別れさせ屋が行う別れ工作

別れさせ屋が行う別れ工作

恋愛工作には様々な種類があります。その中でも依頼が多い恋愛工作の一つに「別れ工作」があります。別れ工作は別れさせ屋が行う恋愛工作の一つですが、似たような工作に「別れさせ工作」というのがあります。この二つの工作の違いが分からない方もいるのではないでしょうか?

また工作の方法や、実際に別れ工作を依頼して成功した人がいるのかも気になるところだと思います。今回は別れさせ屋が行う「別れ工作」の特徴や工作方法、実際の成功例をまとめてご紹介していきます。

別れ工作とは?

「別れ工作」とは、別れさせ屋に依頼して行ってもらう恋愛工作の一つですが、よく「別れさせ工作」と間違う人もいます。どちらも男女を「別れさせる工作」ですし、違いも分かりにくいので同じ工作だと思っている方も少なくないでしょう。

「別れ工作」とは工作の依頼者自身とパートナー、または恋人と別れさせる工作のこと。一方「別れさせ工作」とは工作の依頼者以外の男女を別れさせる工作のこと。つまり、工作を行う対象者に依頼者が含まれているかどうかの違いです。

もし、依頼者自身が夫や妻、彼氏や彼女と別れたい場合には「別れ工作」。依頼者ではなく他に別れさせて欲しい男女がいるとき、夫または妻と浮気相手、元カレや元カノと恋人を別れさせて欲しい場合には「別れさせ工作」を依頼する形になります。

別れさせ屋の別れ工作の方法

別れさせ屋の別れ工作の方法ですが、まずは約2~3週間かけて対象者についての身辺調査を徹底的に行います。調査は自宅環境、行動、交友関係、性質調査をして工作ポイントの設定や工作プラン、工作員の選定などを行うのです。

この身辺調査に多少の時間がかかってしまいますが、この身辺調査によって工作の失敗に繋がる可能性もあるので、多くの業者がかなり徹底して行っています。この身辺調査は依頼者の正確な対象者の情報提供が成功のカギを握っています。

依頼者の情報提供によって身辺調査が最速で進み、早い段階で工作に移れるので、依頼者は自身以外の対象者の情報提供が正確に詳しいもので、情報量が多いほどスムーズに工作を進めることが出来るのです。

身辺調査が終わったら、いよいよ工作員が対象者に接触しますが、身辺調査結果をもとに工作プランを考え、自然な形で相手に接触をして、プロならではの心理的誘導や技術で依頼者と対象者を「別れの道」へと進めていくのです。もちろん、工作員の接触の方法は対象者の性格や継続的行動などによって変えていきます。

別れ工作の事例

今後、別れさせ屋で「別れ工作」を依頼しようか検討中の方は実際に別れ工作を行った人たちが無事に別れることに成功したのか気になりますよね?別れたいパートナーや恋人がいるのに、なかなか別れられず苦しんだり、辛い経験をした人たちが別れさせ屋に工作を依頼して別れることに成功したケースはいくつもあります。

ここでは、その成功事例の中からいくつかご紹介しようと思います。もしかしたら、自分と同じような境遇の方の事例もあるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

妻と別れて本気で愛した女性と一緒になりたい

私と妻の結婚生活は約10年で、小学生の子供が2人います。結婚のきっかけは高校の同窓会で、2年の交際を経て結婚しました。付き合って1年で同棲しましたが、妻はそのときから家事全般は下手でした。

料理、裁縫、掃除など、同棲していた時は私が掃除をしていて、料理はお互いに仕事をしていて時間も合わなかったので、バラバラで食べることが多かったため、あまり気にしていませんでした。妻は「結婚したら、家のことはちゃんとやるから」と約束してくれたので結婚を決めました。

結婚してから、妻はそれまで勤めていた仕事を辞めて専業主婦になりました。ですが、結婚をして子供も出来たというのに家事はほとんどせず、私が家に帰ってから子供たちや自分の料理を作っていました。掃除もしていなかったので、部屋も散らかりっぱなしで不満が溜まっていきました。

一日家にいるのに、何もしない妻に愛想を尽かし、私はいけないと分かっていながらも浮気をしてしまいました。最初はほんの遊び心で関係を持った女性でしたが、一緒にいるうちに愛情が芽生え「ずっとこの女性と一緒にいたい」と心から思うようになりました。

また、彼女はすごく家庭的な料理好きの女性で、掃除や家事全般も仕事と両立してきちんとこなしていました。私は彼女に「一緒になりたい」という気持ちを伝え、子供がいることも伝えたら「私は過去に病気を患って子供が産めないから、あなたの子供とも一緒に暮らしたい」と言ってくれたのです。

