不倫したい

別れさせ屋とは?何するの?依頼や仕事の流れは?

「別れさせ屋」とは別れるための工作を仕掛けるプロ集団のこと。ざっくりとは分かっていても、細かい疑問が沢山あるのではないでしょうか。実際にどのような仕事なのかを分かっている人は少ないでしょう。

依頼を決断する前に、その疑問と向き合ってみませんか。別れさせ工作が進むほどに、あなた自身の理解や覚悟が求められる場面にも直面します。別れさせ屋の仕事を知っておくことは、きっとこれらの事態に立ち向かうヒントになるでしょう。

別れさせ屋の素朴な疑問から別れさせ工作の手口、依頼の手順までをご紹介します。ぜひ参考にして、自分にぴったりの別れさせ業者を見つけてください。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

「別れさせ屋」の疑問を徹底解剖

いざ別れさせ屋を利用しようと思っても、疑問があると躊躇してしまうことがありますよね。ここでは分かっているようで分からない、人に聞きにくい疑問を解決しておきましょう。相手の「素性」が分かっていれば、きっと頼りになる存在になりますよ。

別れさせ屋は一体何をするの?

別れさせ屋とは、簡単に説明すると「人と人との関係にけじめをつける」プロ集団です。男女関係はもちろん、同性間の恋愛、トラブル、さらには恋愛関係以外でも縁を切りたい人がいれば、依頼することができます。

依頼内容はさまざまであることから、解決方法も多岐にわたります。しかし、すべての依頼を安易に引き受けてくれるわけではありません。ストーカーや犯罪に発展する依頼もゼロではないからです。これらを予測した場合には依頼を断られる場合もあります。

真摯に対応してくれる別れさせ業者であれば、「依頼者の利益」を考えて行動してくれるため、信頼関係を築こうとします。

場合によってはターゲットになる人物だけではなく、あなた自身についても最低限チェックされる可能性があることを理解しておきましょう。

依頼することは違法にはならない?

結論から言えば、別れさせ屋に依頼することは違法になりません。別れさせ屋の存在自体も違法には当たらないのです。

しかし、別れさせ屋の手段、方法次第では公序良俗違反になる可能性もあるため、業者の見極めは慎重にするべきなのです。以下の場合には、違法になる可能性が考えられます。

  • 夫婦のどちらかから離婚したいという依頼を受け、別れさせ屋が積極的に貞操義務を侵害しようと働いたケース。
  • 別れさせ屋が探偵業届出を出さず、張り込みや尾行を行い探偵業法違反をしたケース。
  • 別れさせ工作を行う際に、ターゲットの住居に侵入したり無断で郵便物を開封したケース。

別れさせようとするカップルが恋人同士、浮気相手の場合には、別れさせ屋が体の関係を持ったとしても貞操義務違反には当たりません。探偵業営業許可が下りている業者で、これらの公序良俗違反を行わなければ、依頼することにまったく問題はないのです。

別れさせ屋は探偵業

別れさせ屋は業種としては「探偵業」に分類されます。もともとは「別れさせ屋」という呼ばれ方はされていませんでしたが、人と人との関係を解消するために始めたサービスが、今のように探偵業の一つとして行うサービスに変化したのです。

探偵業は踏み込んだ捜査ができる警察でもなく、民事介入できる弁護士でもないため、一般人と変わりはありません。しかし証拠がなければ警察が動いてくれることもなく、弁護士を通して立証できるような事態にも発展させることができないのです

つまりは、証拠集めの手段として探偵業「別れさせ屋」を利用する人が多いと考えて良いでしょう。

その後証拠が集まったところで、皆がみんな「不倫したら離婚」「賠償請求をする」などと同じ結論に至ることはありません。場合によってはもう一度やり直したい、話し合いたいというケースも存在するため、あなたの気持ちに寄り添ってくれる別れさせ屋を見つける必要があるのです。

工作員ってどんな人?

工作員としての活動は探偵業の届出があれば可能。工作員として働く人の中には、心理学や演技に精通している人がいることも事実です。極端な話、探偵業の営業許可さえ下りればあなたが別れさせ屋として活動することも可能なのです。

まっとうな別れさせ屋かどうかを判断する基準の一つとして、20歳以上の工作員を雇っているかどうかは判断材料になります。20歳というのは、万が一トラブルが生じた際に責任能力を問える年齢だからです。さらに工作員をアルバイトや登録制ではなく、正規雇用している業者はより信頼ができる業者といえるでしょう。

正規雇用であれば突然離職する可能性も低いですし、離職した後の守秘義務においても、対処がしっかりしているからです。工作員自身もきっちり研修や教育を受けている環境なら、なお安心して依頼することができます。

どのような手口で別れさせるのか

別れさせ屋は具体的にどのような手口を使って別れさせるのでしょうか。ほんの一例ですが、具体的な方法を5つご紹介します。どのような方法を使うのかはケースバイケースであるため、担当スタッフとよく相談するようにしましょう。

