復縁したい

妻から離婚を切り出された場合の復縁・修復方法

「大好きな嫁に離婚を切り出されたけど、なんとか復縁・関係修復したい」

「妻から一方的に離婚を切り出されたけど、離婚を防げないのだろうか」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

この状況から、奥さんとの関係を修復することは簡単なことではありませんが、不可能なわけでもありません。

しかし、焦って対応をしてしまうと、取り返しがつかない状況になってしまいます。

そこでこの記事では、離婚を切りされてしまった場合にとるべき対応を詳しく紹介していきます。

妻側から勝手に離婚が進められないように防ぐための手段や、復縁をするためにすべきことを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

復縁手順1.復縁するための時間を稼ぐ

離婚を切り出された妻と復縁するためには、復縁までの時間を稼ぎましょう。

時間を稼ぐことで、妻との話し合いや自分の改善ができるからです。

妻が離婚を切り出しているということは、少なからずあなたに不満があると考えられますよね。

しかし、あなた自身が離婚を受け入れられないのであれば、妻が抱えている不満を解消してあげることが先決です。

そのためには、復縁までの時間を稼ぎ、あなた自身も過去の行動を改めなければいけません。

とはいえ、時間を稼ぐには何をしたらよいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、今回は下記の項目に沿って、復縁するためはどのような方法で時間を稼げばよいのかを詳しく解説していきます。

