不倫したい

先生と保護者が不倫は難しい?脈アリの場合はどんなサインが出る?

お子さんがいる方の中には、男性の先生に対してときめいてしまったことがあるという人も多いかもしれません。

しかし、先生と保護者という関係では不倫は難しいもの。あきらめてしまうしかないと思い込んでいませんか?

でも、もしかしたら先生の側にもその気持ちがある場合、可能性はゼロではありません。そんなときには、どのようなサインから相手の気持ちを見抜けばよいのでしょうか。

今回は、先生と保護者の不倫関係についてご紹介します。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

先生と保護者の不倫が多い理由は?

不倫の中でも、先生と保護者の関係は決して許されないもの。にもかかわらず、先生と保護者の不倫は珍しいものではありません。

では、なぜ先生と保護者の不倫は多いのでしょうか。

接点が多い

先生と保護者の不倫が多い理由としては、「接点が多い」ということが考えられます。

先生と保護者は、子どもの相談に乗ったり、進路について考えるなど、何かと接触する機会が多いもの。

特に何度か担任になったという場合や、子どもに問題があり保護者が悩んでいるという場合には、相談する回数も増えていくもの。

専業主婦の場合には、それ以外に男性との接点がないということも珍しくないため、結果として先生に男を感じてときめいてしまうということにつながります。

ストレスが高い

学校の先生は非常にストレスの多い仕事です。

非常に仕事量が多いだけでなく、部活の指導やクレーム対応など、やらなければならない仕事は非常にたくさんあるもの。

また、先生は品行方正な行いが求められるため、日常生活でも我慢を強いられることが少なくありません。その結果、どうしてもストレスを抱えてしまいがち。

さらに職場の同僚の場合は年齢が近い人が少ないことも。そのはけ口として、ついつい保護者との不倫に走ってしまうことになってしまいます。

他の男性よりも信頼感がある

保護者にとって、先生は非常に頼りになる存在です。

本来であれば、子どものことを相談する相手として父親が選ばれるはずですが、子育ては妻に任せたままという男性は非常に多いもの。

母親が子どもの話をしても、聞いてもらえないこともあります。

その点、先生は子どものことをきちんと考えてくれる存在。さらに、先生という立場もあり、保護者にとっては非常に頼もしいと感じて、信頼感も増してしまいます。

その結果、ついつい先生にときめいてしまい、不倫に走ってしまうのです。

 

先生と保護者の脈ありサインとは

先生は立場上、不倫をしてはいけないもの。それが保護者が相手となればなおさらです。

しかし先生といっても、一人の男性。保護者に好意を抱いてしまうこともあります。

では、先生の好意はどのようなサインになって現れるのでしょうか。

①目が合う

先生と保護者が会うときは、二人きりというよりも、周囲に他の人がいる場合が多いもの。

たとえば保護者会や参観日など、大勢の人がいることもあります。

しかし、そんなときにも目が合うことが多いという場合、脈ありのサインだと考えられます。

誰でも好きな人がどこにいるかというのは気になるもの。また、大勢に向かって話をしているときでも、好意を持っている人の反応を見たいと思うものです。

そのため、先生がこちらを向く機会も多くなり、自然と目が合いがちになります。

②相談に乗ってくれる機会が多い

先生と保護者の関係にとって、子どもの存在は非常に重要です。

先生の立場からすれば、保護者に対して子どもの様子を教えたり、相談に乗ったりすることは、好きな相手との距離を縮めるチャンスになるもの。

また、的確なアドバイスを行うことで相手から信頼されたいという心理も働きます。

さらに「子どもの相談」といえば、会う機会も多くなります。そのため、ちょっとしたことでも相談するようになり、ますます会う機会が増えていきます。

③個人的な連絡が来る

普通であれば、保護者にとって、先生の連絡先は学校だけで十分なもの。

それなのに「何かあったときに」と、個人的な連絡先を教えてくれたり、プライベートな時間に個人的な連絡が来るという場合は、脈ありだと考えてよいでしょう。

というのも先生にとって学校は仕事の場所。連絡をするときでも周囲に他の先生がいるため、なかなか思い切った会話をすることができません。

しかし、プライベートな連絡先であれば、話したいことを話すことができます。

また、学校や子どもに関係した連絡の場合でも、必要以上に細かい点を話したり、わざわざ電話連絡が必要ないことで連絡してくると感じるときには、脈ありの可能性が高くなります。

④逆相談されることがある

先生と保護者という関係では、普通は保護者が先生に子どものことを相談するもの。

それなのに、先生が保護者に相談する場合には脈ありのサインです。

男性が誰に相談したいとき、まず思い浮かぶのが好意を抱いている人。自分の相談を聞いてもらうことで、距離を縮めて信頼関係を築こうとしています

また、先生が相談するということは、他の保護者とは違う存在だということを伝えようとしているのかもしれません。

⑤ほめてくれる

先生と保護者の会話は子どもが中心となるべきですが、もし先生が保護者のことをほめる場合、関心が子どもではなく保護者に向いていることになります。

男性は好きな女性には喜んでもらいたいもの。また、ちょっとした変化にも敏感になるものです。

髪型やメイク、ファッションなどをほめるようになれば、先生の好意はかなり高いものと考えてよいでしょう。

⑥プライベートなことを話す

先生が脈ありの場合、子どもの話題だけでなく、プライベートな話になることもあります。

保護者と先生との関係では、プライベートな話は必要ないもの。それなのにプライベートの話をするときには、「自分のことをもっと知ってほしい」「男性として意識して欲しい」という心理が働いています。

