別れさせ屋

既婚者の夫婦を別れさせたい!妻子持ちを離婚させる具体策

好きな人が既婚者だった場合、あなたならどうしますか?最愛の人が、別の家に帰っていく姿を見ることほど、辛いものはありません。

最初は「不倫でもいい」と思っていたとしても、時が経てば経つほど相手のことを本気で好きになり、別れさせたいと思ってしまうでしょう。今回は既婚者の夫婦を別れさせたい場合の方法をご紹介していきます。

既婚者が簡単に離婚しない理由は?

中には「離婚する」と言いながら、何年も離婚しない夫婦も。待っている側からすると、「早く別れて欲しい」とソワソワしてしまいます。なぜなかなか離婚しないのか、まずはその心理を探りましょう。

①家族を捨てる決断ができない

不倫しているからといって、家族仲が悪いとは限りません。家族は家族、不倫は不倫とそれぞれの関係を割り切って考えている人も。

そうなると、残念ながらあなたではなく家族が優先されるでしょう。子供がいるケースは、特に子供のために離婚をしたくないと考えるかもしれません。

また子供だけでなく、実は配偶者のことも実は愛しているというケースも少なくないのです。少なくとも、配偶者とは長年苦楽を共にしてきた相手です。

情も入っていれば、そう簡単に別れを切り出せないことも。長期休みは家族で旅行に行っていたり、休みの日は家族で過ごしているという人は、家族愛が強いタイプと言えるでしょう。

②世間体を気にしている

昔とは違い、離婚する夫婦は増えてきています。とはいえ、現在でも「離婚」と聞くとあまりいいイメージは持たれないのも事実です。

離婚するというのは、夫婦だけの問題ではありません。お互いの両親や親戚への報告もありますし、世間体が悪くなることもあるでしょう。

特に女性の場合、名字を元に戻せば「離婚した」という事実が皆に知れ渡ります。子供がいれば、離婚によって転居や転校を余儀なくされるかもしれません。

いろいろな憶測が飛び交い、精神的にも辛い日々になるのは容易に想像できます。周囲の目や世間体を気にして、離婚に踏み切れないというケースも往々にしてあるのです。

③離婚して一人になる勇気が出ない

離婚後に一人になることを恐れている可能性もあります。今はあなたとラブラブかもしれませんが、人の気持ちに「絶対」はありません。

不倫の勢いで離婚したものの、あなたの気持ちが離れてしまえば、こんなに無意味なことはありません。特に既婚者の場合、付き合いたてのラブラブな関係がいつまでも続くわけではないことを、身に染みて分かっているはずです。

だからこそ、既婚であるにもかかわらず、あなたと不倫をしたのでしょう。

つまり、今はあなたがどれだけ相手に愛情を注いでいたとしても、相手はそれがいつか終わってしまうのではないか、結果的に一人になってしまうのではないかと恐れているのです。

既婚者夫婦を別れさせたい時のNG行動

既婚者夫婦を別れさせたいと思うのは自然なことですが、そう簡単な話ではありません。一度は結婚までしている二人なのですから、ちょっとやそっとのことでは離婚しないでしょう。

まず頭に入れていただきたいのが、絶対にやってはいけないNG行動です。これをしてしまうと、相手があなたから離れてしまうことにもなりかねません。

①離婚を急かす

いつまでも離婚をしてくれないと、ストレスが溜まりますよね。「いつ離婚してくれるのだろう」「そもそも本当に離婚する気があるのだろうか」と不安も募ってくるはずです。

しかし感情に任せて、「早く離婚して!」と相手に迫るのはNGです。これは相手にとって、ストレスになってしまうからです。

いくら恋人だからといって、夫婦関係の問題に口を出すことはできません。夫婦間の問題を決断するのは、当事者同士にしかできないのです。

「別れさせたい」と思っていても、それを急かしてしまうとストレスを感じ、結果的にあなたの元を去ってしまうことになりかねません。感情的に相手に離婚を迫るのは避けましょう。

②相手の配偶者の悪口を言う

なかなか離婚してくれないと、相手の配偶者がどんどん悪者に見えてきます。実際は不倫をした方に非があるのですが、待っているうちに次第に疲弊して、正常な思考ができなくなってしまうのです。

