復縁したい

嫁と離婚して男が後悔したこと7選!後悔する理由や体験談

「もう顔も見たくない」と思って離婚したのに、元嫁との離婚を後悔する男性は少なくありません。反対に離婚したことで、毎日が楽しくなったという男性も。こればっかりは離婚してみないと分からないところですので、仕方ないことかもしれませんね。

男性は嫁と離婚して、どんな時に後悔するのでしょうか?今回は具体的に後悔する理由や復縁の方法をご紹介していきます。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

離婚して後悔するのは男性の方が多い?

離婚という道を選ぶ夫婦は少なくありませんが、実は男性と女性でその離婚を後悔する割合は大きく違うことが分かっています。離婚歴のある30代の男女にアンケートを取ったところ、男性はなんと3人に一人が後悔しているんだとか。

それに対し、女性で離婚を後悔しているのは20人に1人程度。女性は離婚した後のことをしっかり考えてからでないと、離婚できません。経済的に自立できるかどうかや、子供の世話をできる目処を立てますよね。

離婚した後も、今まで以上に仕事に精を出したり、シングルマザーとして毎日を忙しく過ごしているため、後悔している暇もないということもあるのでしょう。その点、男性は今まで通りの生活を送る中で、他に何かできることはあったのではないかと後悔してしまうようです。

離婚を後悔した後の復縁
復縁したい!離婚を後悔しているあなたに贈る成功メソッド離婚後の復縁が出来る夫婦の特徴 離婚後にやっぱり復縁がしたい!けれどもなかなか自分からは復縁を言いずらいし、けれども他の人に言...

嫁と離婚して後悔したこと7選!

具体的に男性はどんな時に離婚を後悔するのでしょうか?実際に離婚して後悔した体験談を元に、後悔したポイントを挙げていきます。

①子供に会えない

「育ち盛りの子供に会えないのが何よりも辛い。月に一度会えればいいと思っていましたが、会った時には驚くほど成長しているので、子供には毎日会いたいと思います」(30代/男性/会社員)

「子は鎹」というように、離婚したとしても子供は大切な宝物です。そんな子供に会えないというのは、男性にとってつらいこと。特に喧嘩別れした場合には、一切子供と会わせてもらえないということも。

体験談にあるように、月1回でも子供に会えるというのは良い方なのかもしれません。養育権が嫁に行く場合は、子供に会えないというリスクもあることを覚えておきましょう。

②嫁の大変さが分かった

「家事は全部嫁に任せていました。それでも洗濯が間に合っていなかったり、ご飯の品数が少なかったりするとイライラしてしまい、ついには離婚へ。自分でやってみて初めて、家事をするということがどれだけ大変なのかに気づかされました。子育てをしながらだと、もっと大変だったはずですよね」(40代/男性/銀行員)

一緒にいるときは、やってもらって当たり前だった家事や育児。嫁に任せっきりだった男性は特に、離れてみて初めて嫁の苦労が分かるものです。

「温かいご飯が食べたいな」「毎日洗濯をするってこんなに大変なんだな」など、しみじみと実感するたびに、離婚したことを後悔する気持ちが溢れ出してくるかもしれませんね。

③寂しい

「嫁と3人の子供と一緒に暮らしていたときは、うるさいほどに賑やかでした。休みの日もゆっくり寝ていられないし、一人の時間が欲しいと思ったものです。でもいざ一人になると、ただただ寂しくて、この先何をしていけばいいか途方に暮れてしまいます。」(20代/男性/会社員)

家族でワイワイ暮らしていると、毎日が本当に賑やかですよね。「休みの日くらいはゆっくり寝かせてほしい!」と思ったこともあるのではないでしょうか?

