不倫したい

既婚者同士の両思いはなんとなくわかる!それ以上に発展させたいならコレをやるべき!

既婚者の場合であっても、女性は相手からの好意には敏感なもの。しかし、相手が既婚者の男性の場合は、ちょっと悩んでしまうかもしれません。

既婚者の男性から好意を寄せられた場合、うれしい反面、モヤモヤした気持ちも感じてしまいます。では、もし白黒はっきりさせたいという場合にはどうすべきなのでしょうか。

今回は両想いを感じる既婚男性の行動態度や雰囲気、既婚同士で恋愛を長続きさせる方法、既婚者同士の恋を発展させる対処法などをご紹介します。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

既婚者同士の両思いはなんとなくわかる!既婚男性の行動態度や雰囲気10選

既婚者の場合、好意を持ったり、持たれたりしている場合には、口に出して言わなくても、なんとなくわかることがあります。その反面、既婚者であれば、相手に対する好意は知られたくないもの。そんなとき、しかし、相手に対する気持ちがなんとなくわかることが少なくありません。

特に、それが両想いとなればなおさらです。では、既婚男性の好意を知りたいという場合、どのような行動態度や雰囲気をチェックすればよいのでしょうか。

1.感情表現が分かりやすくなる

誰にとっても、好きな人と話ができるというのは楽しいものです。そのため、話していると、どうしても笑顔になってしまうことも少なくあります。もし会話していて、いつもより笑顔が多く感じるという場合には、相手に対する好意を持っていると考えてよいでしょう。

また、普段はあまり笑わない男性が、自分と話をするときには笑っているという場合、より好意が強いと考えられます。

特に、男性は感情をコントロールする傾向が強く、あまり人前では笑わないという人も多いものですが、そんな人が笑っているというのは、かなり強い好意の証拠だと考えてよいでしょう。

2.距離感が近くなる

どんな人でも、人と会話をするときやコミュニケーションを取るときには、それぞれの適切な距離というものがあります。

ほとんどの場合は、「相手に対して失礼にならない距離」を壊さないように注意するものですが、中には他の人よりも相手が近く感じたり、普段よりも近寄っているというケースがあります。

実は、それは好意の証。相手が好きで気になる存在であるため、無意識に近くに行きたくなっているのです。

また、食事会や飲み会など、大勢が集まる場所などで、気づいたときにはいつも近くの席にいるというのも、好意の表れです。これは話しかけるチャンスを増やしたい、もっと親しくなりたいという心理からの行動。

もちろん、相手が好きで近くにいるのが恥ずかしいというケースもありますが、どちらかといえばこれは独身の人に多い行動です。もし既婚者同士の場合には、好意を持っていれば距離が近くなるのが一般的です。

3.目が合うことが多い

男性でも女性でも、好きな人のことはついつい探してしまうもの。誰でも、ついつい好きな人を目で追ってしまうという経験をしたことがあるでしょう。

そのため、彼のほうを見たときに高い確率で目が合うという場合には、男性が自分のことを目で追っていたり、探していたと考えたほうがよいでしょう。

もちろん、偶然目が合うということもゼロではありませんが、何度も何度も繰り返し目が合うという場合や、目が合ったとき、相手があわてて目をそらすような場合には、その男性はあなたに好意を持っているのかもしれません。

4.共通の話題が増える

共通の話題が多い人とは、どれだけ話していても退屈しないもの。しかし、共通の話題が多いのは、もしかすると、彼が前に話したことを覚えていてくれるからかもしれません。

男性の場合、基本的には女性の話を聞くのは苦手なものです。同じ話ばかりしていると思い、女性の話を聞くのが苦痛に感じたり、聞いているようなふりをして聞き流していることも多く、前に話したことを覚えていないことも少なくありません。

しかし、気になる相手の話はしっかり聞いて、覚えていようとするものです。そのため、会話をするときにも話を聞き逃さないように集中して、聞いた内容を忘れないようにしようと気を付けています。

共通の話題が多いというのは、実は彼が前に話したことを覚えていて、さらにそのことについて自分でもくわしくなろうと努力した結果かもしれません。

5.質問が多くなる

相手に好意があるときには、相手に対する興味も高まるもの。そうすると、多くなってくるのが相手への質問です。

どのような趣味があるのか、どんな食べ物が好きなのかといった質問をすることで、相手がどのような人なのか、さらにくわしく知ろうとします。

また、相手に質問するときには、自分の趣味や好みを伝えられるというメリットもあります。その結果、自分の好みやプライベートな事柄も積極的に話すことも増えていきます。

6.連絡や接点が増える

好意を持っている相手とは、出来るだけ接触する回数を増やしたいというのは自然な感情です。

そのため、好意を感じたときには、直接の会話はもちろん、電話やLINEなどの連絡がこまめになることも。特にこれといった用事がない場合でも、頻繁に連絡が送られてくるかもしれません。