しかし離婚しようとしているとはいえ、配偶者は相手にとって家族です。一度は好きになった相手のことを悪く言われれば、もちろん良い気分はしないでしょう。

配偶者だけでなく、子供の悪口を言うのも避けましょう。たとえ離婚したとしても、子供や元配偶者は相手にとって特別な存在なのです。その特別な存在が、あなたにとって目障りなのも理解できますが、悪口を言うのは避けましょう。

③相手の配偶者にバラす

一刻も早く別れさせたいと、相手の配偶者に自分の存在をバラしたくなってしまうものです。「慰謝料でもなんでも払うから、早く別れて」と思ってしまうのです。

それだけ追い込まれて、辛い気持ちもよく分かりますが、勢いだけで相手の配偶者に不倫関係をバラすというのは危険です。

場合によっては、あなただけが悪者になり、慰謝料を請求されて、肝心の相手は配偶者と仲直りして夫婦仲が良くなってしまうなんてことも。

また不倫関係が公になれば、慰謝料を請求されるだけでは済まされません。家庭のある異性と交際していたとなれば、周囲からは冷ややかな目で見られるかもしれません。

職種によっては、部署異動や降格になってしまう可能性も。それだけ不倫というのは、世間に認められない関係なのです。結果を急ぐあまり、感情的になって配偶者にバラすというのは避けましょう。

既婚者夫婦を別れさせるための方法

ではいよいよ、既婚者夫婦を別れさせるための方法をご紹介していきます。とはいえ、夫婦の関係性や性格によっても、効果的な方法は千差万別。どの方法が相手に効果的か、見極めながら行いましょう。

①家庭にはないものを与える

相手の配偶者に張り合うのではなく、別の物を与えることで、あなたを選んでもらう可能性は高くなります。たとえば相手の奥さんが料理上手だとします。

張り合って、あなたも美味しいご飯を作っても、それは彼を離婚へと後押しする結果にはなりません。「奥さんも彼女も料理上手で幸せだな」と思うだけでしょう。

でも奥さんにはない別の物を与えることで「奥さんはしてくれないけれど、彼女はしてくれる」と評価を高めることができるのです。

もし奥さんが育児で疲れて、いつも先に寝てしまうのに、あなたは起きていて晩酌に付き合ってあげれば「彼女との食事は楽しい」と思ってもらえるかもしれません。

②期限を設ける

急かすのはNGですが、期限を設けるというのは大切なことです。不倫関係というものは、油断するといつまでもズルズル続いてしまいがちです。

その関係を清算するためにも、不倫を続けていく期限を設けましょう。「来年の誕生日まで」「来年の記念日まで」と、具体的に決めて、それまでに相手にどうするか決めてもらいましょう。

あまり近すぎると相手にストレスを与えてしまいますし、遠すぎても現実味がありません。大体1年くらいが、ちょうどいい期限のようです。

この方法を取るためには、あなた自身が覚悟を決めることも大切です。一年後に相手が離婚する素振りがなければ、きっぱりと別れる覚悟です。

約束の期間を過ぎても、ダラダラと付き合っていては意味がありません。「離婚しなくてもどうせ別れる気はないのだろう」と思われ、このまま不倫関係が続いてしまうでしょう。

③少しずつハードルを上げていく

別れさせたいのであれば、徐々にハードルを上げていく必要があります。「離婚」というのは、最高レベルのハードルです。いきなり最高レベルに上げられても、相手は挑戦する気さえ起きないでしょう。

離婚までのハードルは少しずつ上げていきます。一緒にいる時間を少しずつ長くしていったり、休みの日に会う日数を徐々に増やしていくのです。

少しずつであれば、相手はその変化に慣れていきます。最初は1時間一緒に過ごすことが当たり前だったのが、いつの間にか2時間、3時間一緒にいるのが普通になってくるでしょう。

最終的には、家族で一緒にいる時間よりもあなたと一緒にいる時間を長くすることを目標にしましょう。そうすればあなたの存在が当たり前になり、家庭の存在意義がなくなってくるはずです。

