Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

静岡県で別れさせ屋が行った別れさせ工作事例

静岡県で別れさせ屋が行った別れさせ工作事例

別れさせ屋に依頼をしてみたいけれども、別れさせ工作がどのように行われるのか知りたい。そこで、静岡県であった実際の事例について紹介をします。自分と重なるケースがあるか見てみて下さいね。

静岡県で行われた別れさせ工作とは

彼女と別れたい

私も相手の女性も既婚者同士で、いわゆるW不倫というやつでした。
不倫をしていた時は、お互いの家庭環境には差があり、私の家庭は、円満とまではいかないがそれなりにうまくいっており、休日は子供とキャッチボールで遊んだり、家族でドライブに行ったりしていました。
彼女の方はご主人と別居状態が長く続いており、離婚の話し合いをするばかりです。
私と不倫関係になる前から彼女とご主人の夫婦生活はうまくいっていません。
当初は肉体関係の付き合いで、私が離婚する気はないことを彼女も分かっていましたが、時間が経つにつれ彼女は私を束縛し始めたのです。
私はストレスを感じ始め、彼女に別れ話をするも拒否され、脅すような言葉を何回も浴びせられました。
彼女の事が怖くなり、すぐに別れ話を撤回しましたが、八方ふさがりの状況に追い込まれたのです。
自分ではどうしようもなく、解決方法が分からないことから別れさせ屋に依頼をしました。
私と彼女は普段からマメに連絡を取り合っているため、毎日の行動パターンは把握済みです。
彼女は退勤後、自宅付近の国道139号を利用し、港大通り沿いの中央公園近く隣接するスーパーで買い物によってから、日乃出町の自宅マンションに帰ることが決まっています。
スーパーで商品を選んでいる彼女に男性工作員が接触し、十分な印象を与えました。
翌日もスーパーに立ち寄るか不安でしたが、退勤後にスーパーの近くのドラッグストアに立ち寄り、2回目の接触を行い、連絡先交換を成功したのです。
男性工作員と彼女は、吉原本町通りにある居酒屋で食事したり、弥生通りのバーで会ったりして徐々に親睦を深めていきました。 彼女はあっさりした性格で話しやすい人でしたが、多くの事に悩んでいたのです。
彼女は一目で工作員の事が気に入りその場で付き合うことに。私は彼女から振られる形になりましたが、無事別れることができました。

夫と別れたい

結婚して7年、子供もおり周囲からは夫婦円満に思われていましたが、私は我慢の日々でした。
夫とは同棲をせずに結婚したのですが、同棲を始めてすぐに夫のだらしなさ、お金に対する危機感の無さに気づきました。
何度言っても夫は仕事をすることがなく、最終的には私が働きだすはめに。
クタクタになって疲れて仕事から帰ってきても、家事を手伝ってくれることはありません。
私は、よくよく思い出してみると、付き合っていたころは、夫の家には一度も行ったことがありませんでした。
そんな生活を何年も耐えてきましたが、我慢の限界が訪れ、夫に離婚をしたいと切り出したのです。
しかし夫は小さい子供がいることを理由に離婚を拒否しました。
幼い子供が片親で育てることがかわいそうだと考え、一旦は引き下がりましたが、だらしない夫の元で育てる方が子供のためを思い再考しました。
そこで別れさせ屋を探し依頼することを決めたのです。
普段はあまり外出せず行動が読みづらい夫でしたが、静岡県民の性なのか、毎年土曜の丑の日には必ずうなぎを食べに行くとのことでした。
初日は夫に動きはなく、2日目は土曜の丑の日でしたので、動いてくれることを期待し、三島広小路の閑静な住宅街にあるご自宅を張り込みました。
昼過ぎになって夫は外出し、電動アシスト付きの自転車で移動を開始し、期待通りうなぎ屋に入っていきました。
落ち着いた雰囲気と良い感じの混み具合もあり、工作員の接触はスムーズに進みました。
美味しいうなぎを食べながら、夫の好きなグルメのはなしに花を咲かせ、流れが良くなった時に、連絡先交換を切り出すと笑顔で応じてくれたのであった。
夫は仕事はしないがマメに連絡をくれる性格だったので、その後もスムーズに工作は進みました。
本町にあるレストランや、南本町のファミレスで会って長い話に付き合うことを
繰り返していく中で、少しずつ私に対する愚痴を聞きだし、それに同調しながら誘導することに成功しました。
夫は女性工作員の事が好きになり、3か月後無事に私から夫に離婚話を切り出し離婚することができました。

