元恋人と復縁したい時に送るべきLINE

元恋人と復縁したい時に送るべきLINE

今の時代、恋愛をする男女にとってLINEは大事なツールの1つと考えている人もいるでしょう。そして中には、別れた恋人と復縁を願ってLINEのやり取りをしている方もいることでしょう。しかし、元恋人とのLINEのやり取りは付き合う前よりは盛り上がりにかける部分があり、付き合っていた頃のように毎日…と言うわけにもいかないので、非常に難しいところもあるようです。また、LINEのやり取りのせいでかえって関係が悪化してしまう可能性も少なくありません。とても便利なツールではある一方、相手の反応までは分からないというデメリットもありますので、元恋人とLINEのやり取りをするのは良いかも知れませんが。気をつけるべきポイントもあると言うことだけは頭に入れておきましょう。今回は復縁したい元恋人とのLINEの頻度や、やり取りのポイントをご紹介いたします。

元恋人にLINEを送る前に考えること

大好きな恋人と別れてしまい…とても胸が痛くなっていること存じます。

しかし、どうして復縁したいくらいに大好きな人と別れてしまったのでしょうか。別れのきっかけは、どちら側にあったのでしょうか。まずは一度、別れてしまった原因を考え直してみましょう。

もし原因があなたにあった場合は、もう一度自分の彼女に対する行動や言動を見直しておくべきではないでしょうか。原因があなたにあって、元恋人が離れていってしまった場合。急に元恋人からLINEが送られてきて一方的に「復縁」を匂わせられても、送られてきた側はあなたに対して「自己中」だと感じるケースもあるのです。

原因があなたではなく相手にあった場合、仮に復縁出来たとして元恋人がまた別れの原因となる行動や言動をしても許してあげれるのかどうかを考えましょう。また元恋人が同じことを繰り返したとしても許せずに別れを選択すると言うのであれば、別れた恋人にLINEを送るのは控えるのが無難かもしれませんね。

元恋人とのLINEの頻度

元恋人と復縁を考えているのであれば、LINEを送るタイミングや頻度は重要です。それではLINEを送るべきタイミングと頻度についてをご紹介いたします。

別れた直後

別れた直後と言うのは、恋人と別れた悲しみや一人になった寂しさが入り混じって。すぐにでも元恋人にLINEをしたくなることでしょう。しかし、そこで思うがままにLINEをするのは一旦やめて考えましょう。

元恋人にLINEをしたい気持ちはとても分かるのですが、別れた直後に元恋人へLINEをして再び元恋人の気持ちを取り戻すことが出来るのですか?自信を持って、元恋人の気持ちを取り戻せるのであればLINEをしてみるのも良いでしょう。しかし自信がないのでしたら、1週間~2週間は冷却期間をおきましょう。別れた直後に何度も別れた恋人からLINEがくるのは、結構精神的にきついものがあると言うことを頭に入れておいてほしいです。

まずは2週間待ってみて、相手から返信が来なかった場合は自分からLINEを送るようにしましょう。

冷却期間終了

あなたから元恋人にLINEをしてみて、返信がきたとしても元恋人側がまだ気持ちの整理も出来ていない頃かもしれません。したがって、返信が来る分には返してあげるようにして。返信がこなかった場合には、連続的にLINEを送るのは控えましょう。

LINEのやり取りがサクサクと進んでいるようでしたら、冷却期間が終了したと考え。元恋人の負担にならないようなLINEのやり取りをしましょう。もし仮に元恋人からの返信が冷たいと感じるようでしたら、LINEの頻度を3日に1回にするなど。それでもダメなら、6日に1回と頻度を抑えるなど工夫をしてみましょうね。

元恋人と復縁のきっかけになるLINE

それでは、ここからは気になる元恋人に送るべきLINEの内容をご紹介します。

わざと他の人に送るLINEを元恋人へ送る

普通にLINEをしてて、送る相手を間違えた…なんてことありませんか?それを装って元恋人にやってみるパターンです。

家族、友人、会社の人に送る予定のLINEをわざと間違えて元恋人に送信。そして、元恋人の反応を待つのです。

しかし、これを使えるのは1回までですので送る内容は入念に考えましょう。

 

・「今日はありがとうね」

・「明日○時に待ってます」

・「もうすぐつきます」

 

送る場合には、上記のような無難そうな文章が良いでしょう。そこで元恋人が「送る相手間違えているよ」や「間違いかな?」といった何かしらのLINEが返って来ることでしょう。

そしたらあなたから「ごめん。さっきの間違えだったみたい」と返事をするついでに「最近元気だった?」と話題を膨らませていくのが良いでしょう。

しばらくLINEをしていなかった元恋人とのLINEのきっかけ作りとしては、効果があるかもしれません。

元恋人の体調面を気遣うLINE

冬の時期になれば空気が乾燥したり、寒さなどで体調を崩すことが多いでしょう。夏であれば、暑さで夏バテになったりと…相手の体調を気遣うLINEを送ってみるのも効果的ですよ。

・「最近寒くなってきたけど体調崩してない?」

・「インフルエンザが流行ってるみたいだから気をつけてね」

・「暑くなってきたから水分補給はマメにね」

上記のようなLINEの内容であれば、元恋人も返信がしやすいと感じるようです。誰だって心配されると少しは嬉しい気持ちになるものなので、そこから返信がきたらあなたから話題を広げてみましょう。

共通の趣味の話題をLINEで振ってみる

元恋人とあなたに共通の趣味はありましたか?例えば好きなアーティスト、好きなゲーム、好きなアニメ、好きな漫画等々。共通の趣味があった場合には、別れた後でも友達感覚でLINEのやり取りがしやすいようです。

