不倫したい

40代既婚男性のラインやメールで好意は分かる?既読スルーはめんどくさいと思われている?

仕事でもプライベートでも、連絡は電話よりもLINEやメールでという人は多いかもしれません。ただし、男性のLINEの場合、用件だけといったシンプルな場合も多く、寂しく感じている女性も少なくないもの。

特に40代の既婚男性の場合、LINEやメールがそっけないことと感じてしまうこともあります。

しかし、実はLINEやメールでは、どれだけ隠そうとしても相手への好意が分かってしまうことも珍しくありません。

では、LINEやメールではどのような点に注意をすればよいのでしょうか。

今回は好意がある場合のLINEやメールの特徴、連絡の頻度や内容、脈なしのサインなどについてご紹介します。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

40代既婚男性アンケート!好意のない女性からの連絡で好意をもってしまったことはある?

まずは、40代の既婚者100人にアンケートを取ってみました。

仕事の関係で20代の女性と関わる機会は少なからずありますよね。

そんなLINEやメールなどのやり取りの中でちょっとした気遣いやサポートをきっかけに、20代の独身女性に好意を抱いたことが事があるかどうかについて質問してみました。

 

 

40代と20代となると、親と子に近いほどの年齢が離れているように思いますが、そんな中でも40人の方が『好意を抱いたことがある』と回答しています。

年齢が離れていても、ちょっとしたやり取りによって40代既婚者の心は動かせる可能性がある..という結果となりました。

『好意を抱いたことがある』と回答した方のコメントはコチラです。

 

最初は何気ないやり取りでしたが、相手が私の好きな所を教えてきたり一緒にでかけたいという内容が増えてきて好きになりました(41歳男性)

お互いの家庭の愚痴を言い合ってるうちに、すーっと心移りしました。(48歳男性)

共通の趣味がきっかけで話題が盛り上がって、そのあとで家庭いろいろあるよね、みたいな形でLINEが続くような形になりました
連絡が途切れず続く形になると意識してしまうので、という形です(48歳男性)

なかなか妻との2人の時間が取れずモヤモヤしていたときに飲んだ後にお礼の連絡でまたいつでもお話聞きますよ、といった内容が来た。(45歳男性)

 

コメント内容を読んでいる限りでは、大変な時に連絡をくれたりとか、共通の趣味や悩みの連絡をしているうちに心を揺さぶられた…というコメントが多いように感じますね。

 

40代既婚男性アンケート!好意がない女性への連絡は正直めんどくさい?

さて、とはいえ40代既婚者となると、家庭もある程度落ち着いているような状況。

40代既婚者に片思いしていても、相手に気が無ければLINE等の連絡も『めんどくさい…』等と思われるかもしれません。

 

実際、女性からのLINE等の連絡はどのように思っているのでしょうか。

40代既婚男性100名にアンケートを取ってみました。

 

およそ42%が『嬉しい』と感じていた半面、半分以上は好意が無い女性とのやり取りは面倒に感じている様子。

その主な理由は、嫁に怪しまれる・誤解されるといった理由や、時間の無駄といった意見がありました。

家庭内でコソコソ連絡を取っていると、既婚男性側もリスクを抱えることになる様子。

 

一方で、あると答えた方は、LINEでも友達としてやり取りするのは嬉しい・楽しいと答えている方が多かったです。

また、少しでも既婚者男性が女性を魅力的に感じると、返信率は大きく上がるようですね。

 

面倒だと感じません。好きではない女性だとしても、相手から連絡をくれると素直に嬉しいし、顔がタイプだと好きになってしまいます。(43歳)

好きじゃない人からでもきれいな女性からのラインやメールは、ついつい嬉しくなってしまいます。(40歳)

 

ただし、それはメールやLINEのみ。電話となると、家庭へのリスクは大きく上がり、なかなか対応できない場合もあるみたいですね。

家で電話していたら、嫁から『誰から?』と聞かれることもあるでしょう。それによって勘付く場合もありますよね。

既婚者にとってリスクのある行動は面倒に感じるようですね。

 

40代既婚男性のラインで好意がある場合のlineやメールの特徴

実は、40代既婚男性のLINEやメールでは、いくつかの特徴から好意があるかどうかを見分けることができます。

では、LINEやメールのどのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。

今回は40代既婚男性からのLINEやメールで好意があると判断できるポイントについてまとめてみました。

 

