復縁したい

元嫁に復縁を拒否されたくない人へ!離婚後に「しつこい」と言われずに戻る方法

離婚はしたけれど、元嫁と復縁したいと考える男性は少なくありません。

離婚したとはいえ、一度は結婚していた元夫婦なのですから、居心地の良さや相性は誰よりもいいかもしれませんね。

なんとかして元嫁に拒否されずに復縁する方法はないのでしょうか?今回は離婚後の復縁が拒否される人の特徴や、相手に拒否されないための秘訣をご紹介していきます。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

復縁を拒否する女性の特徴は?

別れた元嫁と復縁したいけれど、「無理」「しつこい」なんて拒否されたらショックですよね。

復縁を拒否する女性には、共通する特徴がいくつかあるようです。あなたの元嫁は当てはまるでしょうか?まずは下記の項目をチェックしてみてください。

自己評価が高い人

自己評価が高い、つまりプライドが高い女性の場合、復縁を拒否する人も少なくありません。そもそもプライドが高い人にとっては、離婚ということすらかなりハードルが高かったはず。

自分のプライドをズタボロにされた男性と、またやり直したいとは思わないでしょう。「これ以上、恥をかかせられたくない」「元夫に振り回されるなんて」とマイナスな方向に考えてしまうはずです。

離婚に至った後は「自分には釣り合わなかった」「自分ならもっといい夫を見つけられるはず」と前向きになっていることも考えられます。そんな女性に復縁を申し出たところで、拒否されるのが関の山です。仮に復縁できたとしても、彼女の理想は離婚前よりも高くなっている可能性が高いです。

 

頑固な人

一度自分で決めたことは覆さないという頑固な人も、復縁はかなり難しいといえます。このタイプの女性は「一度決めたら貫き通さなければならない」と決め込んでいる可能性があります。

つまり自分が「離婚する」と決めた以上、その決定は正しかったのであり、復縁するなんてことすら頭にありません。

もし復縁してしまうと、「離婚」という自分の決定が間違っていたことになってしまうからです。

あなたが復縁を申し出て、彼女もそれに心を動かされたとしても、復縁することは難しいと言えるでしょう。元嫁が頑固な人の場合は、まず頭を柔らかくして、「離婚は間違っていなかった、でも今後復縁するという選択肢もあり得る」ということを認めさせることが必要になってきます。

 

真面目過ぎる人

誠実で真面目過ぎる人も復縁は難しいといえます。このタイプの人は、離婚前にしっかりと考えをまとめており、離婚に後悔をしていません。そのため、離婚後の生活にも前向きになっている可能性が高いのです。

あなたから復縁を申し出たとしても「また同じことの繰り返しになるに違いない」「また喧嘩をするようなことになれば、相手を傷つけてしまうだけ」とあなたのことも考えて復縁を拒否してくるはずです。

誠実で真面目であるからこそ「ダメだったらまた別れればいい」なんてことは考えません。その分、再婚にも慎重になってしまうのです。このタイプの女性は、あなたのことを誠実に考えているからこそ、復縁を拒否しているのですから、あなたが相手と本当に一緒にいたいと真摯に伝え続ける必要があります。

周囲の目を気にしすぎる人

昔よりも離婚が珍しい事案ではなくなってきたとはいえ、まだまだ周囲から冷ややかな目で見られるケースも少なくありません。そんな中、離婚した相手とまた復縁するなんてことになったらどう思われるでしょうか?

周りの目を気にしている人は、離婚した相手と復縁することで「だらしないと思われているのでは?」「周囲からどう思われるのだろう?」と気になってしまって、復縁に踏み切ることができません。

「周りからどう思われても私は私!」というタイプならいいのですが、自分がこれまで築いてきたイメージや好感度に大きく関わるのを気にする女性だと、復縁は難しいかもしれませんね。

繊細な人

繊細で傷つきたくないという人も復帰を拒否する可能性があります。理由がどんなものであれ、離婚はパワーを使いますし、お互い傷つくこともたくさんありましたよね。

繊細な人は復縁しても、同じようなことを繰り返し、また傷ついたらどうしようと不安になってしまうのです。特に離婚したばかりの時には、傷も浅く離婚のショックを引きずっている人も多いでしょう。

あなたを傷つけることも怖いので、はっきりと拒否することはないかもしれませんが、どっちつかずの返答であなたがモヤモヤした気持ちになってしまうかもしれません。また離婚することに対する不安が、このタイプの人の復縁を妨げていると考えて間違いなさそうです。

元嫁の再婚でショック!後悔した後に復縁を諦められないあなたへ離婚したとはいえ、一度は幸せな結婚生活を送っていた元嫁が再婚したと知ったとき、ショックを受ける男性は少なくありません。 喜んであげ...

