別れさせ屋

別れさせ屋の失敗事例と依頼が成功するための条件

別れさせ屋の失敗事例と依頼が成功するための条件

「別れさせ屋の失敗事例が知りたい」

「別れさせ屋は本当に成功するのだろうか?」

とお悩みでしょうか。

結論から言えば、別れさせ屋に依頼しても全てが成功するわけではありません。

人間の心をコントロールする仕事のため、全てのケースで100%成功するのは困難です。

しかし、依頼者側次第で成功率を上げることは可能です。

そこでこの記事では、当サイトに寄せられた実際に別れさせ屋を利用された方の失敗事例を紹介していきます。

また、失敗事例からわかった別れさせ屋の依頼が成功するための重要な要因を紹介します。

別れさせ屋への依頼を検討されている方は、この記事を参考に依頼をするかの判断や、成功率を上げるための参考にしてみてください。

別れさせ屋M&M
別れさせ屋 M&M
別れさせ屋M&Mのサイトサムネイル
  • 累計20,000件以上の業界最大手の別れさせ屋
  • 依頼者様の予算や状況に合わせた工作が可能
  • オンラインでの面談や契約も可能
匿名相談オンラインOK!

別れさせ屋の失敗事例

当サイトに寄せられた情報をまとめた結果、別れさせ屋が失敗するパターン・事例は以下の通りです。

  • 悪徳業者に依頼をしてしまったことによる失敗
  • 依頼者から依頼がばれてしまったことによる失敗
  • 依頼者が依頼を取り下げたことによる失敗
  • 依頼者の予算が尽きてしまったことによる失敗
  • 調査員の尾行がバレてしまったことによる失敗
  • 接触後に対象者と関係構築ができなかったことによる失敗