相手から連絡が来る

40代の男性にとって、連絡の手段といえばまず思いつくのが電話。LINEやメールは面倒だと感じることも少なくありません。

また、既婚男性の場合、文字になって残ってしまうLINEやメールは危険だと考えてしまうこともあります。

そのため、できれば自分からは連絡せず、女性のほうからLINEやメールが来たときだけ返事をすることも多いもの。

しかし、好意を持っている場合は話が別。好意を持っている相手とは、少しでもつながっていたいと考えて、自分からLINEやメールを使って連絡してくるようになります。

そのため、相手から連絡が来るという場合には、かなりの好意を持っていると考えてよいでしょう。

 

言葉遣いが丁寧

男性はどちらかというと、LINEやメールが苦手という人が多いものです。特に40代の男性の場合、丁寧すぎる言葉遣いなど、他人行儀と感じることも少なくありません。

そんなときには「距離を取られている」「親しみがない」とがっかりしてしまうかもしれませんが、実際はその逆。丁寧な言葉遣いのほうが、男性からの好意は高い可能性があります。

というのも、好意を持っている女性に対しては、男性はきちんと振舞いたいと考えるもの。20代ならくだけた言葉遣いをして距離を縮めたくなることもありますが、40代の男性の場合は、しっかりした言葉遣いは相手の好意と気遣いの証拠です。

 

意見を否定しない

男性の中には、すぐに女性の意見を否定しようとする人もいます。特に年下の女性との場合には「若いときはそういう考え方をするかもしれないけど」などと、女性の意見を受け入れず、自分の考え方を押し付けようとする人も多いもの。

しかし、好意を持っている相手の場合には、すぐに意見を否定することはありません。

もし考え方が違ったとしても、まずは相手の意見を受け入れようとするものです。

また男性は女性と違い、共感を示すのが苦手。それは相手の言葉に対して、はっきりしたアドバイスや、自分の意見を表明しなければならないと考えているからですが、好意を持っている相手に対しては、できるだけ嫌われたくないと考えます。

そのため、自分の意見を否定せず、肯定してくれることが多いなら、相手の男性は好意を持っていると考えることができるでしょう。

 

ハートマークや「!」が多い

男性のLINEやメールはそっけない内容のことが少なくありません。これは、男性がいつもビジネスでLINEやメールを使用しているから。

しかし、実は男性も自分のメールがそっけないことを気にしていることもあります。特に、好意がある相手に「そっけない」と思われるのはできるだけ避けたいものです。

そんなとき、男性が使うようになるのがハートマークや「!」マークです。これらのマークは、LINEやメールに使うと雰囲気が柔らかくなり、相手によい印象を与えることができます。

また、文面がそっけなくなってしまう男性にとっても便利なものです。

もしハートマークや「!」マークが増えたというときには、相手はあなたに好意を持っているのかもしれません。

 

既読がつくのが早い

好意がある相手とは、できるだけ多くLINEやメールのやり取りをしたくなるもの。また、相手がどんなことをしているのかも気になるものです。

そのため、男性があなたに好意を持っている場合には既読がつくのが早くなります。

もしかすると、「連絡が来ていないかな」と、一日に何度もスマホをチェックしているのかもしれません。

もちろん、返信が早いのも好意の表れと考えることができますが、「相手に気に入られたい」「もっと好きになってほしい」と思い、文面をしっかり考えてから返信をすることもあります。

また、既婚男性の場合には「好意があることを知られたくない」と考えて、わざと返信に時間をかけることもあるため、既読がついてから、実際に返信が早いかどうかは、好意とはあまり関係がないかもしれません。

 

いつも返信をくれる

LINEやメールでは、急いでいる用件だけでなく、どうでもいい話をすることもあります。その内容にかかわらず、常に返信があるという場合は、好意があると考えてもよいでしょう。

特に、どうでもいいような話の場合の返信は重要。

というのも、男性は用事がないLINEやメールはあまり得意ではありません。付き合っていても、返事が短く、簡潔ということも多いもの。

そのため、男性にとってどうでもいいような内容の場合には、既読はついても返信がないということも珍しくありません。

しかし、女性に好意を持っている場合には、どうでもいい内容のLINEやメールであっても、相手とコミュニケーションを取るチャンス。どんな形であっても、返信を続けることで連絡を保とうとします。

 

質問が多い

好きな相手のことは、できるだけくわしく知りたくなるものです。そのため、好意を持っている相手に対しては、質問が増えていきます。特にイエスかノーかで答えられない質問が増えたという場合は、好意がアップしている証拠。

というのも、イエスかノーかで答えられる質問の場合は、すぐに会話が終わってしまいますが、そうではない質問を投げかけると、答えからさらに別の話題に広げられるため、会話を長く続けることができます。

また、質問がプライベートなものに踏み込んできた場合には、相手はさらに距離を近づけたいと思っています。

 