元嫁に復縁を拒否される人の特徴は?

反対に男性の方にもいくつかの特徴があります。元嫁に復縁を拒否される人の特徴を見ていきましょう。あなたが当てはまるものはないか、見直してみてくださいね。

離婚理由が分かっていない

離婚理由ははっきり分かっていますか?「分かっている!」と答える男性でも、意外と元嫁と同じ離婚理由を答える男性は少ないのです。つまり離婚理由だと思っていることが、夫婦で食い違っているということ。

男性側は仕事が忙しいことだと思っていても、元嫁は空き時間に育児に積極的に参加してくれないことが嫌だったのかもしれません。この場合、もし残業を減らしたり、休みを増やしたとしても、男性側が育児に積極的に参加するようにならなければ、問題は解決しません。

復縁したとしても、また同じ問題にぶち当たり、同じ喧嘩が繰り返され、また同じように離婚してしまう可能性もあります。また離婚からしばらく経っている元夫婦の場合は、離婚理由が何だったかすら思い出せないということも。

今一度、自分たちの離婚理由が何だったのか、思い返してみましょう。

 

離婚してから時間が経っていない

離婚してすぐに復縁を迫っても、大抵の場合は失敗に終わります。もし男性が別れを告げられた側だったり、離婚に納得していないと、「やっぱり復縁したい!」「早く元のように仲良く生活したい」と思うかもしれません。

また離婚して、時間を置くことで新しいパートナーが見つかってしまったり、自分のことを忘れないためにも、時間を置かずに復縁したいと考える人も多いようです。

しかし先ほども書いたように、離婚は大きなパワーを使います。離婚した直後は、心身ともに疲弊していることも多いので、あなたが復縁を申し出ても「うんざり」と拒否されてしまうでしょう。彼女の気持ちが落ち着くまでは、冷却期間を置くことが復縁への近道となります。

 

しつこく復縁を迫る

大抵の女性はしつこい男性が苦手です。「やり直したい」としつこく迫っても、女性は振り向いてはくれません。むしろしつこくされればされるほど、意固地になってしまう可能性も。

相手がはっきり断らないと、「脈アリなのかも?」と勘違いして、しつこく連絡をする男性もいますが、これは大きな間違いです。

元嫁がそっけない態度をとっている時点で、迷惑かもしれないと考えるべきなのです。

相手から返信がこないのに、LINEやメールを送るのはやめましょう。元嫁が「うっとうしい」と感じてしまうと、あなたの連絡をブロックしてしまう可能性があります。そうなると復縁への道は一気に難しいものになるでしょう。復縁したいのであれば、「距離感」が大切だということを頭に入れておきましょう。

 

相手に依存している

離婚したとはいえ、一度は結婚までしたのですから、相手が忘れられなかったり、「やり直したい」と思うのはおかしなことではありません。しかしあなたが本当に元嫁と復縁したいのか、それをもう一度考えてみる必要があります。

結婚という安心できる場所が欲しくて、一番身近である元嫁に復縁を迫っているとしたら、それはうまくいかない可能性が高くなります。

特に離婚したばかりの場合、元嫁が忘れられず、辛い日々を送っているかもしれませんね。

辛い気持ちは分かりますが、まずは離婚したことを認め、前向きに毎日を生活してみましょう。相手に依存して、辛い気持ちで相手に復縁を迫っても、相手はどんどん離れていってしまいますよ!