それぞれ具体的に紹介をしていきます。

悪徳業者に依頼をしてしまったことによる失敗

別れさせ屋への依頼で失敗したケースのうち一番避けたいものが、悪徳業者に依頼をしてしまったことによる失敗です。

残念なことに、別れさせ屋の中には違法な行為をする業者や、実際には動かない詐欺業者がいるようです。

Aさんは元カレの現在の彼女を別れさせたいと考え、とある別れさせ屋に依頼をしました。

契約して入金も完了し、調査・工作を待つばかりです。

別れさせ屋の担当者からは「○月○日に動きます」との連絡が届き、報告を楽しみに待っていました。

その日の夜に「動きなし」とメールが届き、初回はこんなものかと次の動きを待つことに。

しかし、担当者からはなかなか連絡がこないので、こちらから連絡しても「今調整中です」と回答されるだけ。

こうして何週間も待たされ、不信感が募ったことから何度も問い合わせをすると、次第に担当者と連絡が取れなくなってしまいました。

そこでAさんは「騙された」と感じたようです。

その後、Aさんは他の別れさせ屋に相談をしながら、警察や弁護士に依頼料を返金してもらえるように動いているとのことです。

このように、別れさせ屋の中には詐欺まがいのことをする業者がいます。

そうした業者に依頼をしてしまえば、調査や工作をきちんとしてもらえないため、当然ながら失敗をします。

別れさせ屋への依頼を失敗させないためには、きちんとした業者選びをしましょう。

業者選びの方法については、この記事内の「適切な業者に依頼をする」で紹介をしているので参考にしてみてください。

依頼者から依頼がばれてしまったことによる失敗

依頼者の不注意で別れさせ屋に依頼したことがばれてしまったことによって失敗してしまうことがあります。

Bさんは、結婚生活に疲れ妻と離婚したいと考え、スムーズに離婚を進めるために別れさせ屋に依頼をしました。

方法としては、妻に若い男性工作員を接触させ、ハニートラップを仕掛けることに。

妻が一人で外出するタイミングに合わせて、別れさせ屋の工作員が接触し連絡先を交換することに成功。

ここまでは順調に進んでいました。

しかし、工作当日帰ってきた妻にBさんが「今日男に声かけられなかった?」とつい聞いてしまいました。

不審に思った妻から問い詰められ、Bさんは別れさせ屋に依頼をしたことを正直に話してしまいました。

その後、妻との関係は悪化したものの離婚に同意してもらえず、現在は家での会話もないほど冷えきってしまいました。

これは依頼者本人が軽率に話をしてしまったことから失敗してしまった事例です。

「なぜそんなことを聞いてしまったのか」「聞かれても適当に答えればいいじゃないか」と誰しもが思う失敗ですが、意外とこうした失敗は多いようです。

依頼者から依頼がバレるケースでは、こうしたケースの他に「別れさせ屋への連絡履歴が見られてしまった」というものもあります。

依頼中は、通話履歴やメール・LINEの履歴など、スマホやパソコンの管理はしっかりとしておきましょう。

依頼者が依頼を取り下げたことによる失敗

依頼者が依頼を途中で止めることによる失敗も少なくないようです。

Cさんは、付き合っていた彼女に浮気をされて別れることになり、現在の彼氏と別れさせて復縁をしたいとのことで別れさせ屋に依頼をしました。

彼女の現在の彼氏については何も情報を持っていないことから、彼女の調査をし、彼氏とのデート現場を尾行することで彼氏の住所などを明らかにすることから開始しました。

彼女の休みの日に彼女の自宅を張り込みをしてもらったところ、外出したのでそのまま彼女の尾行をしてもらいました。

彼女は友人とクラブに行き、そこで初めて知り合った男とホテルに行ったと報告を受け衝撃を受けました。

この報告から、彼女は普段から不特定多数の男性と関係を持っている可能性があると考え、彼女の調査を継続。

予想通り彼女は複数の男性と関係を持っていたようです。

この調査結果を受け、彼女と復縁したいと考えていましたが、新しい彼女を探す方に切り替えることにして依頼を終了してもらいました。

このケースは、調査により判明した事実から依頼を中止したことによって、失敗に至ったケースです。

このようなケース以外にも、「対象者の名前が実は偽名だった」「対象者の仕事が全く違うものだった」など嘘が発覚したことを理由に依頼を中止する人は少なくありません。

依頼人からすれば失敗とは言えないケースですが、別れさせ屋の失敗にはこうしたものがあります。

依頼者の予算が尽きてしまったことによる失敗

別れさせ屋の失敗として、依頼者の予算が尽きたことで調査・工作を継続できずに失敗になってしまうケースがあるようです。

Dさんは、元カレと現在の彼女を別れさせたいとのことで別れさせ屋に依頼をしました。

料金は3ヶ月で約150万円でした。

まずは元カレの彼女の情報を調査するとのことで、元カレの身辺調査をしてもらったのですが、元カレの動きが読めずに毎回空振りばかりで何も進捗がありませんでした。