ターゲットに異性の影をつける

別れる理由を付けるために、ターゲットに異性の影をつけることは、もっとも簡単な手口といえるでしょう。夫婦であれば穏便な離婚に持ち込むことができ、恋人関係にあれば別れるための口実になるからです。

事実、別れたいという依頼にはこの手口を使うことが多いそうです。既婚未婚に関わらず、異性の工作員を近づけ、時間をかけて信頼関係を築きます。信頼関係が築けた頃合いを見計らって、依頼者から別れを提案するのです。

ターゲットは自分に後ろめたさがあるという状況にあるため、比較的あっさり別れを受け入れることが多く、トラブルが少なく別れられる方法の一つといえるでしょう。ターゲットが、異性との交流に慎重な場合には時間を要することも多いため、別れまでにかかる時間は人それぞれです。

浮気現場を抑える

別れさせるために、浮気現場を抑えることもあります。やや強引な手口ですが、その後も関係を続けたいという依頼者には効果的に働く場合があるからです。もちろん事前にターゲットが浮気をしていることを工作員が突き止めます。

その結果をもとに、浮気現場に依頼者同伴で突入してそのまま問い詰めるのです。ターゲットは言い訳ができない状況であり、浮気相手も状況を把握することができるため、誰もが正直な気持ちで行動することができます。

その場で結論が出ることも期待できるため、強引でありながらも「その後も関係を続けたい人」にはこの手口が提案されることがあります。

相手の弱点を裏どりする

別れさせるために、ターゲットの弱点を裏どりすることもあります。スムーズに分かれるために、弱点となる情報を工作員が仕入れるのです。

付き合いが長く、ターゲットが定職に就いているにも関わらずなかなか結婚に至らない。ターゲットの裏どりをしたら、ギャンブルにハマって借金を背負っていたケースもあります。

なかなかデートの時間を作ってくれないターゲットは、何人もの彼女と付き合っているケースも考えられるでしょう。

これらの弱点が明らかになっていれば、たとえターゲットが別れを拒んでも、依頼者はこれを突き付けることによって、比較的円満に別れることができる場合があります

話し合いの場を設ける

状況によっては、別れさせ屋が「話し合いの場」を設ける場合もあります。2人だけで話し合うことが困難な場合に、第三者に介入してもらうという手口です。しかし友人や知り合いに知られたくない、相談する人がいないという環境にある依頼者が、別れさせ屋に依頼するという経緯を辿ります。

ターゲットが納得しないまま一方的に別れを切り出すと、ストーカーや依存をするといった状況になることも考えられます

たとえ時間がかかっても、話し合いにより「お互いが納得した別れ」をすることが可能になるのです。

工作員はターゲットと打ち解け十分な信頼関係を築く必要があるため、話し合いに至るまでにも時間がかかることが予想されます。それでもターゲットのタイプによっては、前向きな別れにするために話し合いの場を提案されることがあるのです。

 

別れさせ屋の手口と方法がヤバい!どうやって別れさせる?依頼からの流れを紹介!別れさせ屋への依頼を考えた時、最も気になるのは別れさせる手口や方法ですよね。 カップルや夫婦を別れさせるには綿密なプランが必要なんです。今回の記事では、そんな別れさせ屋が具体的にどんな方法で別れさせるかを紹介していきます。...

依頼の前に確認しよう

別れさせ屋に依頼をする前に、以下の事を確認しておくとスムーズです。焦らず冷静になった状況だからこそ、見えてくる部分もあります。場合によっては費用が変わるケースもあるかもしれません。自分の状況をきちんと把握しておきましょう。

依頼を断られるケースもある

まっとうな別れさせ屋なら、依頼を断るケースが存在します。多くは、事件や犯罪に発展する可能性を持った事例です。自分が依頼しようとしているケースがこれらに該当しないかを確認しましょう。

  • 「外人との結婚は許さない」「〇〇出身だから受け入れられない」といった差別的な考えが基になっている依頼。
  • 怨恨を晴らす目的を持った依頼。
  • ストーカーやDVなどの犯罪に発展しそうな依頼。

差別や怨恨といった依頼を引き受けると、公序良俗違反になる恐れがあります。第三者から見て犯罪に発展しそうな依頼は、未然に防ぐという意味で断られることがあるでしょう。自分の依頼が「社会的に妥当なものであるか」をいま一度振り返ってみましょう。

現状を整理しておこう

別れさせ屋に依頼する前に、業者に伝えるべき現状を整理しておきましょう。ターゲットと浮気相手が密会する日、時間がハッキリしていれば、必ず伝えましょう。これらの情報を共有することで、トータル的に費用を抑えることも期待ができるのです。

浮気相手も会う時間も分からないとなると、別れさせ屋としてはまず「調査」から始めなければなりません。工作に至るまで時間がかかるということは、費用もかかってくるのです。

一方で相手や密会の日時がハッキリしていれば、工作員はピンポイントでスタンバイすればよいわけなので、短時間で解決することが期待でき、費用を抑えることにつながるでしょう。

過度にターゲットを詮索するのも疑っている事がバレてしまうため問題になりますが、自分が知りうる範囲での情報をまとめておくと良いでしょう。

別れさせ屋の工作。別れさせ工作の成功と失敗事例集別れさせ屋の様々な工作事例の紹介 別れさせ屋は自分自身の「別れたい」という悩みや、恋愛関係の二人を「別れさせたい」という要望など、様々...