  • 離婚に同意をしない・離婚届に捺印をしない
  • 離婚届不受理申出を申請する
  • 別居を防ぐ

時間を稼げれば、妻へ誠意を見せるチャンスになり、話し合いや自分の改善に時間を充てられます。

妻の気持ちを取り戻すためにも、正しい方法を頭に入れて、慎重に動いていきましょう。

ほかにも、復縁するための方法を紹介しているので、最後まで見逃さないようにしてくださいね。

離婚に同意をしない・離婚届に捺印をしない

復縁の時間を稼ぐため、離婚への同意や離婚届に捺印をしないようにしましょう。

同意をしなければ、離婚が進むことはないからです。

前提として、離婚をする場合は、双方の合意があって初めて成立します。

妻から離婚をしたいと申し出があっても、あなたが拒否をすれば離婚は成立しないということです。

協議離婚が不成立だった場合、調停離婚になる可能性があります。

調停離婚は、いわゆる話し合いの延長のようなものなので、あなたが拒否をすれば自然な流れで調停離婚にもっていくことができますよ。

その場合は「そもそも本当に離婚をするのか」や「慰謝料や財産分与などのお金のこと」、「子どもの養育費や面会について」など話し合う項目も多く、時間もかかります。

それでも双方の合意が得られず、離婚の意思がある場合は裁判離婚になり、さらに時間を稼ぐことができるのです。

離婚を決意してから、多くの夫婦が1年以内に離婚が成立しています。

あなたが離婚に同意をしなければ、1年以上の時間を稼ぐことも無理な話ではありません。

このように、あなたが離婚に同意をしなければ勝手に離婚の話が進むことはないため、時間稼ぎには有効的です。

時間が稼げれば、妻の気持ちを取り戻せる可能性が高まるので、可能な限り時間を引き伸ばすようにしましょう。

離婚届不受理申出を申請する

復縁の時間を稼ぐため、離婚届不受理申出を申請しましょう。

妻側が、勝手に離婚届を提出することを防ぐためです。

日常生活ではあまり聞き慣れない言葉ですよね。

離婚届不受理申出とは、簡単にいうと「離婚届を受理しないように役所に申し出ること」です。

あなたが離婚を拒否し続けた場合、妻側が勝手にあなたの名前でサインして、役所に届け出を提出する可能性も否定はできません。

また、妻に離婚届不受理申出が役所に申し出ていることがばれてしまった場合、妻はあなたに申出の取り下げをするように説得してくることも考えられます。

離婚をしたくないのであれば、妻からの申し出を受け入れないようにしましょう。

それでも、妻が離婚を強く希望している場合は調停離婚になる可能性が高いので、結果的に時間を稼ぐことにつながるのです。

離婚届不受理申出を申請しておけば、時間を稼げるだけではなく、「あなたが知らないところで勝手に離婚が成立していた」といったトラブルを防げます。

そのため、離婚の話が本格的になった場合は、役所に離婚届不受理申出の申請をしておきましょう。

別居を防ぐ

復縁の時間を稼ぐため、妻との別居を防ぎましょう。

別居してしまうと、さまざまなデメリットがあるからです。

具体的には、別居をすることで、関係を修復する機会が減ってしまうという点が挙げられます。

妻に離婚を考え直してもらうためには、話し合いを重ねる必要がありますよね。

妻のことを理解し、あなたが誠実に向き合えば、妻の気持ちも変わる可能性はゼロではありません。

そのため、離婚を回避するためには話し合いは大切な工程であり、欠かせないのです。

しかし、別居をすることでそういった機会が減ってしまい、妻とコンタクトをとること自体が難しくなってしまいます。

別居は物理的な距離だけではなく、お互いの心の距離も離れてしまうため、別居はしないほうがよいといえるのです。

また、長期別居は離婚の理由になるので、おすすめできません。

長期間の別居は、合意がなくても離婚ができてしまうからです。

DVや不倫などがなくても、夫婦関係が破綻していると判断できた場合は、法的に離婚が認められます。

そのため、長期別居は夫婦関係の破綻と捉えられるケースが多いため、離婚の十分な理由になるのです。

ちなみに、長期とは5〜10年が目安となっています。

別居をすることで、婚姻費用が発生するため、注意が必要です。

婚姻費用とは、主に別居中の生活費を指します。

食費や光熱費、家賃や医療費など、自分の生活費に加えて妻の生活費の一部を支払わないといけません。

家族構成や収入にもよるため家庭によって違いはありますが、平均で5〜10万が目安といえます。

婚姻費用は、離婚が成立するまで支払いが続くため、別居期間が長いとあなたの経済状況も厳しくなるのです。

このように、別居は時間稼ぎにはなるものの、デメリットが多いため有効的なやりかたとはいえません。

そのため、離婚をしたくないのであれば別居を防ぎ、妻と向き合うことを最優先に行動していきましょう。

復縁手順2.妻が離婚を切り出した理由を特定する

離婚を切り出された妻と復縁するためには、妻が離婚を切り出した理由を特定することが大切といえます。

理由を把握し、改善することで、関係修復につながるからです。

離婚をしたくないのであれば、妻がなぜ離婚をしたいと思っているのかを、明確にすることから始めましょう。

まずは、下記をご覧ください。

  • 性格の不一致
  • 価値観の違い
  • 借金やギャンブル、その他金銭感覚
  • 子供の教育方針、育児や家事への不参加
  • DV・モラハラ
  • セックスレス
  • 浮気・不倫
  • 酒癖の悪さ
  • 嫁・姑関係など

