山形県で別れさせ屋が行った工作事例集【別れさせ屋リスト付き】

山形県で別れさせ屋が行った工作事例集【別れさせ屋リスト付き】

別れさせ屋に依頼をしてみたいけれども、別れさせ工作がどのように行われるのか知りたい。そこで、おススメの別れさせ屋リストと合わせて山形県であった実際の事例について紹介をします。自分と重なるケースがあるのかチェックして見てみて下さいね。

初心者必見!山形県でおすすめの別れさせ屋3選

別れさせ屋に依頼をしたいけどどこがいいのか分からない。そんなあなたに向けて、おすすめの別れさせ屋を選んでみました。特徴をしっかり読んで、あなたに合った別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋M&M

別れさせ屋M&M
公式サイト
電話で相談
LINEで相談

別れさせ屋M&Mの特徴

    • 初めてでも安心!実力が試せる「お試しプラン」や予算に合わせた工作のプランニングが得意
    • 弁護士や探偵依頼経験者から評価が高い探偵事務所として表彰
    • 100%の満足がモットー。精鋭スタッフを取り揃えた高い調査・工作品質、無料アフターサポートを実現

別れさせ屋リライアブル

別れさせ屋リライアブル
公式サイト
電話で相談
LINEで相談

別れさせ屋リライアブルの特徴

    • 工作実働回数型の別れさせ屋で、実働回数を保証。他社工作水準以上に工作をしてくれます。また、回数が余っている際には別れさせ後の復縁防止にも使うことも可能です。
    • 成功率重視の工作、顧客満足度を追求し続けた結果、楽天リサーチで「スタッフ対応満足度」「信頼度」「提案力」で1位を獲得。
    • 本契約が怖い場合、仮契約で実力を判断した上で本契約をするか判断することが可能。調査や工作の事前事後の打ち合わせや報告も抜かりがない為、安心して任せることが出来ます。

別れさせ屋フィネス

別れさせ屋フィネス
公式サイト
電話で相談
LINEで相談

別れさせ屋フィネスの特徴

    • 成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。
    • 手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。
    • 実働回数型の別れさせ屋のため、冷却期間が必要な案件であっても工作回数さえあれば延長料金が必要ありません。

山形県で別れさせ屋が行った別れ工作

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5-2.jpg です

山形市の彼女と別れたい

彼女とは職場で知り合い、すぐに不倫関係へと発展しました。
交際期間は長く、最初はお互い遊び感覚で付き合っていたのです。
彼女には他に交際相手がおり、私も自分の家庭を第一に考えていました。
しかし、彼女が本気の愛を私に示すようになってきたのです。
私の優先順位は家族が一番です。
彼女には、何度も別れ話を切り出しましたが、彼女は「別れたら2人の関係を会社にばらす」と脅しめいたことまで言ってくるまでに。
私は自分では、どうすることもできないため、別れさせ屋に依頼をすることに。
工作員は退勤時の彼女に接触をするため、羽州街道沿いの勤務先駐車場付近より張り込みを開始。
退勤時間になると、彼女は車両に乗り込み移動を開始しました。
彼女は羽州街道沿いにある、自宅近くのイオンに入店。
買い物をする彼女に、タイミング良く女性工作員が近づきました。
女性工作員が蔵王駅までの道を聞くと、彼女は親切に対応してくれ、車で送ってくれることに。
2人は歳が近いため、会話が盛り上がり、難なく連絡先交換に成功したのです。
女性工作員はお礼がしたいと、彼女を食事に誘いました。
2人は山形駅東口で待ち合わせ、すずらん通りにあるファミレスに入りました。
女性工作員は恋愛話に持ちこみ、流れを作った上で自分の過去の不倫を話し始めたのです。
すると彼女のほうも、不倫をしていて悩んでいると打ち明けてくれました。
女性工作員は彼女より少し年上で、不倫経験があるため、彼女は心を開いたのです。
工作員と何度か会ううちに、彼女の考えに変化がありました。
彼女は自分を選んでくれるかどうかもわからない彼にこだわることで、20代を終えることに不安を感じ始めたのです。
女性工作員は彼女に、もう1度離婚を頼み、彼が嫌だと言ったら、別れを決めたら?と勧めました。
それと同時に工作員は私に、角が立たないような返事の仕方を教えてくれたのです。
その結果、私は彼女と波風を立てず別れることができたのです。

米沢市の妻と別れたい

私は、未だに離婚話を切り出していません。
離婚事由は性格があわず、妻の浪費癖にあります。
夫を犠牲にしても自由でいたい、妊活にも協力的ではなく、ペットの犬ばかり可愛がっていました。
もう、私が求める家庭にはなりそうもありません。
不妊治療に大金を使い、最後は借金までしましたが、妻は裕福な実家に援助を求めるわけでもなく、私だけが返済の負担を強いられました。
妻は、お金への執着が強く、バツ1ということもあって、簡単に離婚に応じるとは思えません。
すぐにでも、妻と離婚したいと考えていた私は、別れさせ屋に依頼をすることに決めたのです。
妻は販売のアルバイトをしています。
退勤後、妻は少し寄り道して舘山バイパス沿いにあるホームセンターに入りました。
ペット用品を吟味しているところに工作員が接触。
お互いの愛犬の話で意気投合し、十分に印象付けることができました。
翌日、バイトが休みだった妻は、春日にあるショッピングモールに出かけます。
本屋に入り、雑誌を購入したあと、さらに立ち読みを続けていました。
そこで工作員が接触をはかり、無事に連絡先交換に成功したのです。
妻の性格は良く言えば天真爛漫、悪く言えば自己中心的な人でした。
私への態度や浪費癖もこの性格から来ていることがよくわかります。
工作員と会う時も事前に何も言わず、当然のように愛犬を連れてきていました。
不妊治療にどれくらいの金額が掛かっているか把握していませんでしたし、子供ができなくても「自分には愛犬がいるから」と、悪気もなく話していました。
それでは旦那さんに呆れられてしまうかもと水を向けると「別に離婚になっても構わない、実家に戻るだけだし、愛犬だけいればいいかな」と笑っていました。
その後、私は離婚を申し出て、スムーズに離婚することができたのです。