彼女の情報がわかった頃には3ヶ月近く経過しており、そこから彼女への工作をするためには期間延長でさらに150万円必要だと言われてしまいました。

そんなに予算を用意していなかったことから、支払いができずに依頼終了になってしまいました。

これは想定していた予算をオーバーしてしまったことで依頼継続ができなくなり中止になってしまったパターンです。

別れさせ工作にかかる費用は、依頼内容によって全く異なります。

なぜなら、依頼によって別れさせ屋が動く日数や時間が大きく変わるからです。

対象者の情報が正確であれば、調査や工作にかかる費用が少なくなるため、支払額は安くなります。

一方、今回のケースのように情報が少ない状態から依頼をスタートする場合には、当初想定していた予算では足りなくなる可能性があるのです。

このように、別れさせ屋との打ち合わせで想定していた期間や実働回数は、調査結果次第で変動するため、結果的に費用が膨らみ依頼が継続できなくなることがあります。

そのため、予算に関してはある程度余裕を持っておくか、実働回数型のように毎月必要な回数を追加して支払うような料金プランのほうが良いでしょう。

調査員の尾行がバレてしまったことによる失敗

調査員の尾行がバレてしまったことで依頼が失敗してしまうことがあります。

Eさんは、夫の不倫に気づき、不倫相手と別れさせようと別れさせ屋に依頼をしました。

不倫相手に心当たりがなかったため、夫の身辺調査を開始。

調査員が会社に張り込みをして、夫の尾行をしてくれました。

しかし、夫は調査員の尾行に気づき、調査員に「探偵か?」と詰め寄ったようです。

この別れさせ屋はアルバイトの調査員を雇っていたようで、夫の問い詰めに正直に答えてしまい依頼がばれてしまいました。

このケースは、アルバイトという経験の浅い調査員を使っていたことによって発生した失敗です。

簡単そうに思えるかもしれませんが人を尾行するのは簡単なことでばありません。

例えば、エレベーターに乗ってしまった対象者を追跡するために同じエレベーターに乗った場合、人が少なければ顔を覚えられてしまう可能性があります。

普通の人であればエレベーターに乗った人の顔を覚えることはありませんが、不倫など後ろめたいことがある人は警戒感が強く、顔を覚えられてしまうことがあります。

こうした理由から、別れさせ屋に依頼する際は経験豊富な業者に依頼をするのがよいでしょう。

接触後に対象者と関係構築ができなかったことによる失敗

別れさせ屋の失敗には、接触後に対象者との関係構築できなかったことによる失敗があります。

Fさんは、好きな人を彼女から別れさせようと考え別れさせ屋に依頼をしました。

方法は、好きな人の彼女に別れさせ屋の男性工作員を仕掛けて、ハニートラップを仕掛けるというものです。

工作員は順調に彼女に接触して、連絡先を交換することに成功。

しかし、なかなか彼女と二人で会うところまでたどり着けずに苦戦していました。

連絡は取れるものの彼氏から略奪できるほどまでの関係を築けずに依頼者の予算が尽きて終了となってしまいました。

このケースは、対象者と接触後に関係を構築できずに別れさせができなかった例です。

ここは別れさせ屋の工作の中で一番むずかしいところでもあります。

対象者が男性の場合は、ハニートラップが効きやすいですが、女性の場合は必ずしもそうではありません。

女性好みの容姿の工作員を使ったり、同じ趣味で接近したりしますが、別れさせまでは100%成功できるわけではないのです。

ある程度長時間をかければ成功できる可能性は上がりますが、その間に依頼者の予算が尽きてしまう可能性があります。

少しでも成功率を上げたいのであれば、優秀な工作員が多く経験が豊富な業者に依頼をするのが良いでしょう。

ここまで別れさせ屋の失敗事例を紹介してきました。

これらの事例を元に依頼が成功するために必要な条件を以下の通りです。

別れさせ屋への依頼が成功するための条件

ここまの別れさせ屋の失敗例からわかった「別れさせ屋への依頼が成功するための条件」は以下のとおりです。

  • 適切な業者に依頼をすること
  • 情報管理を徹底する
  • 対象者の情報を最低限持っていること
  • 予算に余裕を持っておくこと

それぞれ説明をしていきます。

適切な業者に依頼をすること

別れさせ屋への依頼を成功させるためには、適切な業者に依頼をすることが絶対条件です。

支払いをしても全く動かないような詐欺業者に依頼をしてしまえば、成功するはずがありません。

後悔しない別れさせ屋選びのポイントは、以下のとおりです。

  • 個人事業主ではなく会社組織になっている別れさせ屋
  • 毎回写真付きの報告書がある別れさせ屋
  • 探偵業許可を取得している別れさせ屋
  • 面談が可能な別れさせ屋
  • 実働回数型の料金プランの別れさせ屋