④無償の愛を注ぎ続ける

無償の愛を相手に注ぎ続けることも大切です。つまり「見返りを求めない愛」のことです。

簡単そうで、実は難しいこの問題。人間はついつい「こんなに好きなのに」「気を遣ってあげているのに」と考えてしまいがちです。

でもそれが少しでも感じられると、相手は重く感じてくるものです。相手がリラックスできる、安らぎの空間を作ることが大切です。そのためには見返りを求めない、無償の愛を注ぎましょう。

そうすれば、相手は家族と過ごすよりもあなたと過ごしたいと思うようになるでしょう。付き合いが長いと、ついつい自分中心の考えになりがちですが、最後まで油断せず、無償の愛を注ぎ続けましょう。

「こんなに自分を愛してくれる相手をこれ以上悲しませたくない」と感じ、配偶者との離婚を決意してくれる可能性もあります。

⑤別れさせ屋を利用する

できるだけ早く、そして確実に既婚者夫婦を別れさせたいのであれば、プロの力を借りるというのもひとつの方法です。それが「別れさせ屋」というサービスです。

どんな夫婦にも、弱点があります。その弱点をつくことで、一気に夫婦関係が崩れ、離婚にまで持っていくことができるのです。

しかしその弱点を探るのは、なかなか素人にできることではありません。相手に近づき、性格や本音を聞き出してようやく見つけることができるのです。

別れさせ屋なら、自然な流れで相手に接触し、離婚までの道を整えてくれます。まずは別れさせ屋に相談して、離婚させることが可能かどうか、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、別れさせ屋はM&Mがオススメですよ

M&Mへの無料相談はこちら

■受付時間:LINE 24時間/お電話 10:00~24:00

 

別れさせ屋を使って既婚者を別れさせた体験談

実際に別れさせ屋を使って、既婚者夫婦を別れさせた体験談をご紹介します。今回ご紹介するのは、奥さんがいる男性を好きになってしまった女性の体験談です。

「離婚するから付き合ってほしい」と言われ、付き合いだしたものの、一向に別れる気配のない男性。問いただしても、慰謝料請求されずに穏便に別れるために時間が欲しいと言われるだけでした。

しかし年齢的にも、一刻も早く離婚してほしいと考えた女性は、別れさせ屋に相談します。決して安くない金額でしたが、一生を棒に振るくらいならと一大決心をされたそうです。

別れさせ屋では奥さんに女性の工作員を接触させ、心理的な部分に働きかけます。同性の工作員を接触させることで、警戒されずに連絡先を交換し、友情を深めていくことができました。

時間をかけて丁寧に働きかけ、家庭の不満を引き出していきます。そして少しずつ「離婚して、人生をやり直したい」と思わせることに成功しました。

こうして奥さんの方から、離婚を切り出され、無事に別れさせることに成功したのです。今では愛する男性と再婚し、幸せな日々を送っておられます。

別れさせ屋で離婚した夫婦のその後は?略奪できる?別れさせ屋で離婚させることに成功したとしても、その後に「よりを戻しはしないか」という不安がついてまわることがあります。その時にその道のプロが介入したとしても、人の心は常に移り変わるものだからです。別れさせ業務終了後に、元夫婦が実際にどのような関係になったのか、別れさせ屋のアフターフォローサービスやあなた自身がすべきことを併せてご紹介します。参考にして自分の進むべき道を定めてください。...

まとめ

既婚者夫婦を別れさせたいときにできる方法や、やってはいけないNG行動をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

不倫はいけないことと分かってはいても、人の気持ちはそう簡単に抑えられるものではありません。次第に惹かれていき、相手と奥さんを別れさせたいと思うのも当然でしょう。

しかし略奪愛は一歩間違えば、あなたにとっても辛い未来になってしまう可能性ももちろんあります。プロの別れさせ屋に頼めば、自力で別れさせるよりも高い成功率を期待できます。

あなたが本当に幸せな未来を掴むためにも、ぜひ別れさせ屋に一度相談してみることをおすすめします。客観的にあなたの状態を判断し、的確なアドバイスをしてくれるはずです。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談