元夫・旦那と復縁したい!離婚を後悔する理由と復縁する方法とは?

元夫・旦那と復縁したい!離婚を後悔する理由と復縁する方法とは?

後悔してしまう離婚とは?

復縁したい

離婚は、相手との関係が耐えられなくなった際に有効な手段です。 ただ、しっかりと今後のことや自分のことを考えないと、なぜ離婚してしまったのかと後悔してしまいます。 ここでは、後悔してしまう離婚の例をいくつかピックアップ。 読んでいく中で、当てはまる内容があるかもしれませんよ。

1.経済的に苦しめられるようになった

夫婦の間はお互いで家計を支え合うため、ある程度生活にゆとりが持てるようになります。 特に元夫の給料が良ければ良いほど、一軒家を買ったり、車を買ったりなど大きな買い物をすることも可能に。 しかし、離婚してしまうと一気にゆとりがなくなってしまいます。 特に専業主婦だった方にとっては、結婚していた時とは大きく異なる人生が待っています。 子供がいる場合は、養育費がもらえるとはいえ、時間もお金もさらに厳しい状況。 お互い経済的自立できているならば後悔することは少ないですが、元夫に頼った生活であれば、離婚したことを後悔してしまうでしょう。 近年では熟年離婚という形が増えています。 熟年離婚とは、長年夫婦として協力していたにも関わらず、50代や60代になってから離婚すること。 若年層の離婚であれば経済的自立もできますが、50代や60代となると厳しいです。 熟年離婚をした方の中にも、経済的苦境に立たされて離婚を後悔する方もいますよ。

2.勢いで離婚してしまった

本来、離婚というものは弁護士に相談したり、相手と話し合ったりなど、冷静になって行うもの。 しかし、元夫の浮気や性格の不一致に耐えきれず、勢いで離婚してしまった方もいます。 感情的な離婚は、準備不足のまま進んでしまうため、経済的な問題といった様々な問題が降りかかります。 また、離婚後落ち着いて考えるとやっぱり元夫が好きという感情が残っている方もいるかもしれません。 そういった時であっても、離婚したことを後悔してしまします。 もし元夫との復縁を望む場合は、感情的にはならず、落ち着いて話し合いましょう。

3.周囲の目が耐えられなくなった

世界的に見ても、離婚というはあまり良いものではありません。 もちろん、日本であっても海外ほど嫌われることはありませんが、好印象は持たれないでしょう。 たとえ夫婦間で良好に離婚できたとしても、親戚や友人から嫌な目で見られてしまうことも。 最初は平気と思うかもしれませんが、次第に苦痛になってしまいます。 他人の意見など気にしない、自立した方であれば特に問題ありません。 しかし、全員が自立している人間ではないことも事実。 特に日本人は、雰囲気や意見に流されやすい性格です。 多くの意見を言われ続けると、離婚したことを後悔してしまうようになります。

4.子育ての時間が作りにくくなった

結婚している間は、2人で家計をやりくりできるため、子育ての時間も作りやすいです。 ただ、離婚してシングルマザーとなると生活は一変。 仕事に追われてしまい、子育てする時間がかなり減ってしまいます。 ある程度子供が自立しているのならばそこまで問題ありませんが、まだ小さい場合は大変。 何かと世話が焼ける年頃でもあるため、子育ての時間を設ける必要があります。 どうしても子育ての時間がない時には、ベビーシッターや保育園に預ける方法もあります。 しかし、どうしても費用がかかってしまい、経済的な余裕がある人でないと預けられません。 実家に戻って、祖父母に育ててもらう方法も可能です。 費用はそこまでかかりませんが、親に迷惑をかけてしまうため、申し訳ない気持ちに苛まれてしまいます。

5.元夫のような男性に出会えない

離婚が成立した後、新しい相手を探すために婚活パーティーや結婚相談所に行く方も。 そこで新しい相手と出会えればいいですが、うまくいかない方もいます。 特に元夫がイケメンであったり、高収入であったりすると、なかなか妥協しづらいもの。 相手探しをしているうちに、元夫が自分に一番ぴったりな男性だったのではないかと思うようになるかもしれません。 離婚した方の中には、不倫相手と付き合い始めるケースもあります。 しかし、正式に付き合い始めると性格の不一致や金銭問題など、当初とは違った一面を見せられてしまい、想いが幻滅してしまう可能性も。 そのようなことに見舞われてしまうと、離婚しなければよかったと後悔してしまいます。

