Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

復縁したい!離婚を後悔しているあなたに贈る成功メソッド

復縁したい!離婚を後悔しているあなたに贈る成功メソッド

離婚後の復縁が出来る夫婦の特徴

離婚後にやっぱり復縁がしたい!けれどもなかなか自分からは復縁を言いずらいし、けれども他の人に言い寄られてしまう、機会をなくしてしまう前に復縁をしたい方に向けて気を付けるべきポイントをまとめました。

離婚した後に寂しさがある

離婚をするまでは共同生活をなんだかんだ送っていたので、離婚後には支え合っていたパートナーがいない状態。子供からしても両親がいたはずなのになかなか二人そろって会えない状態です。
なかなか相手の心境を察するには難しいところはありますが、あなたが離婚後の寂しさを感じているのであれば、相手も感じているはず。意地を張らずに相手の立場になって考えてみると相手の気持ちが分かってきます。

子供の育児が大変

離婚後にパートナーがいなくなると、仕事をしながら子供の面倒を見ていかなければなりません。もちろん親が協力をしてくれる家庭もあれば、親と子供の距離が遠く、なかなか援助してもらいにくい環境もありますよね。そういう時に、ふと自分にパートナーがいれば、仕事を休まずにいれる、病院に連れて行ってもらえるという連携も取れます。そういう時こそ、支えてくれる存在が欲しくなります。子供の世話焼きの負担が重ければ重いほど、パートナーの大切さを知るタイミングが多くなります。

子供の存在

何よりも子供の存在が大切。片親の子供はどうしてもさみしさを感じてしまい、それが教育、子供の人格形成にも影響をします。また、二人を繋ぎとめる存在でもある為、子供がいるということだけで、復縁の可能性が高くなります。

離婚後の復縁が出来るコツ

では復縁が出来る離婚後の夫婦の特徴が分かりましたが、実際にどんな行動やスタンスを持って相手に接すればいいのか。その気になるポイントについてまとめてみました。

連絡を定期的に取り合う

まずは自分の存在を相手に示すこと。離婚後には連絡を全く取らない、という離婚後の夫婦もいますが、それでは距離が遠のくだけ。近況報告でもいいし、子供の事でもいい。あくまでも心配をしている、何かあったら自分のことを頼ってくれというスタンスが大切です。それが伝わるように定期的に連絡をすることで、あなたが近くにいるという感覚を植え付けることが出来ます。

子供を通して会う機会を作る

子供を通して面会をすると、ほとんどの場合は相手が一緒にいることが多いでしょう。その状況を活かして、子供の面倒を見ながら、相手とコミュニケーションを取りましょう。嫌がっていれば多少の距離感は大切ですが、嫌がる様子がなければしっかり対話を重ねましょう。特に今の現状について不満を漏らしてくれるようであれば、あなたに心を開いている証拠。そこで情報収集をしながらあなたが出来ることを見つければそれをとっかかりとして復縁のきっかけを作れる可能性があります。

離婚した時に注意されたことを直す

離婚時に注意をされ続けていたことを直すのは復縁の鉄則です。直っていなければ成長をしない人間として人間性から否定をされ続けている状態からのスタートとなる為、どうしても復縁から遠のきます。相手と会う前に言われていたことを些細なことでも直しているのか、反省をしているのか。離婚の理由に繋がってしまった行動を徹底的に直していきましょう

あくまでも異性として意識させる行動を

どれだけ距離が近くても、復縁をするだけの価値がある人間として認識されなければなりません。それは、悪いところを直すだけでなく、あなた自身に魅力を感じられる異性として演じられているかがとても大切。夫婦だからこそ感じられなかった異性としての感覚をもう一度呼び覚ましてあげることで、復縁をしてもいいかもしれない、心の隙間を作ってあげる必要が復縁にはあります。

どうしても離婚後に復縁をしたい最終手段

復縁できるコツを試してもどうしても復縁が出来ないことは多々あります。なぜならマイナスから始まる恋愛であるから。そのマイナスを払しょくするための復縁の材料が必要になります。