それぞれ紹介をしていきます。

個人事業主ではなく会社組織になっている別れさせ屋

別れさせ屋選びのポイントの1つは、会社組織である別れさせ屋を選ぶことです。

別れさせ屋を営む業者は、個人が運営する個人事業主と、会社組織として運営する別れさせ屋があります。

会社組織の別れさせ屋をおすすめする理由は、簡単に悪いことができないからです。

個人事業主であれば、簡単に名前や電話番号、所在地を変えることができます。

会社組織でも変えることはできますが、費用や手続きなどの手間を考えると詐欺行為は働きにくいです。

もちろん個人でも誠実にやっている業者もいると思いますが、株式会社など会社形態の組織に依頼をするほうが無難です。

毎回写真付きの報告書がある別れさせ屋

別れさせ屋選びで重要なのは、別れさせ屋が動くたびに「写真付きの報告書」が届く業者を選ぶことです。

写真付き報告書でなければ、本当に別れさせ屋が動いているかどうかはわからないからです。

ただし、中には写真を使い回す業者もいるようなので、活動当日の動きがわかるような時系列での写真報告がある業者を選ぶことをおすすめします。

探偵業許可を取得している別れさせ屋

探偵業許可を得ている別れさせ屋を利用しましょう。

別れさせ屋は、調査・工作過程で追跡・尾行をしますが、その行為は探偵にのみ認められているからです。

別れさせ屋のホームページ等で探偵業許可を得ているか確認しておきましょう。

面談が可能な別れさせ屋

別れさせ屋を選ぶ際には、面談が可能な別れさせ屋を選びましょう。

電話やメールだけで契約・入金するのはリスクが高いからです。

別れさせ屋の事務所で面談をするのが最も良いですが、コロナ禍でもあるためオンライン面談なども活用するのがおすすめです。

実際に相手の顔を見て話をして、契約内容や重要事項説明に納得をして契約するようにしましょう。

実働回数型の料金プランの別れさせ屋

別れさせ屋を選ぶ際は、期間契約の業者よりも実働単位で料金が発生する実働回数型の業者がおすすめです。

なぜなら、料金と動きの関係が明確だからです。

基幹型の契約の場合、いつ動くか、何回動くかは業者次第です。

しかし、実働回数型の場合は、1回あたりいくらというプランなので、確実に動く回数が判明しています。

また、実質的に分割に近い形で支払いができるため、一度にまとまった金額用意できない方にもおすすめです。

以上が別れさせ屋の選び方のポイントです。

次に、別れさせ屋への依頼を成功させるための条件2を見ていきます。

情報管理を徹底する

別れさせ屋への依頼を成功させるために重要なのが、情報管理を徹底することです。

依頼者であるあなたから対象者に別れさせ屋への依頼がバレてしまうことを防ぐためです。

あなたと対象者が近い関係にある場合、スマホやパソコンのメールやLINE、電話履歴などが絶対に見られないように管理しましょう。

当然、スマホの通知画面で別れさせ屋からの連絡が来たとわかるような通知設定をしているのもNGです。

また、自分から対象者に別れさせ屋の依頼がバレてしまうような言動や素振りをすることはやめましょう。

別れさせ屋に依頼をするとつい気になってしまうかもしれませんが、依頼がバレてしまえばトラブルに発展する可能性が高いです。

別れさせ屋への依頼中は情報の管理には注意をしてください。

対象者の情報を最低限持っていること

別れさせ屋への依頼が成功するためには、対象者の情報を最低限持っていることが重要です。

なぜなら、対象者の情報が少ないと、対象者の特定に時間がかかり高額な費用が発生するからです。

依頼前に最低限持っていたい情報は以下の通りです。

  • 勤務先または自宅住所など相手の行動パターンがわかる情報
  • 顔写真

最も重要なのが、相手の勤務先や自宅住所など相手の行動パターンがわかる情報です。

なぜなら、この情報がないと対象者の調査すら難しいからです。

勤務先や自宅住所がわからない場合は、最寄り駅や通勤経路などがわかれば大丈夫な場合もあります。

また、マッチングアプリなどで出会った場合は、マッチングアプリでマッチをして調査につなげることも可能です。

しかし、ゲームやSNS出会った場合など、相手の情報が少ない場合は、膨大な時間がかかるか調査不可能なことも珍しくありません。