でもいざ一人になってみると、シーンとした部屋や帰った時に真っ暗な家に寂しさを覚えます。外に出てみても、楽しそうな家族連れを見るたびに心が痛むという男性も少なくありません。

④勢いで離婚してしまった

「口喧嘩をして、つい勢いで『離婚したい』と言ってしまったんです。今思えば、大した問題でもなかったのに・・・。もう少し冷静になってから判断すればよかったと後悔しています。」(50代/男性/会社経営)

夫婦喧嘩はどこの夫婦にも付き物です。その時は大問題だと思ってムキになっても、時間が経って思い返してみると、大したことのないものばかり。

離婚までするようなことではなかったのに、と後悔する人も少なくありません。その場で素直に謝るのは難しいかもしれませんが、まずは冷静になる時間を設けてから、離婚を判断するのが賢明です。

⑤相手の良さに気づいた

「離婚して初めて、妻の優しさに気づきました。他の女性とも付き合ったのですが、どうもしっくりこなくて。他の女性と比べてみると、余計に元嫁の良かったところがどんどん見えてきます。どうしてあんな良い女性を手放してしまったのだろうと後悔ばかりです。」(40代/男性/公務員)

結婚していると、相手の欠点ばかりに目が行っていたのが、離婚してみて初めて、相手の良さが見えてくると言うこともあります。元嫁の欠点だと思っていたものが、実はそこまで悪いものではなかったと気づいてしまったり。

他の女性と付き合ってみると、余計に元嫁の素晴らしさを実感してしまうかもしれませんね。離婚したとはいえ、一度は結婚までいった元夫婦。惹かれる何かが必ずあったはずなのです。

⑥周りの理解が得られない

「離婚なんて、今時は普通のことだと思っていましたが、意外と社会の壁は厚いと感じることがあります。婚活パーティーに行っても、『バツイチ』という経歴で相手にされないことも。すぐに再婚できると思っていましたが、離婚経験者はかなり難しいようです。」(30代/男性/会社員)

昔よりも差別的な見方はなくなったとはいえ、まだまだ「バツイチ」という肩書は好奇の目で見られることもしばしば。場合によっては、離婚後の再就職などに影響することもあるんだとか。

また子供が受験をする際に、両親が離婚しているということが原因で、不合格になってしまうケースも少なくありません。離婚後に他の女性と再婚したいと思っても、バツイチが原因で相手の両親に反対されたり、思うように進まないこともあるようですよ。

⑦慰謝料や養育費で首が回らない

「自分の浮気が原因で、妻が子供を連れて出ていきました。当時はたった一回の浮気だけで、どうしてそこまで怒るんだと逆ギレ状態。「渡せばいいんだろう」と慰謝料や養育費もよく考えずに承諾してしまったんです。思った以上に経済的に厳しく、もう少し計画的に離婚すべきだったと後悔しています」(20代/男性/サービス業)

離婚後、女性の方が経済的に余裕がなくなるというケースが多いようですが、実際は男性も悩みを抱えています。子供の養育費だけならまだしも、自分に非があった場合には慰謝料も発生するのです。

年収にもよりますが、平均的に子供が一人の場合の養育費は2~6万円、子供が二人の場合には4万~8万円が相場だと言われています。夫婦共働きだったのに、自分一人の稼ぎになり、さらにそこから養育費や慰謝料を払わなければならないというのは、大きな負担になるかもしれませんね。

妻から離婚を切り出された。復縁するために夫がすべき行動とは?妻から離婚をしたいと言われた時、言われた後にどういう対応や行動で妻と上手く復縁することが出来るのか。 このページでは夫として取るべき行...

嫁と離婚して後悔する人の特徴は?

嫁と離婚して後悔する人だけでなく、中にはまったく後悔せずに幸せな人生を送る人もいます。嫁と離婚して後悔する人としない人にはどんな違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

相手に依存している

まず大きな特徴が「相手に依存している」という男性です。これは家庭内でどちらが強い弱いということではなく、自立しているかということ。

たとえば夫婦共働きで家事も育児も分担。日によっては男性も料理や掃除などの家事をするし、子供の世話も一通りできる。そんな男性は離婚したとしてもあまり後悔しない傾向にあります。

反対に自分は仕事ばかりで、家事はすべて嫁任せ。料理はできないし、掃除や洗濯もやったことがない。お金の管理も嫁がしているので、引き落とし日や公共料金の払い方さえ分からない。そんな男性は離婚してからさまざまなことを自分でやらなければなりません。初めてのことばかりで、うまくいかず、離婚を後悔するかもしれませんね。

結婚への理想が高い

結婚への理想が高い男性も、離婚してから後悔する傾向にあります。結婚への理想が高いからこそ、元嫁に満足できず、離婚したかもしれませんが、離婚したからといって理想の女性にはなかなか会えないからです。

