【離婚調停中に復縁したい方必見】夫婦関係を修復するコツや実例を紹介

【離婚調停中に復縁したい方必見】夫婦関係を修復するコツや実例を紹介

離婚調停になってしまったら、自分の意志とは関係なく離婚の話がどんどん進んで、
すぐに離婚が成立してしまうと思っていませんか?

もしも離婚調停であなたが「復縁したい」ときちんと気持ちを伝えれば調停は成立しませんし、
実際に調停中に復縁している実例もあります。

ここでは、調停中に復縁したい人は必見の修復するコツや実例を紹介していきたいと思います。

離婚調停中に復縁することは可能?

離婚調停について相談にやってくる夫婦の約3割以上が離婚調停にも関わらず、復縁しているのです。

7割の夫婦が最終的に離婚になっていますが、あなたが「復縁したい」と思うならば、
全く可能性がないわけではありません。

また、離婚調停は約半年という長い時間をかけて行いますので、
最初は相手が離婚を考えていたとしても、時間の経過と共に復縁に応じるといった実例少なくないようです。

離婚調停は復縁を望む人にとってはネガティブなイメージですが、
調停委員が間に入って夫婦の関係を調整することになります。

ですから、夫婦にとって関係性を修復するチャンスの場でもあるので、
決して後ろ向きにならず、最後まで「復縁したい」とあなたの意志を相手に伝えるようにしましょう。

離婚調停中に復縁をする3つのコツとは?

離婚調停の最中に復縁を望むのであれば、必ず実践して欲しい3つのコツがあります。

これは離婚調停になった夫婦たちの実例をもとにした方法なので、試す価値は十分にあるでしょう。
復縁を望むならば必ず参考にしてみてくださいね。

復縁の糸口を見つけ出す

離婚問題に発展したということは、夫婦のどちらかに何かしらの原因が必ずあるわけですね。
その原因をきちんと理解したうえで「自分がどうしたら離婚を考え直してくれるのか?」の糸口を見つけることが一番重要になります。

仮に離婚調停を申し立てた側に原因があったとしても復縁を望んでいるのはあなたですから、相手を責めることはせずに、相手の気持ちを取り戻すことを考えてくださいね。

復縁の糸口さえ見つけることができたら、
あなたが今後、夫婦の修復を図るために取るべき行動が明確になりやすいですから、より復縁できる可能性を高めることができます。

2.話し方を準備する

離婚調停をしている最中は電話はもちろんのこと、LINEなどを含めて相手との接触を禁止されてしまう可能性も十分にありえます。

そうなると、相手と接触することができるのは、調停の場のみということになってしまいます。
ですが、基本的に調停の場では相手と直接会話をするという機会は少ないけれど、調停委員を通じてあなたの意見を相手に伝えるよう、お願いすることが出来ます。

今の関係を更に悪化させて相手の離婚したい意欲をより強固なものにしてしまったら意味がありませんよね?ですから、どのように伝えたら相手が復縁を考えてくれるのか慎重に考えておきましょう。

自分の口から伝えるわけではありませんから、話し方や相手への伝え方をどのようにしたらいいのかを考えて、準備をしておくことがかなり重要になってきます。

3.日常生活の過ごし方

復縁を希望しているのにも関わらず、自分の荷物を整理や、子持ちの夫婦であれば子供の養育費などを払わない、また調停を欠席すると復縁の意志を疑われる可能性が出てきてしまいます。

自分の気持ちと矛盾した行動を取っていたのでは、仮に相手の気持ちが「復縁」の方向に向かっていたとしても、あなたの日頃の行いによって全てが水の泡になってしまうケースもあるのです。

相手の気持ちに不信感を持たせてしまっては調停前よりも復縁をすることが難しくなってしまうでしょう・・・。

ですから、相手にはもちろんですが、調停委員にも不信感を持たれてしまわないように日頃の生活にも十分配慮するようにしてくださいね。

離婚調停中に復縁をするタイミングは?

