復縁したい相手に送るLINE(ライン)とは?恋人が戻ってくる内容まとめ

復縁したい相手に送るLINE(ライン)とは?恋人が戻ってくる内容まとめ

別れてしまった相手と復縁するためにはキッカケやタイミングを見計らってLINEのやりとりを定期的に行う必要があります。ですが相手とLINEのやりとりをしたいと思っても、LINEを送ったところで相手から既読無視をされてしまうことも少なくないでしょう・・・。

また、別れた相手は元恋人に警戒心を持っている場合も少なくありませんので、復縁したい相手に送るLINEの内容は慎重に考えた方がいいです。今回は復縁したい相手に送るLINEの内容やタイミングなども合わせてお伝えします。

復縁したい相手に送るLINE(ライン)について

復縁したい相手とLINEのやりとりが出来るだけで、復縁出来る可能性を高られます。ただし、復縁したい相手に送る内容は「別れた原因」によって考える必要があります。別れた原因が相手にある場合とあなたにある場合とで異なるので、そこを理解してきましょう。

下記では復縁したい相手に送るLINEの内容を別れた原因が「相手にある場合」と「あなたにある場合」とに分けての解説とLINEを送る際に必ず覚えておいて欲しい3つを紹介します。復縁したい相手にLINEを送る際にはぜひ、参考にしてみてくださいね。

まず会話することを心がける

復縁LINEをする上で必須なのは、相手とLINEで会話をすることです。あなたがLINEを送っても相手から返信がないと意味がありませんので、あなたが送る内容も考えないといけません。相手から返信が来て会話をするためには、返信に困らないような内容を送ることを心がけましょう。恋人ならば、特に中身のない内容を送ってもやりとりが成立しますが、復縁する前はそうはいきません。

中身のない内容というのは、一番分かりやすいのがSNSで投稿するような「共感を求める」内容ですね。恋人や友達同士のLINEのやりとりならいいですが、復縁前のLINEの場合は返信しやすい内容を意識して送るようにしてみてください。相手に「何て返信すればいいだろう」と悩ませてしまうと、それから返信が来なくなって、またあなたからLINEを送らなければいけなくなります。その度に「何を口実にLINEをしよう」と悩まなければいけませんよね?

そうすると、あなたからLINEを送ることもなかなか難しくなってしまいますから注意が必要です。また、会話が全て終わってしまうともったいないので、相手からの返信に全て応えるのではなく、少し時間をおいて返信をするのも効果的です。復縁したい相手とLINEを続けるには1日置いてから、返信をすることも1つのコツです。ただし、あなたからLINEを送ったのであれば、1日経って返信をするときに「返信遅れてごめん」と伝えましょう。

でないと、相手に「向こうから送ってきたくせに」と不満を持たせてしまう可能性があるからです。

会話する上での注意点

先程もお伝えしたように、会話をする上での注意点は「相手が返信に困らない内容」を送ること。それから、相手に「復縁したい気持ちがある」ということを感じさせないようにすることです。別れた原因が相手にあったり、あなたから別れを告げた場合には多少の好意を感じさせる内容を送ってもいいかもしれませんが、もし別れた原因があなたにある、相手に別れを告げられた場合には相手に好意を感じさせてはいけません。

あなたが振られた立場にあるなら、「あなたと別れたい」というのが相手の意志だったわけなので、「この人と復縁したい」と思ってもらうのは簡単なことではありません。あなたからの好意を相手に気付かれてしまったら、警戒されてLINEの返信が返ってこなくなるだけでなく、最悪の場合、LINEをブロックされてしまうケースもありますので気を付けてください。

復縁したい相手にLINEを送る場合には「復縁したい」という気持ちを絶対にバレないようにし、「ただの友達として」というニュアンスで送ることが大切です。一度警戒されると、復縁するのが非常に難しくなってしまいます。「相手に新しい恋人が出来てしまったら」「早くこの人と復縁したい」と焦る気持ちは分かりますが、復縁に失敗する人たちの多くは、気持ちが焦りすぎて「あなたと復縁したい」という気持ちをすぐに相手に伝えてしまうのです。

まだ相手にその意思がなく、気持ちだけ伝えてしまったらLINEをすることはもちろん、それから先、二人で会うことも叶わなくなってしまいますから、最初の段階で焦って気持ちをすぐに伝えてしまうことは絶対にしないように注意してくださいね。

