復縁したい

嫁と関係修復する6つの方法!きっかけや原因の探り方

結婚する時はあんなに愛し合っていたのに、何年も一緒に過ごすうちにギクシャクし、いつ離婚を切り出されるかハラハラしているという男性は少なくありません。

「あの頃に戻れたら」と思うでしょうが、一度壊れた夫婦関係を修復するのは、並大抵のことではありません。しかし絶対に不可能というわけではないのが夫婦関係。今回は嫁との関係を修復する方法をご紹介していきます。

嫁との関係が悪化した原因を探る

まずは何が原因で嫁との関係が悪化したのでしょうか?その原因を探っていきましょう。自分に非があると、どうしてもそれを認めたくないものですが、本当の原因を知らなければ、関係を修復することはできません。

嫁との関係が悪化した原因は何なのか、冷静に振り返ってみてください。

①家事や育児を手伝わなかった

少し古い考えの男性の場合、家事や育児は女性がするものだと考える人が多い傾向にあります。そのため、家に帰っても家事を手伝わず、休みの日にも育児に参加しない人も。

しかし最近ではその考えは通用しないことが増えてきています。男性だけでなく、嫁も働いている家庭も多く、たとえ専業主婦だったとしても、子供は二人で育てるものという意識が一般的になっているからです。

家事や育児に積極性が感じられないと、嫁は夫に対して「協力的でない」と感じてしまいます。

そして「言っても直らない」「直す気がない」と判断すれば、あなたに期待するのをやめ、関係は悪化してしまうでしょう。

②経済的に苦しい

お金がすべてというわけではありませんが、生活できる最低限の経済力は必要です。お金がなければ、夫婦の潤滑油となるプラスアルファの楽しみを見つけられません。

たとえばたまに二人で外食したり、旅行に行ったり、お互いの誕生日や記念日にプレゼントを贈ったり。そういったささやかな楽しみがないと、生活の満足度は上がらず、ちょっとしたことでもイライラしてしまいます。

お互いのお金の使い方に口を挟んだり、節約で余裕がなくなり、喧嘩も増えてしまうでしょう。

贅沢をする必要はありませんが、夫婦仲を円滑に保つためにも、ある程度余裕のある経済力は必要になってきます。

③相手に否定的

誰しもパートナーには自分を理解し、認めてもらいたいと思うものです。そんな相手に「いや」「でも」など否定的なことばかり言われれば、当然夫婦関係は悪化してしまいます。

確かに一緒に生活していると、悪いところも目に入るでしょう。特にプライドが高い男性の場合、なんでも気付いてほしいと思ったり、嫁に思い通りに動いてほしいと思いがちです。

しかし否定的な言い方は、相手を傷つけるだけです。夫婦だからこそ、相手を思いやる優しい気持ちは大切なのです。

お互いが相手には分からない大変さを抱えており、それを分かってほしいという気持ちがあるはずです。それを分かろうとしないと、ついつい文句や否定的な言葉ばかり言ってしまうことになるでしょう。

④コミュニケーション不足

夫婦として毎日一緒に過ごしているのに、コミュニケーション不足だという夫婦は意外と多いのです。「ありがとう」や「いただきます」といった、当たり前のお礼や挨拶が疎かになり、同じ空間にいても会話がないということも。

あなたが相手の目を見て、会話をしたのはいつが最後でしょうか?疲れて帰ってくると、ついつい「スマホを見ながら」「テレビを見ながら」会話することが増えてきます。

相手の話に対して「ふ~ん」などと気のない返事をされれば、相手は話す気を失くしてしまいます。

たとえ毎日同じような話ばかりで興味がなかったとしても、それが伝わってしまえば、夫婦仲は冷めてしまうでしょう。

⑤浮気や不倫

当然ですが、浮気や不倫は夫婦仲に大きく影響します。長い夫婦生活を送っていると、毎日がマンネリ化して、刺激が欲しいと感じることもあるでしょう。

そんな時に、魅力的な女性が現れれば、つい出来心で浮気をしてしまうケースも少なくありません。

しかし浮気された側は「仕方ない」とは思いません。浮気されたことでかなり傷つくはずです。

子供がいる、経済的な理由などが原因で、すぐに離婚とまではいかないかもしれませんが、信用はなくなり、夫婦関係も冷え切ってしまうでしょう。

後にも記載しますが、場合によっては浮気が原因で修復不可能な状態になることも。それほど浮気や不倫は、夫婦関係にとって大きな問題なのです。

嫁との関係が修復不可能なケース

どんな夫婦でも関係が修復できるとは限りません。一般的に修復が難しいとされるのは、どういったケースなのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

①DVがある

夫婦間でDVがある場合、夫婦関係を修復することはまず不可能です。これは身体的な暴力だけではありません。モラルハラスメントといった精神的な暴力も含まれます。

暴力やモラハラを行う人には、何らかの心の病気が関係している可能性があります。もちろんそうでない人もいますが、幼少期に何か傷を負っていたり、異常なまでの劣等感やコンプレックスを抱いていることが、DVの原因かもしれないのです。