世間話という可能性もありますが、プライベートな会話が増えていく場合や、共通の話題を探そうとしている場合などは脈ありだと考えるべきでしょう。

⑦二人きりになろうとして来る

先生と保護者から男女の関係になるときには、二人きりになる必要があります。

といっても先生と保護者ではなかなか二人きりになる状況は少ないもの。

そのため、保護者と男女の関係になりたいと考える先生は積極的に二人だけの環境を作ろうとします

もし様々な理由を付けて、学校以外の場所で二人きりで会いたいと言われた場合には、かなり強い好意を持っていると考えられます。

 

子どもが卒業しても不倫を続ける方法

先生と保護者の不倫の場合、期間は子どもが卒業するまでということになるのが一般的です。

遊びだと割り切っている場合にはそれでも構いませんが、もしそれからも不倫を続けたいと思う場合には、どうすればよいのでしょうか。

・きちんと気持ちを話し合う

まず必要なのは、自分たちの気持ちを素直に話し合うということです。

もし関係を続けたい場合には、それをはっきり相手に伝えること。

もちろん、これからどうするかということを話し合うのは不倫では難しいことですが、気持ちを話し合わないままで子どもが卒業を迎えてしまうと、それだけで気まずくなって別れてしまうことも考えられます。

それを防ぐためにも、気持ちを話し合う機会を設けましょう。

・コミュニケーションを保つ

子どもが卒業するまでの間は、子どもの学校のことなどもあり、接触する機会は非常に多いもの。

しかし、子どもが卒業すると、学校とも関係がなくなり、どうしても連絡が少なくなってしまいます

また、共通する話題も少なくなり、自然消滅することも少なくありません。

もし不倫を続けていきたいというときには、子どもが卒業してからもきちんとコミュニケーションは保ちましょう。

もし連絡がなくなると、相手は「別れたい」と誤解してしまう可能性があります。誤解を防ぐためにも、コミュニケーションの頻度は大切です。

・ずるずるの状態を避ける

不倫で一番気を付けなければならないのが、ずるずるの関係に陥ってしまうこと。

そうなると、いつか周囲に不倫がバレて、大きなトラブルになってしまうことも考えられます。

それを避けるためにも、まずは自分がどうしたいのか、これからどうなりたいのかをしっかり考えてきましょう。

特に惰性で不倫をしていると、終わるタイミングが分からなくなってしまいます。それを防ぐためには、将来についてもきちんと考えておくことも重要になります。

 

先生と保護者が不倫するときの注意点

意外に多い先生と保護者の不倫。もともと不倫をするときには色々な注意が必要ですが、先生と保護者の不倫の場合、特に気を付けたい注意点があります。

では、先生と保護者が不倫をするときには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

・他の職業よりもリスクが高い

不倫がバレると、社会的信用を失うことにつながりますが、一般の会社員の場合、多くの会社では処分が行われないこともあります。

しかし、先生の場合には話は別。

不倫が発覚すると、その学校から転勤させられたり、懲戒処分を受けることもあります。

また、軽い処分であっても、現場にいづらくなって退職を選ぶことがほとんどです。

もちろん、既婚者であればお互いの配偶者から慰謝料を請求されることに。

そのため、先生と保護者の不倫は一般的な不倫よりもリスクが高いと考えることができます。

・バレる可能性が高い

実は先生の不倫は一般の不倫よりもバレる確率が高くなります。

というのも、先生は非常に知り合いの多い職業

現在の在校生はもちろん、卒業生やその親、同僚など、知っている人はかなり多くなります。

また、その多くが地元で生活しているため、もし不倫をしていると、現場を目撃される可能性が大幅にアップしてしまいます。

特に怖いのが保護者のネットワーク。ホテルに入る現場を目撃されるといった致命的な証拠がなくても、「なんとなく怪しい」と思われただけでうわさが広がり、注目を集めてしまう可能性も。

そのため、先生と保護者の不倫では、バレないように細心の注意を行うことが必要です。

・子どもへのリスクがある

先生と保護者の不倫では、考えなければならないのが子どもへのリスクです。

もし子どもに対して、不倫が発覚するとそれがトラウマになり、将来に大きな影響を与えることになりかねません。

ただでさえ子どもは親の態度に敏感なもの。もし不倫関係がこじれると、学校での生活にも影響が出るかもしれません。

それは略奪婚になっても同じこと。先生と保護者の不倫は、二人だけの問題だと考えないほうがよいでしょう。

 

まとめ

そもそも不倫にはリスクがつきものですが、相手の男性が先生となると、さらにリスクは大きくなります。

しかし、だからといって気持ちを抑えることも難しいもの。もし先生と保護者という関係で不倫を始める場合には、あらかじめしっかり覚悟を決めて、油断しないことが重要になります。

絶対に復縁したいあなたへ!復縁屋オススメ3選

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 30万~

LINEで相談公式ページ

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 40万~

LINEで相談公式ページ

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 45万~

LINEで相談公式ページ