男性の場合、用事がないのに連絡するのは苦手という人も多いものですが、それでも連絡がある場合や、連絡に対してマメに返信してくれるというときは、かなりの好意があるものと考えてよいでしょう。

また、一度会話が始まると、出来るだけ長くコミュニケーションを取りたいと考えるのも好意の表れ。好意がある相手とは、出来るだけ会話を長くしようとする傾向もあります。

7.ほめる回数が多い

好意を持っている相手に対しては、できるだけいい印象を与えたいもの。

そのため、好意を持っている男性は、女性に対してほめることが多くなります。髪型やメイク、ファッションなど、目についた部分だけでなく、仕事や気配りなど細やかな点やよく観察しないと分からないことに関してほめられることが多いという場合、好意の表れだと考えてよいでしょう。

また、男性の中には女性をほめることが得意ではない人も少なくありません。しかし、そういった男性でも頑張ってほめてくれる場合には、間違いなく好意を持っていると思ってよいでしょう。

8.家庭の話をしなくなる

独身同士で好意を持っていると、自然に多くなるのが、家族や家庭の話です。これは好きな相手に自分のプライベートな部分を知ってもらいたいという心理が現れたもの。

しかし、既婚者同士の場合は、逆に家庭の話をすることは少なくなることがあります。というのも、既婚者が配偶者をはじめ、家庭の話をするということは、相手に対して「恋愛の対象ではない」「自分は恋愛する意志はない」と伝えることになるから。

もちろん、不倫はよくないことだと考えている既婚者は多いものですが、それでもできるだけ相手に気にして欲しい、好きになって欲しいという気持ちもあるため、自然に家庭の話を避けるようになります。

9.相談されることが多くなる

相手に好意を持っている場合、どうしても心理的な距離を縮めたくなります。

そんなときによく用いられるのが「相談」です。相手に何かを相談したり、悩みを打ち明けるという行動は、心理的な距離を縮めて、自分のことをよく理解してもらうことにつながります。

また、相手に何かを相談するのは、会話のきっかけとしても最適。誰でも相談されると頼られていると感じるため、気分がよくなり、会話を続けるよいチャンスとなります。

特に、仕事だけでなく、他の人が知らないような自分のプライベートな問題に関しての相談が増える場合には、好意を持っていると考えることができるでしょう。

10.行きたい場所やデートプランの話になる

もし男性に好意があるときには、会話の中での話題に注意してみましょう。独身の場合であれば、相手に好意がある場合は、話題が恋愛のことや好みのタイプの話になることがあります。

ただし、既婚者の場合、どうしても恋愛をするかどうか迷っていたり、自分の好意を知られたくないという心理が働くため、恋愛のことや好みのタイプという話題は避けることが少なくありません。

逆に話題の中で多くなるのが、行ってみたい場所や、してみたいデートの話です。たとえば、雰囲気のいいレストランや新しいデートスポットなど、人気になっている場所の話になったり、理想のデートプランの話になれば、相手に好意がある可能性が高くなります。

これは、本音では「あなたとこういう場所でデートをしたい」という意味。しかし、既婚者である以上、実際にデートに出かけるのは非常にハードルが高いもの。

それを補うために、デートスポットの話をすることで、想像の中だけでもデートを楽しもうとしているのです。

既婚者同士で好意があるも何もしない理由とは?

独身同士であれば、お互いに好意を持っていればすぐに恋愛に発展しても問題はありません。しかし、それが既婚者同士では、なかなかスムーズにいかない場合も多いもの。

それでは、既婚者同士で両想いでも、次の段階に発展しないことにはどのような理由があるのでしょうか。

1.好意を確信できない

既婚者は独身者とは異なり、恋愛に対するハードルは非常に高いものです。独身者であれば、恋愛しても、上手くいかなければすぐに別れて次の恋愛を探せばよいと考えることができますが、既婚者の場合にはそう簡単に割り切ることはできません。

そのため、自分の気持ちがどれぐらいなのか、本当に相手に好意を持っているのかをしっかり確認したいという心理が働きます。

さらに、相手も既婚者となればそのハードルはさらに高くなります。そのときには、ダブル不倫となっても後悔しないかなど、しっかりと好意を確認してから行動したくなるため、結果としてなかなか恋愛に発展しないという結果となってしまいます。

2.リスクを考えてしまう

既婚者にとって、恋愛をするということは不倫に陥るということを意味します。もし一度不倫の関係になってしまうと、既婚者には様々なリスクが生まれることになります。

たとえば、不倫が発覚した場合には、自分の家庭が崩壊するだけでなく、裁判で多額の慰謝料を請求される可能性も。

もし子供がいる場合には、親権を取られてしまい、子供に会えなくなってしまうということも考えられます。また、既婚者同士の場合には、そのリスクは倍になってしまうもの。

その他にも、不倫が発覚すると社会的な信頼を失って、仕事のうえでも問題が生まれることもあり、それらのリスクを考えた場合、相手が好きでも我慢したほうがいいという結論に至ってしまうのです。