この場合、相手の心の病気を直さなければ、夫婦関係は修復されません。子供がいる場合は特に、1日でも早く夫婦関係を解消し、距離を置く必要があるでしょう。

「自分がいないと駄目になってしまう」と考えるのではなく、まずは子供や自分の安全を最優先させるべきです。

②度重なる浮気や不倫

先ほども書いたように、マンネリ化した毎日に飽き飽きし、つい出来心で浮気をしてしまったという人も、残念ながらいます。1度きりの浮気ならまだしも、何度バレても浮気を繰り返すようなら、夫婦関係の修復は不可能でしょう。

仮に修復したとしても、同じことを繰り返す可能性が高いからです。浮気癖がある人は、なかなか治らないと言われています。これはパートナーの努力だけでは、どうにもならない問題です。

まだ相手に気持ちがあると、離れるのは辛いでしょう。しかし存在の大きさや大切さをお互いが認識するためにも、一度距離を置いて、冷静に今の状況や今後のビジョンを描きなおす必要があります。

③冷静な話し合いができない

夫婦関係が悪化していると、顔を合わせれば喧嘩になるという夫婦も珍しくなりません。どれほど冷静に話し合おうと努力しても、ついかっとなって激しい口論になってしまったり、売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまうことも。

この場合は、修復にむけての話し合いをすることも難しいでしょう。子供がいる場合、夫婦喧嘩が子供の心に大きな傷をつけることがあります。

子供にとって大好きな両親が言い争っているのは悲しいことです。冷静な話し合いができない場合は、子供にこれ以上傷をつけないためにも、一旦距離を置くようにしましょう。

時間を置くことで、また冷静に話し合うことができるようになるかもしれません。

④絶対に自分が悪くない場合

結婚生活はお互いが譲歩し合って、ちょうどいい妥協点を探していく必要があります。どちらも譲れない考えがあると、衝突することも増えるでしょう。

もしあなたにどうしても譲れないという強い思いがあるのなら、相手に分かってもらうのではなく、自分が結婚生活を諦めるというのもひとつの方法です。

嫁はロボットではありません。自分の思い通りに動かしたり、すべての考え方を自分のものに合わせてもらうことはできないのです。

最終的に、あなたが自分のこだわりや希望を優先させるのか、それとも嫁との結婚生活を続けていくことを優先させるのか、あなた自身が決めなければならないでしょう。

⑤第三者の口出しが激しい

あなたと嫁は二人で静かに話し合える環境にあるでしょうか?結婚生活は当人同士だけの問題ではないと、一般的に言われていますが、やはり最終的な決断をするのは夫婦です。

たとえばあなたのご両親が介入してきたり、反対に嫁の両親が事ある事に口を挟んでくれば、落ち着いて話し合うことができません。

また小さな子供がいる場合にも、ゆっくり時間を取って話し合うことは難しいかもしれません。第三者の口出しが激しい場合は、夫婦関係の修復はかなりきびしくなります。

夫婦関係を修復しようとする前に、両親に口を出さないようにお願いしたり、話し合いの時間には子供たちを預けるなどして、話し合いの時間を取る必要があるでしょう。

嫁との関係を修復する6つの方法

では、いよいよ嫁との関係を修復するための方法をご紹介します。最初は勇気のいることもあるかもしれませんが、本気で嫁との関係を修復したいのであれば、ぜひ試してみることをおすすめします。

①会話を増やす

嫁との関係を修復したいのであれば、まずは自分が変わる必要があります。相手に自分の心を開くのです。これまで相手にあまり関心を示さず、コミュニケーション不足だったのであれば、意識して会話を増やしましょう。

難しく考える必要はありません。「おはよう」「おやすみなさい」「ありがとう」「美味しいね」といった挨拶や他愛もない言葉からで十分なのです。

絶対に気を付けていただきたいのが、小言や否定的な言葉はNGだということです。プラスの言葉や明るい言葉を発するようにしましょう。最初は相手の反応が悪いかもしれませんが、それくらいのことでめげていてはいつまでも夫婦関係を修復できません。

反応が悪くても、毎日少しずつ会話をするようにしてください。日々の積み重ねが大切なのです。

②自分の悪いところを探す

嫁との関係を修復するためには、自分の非を認めなければなりません。「嫁が浮気したのが悪い」「嫁が家事を疎かにするのが嫌だ」と、相手の嫌なところや悪いところを探すのは簡単です。

しかしあなたにまったく非がなかったと言い切れるでしょうか?嫁が浮気したのは、夫に興味を持たれず、寂しい気持ちがあったのではないでしょうか?

