キャバ嬢と付き合いたいときはどうする?本気で付き合う方法とは

キャバ嬢と付き合いたいときはどうする?本気で付き合う方法とは

キャバ嬢という職業について

キャバ嬢の仕事は男性とお酒を飲みながらお話をしたり、お客さんのお酒を作ったり、タバコに火を付けたりなどありますが、極論「男性の心を癒す仕事」なのです。キャバクラに来店する男性のタイプは様々ですから、お客さんに満足してもらえるよう、お客さんに合わせて接客を通して満足感与えるのです。

キャバ嬢の仕事をしている女性はそれなりに美人な女性が多いですし、給料も他の仕事と比較しても高いです。ですから、男性からモテモテで高収入の男性が好みだと思っている人も少なからずいるでしょう。しかし、たくさんの男性を接客の中で見てきているキャバ嬢だからこそ「自分の事を本当に愛してくれる男性」を求めているのです。

お客さんの中には態度が横暴な人やキャバ嬢を「物扱い」する男性もいます。キャバ嬢だって「普通の女性」なのですから、「一人の人に愛されたい」という願望はありますので、純粋に「好き」の気持ちを伝えることが出来れば振り向いてもらえる可能性はゼロではありません。

男がキャバクラ に行く理由

男性がキャバクラに行く理由、それは「癒しが欲しい」からです。癒しといっても、人によって違いますので、それが「話を聞いて欲しい」「寂しさを埋めて欲しい」「女の子とお酒が飲みたい」など。基本的に男性は「自分の事を認めてもらいたい」という欲求が強いです。

その欲求を満たすために高いお金を払ってまでキャバクラに行くわけです。キャバクラに行くことで、女性たちが自分のことを男性として扱ってくれますし、話を聞いてくれて、褒めたたえてくれます。ですから、キャバ譲と一緒にいることで癒されたり、居心地の良さを感じて気が付くと男性がキャバ嬢に「恋愛感情」を持つことが多いのです。

また、その他にも「お金で割り切れる関係が楽しい」「男性心を分かってくれる」などキャバ嬢は「ただ男性とお酒を飲んで、お話するだけ」と思っている人もいるかもしれません。でも、キャバ嬢は男性の心を満たすお仕事なので、女性としての魅力がもちろん、それなりのスキルが必要になります。キャバ嬢は話上手が多く、女子力は普通の女性よりも高いです。身近に男心を理解してくれる女性が少ないので、それも男性がキャバクラに行く理由の一つと言えるでしょう。

キャバ嬢に恋をしてしまい、付き合いたいと思ったら

キャバ嬢に恋をしてしまい、付き合いたいと思ったら最初のうちは相手の女性に気持ちがバレないようにしてください。お店ではお客さんとの恋愛に厳しいところも多いので、お目当てのキャバ嬢に好意がバレてしまうと、警戒されて恋愛に発展させることが困難になってしまうかもしれません。

それから、キャバ嬢に恋をした場合には相手にとって「面倒なお客さん」にならないように注意しましょう。お店の都合で自分の席に来てくれないことがあっても、決して「何で全然来てくれないんだよ!」といったことを言ったり、連絡先を交換してしつこく連絡をしすぎたり、たとえ連絡をして連絡が来なかったとしても「どうして連絡をくれないんだ!」などと言ってはいけません。

また、これはキャバ嬢に惚れてしまった男性がやりがちなことですが、お目当てのキャバ嬢には良い振る舞いをしていても、他のキャバ嬢に横暴な態度を取ったり、悪い印象を与えてしまうとキャバ嬢の間で「嫌な客」という噂が流れてしまう可能性もあるので、他のキャバ嬢にも好きなキャバ嬢と同じような振る舞いをするようにしてくださいね。

キャバ嬢と付き合う方法

華やかなドレスに身を包み、繁華街の夜を彩る夜の蝶・キャバ嬢。男性客とお酒を飲み、会話を楽しみつつ擬似恋愛を繰り広げるのがキャバクラ遊びの醍醐味ですが、その感情が一歩踏み込んでしまい本気になってしまう男性も多いはず。
そんな気になるキャバ嬢と付き合うためにはどうすればいいのか?その方法をまとめてみました。