とにかく、相手の身辺調査をするための基本的な情報がなければ、探偵・別れさせ屋は動くことができません。

逆に、できるだけ精度の高い情報を持っていればいるほど、調査に必要な時間が減るため、費用も安く収まります。

別れさせ屋に依頼をする際には、できるだけ自分が持っている情報を伝えるようにしましょう。

予算に余裕を持っておくこと

別れさせ屋への依頼を成功させるためには、ある程度資金に余裕をもっておくほうがよいでしょう。

なぜなら、当初の予定通りに依頼が完了するとは限らないからです。

別れさせ屋への契約や入金は、まだ対象者の調査が完了する前の段階での予想にすぎません。

実際に対象者を調査することで判明する事実によっては、当初の予定よりも費用がかかることもあれば、逆に安く済むこともあります。

資金切れで依頼途中で工作が終了しないためにも、資金には多少余裕をもって考えておくほうが無難です。

その点でも、実働回数型契約プランのほうが毎月1~2回の実働を継続しやすいため安心と言えるでしょう。

おすすめの別れさせ屋

当サイトおすすめの別れさせ屋を紹介します。

おすすめ理由は、「会社組織」、「実働回数型料金型」で「毎回写真付き報告書あり」だからです。

別れさせ屋M&M

別れさせ屋M&M

M&Mへの無料相談はこちら

■受付時間:LINE 24時間/お電話 10:00~24:00

別れさせ屋M&Mは、千葉県に本社を置く探偵業許可を持っている別れさせ屋です。

実働回数型の料金プランで、1実働7万7千円~と料金的にも比較的安いです。

毎回写真付きで報告書を提出してくれるため、安心して依頼の状況を把握することができます。

料金システム 実働回数型
着手料金 30万円~
成功報酬 10万円~
お試しプラン あり
支払い方法 現金、クレジットカード
写真の提示 あり
所在地 277-0011 千葉県柏市東上町7-20 ロシェビル2F
全国対応 可能
探偵業届出証明書 千葉県公安委員会 第44210017号
相談窓口 0120-972-217
公式サイト https://brooklynmetfan.com/

別れさせ屋リライアブル

別れさせ屋リライアブル

リライアブルへの無料相談はこちら

■受付時間:LINE 24時間/お電話 10:00~24:00

別れさせ屋リライアブルは、東京都の別れさせ屋で探偵業許可も取得しています。

実働回数型プランで1稼働あたり16万5千円とやや高額ですが、全国一律の料金体系のため、値段設定がわかりやすくなっています。

こちらも毎回写真付きの報告書を提出してくれるため、安心です。

また、費用が高額な理由として人材に力を入れているとのことなので、安易なミスで依頼がバレるなどの失敗を防げると考えられます。

料金システム 実働回数型
着手料金 40万円~
成功報酬 10万円~
お試しプラン あり
支払い方法 現金、クレジットカード
写真の提示 あり
所在地 〒120-0034 東京都足立区千住1丁目4番地1号 東京芸術センター10階
全国対応 可能
探偵業届出証明書 東京都公安委員会 第30210333号
相談窓口 0120-978-149
公式サイト https://www.office-reliable.jp/

まとめ

今回は、別れさせ屋の失敗事例について紹介をしてきました。

別れさせ屋の失敗としては以下のパターンがあります。

  • 悪徳業者に依頼をしてしまったことによる失敗
  • 依頼者から依頼がばれてしまったことによる失敗
  • 依頼者が依頼を取り下げたことによる失敗
  • 依頼者の予算が尽きてしまったことによる失敗
  • 調査員の尾行がバレてしまったことによる失敗
  • 接触後に対象者と関係構築ができなかったことによる失敗

別れさせ屋の依頼失敗には、別れさせ屋が原因での失敗ではないことも多いです。

もちろん、別れさせ屋自体に問題があるケースも多い業界のため、業者選びはしっかりと行いましょう。

この記事を参考に、別れさせ、復縁成就にお役立てください。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談