山形県で別れさせ屋が行った別れさせ工作

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 6.jpg です

鶴岡市の彼女と別れさせたい

お互いに既婚者でしたが、交際期間は10年以上にも及びます。
私にとって彼は、酸いも甘いも知り尽くした第2の家族とも言える存在でしたが、20才年下の彼女がいることが判明。
付き合い当初からお互い家族があって仕事をしており、会える時間に限りがありました。
そのため私は一生懸命やり繰りして、2人で一緒に過ごすためのマンションを借りていました。
しかし、マンションの部屋で浮気の証拠が見つかったのです。
2人は毎年、蔵王温泉に泊まりに行くことが恒例でした。
彼が気に入っている旅館があり、そこでくつろぐのが唯一の贅沢だったのです。
しかし、2人で行っていない旅館の領収書がゴミ箱から出てきたのです。
私は彼と彼女を別れさせたいが、何をして良いのか分からないため、別れさせ屋に依頼をすることに。
翌日、自宅を出て車に乗って移動を開始した彼は、駅近くのデパートに行き、彼女と合流しました。
自宅を出た時と服装が違っており、駅のトイレで着替えたことがわかります。
2人は本町で食事を済ませたあと、映画を楽しみ、またデパートに戻ってきて、別れました。
工作員は彼女の方を追尾し、羽前大山駅近くにある自宅の特定に成功。
後日、工作員が鶴岡インター近くの居酒屋で彼女に接触し、連絡先の交換をすることに。
彼女は彼が既婚者であることは知っていたが、奥さんとは別居しており、1人でマンションに住んでいると思っていたのです。
さらにそのマンションとは私が必死で維持しているあのマンションのことでした。
最近あまり部屋に入れさせてもらえないことを不満に思っているようです。
そんな彼女に、浮気の可能性があることを示唆しました。
工作員は彼女に「浮気相手がいるかも」と言葉巧みに誘惑し彼に連絡させます。
彼女は、私と彼が付き合っていることを知り、見事別れさせることに成功しました。

山形市の彼氏を別れさせたい

私と元彼女、そして今彼も同じ会社で働いています。
働いているフロアは違いますが、会議でたびたび顔を合わせるうちに私と彼女が仲良くなり、彼女からの積極的なアプローチで交際を開始することに。
しかし、お互いに多忙で、すれ違いが続きました。
とくに私は休日出勤が多く、彼女とは3か月近く会えないこともありました。
それでも彼女の事が好きなこともあり関係を続けていましたが、悪いことは重なるもので、私は異動で東京に行くことに。
東京に異動と共に彼女から連絡が来なくなり自然消滅してしまいました。
その後、山形市に戻ってきた私は、彼女に連絡をすることに。
返信はありましたが、続けて私が復縁したい雰囲気を出すと、彼女からの連絡が途絶えます。
職場の友人に相談すると、彼女には彼氏がいることが判明。
私のときと同じように彼と彼女は会社の忘年会で出会ったそうで、2人で一緒にいるところを何人かに見られ、噂になっていました。
彼女と復縁したいが、自分の力だけではどうしようもありませんでしたので、別れさせ屋に依頼をすることにしました。
工作員は、彼の休日の行動を調査開始。
彼とは、山形駅周辺にある本屋で接触を行い、意気投合した2人は連絡先交換に成功しました。
工作員は彼と待ち合わせをし、山形駅周辺にあるカフェに行きました。
工作員は食事をしながら彼の恋愛観について聞きだすことに。
どうやら彼女は、熱しやすく冷めやすいタイプのようで「彼女から告白してきたのに、付き合いはじめると熱気は嘘のように冷めていった」と彼は笑いながら答えました。
工作員は「振り回されると気が滅入ってしまうよ」と相槌を打ちながら別れに向けて誘導していき、1か月後に別れさせることに成功しました。

山形県で本気で別れさせたければ別れさせ屋に依頼しよう

小さなきっかけが積み重なり、別れたいと思う気持ちは徐々に強くなります。
しかし、自分の力だけでは別れることが出来ない場合は、別れさせ屋に相談することを考えてみてはいかがでしょうか。
電話ではもちろん、メールやLINEでの相談も受け付けていますので、1度別れさせ屋に話を聞くだけでも検討されてみては。
実際に依頼をするときには別れさせ屋の口コミ評判や料金山形県の復縁屋の復縁工作事例を比較してみながら自分に合った工作や別れさせ屋を選んでも良いでしょう。