相手のバックボーンを知る

キャバクラをはじめとした水商売は、若い女性の間ではメジャーな職業(バイト)になりつつあります。そのため、専業として数年間キャバクラで働いている女性もいれば、一定期間だけバイトとして入っている学生さんもいます。そうした個人のバックボーンによって、好みやお客さんへの接し方、金銭感覚なども変わってきます。
また、キャバクラ経験の豊富な男性なら、そのお店の価格帯や嬢のランクを見て、どのような傾向なのかの判断材料にしてください。(高級店なら暦の長い子や客の扱いに慣れた子が多く、ガールズバーの延長のようなお店ならフレンドリーな考えの子が多いかも)
その際に注意したいのは、ストレートに聞きすぎないこと。職歴や生活内容など、いきなり踏み込んで聞くと警戒されるのが当たり前。関係性を作りながら、ちょっとずつ聞き出していきましょう。

店に通って安心感を与える

キャバ嬢に印象付ける1番早い方法は、店に毎日のように通い、恋愛感情が本気であることを強くアピールすることです。キャバ嬢も男性客全員を恋愛対象ではないと、考えてることは少ないので、積極的にアピールすることで良い関係を築くこともできます。
また、キャバ嬢を水商売の女性として下に見ることはご法度。男性客が入れ込んでいるキャバ嬢のことを「養ってやっている」と下にみてくる人が多いからです。
うわべだけではなく、自分のことを1人の女性として、見てくれる男性客には心を開いてくれる可能性が高まります。

店外に連れ出して印象付ける

指名を多くすれば店外デートができる

キャバ嬢は来店頻度の少ない男性客は売り上げにつながらないため、店外デートをすることはありません。理由は明白で、男性客にお店に行かなくても簡単に会えると思われてしまうと、売上が上がらず、お店から怒られてしまい、肩身の狭い思いをしてしまうからです。
キャバ嬢のことを考えて店外デートに誘う場合は、少なくても月に2回以上の来店が必要になってきます。もし、仕事が忙しくて来店回数が少ない場合は、1回の来店で高めの支払いをすることで、店外デートをすることが可能になります。デートまでいけば、あとはあなたの魅力を伝えなくてはいけませんが、ここでもっとも危惧すべきは「そもそも相手に特定の相手がいないかどうか?」です。
もし相手に彼氏がいて、そもそも自分が恋愛対象になり得なかったら、今までの労力も水泡に帰してしまいます…。

キャバ嬢と付き合う究極の方法”付き合わせ屋”

好きな人や一目ぼれをした人と接点がなくても、あなたが好意を寄せている相手と付き合わせてくれる業者のことです。
別れさせ屋や復縁屋がサービスを行っている1つで、振られてしまった相手や不倫相手と再会したい場合にも利用されます。
恋人関係になるためにはお互いが好意を持たないといけません。
しかし、相手の心をすぐに振り向かせるのは難しいといえます。
そんな時に、たくさんの経験を持っている付き合わせ屋に依頼をすることも選択肢の1つです。
どうしても付き合いたい相手がいる方や少しでも気になった方は付き合わせ屋・付き合い工作について見てみましょう。

キャバ嬢と付き合う場合の注意点

キャバ嬢と付き合う場合には覚えておいて欲しい注意点がいくつかあります。せっかく好きになったキャバ嬢と付き合えたのに、アッサリ別れることになったら悲しいですよね?ここでは、好きになったキャバ嬢と長く付き合うための注意点について解説します。

キャバ嬢と付き合うと付き合っていくためには、少しばかり苦労がありますが、そこは今後の関係を良好にしていくためにも覚えておくようにしてくださいね。

束縛しすぎない

あなたと付き合っても彼女は「キャバ嬢の仕事を続けたい」と思うかもしれません。そうなれば、他の男性客とも関りを持つことになりますよね?そこで、彼女に「キャバ嬢を辞めろ」「他の男と話をするな」といった束縛をすると彼女が愛想を尽かしてしまう可能性が高いです。

キャバ嬢をしている女性の中には何かしらの目的があって働いている女性も多いので、彼女がキャバ嬢の仕事を続けたいと言っているなら理解を示してあげましょう。束縛をしすぎる男性はかなりの確率で今後、彼女と上手く付き合っていくことが出来ないはずです。

お店に付き合っていることをバラさない

キャバ嬢と付き合ってからもお店に通い続ける場合には、お店側に彼女と付き合っていることをバラさないようにしましょう。お店に来ている男性客には「彼女のファン」もいるかもしれません。もし彼女と付き合っていることがバレてしまったら、彼女の仕事に支障が出てしまうことは言うまでもありません。

また、お店によってはお客との恋愛を禁止しているところも多いので、二人の関係がバレたことで彼女がお店にいられなくなってしまうことも考えられますので、秘密にしておくのが賢明です。

キャバ嬢と付き合いたい人が他にも見ているコンテンツ