時間が空かない

LINEやメールのやり取りが一度終わってしまったとき、次の連絡まで時間が空かず、すぐに連絡が来るという場合も、好意を持っていると考えることができます。

男性でも女性でも、恋愛をしているときには、好きな相手に対していつもつながっていたいと考えるものです。そのため、できるだけ時間を空けずに連絡を取ろうとします。

最初は一週間に一度だったものが毎日になったといった場合は、相手はかなりの好意を持っていると考えることができます。

 

スタンプや絵文字が多い

男性の中には、LINEのスタンプやメールの絵文字を使うことが少ない人も多いもの。

そういったタイプの男性がスタンプや絵文字を多く送ってくる場合には好意があることが考えられます。

これはハートマークや「!」マークと同じように、相手からの印象をよくしたいという心理が現れたもの。

さらに、もしあなたが送った絵文字やスタンプと同じものを返してきた場合、さらに強い好意を持っていると考えたほうがよいでしょう。

好きな相手と同じものを身につけたり、持ったりしたいというのは誰にでもある感情。それはスタンプや絵文字でも同じです。

また、相手と同じスタンプや絵文字を送ることで好意をこっそりアピールしているということも考えられます。

 

気遣いをしてくれる

好意がある男性は、女性に対して優しくなるもの。これはLINEやメールでも変わりません。そのため、好意を持っている男性からは、あなたを気遣う内容が増えていきます。

たとえば、その日の体調や心の状態に関する内容が送られてきた場合には、かなりの好意があると考えてよいでしょう。

 

「今」を共有したがる

LINEやメールは非常に便利なコミュニケーションの手段です。また、同じ時間を共有できるというのが特徴ですが、もし男性から「今何してる?」といった内容が送られてきた場合、それは好意の印です。

というのも、誰でも好意を持っている相手が「今何をしてるのかな?」というのはついつい気になってしまうもの。

また、好意を持っていると相手のことを考えることも多くなるため、「今」を共有しようとする連絡が多くなります。

同時に、自分のことを知ってほしいという気持ちも強くなるため「今自分がしていること」に関するLINEやメールも増える傾向にあります。

 

40代既婚男性が女性への好意のアリナシで連絡の頻度や内容はどのように変わる?

LINEやメールで連絡をするとき、気になるのが頻度と内容です。では、40代既婚男性がLINEやメールをする場合、好意のありなしによって連絡の頻度や内容はどう変わるのでしょうか。

もし、相手への好意がある場合、連絡の頻度は確実にアップします。これは、いつも相手のことが気になっているから。といっても、内容が濃くなるというよりも、どうでもいいような内容のLINEやメールが増えることが多いもの。

そのため、内容についてはあまり気にすることはありません。もし、他愛のない話題のメッセージが多くなれば、それは好意が強くなっていると考えることができます。

 

40代既婚男性で連絡自体はあまり無いけど実は好意をよせている場合はある?

「LINEやメールの連絡はあまりないから、相手からは好意がないかも?」と悩んでいる女性も多いかもしれません。では、連絡があまりないという場合、相手に好意はないのでしょうか。

実は、40代既婚男性の場合に限っては、連絡がなくても好意はあるということは考えられます。というのも、既婚男性にとって、妻以外の女性に好意を持つのは不倫になってしまう行為。そのため、好意を感じてもやってはいけないことだと考えて、できるだけ連絡をしないようにしているというケースもあります。

もし連絡がなくても好意があるという場合、それは男性があなたのことを真剣に考えている証拠といえるでしょう。

 

こんなメールやLINEだったら冷められてるかも…脈なしサインの連絡の特徴

LINEやメールの場合、相手が好意を持っているかを知ることができますが、同時に「脈なし」を確かめることも可能です。

では、どのようなLINEやメールなら「脈なし」だと考えればよいのでしょうか。

返信がない

そもそもLINEやメールを送っても返信がないという場合、「脈なし」だと考えたほうがよいでしょう。

もし仕事で重要な相手や、好きな相手であれば、時間がかかっても必ず返信するもの。相手が重要な相手であればあるほど、文面で悩んでしまい、連絡が遅くなることもありますが、最終的には返信を送ります。

しかし、どうでもいい相手なら、「返信する必要はない」と考えてしまうもの。また、「返信しようと思って忘れていた」というのも、相手に興味がないという証拠になります。

 

反応が薄い

脈なしかどうかを見極めるためには、相手との温度差も重要な要素です。

もし好意がある相手なら、相手のテンションに合わせようとするものですが、反対に興味のない相手に対しては、「どうでもいい」という気持ちが働き、反応が薄くなります。

こちらが絵文字やスタンプなどを使って気持ちを伝えようとしても、文字だけで返事が返って来るという場合、脈なしなのかもしれません。

 

