェックした上で工作を実行。
成功確率としては、後者の方が高いとされています。

支払いは着手金と成功報酬の2段階<h/3>
復縁屋への支払いは、着手金と成功報酬の2つに分けて行います。
まず、ターゲットの生活を調査する前に着手金を支払います。その後、成功した場合に成功報酬を復縁屋に渡す流れです。
金額に関しては、各業者によってさまざま。着手金は30〜100万円、成功報酬は10〜60万円ほどとなっています。

自分に合った復縁屋を探そう

復縁屋は日本各地に点在しており、料金や調査範囲が異なります。適当に選んでしまうと自分が思っていた結果にたどり着かなかったり、復縁にならなかったりなど損することに。復縁屋を使って相手との関係を修復させたい方は、以下のリンクをクリックして気になる業者に依頼してみてください。
復縁屋・復縁工作の口コミ評判をおすすめランキングで比較