 

相手に新しいパートナーがいる

相手に新しいパートナーがいる場合も、復縁が極めて難しくなります。どれだけあなたが元嫁のことが好きであっても、復縁したいと思っていても、相手に新しいパートナーがいるというのは、脈ナシの証拠。

「好きな人ができた」程度であれば、まだ望みはあるかもしれませんが、交際したり結婚したとなると、一気に復縁は難しくなっていきます。新しいパートナーがいる状態で、あなたがいくら復縁を迫ったところで、見向きもされません。

それどころかストーカーのように扱われて、連絡をブロックされてしまう可能性もあります。この場合の対処法は後ほど記載しますが、まずはしつこく連絡するのではなく、一旦距離を置くのが賢い方法です。

【元嫁が好き】未練がありどうしても気になってしまうあなたへ離婚したけれど、元嫁に未練があって忘れられないという男性は意外と少なくありません。一度は好きになった女性ですし、そんな簡単に忘れられるも...

元嫁に拒否されないために!復縁する前にするべき3つのこと

次に元嫁に復縁を申し出る前に、やっておきたいことをご紹介していきます。これをしてから復縁を申し込むかどうかで、結果はだいぶ違ってきますよ。

 

離婚の原因を改善する

まずは離婚の原因を改善していきましょう。これには先ほども書いたように、離婚理由を正確に知る必要がありますよ。根本的に改善し、そして今後同じことを繰り返さないための対策も考えてください。

たとえば経済的な事情で離婚したのであれば、まずはあなたの経済状況を改善することが必要です。借金があるのであれば、キレイに返済しましょう。

そのうえで給料が低いのであれば転職したり、ギャンブルに依存していたのであればそれをきっぱり止めることで、元嫁にあなたの反省が伝わるはずです。また女性関係で揉めたのであれば、連絡を断つのはもちろん、連絡先をすべて消去するなどプラスアルファの行動であなたの反省を表すようにしましょう。

元嫁と連絡が取れる関係になる

あなたは元嫁と連絡を取り合っているでしょうか?離婚した夫婦でも、離婚後に連絡を取り合うケースと、まったく取らないケースの2パターンに分かれます。

子供がいる夫婦の場合には、面会や養育費、学校の行事等の連絡でこまめに連絡を取っているかもしれません。

もしあなたが元嫁と連絡を取れる関係にないのであれば、まずは連絡してみることから始めましょう。

まったく連絡を取り合っていない元夫婦が、復縁する可能性は極めて低いと言われています。相手の近況伺いでもいいですし、自分の近況報告でもいいので、まずはLINEやメールで連絡を取るようにしてみてください。

 

周囲との良好な関係を築く

元嫁との関係はもちろんのこと、復縁するとなると元嫁や自分の周りの人の理解を得ることも重要になってきます。特に元嫁が周りの目を気にするタイプの女性だった場合は、かなり重要なポイントです。

お互いの両親は、離婚した後に復縁することをどう思うでしょうか?離婚や再婚はお互いの家族も関わる、大切な問題です。あなたや元嫁がOKならそれでいいというものではありません。まずはお互いの家族と良好な関係を築くようにしましょう。

また子供がいる場合は、一番に考えなければなりません。離婚することで、子供は少なからず傷を負っています。そんな両親がまた再婚するとなったら、さらに傷つけることにならないでしょうか?転校や引っ越しが絡む場合は、より慎重になる必要がありますね。

▼元嫁との再婚方法について詳しく▼

元嫁と再婚したい!復縁方法や再婚後にうまくいく関係の作り方離婚してから元嫁となんとか再婚したいと思うこともありますよね。今回は復縁方法や再婚した後にうまくいく関係の作り方をご紹介していきます。元嫁と復縁したい男性は、後悔しないためにもぜひご覧ください!...

元嫁に拒否されずにスムーズに復縁するための5つのステップ!

では元嫁に拒否されず、スムーズに復縁するためのステップを見ていきましょう。復縁は何度もチャンスがあるわけではありません。一発勝負の気持ちで、心して取り掛かりましょう。

 

しっかり冷却期間を置く

まずはしっかりと冷却期間を置くことが大切です。あなた自身も、そして元嫁も冷却期間を置くことで、冷静に判断することができるようになります。離婚して間もない場合は、辛いでしょうがしばらくは連絡を断ち、冷却期間を置くようにしましょう。

とはいえ、どれくらい冷却期間が必要なのか気になるところですよね。残念ながらこの冷却期間はその人の性格や離婚背景によって異なってきますので、具体的にどれくらい空ければOKというものではありません。