・「今度、○○○のライブに行くんだけど。そっちも行く?」

・「来週ゲームのイベントに参加する予定だけど、君も参加する?」

・「この前、あの漫画の新刊発売されたけど読んだ?」

上記のような内容であれば、お互いに楽しくやり取りが出来るかもしれません。 お互いにまだ未練があった場合、やり取りを重ねていくうちにデートの展開に持っていきやすいのが共通の話題です。

元恋人が詳しい分野について質問LINEをする

元恋人にLINEを送りたいけど…共通の話題もないし、何を送ったら良いのかもわからないと言う方は、元恋人が詳しい分野についてを質問するのを装ってLINEしてみましょう。

・「新しくパソコンを買ったんだけどセットアップの仕方が分からなくて…」

・「車の調子が少し悪いみたいなんだけど…」

・「最近ダーツを始めたんだけど、上手いこと出来なくて…」

上記のような前置きにプラスして「あなたならこの分野に詳しいと思って聞いてみた」と言う文章を付け加えましょう。あなたに少しでも情があれば「元恋人が困っているから助けてあげよう」と言う気になり、LINEの返信が返って来るかもしれません。

実際に会ってみないと解決できない問題となれば、元恋人と会うチャンスまで掴める可能性があります。

緊急性のあるLINEを送る

誰だって、返事をすぐにでも返してあげないといけないと感じるLINEはあることでしょう。その心理を上手く利用するのです。

例えば「私のネックレスないかな?今週、友達の結婚式で使うやつなんだけど。もしかしたら…と思って」と言うような文章です。「今週」と「友達の結婚式」のワードともなれば、すぐにでも返信をしてあげなきゃと相手が思うものです。

緊急性のあるLINEを送ると返信率高まります。また後日にお礼の連絡をするなどして、そこから元恋人ととのLINEのやり取りのきっかけになる可能性もあります。

元恋人に送るNGなLINE

ここからは、元恋人に送るNGなLINEをご紹介します。元恋人にLINEを送ろうと考えている人は一度チェックしてみましょう。

スタンプの使いすぎ

LINEにあるスタンプはとても便利ですよね。自分が思ってることや伝えたいことをスタンプで面白く伝えることが出来るし、好感を持ってもらえるかもしれないと思って、つい使ってしまうなんてことはよくあることとでしょう。しかし使いすぎには要注意です。

今元恋人とLINEが出来たことで嬉しさや興奮が相まってあなたがスタンプをポンポン送ったとしても、元恋人があなたと同じテンションであるかどうかは分かりませんよね。

もしかしたら「なんかテンションに差があって疲れる…」と受け取られている可能性もあるのです。したがって、スタンプの使いすぎには要注意です。

自分の想いを長文で送る

復縁したい気持ちが高まって、やりがちなのが長文LINE。中には長文LINEが好きな人もいるかもしれませんが。

「あなたのことを今も忘れられなくて…」と言う内容が長々と送られてきた場合、読む側も大変ですし、返信が面倒に感じる人もいるのです。何より、少し引いてしまいます。

そもそも、長文LINEを送るくらいなら直接会って想いを伝えるか、電話で伝えるべきです。

詮索するようなLINE

付き合っていた過去があるからと言って「最近彼氏(彼女)出来た?」や「最近出会いがあった?」と詮索するようなLINEは控えましょう。送られてきた側からすれば「どうしてそんなこと言わなきゃいけないの?」と、逆に相手を苛立たせてしまう可能性もあります。元恋人の近況が知りたいのは分かりますが、元恋人の近況を聞く=未練があると言う風に受け取られる場合もあります。今現在の自分の立場を理解しましょう。

別れたことに対してすがるようなLINE

別れたショックが大きいのはよく分かりますが、だからと言って「別れたくない」や「悪い所があれば直すから」と言うLINEを送るのは、逆に印象が悪くなり復縁から遠ざかってしまいます。

気持ちに余裕を持ってるふりを出来るくらいの方が、復縁に近づける可能性があります。まずは別れた事実をしっかりと受け入れましょう。

未読にたいする連続的なLINE

元恋人に対して未練があり、復縁したい気持ちは痛いほどに分かるのですが。元恋人に返信を送り未読になっていないのにも関わらず次のLINEを送るのは、相手からしつこいと思われてしまいます。

元恋人にも返信をするタイミングがあるのですから、あまりしつこくLINEをするとブロックをされてそのままLINEすらも出来なくなる可能性があります。

元恋人と復縁したい時に送るべきLINE まとめ

別れた恋人と復縁をするためにLINEを活用するのは、簡単なようでとても難しいようです。時として思わぬ失敗をしてしまう可能性もありますので、気をつける点も非常に多いのです。
まず元恋人と復縁を考えてLINEをするのでしたら、相手の気持ちになって送る内容や頻度やタイミングはしっかりと考えましょう。
またLINEで自分の気持ちばかりを押し付けるのではなく、相手が求めているような言葉や内容をLINEで伝えてあげましょう。そうすることで、少しずつ復縁への道が見えてくるかもしれません。
復縁は自分の力で何とかできると思って自力でやるかたも多いですが、確率としては10組中1組程度です。出来るなら初期の段階で復縁屋に依頼をするのがおすすめです。とはいえ、復縁屋を利用したことがない人にとってはどこの復縁屋を選べばいいのか分からないですよね。費用を払って工作を依頼するわけですから、信頼できる復縁屋を選びたいと思いませんか?復縁屋をお探しの方は評判の高い復縁屋をランキングでまとめた記事があるので、この中で希望に沿った復縁屋を探してみるといいでしょう。