子供のターニングポイントで真摯に向き合う

子供のターニングポイントは入園・入学等さまざまあります。そのターニングポイントではどうしても通常の夫婦ならこそできる連携が必要になります。その時にどうしても相手はパートナーの存在を意識をします。そこで、子供のターニングポイントであなたが出来ることをしてあげましょう。金銭面はもちろん、一緒にいることが大切です。

支える覚悟

結婚は夫婦がお互い支えるもの。離婚をしてしまったのはその支えるべき材料が不足をしていたから。自分が離婚をしてしまったきっかけを見直して、スタンスとしては相手や子供が困っていることに対して全力で支援をするというもの。その姿勢が少しずつ警戒心を溶かし、やがては復縁に繋がっていきます。

復縁屋に依頼をして復縁できるシチュエーションを作る

どうしても復縁のとっかかりが作れない、相手と会う機会がなければ自分で動くことは難しいでしょう。そこで復縁屋を使うことで、復縁する機会を作ってもらうことが要になってきます。
例えば、相手の状況を復縁屋を通して情報収集をする、相手と復縁屋の工作員が親しい状況を作り、今後の生活には再婚をすることが必要なこと、そしてそのパートナーはやはりあなたという存在が大切だということを意識づけをして復縁への流れを作ってもらうというものです。

復縁屋に依頼して再婚が出来た例

夫とは少しずつ亀裂が走り、帰ってこない日もあったりと夫婦仲が最悪でした。しまいには、家にいる時にはお互いイライラをしている。それが窮屈で結局離婚をすることに。
しかし、離婚をしてから夫の存在の大切さを実感して、離婚への後悔の念が募るばかり。とはいえ、お互いぎすぎすした状態で別れてしまったので、どうしようもなかったので、藁にも縋る思いで復縁屋さんに相談をしました。

すると、カウンセラーさんは私の話を真摯に聞いてくださり、まずは自分の悪いところ、離婚のきっかけとなってしまったところを直すべきだと言われてしまいました。落ち込んでしまいましたが、本当にプロから見てもそうなんだなと思い、全力で直しました。

また、復縁屋さんも少しでも私と夫がやり直せるチャンスが作れるよう、夫の身辺調査から行動調査まで行ってくれ、近況を教えてもらいました。まだ再婚やパートナーを見つけていなかったということで安堵しましたが、少しでも早く復縁がしたい。そこで、復縁屋さんより工作員さんを派遣していただき、まずは夫と親密な関係作りをしてもらい、本音を聞き出すことに。すると、やはり私の悪いところがぽつぽつ上がっていたと共に、離婚をして後悔をしている、さみしいという愚痴を聞き出すことが出来、より工作員さんと関係性を構築できたところで仕事関係という仮の関係の下、工作員さんを通して飲み会を開いてもらうことに。

飲み会当日は夫はバツが悪そうな顔をしていましたが、お酒が進むにつれて、打ち解けていきました。そこで、私が思い切って(もちろん工作員さんのアドバイスの元)夫を食事に誘い、近況報告をしあうことに。

それから、何度か食事をし、ついには決意を固めてクリスマスに誘うと夫も暇なので、という二つ返事で約束を取り付けました。本当はこういうのは男性から言い出すのが普通なのかもしれませんが、そのタイミングで私から復縁を申し出ました。夫はとても悩んでいて同じことを繰り返すのではないかと危惧をしていましたが、なんとか承諾をしてくれました。そのあとちょっと喧嘩などもしてしまいましたが、来月には再婚の予定。あんな絶望的な状況から復縁が出来るのは復縁屋さんというプロならではの仕事ですね。

離婚後に後悔!復縁をするまとめ

離婚後の復縁は別れ方も重要です。しかし、綺麗な形で離婚をしているという夫婦はどうしても少ないのが現状です。もし復縁屋を利用するなら、復縁屋の復縁工作口コミ評判復縁屋がする復縁工作の費用料金を比較しながらパートナーシップを組める復縁屋を見つけていきましょう。