返事がこない場合、その心理と理由、対処法について

もし相手から返信が来なくても、「脈なしだから」とか色々考えてしまう人もいるでしょうが、正直気にする必要はありません。というのは、親しい友人とのLINEであっても「疲れていた」「返信を忘れていた」ということはあるでしょう。カップルの間でもそんなことは珍しいことではないでしょう。

返信が来ないからといって、その友人や恋人があなたのことが嫌いだからという理由にはならないはずです。つまり、「片思いの相手」だからマイナスに考えてしまうだけで、そんなことは日常の他の場面でもよくあることなわけです。

返信が来ない理由としては「忙しかった」「疲れていた」「返信を忘れていた」「返信をする精神状態じゃなかった」と色々考えられますが、LINEの返信で相手の好意を測るのは難しいですから返信が来なくても「そのうち来るでしょ」と気軽に構えておきましょう。

もし、それでも返信がなかなか来ない場合には再度、あなたの方からLINEを送ってみるようにしましょう。返信が来ないからといって、一方的にLINEを送りすぎないように気を付けてください。

復縁したい相手に送る効果的なLINEの内容【別れた原因が相手にある場合】

用件がある内容

理由は何でもいいですが、何かしら用件をつけて復縁したい相手にLINEを送ってみましょう。別れた理由が相手にあるわけなので、あなたからは気軽にLINEを送って問題はありません。また、用件ありの内容であれば相手から返信来る可能性が高いです。ですから、相手が返信に困らない用件を何かしら考えて復縁した相手に送ってください。

相手から返信があった場合には、そこから少しずつ話題を広げて定期的にLINEのやりとりが出来る状態に持っていくのがベスト!そうすることで、タイミングを見計らってデートのお誘いをすることも容易に出来るようになるでしょう。

近状確認の内容

「最近仕事どう?」「今どこに住んでる?」といった復縁したい相手の近状確認のLINEを送ることも有効です。別れた原因が相手にある場合には元恋人からの連絡を嬉しいと感じることが多いので、そこで会話が弾めば意外にもあっさりと2人で会う約束を取り付けることも可能です。

住んでいる場所があなたの自宅や会社から近かったり、相手の仕事が落ち着いている状況であれば「市仕事終わりにご飯でも食べに行かない?」と誘いをかけやすいのではないでしょうか?近状確認のLINEを送る際には出来るだけ相手の情報聞き出すようにすると復縁をする過程で役に立つことが多いです。

お祝いの内容

復縁したい相手にLINEを送るきっかけとして使えるのが「お祝い」の内容です。交際していた相手ですから、恐らく相手の誕生日くらい知っている人が多いのではないでしょうか?誕生日のタイミングで「誕生日おめでとう」といった内容を送ることで相手からの返信が期待できます。そこで相手からLINEが来たら、LINEが続くようにやりとりをしていきましょう。

また、職場が同じ場合なら仕事が上手くいった、プロジェクトが成功したなど仕事に関するお祝いの内容を送るのも効果的です。元恋人が同じ職場なら、あなたのことを相手も少なからず意識していますから、LINEを送れば何かしらの返信が来る可能性が高いです。

相談に関する内容

相談内容は嘘でもいいですから、復縁したい相手に「悩みを相談したい」という内容のLINEを送ってみましょう。人は異性から頼りにされることに少なからず喜びを感じますから、悩みを相談したいという内容はおすすめです。同じ職場の人間同士なら、「仕事のことで」と相談する口実が作りやすいですから、相談したい内容のLINEを送ってみてくださいね。

相手に相談する際には念のために「あなたしか相談できる人がいなくて・・・」と伝えておくと、相手も警戒する可能性も低く、快く相談に応じてくれやすくなります。

復縁したい相手に送る効果的なLINE(ライン)の内容【別れた原因があなたにある場合】

間違えを装う内容

別れた原因があなたにある場合には上記で伝えた内容だと相手によっては不愉快に感じさせてしまう可能性があります・・・というのは、あなたの方に原因があるなら、相手の方から気軽にLINEをすると相手を怒らせてしまう場合もあるからです。ですから、LINEを送るきっかけとして「送る相手を間違えた」という内容のLINEを送ってみて、相手からの反応を確認してみてください。