元夫と復縁する方法

離婚したとしても、元夫と復縁する方法はいくつかあります。 主な方法としては3つ。 読んでいく中で、自分でもできそうな方法を実行してみてください。

1.冷却期間を置くこと

どんな形での復縁であれ、必ず冷却期間を設けましょう。 冷却期間を設けることにより、自分自身を見つめ直すことができ、元夫の気持ちや自分の想いなどを整理することができます。 特に、自分の不倫や金銭問題が原因であれば、なおさら自分が悪かった部分を見つけるために、冷却期間を設けなくてはなりません。 無理に冷却期間を設けずアタックしても、「あの頃と何も変わっていない」と思われて失敗してしまいます。 もし頭だけでまとめるのが大変ならば、ノートやスマートフォンにメモする方法もあります。 特にスマートフォンでは音声入力ができるため、わざわざノートやペンを用意せずとも、気軽に残すことが可能。 一旦アウトプットしてみることにより、頭の中で考えるよりも、物事を整理しやすくなりますよ。

2.経済的自立を目指す

現代は、夫が家計を支える時代ではなく、夫婦揃って家計を支える時代。 復縁を目指す前に、何か手に職を持ち、経済的に自立しておくことで、元夫も安心できる相手と思わせることができます。 専業主婦としての形で復縁もできますが、相手側の負担が増えてしまうため、自立している女性と付き合うよりも負担になってしまいます。 冷却期間を使って、新たな仕事を見つけておきましょう。

3.離婚前よりも自分を磨く

経済的自立や冷却期間といった内面の改善だけではなく、外見の改善もしておきましょう。 どんな人であれ、最初は外見からどんな人なのかを考えます。 もし離婚前とそこまで変わっていな場合、復縁してもこれまでと同じ雰囲気になってしまうと思われます。 エステに通ったり、メイクを変えたりなど、これまでの自分とは違った雰囲気で連絡を取ることで、変化したことを実感させることができます。 もちろん、内面を磨くことも合わせて行うこともおすすめ。 料理を勉強したり、元夫の仕事を理解したりなどすることにより、相手にとって必要なパートナーとしての印象を植え付けられます。

どうしても元夫と復縁したい時の方法

復縁したい

どれだけ元夫と復縁したいと思っても、どこに住んでいるのか分からなかったり、断られたりなど上手くいかないこともあります。 早く復縁したい方や、何をやっても成功しなかった方は、復縁屋に依頼してみましょう。

復縁屋とは?

復縁屋とは、依頼者とターゲットを自然な形で復縁させる業者のこと。 最初に、ターゲットの住んでいる場所や交友関係を調査。 その結果を使って、工作員がターゲットに近づきます。 最後にうまく依頼者を近づけさせ、復縁へと導く流れが一般的です。

探偵会社が行う復縁屋を選ぼう

復縁屋を選ぶ際には、探偵会社が行なっている復縁屋を選びましょう。 探偵会社は調査業に従事するための届け出を提出しており、しっかりと調査した上で工作を行います。 一方で、届け出をしていない復縁屋の場合はインターネットを使った工作を行いますが、成功確率が探偵会社と比べて低め。 確実に復縁を望むのであれば、探偵会社が行う復縁屋がおすすめです。

料金はどのくらい?

復縁屋の料金は着手金と成功報酬の2つに分けて支払います。 着手金は、調査を行う前に支払うもの。 30〜100万円ほどかかり、ターゲットや期間、場所によって料金が変動します その後、無事に成功した場合は成功報酬を支払う必要があります。 成功報酬は着手金よりも安く、10〜60万円ほど。 業者によってはお試しプランを設けていることもあり、初めての方でも安心して利用できる環境を整えています。 どうしても大金がかかってしまうため、安い復縁屋を選びたくなるかもしれません。 しかし、安い復縁屋を選んでしまうと音信不通になるといったトラブルに巻き込まれる恐れもあります。 しっかりと内容や実績を確認した上で、判断しましょう

口コミも忘れずにチェック

実績や料金のチェックも必要ですが、口コミといった評判も見ておきましょう。 復縁屋・復縁工作の口コミ評判をおすすめランキングで比較では、おすすめの復縁屋をピックアップしているため、これから復縁屋を利用したい方の参考になりますよ。