むしろ他の女性に出会ってみると、元嫁がマシだったなんてことに気づかされるかもしれません。家事は完璧にこなしてほしい、どんなに疲れていても自分の前ではニコニコしていてほしい、そんな理想があるかもしれませんが、時には妥協しなければいけないことも。

それができない人はカッとなって離婚してしまうかもしれませんが、離婚してから他の女性と会ったときに、いかに嫁が自分のために努力してくれていたかを知ることになるのです。

感情的になりやすい

「もう我慢できない!離婚する!」と感情的に離婚をする人は、離婚した後に後悔しやすいと言えます。その時はカッとなって、二度と顔を見たくないと思うかもしれませんが、実際に子供に会えなくなったりすると、急に後悔し始めます。

離婚は人生において大きな問題です。それを感情的に決めてしまうというのは大変危険です。あなたや嫁の一生だけでなく、子供の一生も変えてしまう「離婚」という選択肢。

感情的になりやすい人は、まず冷静になってから離婚を決断するようにしましょう。その時の感情のままに離婚してしまうと、絶対に後悔することになりますよ。

元嫁の再婚でショック!後悔した後に復縁を諦められないあなたへ離婚したとはいえ、一度は幸せな結婚生活を送っていた元嫁が再婚したと知ったとき、ショックを受ける男性は少なくありません。 喜んであげ...

嫁と離婚しても後悔しない方法は?

それでも「離婚」という選択肢を選ばざるを得ない場合、後悔しないような方法はあるのでしょうか?いくつかのポイントをご紹介します。

①子供と会えるようにしておく

子供がいる夫婦にとって、一番後悔するポイントが「子供と会えなくなること」。そんなことがないように、子供と会わせてもらうように、しっかり話し合いをしておく必要があります。

口喧嘩の末に嫁が子供を連れて家を出てしまえば、どこに行けば会えるのかすら分からない状態になってしまいます。子供に会えないと、「いつか忘れられてしまうのでは?」とどんどん不安に感じてしまいます。

離婚する前に子供と会えるように、しっかり話し合っておきましょう。離婚するのは夫婦同氏の問題です。子供にできるだけ悪影響を与えないよう、子供のメンタル面を一番に考えた結論を出せるといいですね。

②周りにしっかり説明しておく

離婚する際には周りにしっかり説明しておくことをおすすめします。たとえばお互いの両親にはどのように説明しますか?話に行き違いがあると、誤解を与えることになりかねません。

まずは夫婦で離婚に至った原因の認識を合わせておき、それを周りに説明して理解してもらいましょう。夫婦間の認識がズレていると、説明に矛盾が生じてしまいますよ。

言いにくいかもしれませんが、できるだけ友人や職場の同僚にも説明しておくことをおすすめします。風の噂で聞いたとしても、デリケートな問題なので、直接聞きづらいのが離婚問題。間違った情報が伝わらないように、身近な人には説明しておきましょう。

③離婚以外の方法も視野に入れてみる

すぐに離婚を決めるのではなく、まずは別居という冷却期間を置くというのも大切なことです。一時的な感情で離婚を考えたのであれば、冷却期間を置くことで、冷静に考えることができるようになります。

またお互いに別々の生活をすることで、感謝の気持ちや相手の良さを改めて実感することができるようになるかもしれませんよ。あなたの仕事が忙しく、嫁がワンオペ育児で大変なのであれば、一時的に実家に帰ってもらうという方法もあります。

まずは夫婦で話し合って、離婚以外の選択肢がないかどうか検討してみましょう。離婚はあくまでも最終手段にすると、後悔することがなくなりますよ。

④計画的に離婚を進める

最後は「計画的に離婚を進める」ということです。もちろん離婚自体は離婚届けを提出すれば成立します。その場の勢いだけで、離婚してしまうということもできてしまうわけです。

しかし何度も言っているように、感情的に離婚をすると、絶対に後悔することになりますよ。離婚したいのであれば、まずは計画を立てましょう。

離婚後、仕事をしながら家事はできますか?子供を引き取るのであれば、育児は誰がするのでしょうか?さらに慰謝料や養育費を払っていくことは可能ですか?子供との面会交流等も含め、しっかり話し合って決めていくようにしてくださいね。

 

嫁と復縁したい場合の方法は?