具体的な話をしない

たとえば「今度遊びに行こう」「飲みに行こう」と誘った場合、「今度ね」「時間ができたらね」など、具体的な話が出ない場合、それは脈なしのサインです。

もしも好きな相手や、気になっている相手から誘われたら、「相手の気が変わらないうちに!」と、すぐに具体的な日程や場所を決めるもの。

しかし、何度誘ってもはっきり具体的な話をしないというときは、「できれば断りたい」と思っている可能性が高くなります。

 

既読スルーしても反応がない

LINEやメールを送っても何の反応もないというのは気になるもの。もしかすると体調が悪いのかも?と心配になってしまうこともあります。

そのため、相手の気を引こうとして、わざと既読スルーしたことがあるという方も多いかもしれません。

しかし、もし自分が既読スルーしても何の反応もないという場合、それは脈なしのサインです。

もし気になっている相手から既読スルーされれば、気になって必ず連絡をするものですが、既読スルーされても反応がないのなら、それは相手にとっては既読スルーされてもどうでもいいぐらいの相手ということになります。

 

すぐに会話を終わらせようとする

好きな相手と会話をするのは楽しいものですが、逆に興味がない相手との会話は楽しくないどころか、苦痛に感じることもあるもの。

それどころか、時間の無駄になってしまうため、できるだけ早く会話を終わらせようとします。

LINEやメールで絵文字やスタンプが届いたら返事が来ない、そのまま会話が終わってしまうという場合には、残念ながら脈なしだと考えたほうがよいでしょう。

 

40代既婚男性のラインで冷められている場合のアプローチの方法

相手の反応に敏感な人なら、LINEやメールで相手が冷めているという気配を感じることがあるかもしれません。

ではもし相手が冷めていると感じたら、どのように対処すればよいのでしょうか。
 

無理して追いかけない

LINEやメールで相手が冷めていると感じることの多くは、既読スルーされたり、返信がかえってこないといった場合です。

しかし、そこで「どうしたの?」「大丈夫?」など、さらに追いかけるのは逆効果。

もしかすると、事情があって返信できないという場合に、次々にメッセージが届くと、相手はどうしても「うっとうしい」と感じてしまいます。

もし、既読スルーや返事が返ってこなくても、あわててメッセージを送らず、まずは時間を置いてみましょう。
 

距離感を保つ

相手が冷めているかどうかに関わらず、人間にはそれぞれ快適な距離感というものがあります。

恋愛で盛り上がっているときには、できるだけ距離を近くしたいと思うのですが、時間が経って冷静になった場合、「少し距離が近すぎる」と思うこともあります。

そんなときに、ぐいぐい相手に近づいて行こうとすると、どうしても少し離れたくなってしまうもの。また、それに気づかずに距離を近づけ続けた場合、それが原因で別れてしまうこともあります。

相手が冷めていると思うと不安になるものですが、まず冷静になって二人の距離感を見つめなおしてみましょう。
 

スタンプを活用する

LINEで便利なスタンプは、相手が冷めているかもしれないと思ったときにも便利です。

もし相手からの返信がない、遅いという場合には、追求するのではなく、自分の気分を表すようなスタンプを送ってみましょう。

スタンプであれば、相手に負担になることもなく、連絡を保ち続けることができます。そうすると、相手からの連絡も待ちやすくなります。
 

LINEやメール以外で連絡する

どれだけLINEやメールを送っても返事がないという場合、それ以外の方法で連絡してみるのもおすすめ。

というのも、LINEやメールの場合、そもそもメッセージが届いているのに気づいていない場合や、スマホの不具合でメッセージが届かないということもあるもの。

電話や直接会って、伝えたいことを伝えてみましょう。

 

気長に待つ心構えを

一度相手の心が冷めかけているときには、どれだけ押しても逆効果になるばかり。

そんなときに必要なのは、気長に待つという心構えです。もしかすると、男性は少し時間が欲しいのかもしれません。

そのため、「待つ」というのは意外に効果的。もしも待ちきれないという場合には、自分である程度の期間を決めて、その間だけは待ってみるというのも良い方法です。

 

まとめ

LINEやメールは連絡手段として非常に便利なもの。

その反面、文字やスタンプ、絵文字だけでコミュニケーションを取るため、誤解が生まれやすいという欠点もあります。

男性が送ってくるメッセージは内容だけでなく、本当に伝えたいことをしっかり読み取ることで、相手との関係をよりよいものに導くことができます。

絶対に復縁したいあなたへ!復縁屋オススメ3選

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 30万~

LINEで相談公式ページ

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 40万~

LINEで相談公式ページ

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 45万~

LINEで相談公式ページ