静岡県で彼女や妻を取り返した事例とは

浮気相手と別れさせたい

私は夫と浮気相手の女性を別れさせたいと思い別れさせ屋に依頼をしました。
彼女の情報が全くないため、まずは夫の行動調査から始めること。
最近は忙しく、休日出勤で土日も仕事だと言っている夫は、その怪しい行動が続いている土日を調査することにしました。
土曜日の昼下がりに夫は自宅を出て静岡駅へ移動し、スタバに入り時折携帯を見ていると若い女性が合流しました。
デパートではお目当てのものがなかったのか、新静岡にまで足を運び彼女にプレゼントを購入してあげていたのです。
腕を組んで呉服町あたりを歩き回った後、近くの居酒屋に入店。
2時間後に居酒屋を出て、彼女とは静岡駅で別れました。
少し酔っている様子の浮気相手を自宅まで尾行することに。
ホテルなどにも入っていないので、不貞の証拠にはならず、再度夫の尾行調査をすることになりました。しかし日曜日に急展開が起きたのです。
日曜日の午前中、夫は車で自宅を出ました。しかし会っていたのは昨日の女性ではありませんでした。
夫と同じ年齢ぐらいの人で、新たな女性の出現でした。
夫は女性を車に乗せ、三保の松原へ。絶景デートを楽しみ、またエスパルスドリームプラザに戻った2人。
女性は車で来ていたため、女性の車の後を尾行し自宅を突き止めました。
そして今日の結果を画像つきで私は報告を受けたところ、なんと知っている女性でした。私は夫に証拠映像を見せ浮気相手と別れさせることに成功したのです。

彼氏と別れさせたい

私と彼女は、結婚を前提に交際をしていました。しかし彼女から逆プロポースの返答をすぐにしなかったことが原因で、別れることになりました。
別れてから一ヶ月後、私は共通の友人から聞かされたのは、彼女にはすでに新しい彼氏ができたいう情報です。
私はショックを受けましたが、自分が情けなかったせいだと考えるようにしていました。
しかし、彼女の新しい彼氏は評判が悪い男という噂を聞き、彼女とは別れてほしいと思い別れさせ屋工作を依頼することに。
新しい彼は市内中区文丘町付近に住んでおり、六間通り近くにある勤務先まで車通勤をしていることがわかりました。
営業職であることが判明し、仕事中にも関わらずパチンコ店にいったり、エクセル浜松まで馬券を買いに行くなど、勤務態度はかなり悪い様子です。
キャバクラにも毎週末に必ず通っており、金遣いが荒い様子もわかったのです。
新しい彼の勤務中にパチンコ屋に入店したのを確認後、若い女性工作員を近づかせ「初めてパチンコをやるので色々教えていただけませんか」と話しかけました。
会話が弾み女性工作員が明日もパチンコ屋に来ることを伝えると、「俺も明日来るよ」と言って連絡先交換することに成功しました。
新しい彼は女性工作員の事を気に入ったようで、メールを何回かしてすぐに食事に誘ってきました。
2人は新浜松駅で待ち合わせをし、中区肴町の居酒屋に行きました。
女性工作員が新しい彼の事を見つめていると、新しい彼は好かれていると思い込んでいる様子です。
そして気を良くした彼は、彼女の事を話し始めました。
「今の彼女と別れようと思っている」「お金を持っている女」など、彼女が聞けば落ち込むような内容ばかりでした。
女性工作員が新しい彼の恋人として彼女の前に現れ、彼の本性をさりげなく話すことにしたのです。
彼女の勤務が終わり、遠州鉄道さぎの宮駅近くのコンビニに立ち寄った時に、女性工作員が彼女を呼び止め、自分が新しい彼氏と付合っていることや、昨日も新しい彼氏と会っていたこと、さらに新しい彼氏が話したすべてのことを彼女に伝えました。
彼はメールでも彼女の悪口を書き、女性工作員が好きだと何回も送ってきたのでその言葉も見せました。
最初は疑い半分の彼女でしたが、メールを見た彼女はショックで言葉も出ません。
それからすぐに、彼女が別れたという話を共通の友達から聞くことに。
私はその友人と一緒にワイン会を開き、彼女の心を慰めることに努めました。
心遣いが沁みたのでしょうか、彼女は自然と私と復縁することを選びました。

静岡県で本気で別れさせたければ別れさせ屋に依頼しよう

小さなきっかけが積み重なり、別れたいと思う気持ちはだんだん強くなります。
しかし、自分の力だけで上手に別れることが出来ない場合は、別れさせ屋に相談することも考えてはいかがでしょうか。
電話ではもちろん、メールやLINEでの相談も受け付けているところも多いので、一度別れさせ屋に話を聞くことも検討されてみては。
実際に選ぶときには別れさせ屋の口コミ評判や料金静岡県の復縁屋の復縁工作事例を比較してみながら自分に合った工作や別れさせ屋を選んでみてもよいでしょう。