ただ人は嫌なことがあっても、時間が経てば経つほど嫌な気持ちを忘れていくものです。何か原因があって揉めたのであれば、それだけ冷却期間を長めに設けた方がいいでしょう。かといって、まったく連絡を取らないということではなく、必要なことなどできっかけを作って、たまに連絡をするのがいいですね。

 

自分が変わったことをアピールする

自分が変わったことをしっかり相手にアピールすることも必要です。とはいえ、自分をアピールするのって恥ずかしいですし、どうやったらいいか難しいですよね。でも復縁したいのであれば、そんなことを言っている場合ではありません。

あなたが離婚前と変わったと元嫁が思わなければ、復縁は難しいのです。できれば直接会って、自分がいかに変わったのかをアピールできれば一番いいのですが、会う機会がないという場合は連絡をとる際にどんなところを改善したのか、具体的に伝えてみましょう。

元嫁を傷つけたことや、過去にしてしまった過ちを真剣に謝ることも必要かもしれません。既に伝わっているはずと思うかもしれませんが、意外と言葉で出して謝るかどうかで、女性の気持ちは大きく変わってきますよ。

 

元嫁との関係を再構築する

次は元嫁との関係を再構築することに努めます。離婚して一度失ってしまった関係は、新しい女性と一から関係を築く以上に難しいことかもしれません。それを覚悟のうえで、元嫁ともう一度やり直すように努力してみましょう。

一番効果的なのが、元嫁の相談相手になるということです。人間は不安や愚痴を相談できる相手には、安心感や信頼を感じます。そしてその相手に好感を抱くという心理を持ち合わせています。

前向きな話をする相手よりも、ネガティブな話ができる相手の方が「自分を分かってくれる」「この人なら素の自分を出せる」と思いやすいのです。「最近元気ないけどどうした?」とか「やっぱり最近も忙しい?」などと気遣う言葉をかけることで、相手も愚痴や不満を打ち明けやすくなるでしょう。

 

元嫁に新しい相手がいないかチェックする

元嫁に新しいパートナーがいないかどうかチェックすることも忘れないようにしましょう。先ほども書いたように、新しいパートナーがいると、復縁への道は一気に険しくなります。

相手と友達のような話ができる関係であれば、直接「最近どう?」なんて話ができるかもしれませんね。子供がいるのであれば、面会の時などにさりげなく子供に聞いてみてもいいでしょう。

また共通の友人がいる場合は、その友人を通して元嫁の近況を探るのもひとつの手です。ただし元嫁の友人や子供たちに根掘り葉掘り聞きすぎると、「最近何を嗅ぎまわってるの!?」と怒られてしまう可能性も。変に思われないように、さりげなく聞いてみるようにしましょう。

 

復縁屋を利用する

もし相手に新しいパートナーがいるのであれば、自分の力で何とかしようとするのではなく、「復縁屋」というプロの力を借りるというのもひとつの方法です。

「復縁屋」は第三者として相手に近づき、ターゲットを自然な流れであなたとの復縁に導いてくれます。あなたがいくら元嫁に言ったところで、きっと新しいパートナーとは別れることはないでしょう。

もちろん、既にパートナーがいる場合は、別れさせてから復縁までをサポートしてもらうことが可能です。

むしろ障害があることで、恋の炎が燃え上がってしまう可能性もあります。自分でなんとかしようとすると、むしろあなたの方が邪魔者になってしまいますよ。いろいろなサービスがありますので、よく調べて、信用できるサービスを探してみてくださいね。

▼復縁屋についてもっと詳しく▼

復縁屋・復縁工作を口コミ評判から13社をランキング形式で徹底比較!どうしても復縁を叶えたいなら復縁屋の復縁工作がオススメ!しかし、どの復縁屋がイチバン成功率が高いの?って思いますよね?この記事では、おススメの復縁屋13社を口コミ・体験談・成功例などを元にランキング形式で紹介します! ...

まとめ

元嫁に拒否されずに復縁したいという方のために、上手な復縁方法や拒否されやすい人の特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「拒否されたくない」という気持ちは分かりますが、もしあなたが本当に元嫁とやり直したいと考えているのであれば、思い切って行動してみる勇気も必要です。

復縁したいと思うほど相手を好きになったのはとても素敵なことですから、勇気を出して元嫁に連絡を取ってみましょう。あなたが幸せな人生を送るために、一番良い決断ができますように。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談