こちらは、妻が離婚を決意したときの理由で、特に多いものを集めてみました。

なかでも、借金やギャンブル、その他金銭感覚の違いは状況によっては生活を揺るがしますよね。

生活費に手をつけてまでギャンブルにはまってしまったり、借金が返済できず増えていったりなど、日々の生活に影響が出るような行動は離婚の原因になりやすいのです。

また、酒癖の悪さも度合いによっては耐えられません。

お酒が好きな人は、自分をコントロールできなくなるほど飲んでしまい、配偶者に暴力や暴言をはくケースもあります。

ときには、記憶がなくなることもあり、暴力や暴言など自分の行動を覚えていないという人もいますよね。

そういった夫の行動に嫌気がさし、離婚を決意するのです。

このように、離婚の原因はさまざまですが、妻が離婚をしたがっている理由をはっきりさせることが大切といえます。

原因がわかれば、あなたも改善に向けて努力ができるため、妻の気持ちを理解することは関係修復のためには必要なのです。

妻を理解することが離婚を回避する近道ともいえるので、離婚を決意した理由を明確にし、妻の思いを受け止めてあげましょう。

復縁手順3.妻の離婚理由となった要因を改善する

離婚を切り出された妻と復縁するためには、妻の離婚理由になった要因を改善することが大切といえます。

改善すれば、離婚しなくてもよいと考え直してもらえる可能性があるからです。

離婚を回避するためには、悪いところを一つずつ直して、あなたの誠意を行動で見せていきましょう。

たとえば、ギャンブルやお酒などはやめ、不要な外出は控えることをおすすめします。

仕事後はまっすぐ家に帰ったり、休日は家族のために時間を費やすなど、妻に誠意を見せることが大切です。

ギャンブルを疑われる可能性もあるので、長時間の一人での外出は、極力控えると誤解を招かずにすみますよ。

育児や家事を妻に任せっきりにしている場合は、積極的に参加するようにしましょう。

女性は結婚したら、掃除や洗濯などの家事全般を、休むこともなく毎日こなします。

休みたいと思っても、結婚をしたら家庭内での有給はありません。

そのため、家事を少し協力するだけで妻の負担が軽くなり、息抜きをする時間をつくってあげられますよ。

育児に関しても同じことがいえます。

妻ばかりに任せ、いわゆる「ワンオペ」と呼ばれる状態になっていると、妻は精神的につらくなってしまうのです。

男性も仕事で疲れているため、家に帰ったら休みたい気持ちもありますよね。

多くの妻は、仕事で疲れている夫を理解し、普段の頑張りを認めてくれていますよ。

しかし、妻としては「早く仕事が終わった日や休みのときは協力してほしい」と、感じているのが本音です。

一緒に子どもを育てるという意識をもつことで、自然と行動にうつせるので、少しだけ意識を変えていきましょう。

このように、日々の行動を改めるだけで、妻が今まで感じていた怒りや悲しさからあなたへの感謝の気持ちへと変わります。

一度失った信用を取り戻すのは、容易ではありません。

そのため、結果をすぐに求めず、コツコツ続けていくことが大切です。

復縁手順4.妻に改善したことを伝え、行動で示す

離婚を切り出された妻と復縁するためには、自分が変わったことを妻に伝え、行動で示しましょう。

妻に自分が変わったことを理解してもらうためです。

そのためには、言葉だけではなく実際に行動にうつして、妻に明らかに変わったところを見せることが大切といえます。

このとき、言葉だけだと「結局口だけなんだね」と信用を失う可能性があるので、有言実行することが誠意を伝えるポイントです。

たとえば、お酒やギャンブルが原因だった場合、一定の期間を控えるだけで十分に改善したことをアピールできます。

最初は1ヶ月、その後3ヶ月というように、期間が長くなればなるほど妻との信頼関係を取り戻せる確率は上がっていきますよ。

妻が離婚を考えるくらいなので、お酒やギャンブルは、たしなむ程度ではないはずです。

お酒やギャンブルをやめることは、妻の気持ちを動かすきっかけになるため、しっかりと行動にうつしていきましょう。

嫁・姑問題が離婚を考える原因となっていた場合、夫であるあなたが2人の仲を取り持つことで、うまくいきやすいといえます。

嫁の立場では姑に意見を言いにくく、姑から強く言われてしまうと、受け入れてしまいがちです。

本当なら反論したいけど、我慢して絶えてしまうこともあります。

そういったとき、夫であるあなたの対応次第では、妻のストレスを軽減させてあげられるのです。

まずは、妻の話を聞いてあげてください。

妻の意見にしっかりと耳を傾け、寄り添うことで気持ちがラクになり、安心感を与えます。

反論せず「大変だったね」と、一言伝えるだけで、妻は味方が側にいると実感できるのです。

また、妻の思いを姑にさりげなく伝えてあげるのも、一つの方法といえます。

妻にとったら姑でも、あなたにとったら母親です。

妻の思いをあなたが代わりに伝えてあげることで、妻の悩みも改善し、ストレスの緩和につながります。

あなたの有言実行が、妻の気持ちを変えるきっかけになる可能性もゼロではありません。

一番大事なのは誠意を見せることなので、妻に理解をしてもらうためにも、今できることを一生懸命やりましょう。

自分では離婚を回避できそうにない場合の復縁方法

自分ではどうしても解決できないようならケースでは、復縁屋を利用することも一つの方法といえます。

第三者の介入で状況を変えられる可能性があるからです。

復縁屋とは、パートナーと破綻してしまった場合、依頼者とパートナーの縁を再度つないでくれる探偵業者のことをいいます。

第三者が介入することで、自分が改善できた部分を第三者から伝えられるので、自然な形で妻にアピールできるのです。

復縁屋のようなプロに依頼をする場合、相場は100~300万円ほどでみておきましょう。