その前にまずは、相手に「送る相手間違えてない?」という感じのLINEを最初に送っておいてください。その後で「ごめん、送る相手間違えちゃって・・・」という内容のLINEを送りましょう。ここで気を付けて欲しいのは相手を嫉妬させるような内容を送らないように注意してくださいね。

謝罪の内容

復縁したい相手との別れ際にきちんと謝罪が出来ていなかった場合には、謝罪のLINEを送るようにしましょう。別れてから期間が空いているなら、別れる直前に相手を怒らせてしまったとしても、当時の怒りが消えてしまっている可能性が高いです。ですから、相手にきちんと謝罪の内容をLINEでもいいので伝えておいてください。

相手から返信が来たら、「あの頃の自分とは違う」ということや「当時よりも成長した部分」を相手にさりげなくアピールすれば、「今のこの人となら復縁したいかも」という気持ちにさせることが出来ます。

復縁したい相手にLINEを送るタイミングとは?

復縁したい相手に送るLINEの内容を複数紹介しましたが、相手にLINEを送るタイミングはどうしたらいいのでしょうか?別れた直後にLINEを送っても既読スルーされてしまう可能性があります。かといって、期間が空きすぎると復縁の相手に恋人が出来てしまう可能性があります・・・。

LINEを送るタイミングについては別れてから3ヶ月前後が丁度いいです。この期間に別れた相手が恋しくなったり、元恋人の存在の大きさに気付くことが多いのです。ですから、3ヶ月前後のタイミングを見計らって別れた相手にLINEを送ってみるといいでしょう。

復縁したい相手に送るNGのLINE(ライン)とは?

復縁したい相手に送るNGなLINEは「久しぶりに遊ばない?」といった、相手を自分の都合の良いように誘っていると思われる内容です。自然な流れで誘うのはいいですが、久しぶりにLINEを別れた相手に送る場合は一言目に誘いをかける内容を送るのはNGです!

もし、別れた原因があなたにある場合には尚更そのような内容を送ると相手を不快にさせてしまう可能性があるので注意が必要です。相手を不快にさせてしまうと、今後LINEを送ったとしても既読スルーや最悪、LINEをブロックされる危険性があるので気を付けてください。

復縁したいなら復縁屋に依頼を!

復縁をするにはLINEのやりとりが効果的だと解説をしましたが、それでも相手からLINEが来ない・・・相手にLINEをブロックされてしまった・・・そんな最悪なケースもあります。そんな場合には自分の力だけではなかなか復縁を果たすことは出来ないでしょう。

そんな場合には復縁のプロに任せることで、自分の力では限界に感じることでも可能にさせることが出来ます。復縁屋に依頼をすれば、工作員が復縁したい相手とあなたを復縁させるための道筋を作ってくれるので、時間がかかるような復縁でも最速でよりを戻すことも少なくありません。ですが復縁屋は複数ありますし、復縁屋に工作を依頼することで少なからず時間と費用を要することになりますので慎重に業者を選びたいですよね?

ですが、どのように復縁屋を選べばいいのか初めて利用する人は分からないでしょう。復縁屋に工作を依頼する前に復縁屋・復縁工作の口コミ評判をチェックしておくと役立ちます。おすすめの復縁屋をランキングで比較していますので、ぜひ業者選びの参考になさってくださいね。

復縁したい相手に送るLINE(ライン)まとめ

復縁屋したい相手に送るLINEでは、復縁したいと思う相手に「過去の自分と今の自分の変化」について知ってもらうことが出来たら、相手はあなたの復縁を前向きに考えてくれるようになるでしょう。ですが、その前に自分本位の行動に走って相手の迷惑になったり、不快な思いをさせてしまう人が多いのです。

このようなことが原因で果たせるはずの復縁も果たせなくなってしまうことは本当に多いように思います。もし、あなたに復縁したいと思う相手がいて余計に相手が自分から遠ざかってしまうのが不安な方は復縁屋を利用してみてはいかがでしょうか?

復縁したい相手に送るLINE(ライン)を読んだ人に役立つコンテンツ

・復縁屋の復縁工作口コミ評判ガイド
・元彼と復縁したい!連絡はしてもいいの?
・元カノと復縁したい!復縁出来たパターンを紹介
・復縁屋が行う復縁工作の手口や方法は?