もともと、子供の親権は取りたかったので、子供のことを快く受け入れてくれた彼女と一緒になるために本格的に妻との離婚に向けて動き出しました。しかし、離婚を伝えれば高額な慰謝料の請求や子供の親権も取られる可能性がありました。

そこで、考えた挙句に別れさせ屋に工作を依頼することにしたのです。妻は家にいることがほとんどだったので、身辺調査を行うのが難しく最初は難航しましたが、月に1回だけ行きつけのエステサロンに通っていることが分かりました。

そこで、エステの常連客として女性工作員が通い始め妻と交友を深めることに成功しました。そして、連絡先を交換して平日には二人でランチに行くほどの関係になったのです。ある日、女性工作員は友達という設定でランチの席にイケメンの男性工作員を呼んで妻に紹介しました。

そこで、妻とその男性工作員との仲を深めさせ、妻がその男性工作員に本気になるように仕向けていったのです。すると、妻が男性工作員と知り合ってから2ケ月後に「離婚して欲しい」と切り出してきました。

妻からの申し出だったので、慰謝料の請求はなく「子供の親権を渡すこと」を条件に妻との離婚が成立したのです!こんなに上手くいくとは正直思っていなかったので、かなり驚きました。今では新しい妻と子供二人と幸せな生活を送っています。ありがとうございました。

酒癖の悪い彼と別れた工作事例

私の彼は付き合う前から酒癖が悪くて、手を焼くことが多かったのですが、そのときは友達だったので「しょうがないか」と思う程度でした。でも、付き合うようになってから同棲を始めて、すぐに一緒に住んだことを後悔しました。

彼は普段は優しいのですが、仕事やプライベートでストレスを感じるとお酒を飲んで、部屋で暴れたり私に向かって暴言を吐くことが度々あったのです。最初は何とか我慢できたのですが、次第にお酒を飲んで性格が変わる彼に恐怖を感じるようになりました。

ある日、お酒を飲んでいなかったので彼に思い切って「別れて欲しい」と伝えると彼は怒って家を出ていきました。そして、夜に帰ってきたらお酒を飲んでかなり不機嫌な状態になっていました。帰ってくるなり、家で暴れて「別れるなんて許さない」と言われました。

お酒を飲んで暴れているときの彼が怖くて、私はそれ以上何も言えませんでした。家を出ようと思いましたが、同棲している家は私の家だったけど、彼は出て行ってくれないだろうし、引っ越すお金も無かったし、実家は家族と不仲のため戻れず、親しい友人も結婚していたので、転がり込むなんて出来ませんでした。

そこで藁をも掴む思いで別れさせ屋に別れ工作を依頼しました。お金のことがかなり心配でしたが、工作員の方がかなり良心的な金額でプランを提案してくれて本当に助かりました。彼はお酒好きで、行きつけの居酒屋がありました。そこに同じ歳で美人な女性工作員が潜入して彼に接触を図りました。

その女性工作員はかなりお酒が強く、お酒の好みも彼と似ていたことから彼と女性工作員はすぐに意気投合したようでした。私はお酒があまり飲める方では無かったので、お酒が飲めてお酒の好みも合う女性工作員に彼の心が動くのに時間はかかりませんでした。

結局、彼に女性工作員が接触してから3ヶ月後に彼は「付き合いたい女性がいるから」とあっさり荷物をまとめて家を出ていきました。その後、少しずつお金を貯めて彼との思い出が残っている家を引っ越し、今は新しい家で一人暮らしを満喫しています。

彼が家を出て行ってから「また戻ってこないかな・・・」と不安ではありましたが、そんなこともなく早めに引っ越しもすることも出来たので本当に良かったです!

別れ工作についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は「別れ工作」についての特徴や実際の成功例を紹介しましたが「別れさせ工作」との違いが分からなかった方には少なからず参考になったのではないでしょうか?自分だけの力だけでは無理だけど、プロの力を借りることで別れたい相手とあっさり別れられるケースは少なくありません。

ですから、本気で「この人と別れて、新しい幸せを手に入れたい」と願う人は別れさせ屋に「別れ工作」の依頼を検討してみてくださいね。別れさせ屋の業者はいくつもあるので、実際に選ぶとなるとかなり迷ってしまうと思います。別れさせ屋の口コミ評判や料金をランキングでまとめた記事があるので、別れさせ屋選びにお役立てください。