別れさせ屋にはどのように依頼すればよいか

依頼したい業者が決定したら、どのようにして連絡を取ればよいのでしょうか。相談する時のポイントや確認事項を順を追ってご説明します。この段階で、本当に自分に寄り添ってくれる業者であるかを見極めましょう。

メール・LINE・電話で相談してみよう

別れさせ屋に連絡を取る際には、まずはメールやLINE、電話で相談することをおすすめします。直接出向いて相談にのってくれる場合もあるかもしれませんが、接客中であったり任務中であることも考えられるため、別れさせ屋の余裕があるときを選びましょう。

電話でも受け付けている場合がほとんどですが、LINEやメールの方がベターです。質問に対する回答が記録として残るため、その後に他社と比較検討する場合にも便利です。

知らない場所に電話をすることは気が引けますが、LINEやメールなら気の弱い人でも「検討します」と断ることができ、対等な関係を築くことができます。

メールなら別れさせ屋にあなたの人となりがバレることもなく、記録として残すことができる。電話はあなたの疑問が「すぐ」聞けるというそれぞれメリットがあります。直接事務所に出向く前にどちらかのステップを踏むようにしましょう。

疑問があれば必ずメモをして

相談するステップになったら、メール・電話・対面を問わずメモをする習慣をつけましょう。費用を支払うかもしれないお客様という立場なのですから、臆することはありません。疑問、質問は必ず解決してもらうようにしましょう。

これらの回答に誠実に対応してくれない業者なら、それまでの業者ということです。日頃から、聞き忘れたことや不安要素をメモしておくことも良いでしょう。対面相談であっても、メモをして構いません。

悪徳業者は疑問質問をうまくかわして、すぐ契約に誘導しようとします。まずはいったん家に持ち帰って疑問質問を洗い出し、その場で契約をすることは避けるようにしましょう。

相談時に確認した方が良いこと

別れさせ屋に相談する際には、いくつか確認をしておきましょう。回答によっては、悪徳業者かどうかを判断する材料になります。初めての相談でも、以下の内容なら業者にも不快感を与えず詮索することができるでしょう。

  • 探偵業届出を出しているか。
  • 状況報告の頻度はどの程度か、写真や動画を添付してくれるか。
  • 料金体系が明確で、契約書はきちんと作ってくれるか。

探偵業届出をしていない業者は、悪徳業者である可能性もあります。怪しい場合には、成功率を聞いても良いでしょう。誠実な業者ならリスクの説明をしてくれる場合があります。

定期的な報告を写真や動画付きでしてくれる業者なら、信頼して工作終了までお付き合いすることができるでしょう。契約書は探偵業法で交付、説明の義務があります。料金体系も記載されるかを確認しましょう。

必ず他社も検討をする

相談したからといって、他社を検討せずにその場で別れさせ屋と契約することは避けましょう。相談先の別れさせ屋にも、「他社も検討したい」と伝えて差し支えありません。

万が一、その場で契約に持ち込もうとする業者であれば、悪徳業者である可能性があります。調査、工作に自信がなく比較検討されたら不利になるという気持ちが働くからこそ、焦りが契約という行動になっているのです。

自信がある別れさせ屋なら、「比較検討されても選ばれる」という気持ちがあるため、逆に依頼者に比較検討を提案することがあります。その行動こそが、お互いに信頼関係を築くことになり、よりよい別れさせ工作ができるのです。

別れさせ屋の体験談をご紹介!これがプロの別れさせ屋だ!この記事を読んでいるあなたは、少なからず別れさせ屋について知りたいと思っているでしょう。 別れさせ屋とは、恋愛関係にある男女を円満...

対等な関係を築ける業者を選ぼう

別れさせ屋に依頼することは、違法ではなく「探偵」業務を依頼することと同じです。工作員は資格や特殊能力があるわけではありませんが、ターゲットに異性の影を付けたり、話し合いの場を設けたりして別れさせるきっかけを作ってくれます。

なかには悪徳業者も存在するため、しっかり見極めることが必要です。他社と検討したり、場合によっては途中で解約したりする勇気が必要になることもあるでしょう。真摯に対応してくれる業者なら、契約書や契約内容についても細かく説明してくれるはずです。

工作を依頼したら業者とは長いお付き合いになります。その点も踏まえて、お互いがお互いの事を考えることができるような、対等な関係を築ける業者を選択しましょう

▼別れさせ屋についてもっと詳しく▼

別れさせ屋を口コミ実話からランキング比較!費用や評判は?【2020年最新】別れさせ屋に依頼して離婚させたい場合、どれくらいの失敗・成功率なのか、どこが良い探偵社なのか気になりますよね。今回の記事では口コミ評判・実話からランキング形式でおススメの別れさせ屋を紹介します。...

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談