嫁が家事を完璧にこなせないのであれば、あなたに手助けすることはできないでしょうか?長い間、一緒にいると、どうしても相手の悪いところに目がいってしまいます。そして一度気になり出すと、際限なく気になってしまうことも。

相手を変えようとするのではなく、まず自分が変わることから、夫婦関係の修復はスタートするのです。

③冷静に話し合う

あなたが嫁との関係を修復したいと思っていても、相手がそう思っていなければ修復することはできません。言葉にするのは勇気がいるかもしれませんが、思い切ってあなたの気持ちを伝えてみましょう。

「最近ギクシャクしているから、少し話し合いたい」と伝えるだけでも、相手にあなたの気持ちは伝わります。話し合う時は、感情的にならず、冷静に話し合うようにしましょう。

話し合う中で相手からあなたの欠点を指摘されることもあるでしょう。「それは違う!」と思っても、鼻から否定すれば話し合いにはなりません。「そうだったんだ」「そんな思いをさせていたんだね」とまずは相手の気持ちを受け入れましょう。

気持ちを伝えることは大切ですが、相手に要求するのはNGです。

たとえば「自分も直すから、君も気を付けてね」というのは相手に直すことを要求していることになります。相手に要求するのではなく、自分の気持ちを伝えて自分で気づいてもらうことが重要です。

④なるべく同じ空間で過ごす

顔を合わせると喧嘩になってしまうという夫婦は、同じ空間にいることを避ける傾向にあります。誰だって喧嘩はしたくないですから、同じ家に住んでいても、顔を合わせないようにしているのでしょう。

これはいわゆる家庭内別居の状態です。これを続ければ、心の距離はますます離れていってしまいます。そうならないためにも意識して、同じ空間で過ごすようにしましょう。

相手がリビングにいるときは、自室に閉じこもるのではなく、あなたもリビングで過ごすのです。時間が合えば、食事を一緒にすることもおすすめです。

まずはあなたの存在を、嫁に受け入れてもらうことが大切なのです。

⑤一緒に同じことをする

夫婦で同じ趣味を持ったり、一緒に出掛ける機会を増やすことも効果的です。

嫁の買い物に付き合ったり、一緒に散歩する、家事を手伝うといったささいなことでも十分です。

一緒に同じことをすることで、夫婦の一体感を高めることができます。今更買い物や散歩についていきづらいという人は、思い切って旅行に出かけてみるというのもひとつの方法です。

旅行のような非日常的な空間の方が、今までのギクシャクした関係を忘れて、楽しく過ごせることも。さらに家事や仕事に追われずに、四六時中一緒にいることができますから、相手との距離を縮めるいい機会になるでしょう。

⑥別居する

どうしても自分の気持ちが落ち着かないという場合は、一時的に別居するというのもひとつの方法です。相手から離れることで、お互いの大切さを実感し、思いやる気持ちが湧いてくれば夫婦関係の修復もスムーズにできます。

しかし別居して、そのまま離婚に至る夫婦も珍しくありません。離れることで、自由を満喫し、楽しさに気づいてしまうと、夫婦関係の修復を諦めてしまうのです。

そのため、別居はあくまでも最終手段として取っておきましょう。夫婦関係を修復したいのであれば、できるだけ一緒に暮らしている時に努力するべきです。

これ以上どうしようもなくなって別居するときには、離婚へのステップではなく「関係修復のための冷却期間」であることをお互いの共通認識にしておくことをおすすめします。

嫁との関係を修復したいなら復縁屋を利用しよう

自分にできることをしてみたけれど、なかなか関係が修復できないという時は、プロの力を借りると言う方法もあります。この場合のプロは、やはり復縁屋でしょう。

復縁屋は夫婦やカップルの関係を修復するためのアドバイスや工作を行ってくれます。たとえば同性の工作員を派遣し、嫁の不満を引き出し、本当の原因が何なのか客観的に判断してくれます。

また嫁に夫との関係を修復するよう、自然な形で促してくれることも。さらにあなた自身の足りないところや、直した方がいいところも的確にアドバイスしてくれるでしょう。

その依頼主に合わせた、サポートやアドバイスを行い、夫婦関係の修復を手助けしてくれるのです。

どうしても嫁と離婚したくない、関係を修復したくないという方は、ぜひ無料相談してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、復縁屋はM&Mがオススメですよ。

M&Mへの無料相談はこちら

■受付時間:LINE 24時間/お電話 10:00~24:00

 

他にもどんな復縁屋があるのか見たい!比較したいという場合には、以下のサイトから比較検討してみることをオススメします。

復縁屋とは?復縁工作の流れや成功率の高い復縁屋13社を一挙紹介!どうしても復縁を叶えたいなら復縁屋の復縁工作がオススメ!しかし、どの復縁屋がイチバン成功率が高いの?って思いますよね?この記事では、おススメの復縁屋13社を口コミ・体験談・成功例などを元にランキング形式で紹介します! ...

まとめ

今回は、嫁との関係を修復するための方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?冷え切ってしまった夫婦関係を修復するのは、思った以上に大変なことかもしれません。

しかしあなたが真剣に嫁と向き合えば、きっと気持ちが通じるようになるはずです。またあの頃のような幸せな日々を取り戻せるよう、できることはなんでもやってみましょう。

そしてどうしようもなく行き詰った時は、専門家の借りるのもいいでしょう。あなたが夫婦で幸せな日々を取り戻すことができますように。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談