リスクを考える場合はコチラも確認しておきましょう

奥さんから慰謝料請求を減額する方法!不倫・略奪する前に知っておくべき基礎知識

 

3.現在の関係を維持したい

相手も自分のことを好きなのかな?と考えているときは、苦しいだけでなく、楽しい状態でもあります。

しかし、相手とさらに進展したいと行動してしまった場合、もし上手くいかなければ現在の快適な関係が壊れてしまう可能性があります。

また、仮に両想いを確認できたとしても、その後ケンカして別れてしまったり、不倫の修羅場になってしまうことも考えられるもの。

そういった可能性を考慮すれば、何もせず、現在の快適な関係を維持したいと思っても不思議ではありません。

4.タイミングを考えている

相手との関係を進めたいと思った場合、重要なのがタイミングです。

もしタイミングを間違った場合、せっかく上手くいく関係もうまくいかなくなってしまうことも多いもの。そのため、できるだけベストなタイミングで行動したいと、タイミングを見計らっていることも少なくありません。

また、独身者であれば勢いで行動したり、失敗しても後から挽回することも可能ですが、色々な経験を重ねた既婚者の場合は、失敗すると独身者よりも心理的なダメージは大きいもの。

さらに、思い切って行動したことが周囲に知られてしまうと、それがうわさになってしまい、結果として社会的に大きなリスクに発展してしまうことも考えられます。

そうなると、さらに慎重にタイミングを見極めたいと臆病になってしまうことがあります。

5.自分の感情を確かめたい

既婚者の中には、何度も不倫を繰り返したり、同じ時期に複数の人と不倫を行うタイプの人もいます。しかし、実はそういう人は非常に少数派。

多くの人は、不倫であっても真面目に相手と付き合おうとしています。

そのため、既婚者が相手との関係を進めるときには、自分がどれぐらい真面目な気持ちなのかを確かめようとすることも多いものです。

そういう人の場合、まず自分がどれだけ真剣な気持ちなのかを確認しなければ、次の段階に発展することは難しいと言えるでしょう。

既婚者同士の恋愛で長続きさせたいなら

相手が好きだという気持ちには、独身者でも既婚者でも変わりはありません。もし既婚者同士が恋愛関係になってしまった場合でも、長続きさせたいという気持ちも同じ。

では既婚者同士の恋愛の場合、どうすれば関係を長続きさせることができるのでしょうか。

既婚者同士の恋愛を長続きさせるために必要なのは、気持ちのコントロールです。

もし気持ちが盛り上がるままに行動したり、求めあったりすると気持ちが冷めるのも早いもの。

また、盛り上がって周りが見えなくなり、現在の家庭を壊してしまうことがあります。

確かに既婚者同士の場合、会いたくても会えないなど、障害も多いものですが、その障害も楽しんでいくことで、恋愛関係を長続きさせることができます。

↓↓

既婚男性を依存させる10の方法!不倫相手を虜にするさせたい方必見

 

進展しない既婚者同士の恋はどうすべき?発展させたい場合の対処法

既婚者同士の場合、様々な事情を考えてしまい、なかなか恋愛を発展することができないことも少なくありません。

では、もし進展しない既婚者同士の恋愛関係を発展させたいという場合、どのような対処法があるのでしょうか。

結論から言えば、恋愛関係を発展させるためには、どちらかが思い切って行動することしかありません。

中でも重要なのが、失敗を恐れず相手に自分の気持ちを伝えること。

もしかすると、行動したことで現在の関係が壊れてしまう可能性もありますが、それを恐れていては、関係が進展することはありません。

もし二人の関係を発展させたいなら、自分から思い切って行動しましょう。

↓↓

既婚男性が本気になる時はどうなる?態度やサインを見極めて!

 

おわりに

既婚者同士の恋愛は不倫になってしまうため、できれば避けたいという人も多いかもしれません。

そのため、恋愛感情を我慢したり、なるべく発展させないようにしていることも少なくないもの。しかし、恋愛感情はそもそも抑えることが難しく、無理に我慢してしまうと、ある日突然感情が爆発してしまう可能性も。

そんなことにならないためには、相手との真剣な交際を考えるのもよい方法です。その場合、「別れさせ屋」などの利用を検討してもいいかもしれません。

別れさせ屋の口コミやおすすめなどはこちらの記事で紹介しています。気になった方はぜひチェックしてはいかがでしょうか。

絶対に復縁したいあなたへ!復縁屋オススメ3選

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 30万~

LINEで相談公式ページ

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 40万~

LINEで相談公式ページ

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 45万~

LINEで相談公式ページ