離婚調停の最中に復縁をしたいならば、タイミングについて知っておくと、復縁が更にスムーズになっていきます。

離婚調停を行う最初の1回目は相手の離婚の意志がまだ固い状態にあります。
ですが1回目の調停が不成立ならば2回、3回・・・と回数を重ねていくことになり、復縁を狙っていくタイミングは2回目以降にすると効果的です。

離婚調停は平均で約6か月程になることが多いので回数で言うと約5、6回にかけて行われます。
期間が経つにつれて、最初は離婚の意志が固かった相手も最初の頃よりは離婚の気持ちが薄れることが多いので、2回目以降からあなたの復縁したいという気持ちや誠意を見せると更に効果が高まるのです。

あなたの発言や行動に問題がなければ、相手の気持ちを逆転させることも決して不可能ではありませんから、参考までにタイミングは覚えておいてください。

もちろん、「復縁したい」という気持ち自体は1回目のからきちんと伝えておきましょう。

離婚調停中に復縁をした人の実例

実際にここで、離婚調停中に復縁を果たした人の実例を見ていくことにしましょう。
夫婦関係は実に様々ですから、離婚問題の原因も色々あります。

過去に復縁をした夫婦の実例を見てもらって、少しでもあなたに勇気を持ってもらえたら幸いです。

子育てですれ違いになった夫婦

私たち夫婦は子供のことですれ違いが増えて、顔を合わせる度に喧嘩をする日々でした・・・。
そんな状態に疲れたと言い、夫の方から離婚調停を申し立てられてしまったのです。

私は子供のことや「夫と別れたくない!」という気持ちが大きかったので、復縁をずっと望んでいました。

調停のなかで少しずつですが、お互いに子供のことを考えてのすれ違いだったと改めで再認識することが出来たので、最終的に調停に1年かかったけれど復縁をすることが出来ました。

性格の不一致で離婚問題になった夫婦

私は性格の不一致もそうですが、妻の浮気が原因で離婚を考えるようになりました。

だけど、妻はすごく反省していましたが許すことができなくて、離婚調停をしたばかりの頃はすぐにでも離婚をしたいと思っていました。

だけど、調停を始めてから3ヶ月くらいに気持ちが落ち着いてきて、調停員の人からも「奥さんにチャンスを与えてあげたらいかがでしょうか?」と言われて、妻もそれなりに誠意を見せてくれていたので、離婚を考え直しました。

最初はお互いぎこちなかったけど、今はあれから3年経って夫婦関係も良好のままです!

どうしても復縁したい人は「復縁屋」がおすすめ!

離婚調停中に復縁をするためのコツについて上記で紹介しましたが、
それでもなかなか上手くことが進まない人もいるでしょう。

相手に自分の気持ちや誠意を伝えても、それを全て拒否されてしまうケースだって多々あります。

そうなってくると「復縁したい」と思っていても心が折れそうになってしまったり、精神的にも辛いものがありますよね?

そこで、「どうしても復縁したい」という人におすすめなのが恋愛工作業者に頼ること。
恋愛工作業者は「復縁屋」として復縁工作を行っています。そのなかでも自分の予算に見合うものを探すことが大切。

失敗しない復縁屋選びのためにも、復縁屋・復縁工作の口コミ評判
復縁屋・復縁工作の値段料金をを見ながら比較していきましょう。

離婚調停中に復縁したい!夫婦関係を修復するコツや実例を紹介

離婚調停で復縁したい場合は、それなりの精神や忍耐力が必要になってきます。
ですが、1度きりの人生ですから後悔を残さないためにも出来ることは全て実践してみて欲しいと思います。

離婚調停は今まで知らなかったお互いの気持ちを再確認できる場でもあるので、今後の夫婦の関係をより一層、良いものにするいい機会になるはずです。

ここで紹介した3つのコツはとても重要なのでぜひ、実践を。どうしてもできなければ復縁のプロに依頼をすることも視野に入れてみて下さい。