「離婚しなきゃよかった」と離婚後に後悔することもあるでしょう。離婚してももちろん復縁することは可能です。しかし一度離婚してしまうと、そう簡単には戻れません。嫁と復縁する方法をご紹介していきますよ。

連絡を取り続ける

まず連絡を取り続けることが大切です。些細な喧嘩から離婚に発展してしまった場合、復縁できる見込みは大あり!でも連絡が取れないと、復縁したくてもなかなかできませんよ。

もちろん離婚してすぐは相手もいっぱいいっぱいの生活を送っているでしょうから、しばらくは連絡をせずに距離を置いてくださいね。でも少し経ってからは何かと理由をつけて、連絡を取り続けてください。

中にはラインやメールができなくても、手紙を送って復縁に漕ぎつけたという男性も。本当に復縁したいのであれば、諦めないことが大切です。相手に嫌われない程度に、根気強く連絡を取り続けましょう。

自分を磨く

自分と離婚したことを、嫁にも後悔させてみましょう!離婚して久しぶりに会ったら、見た目がボロボロだった・・・というのでは、嫁としてはむしろ「離婚してよかった」と思ってしまうはず。

「私の元夫はこんなに素敵な男性だったかしら?」と思わせるように、会えない期間に自分磨きをしましょう!筋トレをしたり、ダイエットをして外見を磨いても良いですし、キャリアアップや資格取得にチャレンジしてみてもいいですね。

頑張っている男性はキラキラして見えるものです。「離婚しなければよかった」と引きこもって酒浸りの生活を送っているようでは、相手に離婚を後悔させることなんてできませんよ!

復縁屋を利用する

最近では「復縁屋」とうプロのサービスも人気です。まだまだ認知度は低いサービスですが、元嫁とあなたの間に入って、自然に復縁までもっていってくれるのです。

いくら復縁したいと思っていても、自分だけの力では限りがありますよね。あまりにもしつこく連絡すると、警戒されて二度と会えなくなってしまう可能性だってあります。

そんな時は「復縁屋」の出番です!相手の状況をしっかり下調べしたうえで、その相手に一番ぴったりな方法で復縁に導いてくれるのです。高額になることもありますので、懐具合とも相談しながら、ぜひ検討してみることをおすすめします!

復縁屋・復縁工作の口コミ評判をおすすめランキングで比較!復縁屋とは? 復縁屋とは、依頼者と対象者を復縁させるための恋愛工作が出来る探偵事務所を指します。 復縁屋では依頼者の要望に沿って...

ちゃんと謝罪をする

もしあなたに非があって離婚に至った場合、きちんと謝罪の言葉は伝えましたか?「よく考えてみると、まだ謝っていないかも」という男性は意外と多いんです。

謝る前に喧嘩になってしまい、売り言葉に買い言葉で離婚に至ってしまったという夫婦も少なくありません。あなたがすんなり謝罪さえしていれば、もしかしたら離婚にまでは至らなかったのかもしれませんよ。

男性は言葉に出して謝るのが苦手です。それでも「本当に悪かった」と言葉で謝ってくれると、あなたの大人の対応に嫁は心惹かれるのではないでしょうか?言い訳を連ねるのではなく、シンプルに悪かったという気持ちを伝えてみましょう!

変わったところを言動で示していく

自分があの頃とは変わったということを、あなた自身の言動で示していきましょう。「変わったからもう大丈夫!」と口で言うだけでは、相手は納得してくれません。

もし金銭面が原因だったのであれば、借金を全部返済したり、女性関係が問題になったのであれば、女性の連絡先を消去するなどして、実際の行動で示していかなければなりません。

あなたが変わったことに相手の女性が気づけば、「また一緒に暮らしたい」と思ってくれるかもしれませんよ。失った信頼関係をまた築き上げるのはとても大変なことですが、少しずつ取り戻していきましょう。

まとめ

元嫁と離婚したことを後悔するきっかけや、復縁する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

離婚について話し合っている最中は「一刻も早く離婚したい」と思うかもしれませんが、意外と離婚してみると後悔する男性は少なくありません。

「離婚しなければよかった」と思う時は、復縁することも可能です。今後のあなたの人生を明るい未来にするために、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

絶対に復縁したいあなたへ!復縁屋オススメ3選

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 30万~

LINEで相談公式ページ

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 40万~

LINEで相談公式ページ

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 45万~

LINEで相談公式ページ