ラウンジ嬢と付き合いたい・繋がる方法まとめ

ラウンジ嬢と付き合いたい・繋がる方法まとめ

ラウンジ嬢と付き合う方法

キャバクラより落ち着いた空間で、スナックより若い子が多く、まったりと飲みたい人に人気なのがラウンジ。男性客とお酒を飲み、会話を楽しみつつ擬似恋愛を繰り広げるのがラウンジ遊びの醍醐味ですが、その感情が一歩踏み込んでしまい本気になってしまう男性も多いはず。
そんな気になるラウンジ嬢と付き合うためにはどうすればいいのか?その方法をまとめてみました。

相手のバックボーンを知る

ラウンジをはじめとした水商売は、若い女性の間ではメジャーな職業(バイト)になりつつあります。そのため、専業として数年間キャバクラで働いている女性もいれば、一定期間だけバイトとして入っている学生さんもいます。そうした個人のバックボーンによって、好みやお客さんへの接し方、金銭感覚なども変わってきます。
また、ラウンジやキャバクラ経験の豊富な男性なら、そのお店の価格帯や嬢のランクを見て、どのような傾向なのかの判断材料にしてください。(高級店なら暦の長い子や客の扱いに慣れた子が多く、ガールズバーの延長のようなお店ならフレンドリーな考えの子が多いかも)
その際に注意したいのは、ストレートに聞きすぎないこと。職歴や生活内容など、いきなり踏み込んで聞くと警戒されるのが当たり前。関係性を作りながら、ちょっとずつ聞き出していきましょう。

店に通って安心感を与える

ラウンジ嬢に印象付ける1番早い方法は、店に毎日のように通い、恋愛感情が本気であることを強くアピールすることです。ラウンジ嬢も男性客全員を恋愛対象ではないと、考えてることは少ないので、積極的にアピールすることで良い関係を築くこともできます。
また、ラウンジ嬢を水商売の女性として下に見ることはご法度。男性客が入れ込んでいるキャバ嬢のことを「養ってやっている」と下にみてくる人が多いからです。
うわべだけではなく、自分のことを1人の女性として、見てくれる男性客には心を開いてくれる可能性が高まります。

店外に連れ出して印象付ける

指名を多くすれば店外デートができる

ラウンジ嬢は来店頻度の少ない男性客は売り上げにつながらないため、店外デートをすることはありません。理由は明白で、男性客にお店に行かなくても簡単に会えると思われてしまうと、売上が上がらず、お店から怒られてしまい、肩身の狭い思いをしてしまうからです。
ラウンジ嬢のことを考えて店外デートに誘う場合は、少なくても月に2回以上の来店が必要になってきます。もし、仕事が忙しくて来店回数が少ない場合は、1回の来店で高めの支払いをすることで、店外デートをすることが可能になります。デートまでいけば、あとはあなたの魅力を伝えなくてはいけませんが、ここでもっとも危惧すべきは「そもそも相手に特定の相手がいないかどうか?」です。
もし相手に彼氏がいて、そもそも自分が恋愛対象になり得なかったら、今までの労力も水泡に帰してしまいます…。

ラウンジ嬢と付き合う究極の方法”付き合わせ屋”

好きな人や一目ぼれをした人と接点がなくても、あなたが好意を寄せている相手と付き合わせてくれる業者のことです。
別れさせ屋や復縁屋がサービスを行っている1つで、振られてしまった相手や不倫相手と再会したい場合にも利用されます。
恋人関係になるためにはお互いが好意を持たないといけません。
しかし、相手の心をすぐに振り向かせるのは難しいといえます。
そんな時に、たくさんの経験を持っている付き合わせ屋に依頼をすることも選択肢の1つです。
どうしても付き合いたい相手がいる方や少しでも気になった方は付き合わせ屋・付き合い工作について見てみましょう。

キャバ嬢と付き合いたい人が他にも見ているコンテンツ