期間や工作員の人数によって大幅に金額が変わってくるため、100万円をこえるケースがでてきます。

また、復縁屋のおかげで離婚が免れた場合は成功報酬が加わることもあるため、詳しい料金プランはあらかじめ確認しておくと安心です。

プロにお願いすることで、自分で動くよりも成功率が一気に上がります。

自分で解決できないと判断したら、復縁屋に依頼して離婚を回避させましょう。

離婚を切り出された妻との関係修復する際のNG行動

妻に離婚を切り出されたとき、素直に離婚に同意ができない男性もたくさんいます。

とはいえ、妻の離婚したいという気持ちが強いと、どうしたらよいのかわからない男性もいるのではないでしょうか。

離婚を回避したいという気持ちが先走ってしまい、関係を修復させるためにやってはいけない行動にでる人も少なくありません。

そこで、離婚を切り出された妻との関係修復する際のNG行動を紹介します。

間違った方法で動いてしまうと、離婚の回避が難しくなるので、参考にしてくださいね。

すぐに復縁を迫らない

離婚を切り出された妻との関係修復する際には、すぐに復縁を迫らないようにしましょう。

離婚を強く決めた状態のときに、復縁を迫っても効果が薄く、逆効果になってしまう可能性があるからです。

離婚を突きつけられた側からすれば、すぐに何とかしたいという気持ちが強く、早い段階で行動しようとする人も多いですよね。

しかし、すぐに行動にうつすのではなく、冷却期間をあけることが重要といえます。

冷却期間に離婚を切り出された原因を考え、自分と向き合うことで、改善点が見つかりやすいからです。

すぐに復縁を迫っても、あなたの悪い部分が改善されていなければ、妻はあなたを受け入れることはありません。

もし、以前のような良好な関係に戻れたとしても、また同じ理由で離婚問題に発展する可能性が高いと想定できます。

そのため、冷却期間は離婚を回避するための大切な時間であり、お互いが見つめ直すよいきっかけになるのです。

冷却期間は、長くても1ヶ月を目安にしてください。

離婚が視野に入っている場合の冷却期間は、法律によってあなたの立場が悪くなる可能性があるからです。

詳しくは「別居を防ぐ」のところで紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

離婚を回避したいのであれば、妻が変わるのではなく、あなたが変わる意識をもつことが大切です。

冷却期間は、関係修復する際に必要な時間といえるので、焦らず慎重に進めていくようにしましょう。

無理に話し合いの場を設けない

離婚を切り出された妻との関係修復する際には、無理に話し合いの場を設けないようにしましょう。

相手が拒否をしているときに無理強いをすることで、より強く拒否反応が出てしまうからです。

妻はあなたに対して不満があるため、離婚したいと考えています。

そういった状況のなか、無理やり話し合いの場を設けても、あなたに対する不信感が増すばかりです。

離婚を考えるくらいあなたに対するイメージが悪くなっているのに、さらに印象を悪くさせるだけですよ。

また、無理やり話し合いの場を設けても、よい結果は生まれません。

話し合いをしたいあなたと、無理強いをさせられている妻とでは、話し合いのスタートの時点で温度差があるからです。

あなたは離婚を回避させるためにどうすればよいのか、前向きな話し合いと捉えていますが、妻は違います。

妻は無理強いをされたことで温度が高くなっているため、前向きに考えられず、話し合いをするモードではないのです。

妻が納得していない状態で話し合いの場を設けても、あなたの話を受け入れられる状態ではない可能性があるので、注意しましょう。

離婚を回避したいのであれば、妻のペースを大事にしてあげることも忘れてはいけない重要なポイントになるのです。

話し合いの際は、感情を表に出さない

離婚を切り出された妻との関係修復する際には、感情を表に出さないようにしましょう。

強い感情を面に出すことにより、話し合いが進まず、また相手の拒否反応が強くなってしまうからです。

話し合いの際に感情的になると、相手の意見を聞き入れられる状態ではなくなり、不満の言い合いになりやすい傾向があります。

しかし、この話し合いは「不満を言い合うもの」ではないですよね。

「関係を修復させるためにどうすればよいのか」を話し合うための貴重な時間であることを忘れてはいけません。

また、妻を理解しようとする気持ちが大切です。

妻に対してあなたにも言いたいことがたくさんあるかもしれませんが、口をはさまず、まずは冷静に妻の話を聞きましょう。

ぐっとこらえて、妻の思いを受け止めることを最優先にします。

そうすることで、妻もあなたに自分の思いをすべて吐き出してくれるようになるのです。

感情的になってしまうと、すべてを吐き出さないうちに「もういい!」とさらに怒らせてしまい、妻のなかで不満が残ったまま話し合いを放棄する可能性があります。

離婚をしたくないのであれば、妻を受け入れ、反省する姿勢を見せていくことが離婚を回避するための重要なポイントです。

話し合いの場は、妻からもらえた貴重な時間であり、あなたにとっては関係を修復させるチャンスといえます。

妻がどんなことを言っても、あなたは感情的にならずに冷静さを保ち、妻の気持ちに理解を示すことが大切ですよ。

まとめ

今回は、離婚を切りされてしまった場合にとるべき対応について紹介しました。

離婚を回避したいのであれば、妻を受け入れて、今までの行動を反省することが大切です。

あなたが変わろうとする姿勢が妻に伝われば、、離婚を取り消してくれる可能性もあります。

粘り強く話し合いを続けながら妻の思いを理解し、離婚の危機を乗りこえていきましょう。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談