別れさせ屋を利用して離婚をしたい!離婚工作ってどんなことするの?

別れさせ屋を利用して離婚をしたい!離婚工作ってどんなことするの?

別れさせ屋ってなに?

別れさせ屋は恋愛工作会社の1つのサービスで、別れさせ工作、別れ工作など自分の力ではできない別れに関する工作を請け負ってくれる会社です。

また別れさせ屋は復縁屋や出会わせ屋というサービスも同時に行っていることも多く、離婚工作はあまり謳うことはできませんが、DVや一般通念上別れるべきと判断する場合に離婚に対する工作も行っているようです。

離婚工作の流れ

それでは実際に別れさせ屋の離婚工作について詳しく知りたい方もいらっしゃることでしょうから、離婚工作の流れについてをご紹介いたします。

離婚工作の流れは電話及びメールでのご相談。または別れさせ屋の事務所での面談後、社内会議を行いご依頼者様からの相談内容についてを熟議し、その内容に同意していただけた場合には別れさせ屋とご依頼者様の間で契約を交わします。

その後、離婚工作の成功率を左右するポイントとなる事前調査を開始。対象者の人物像や周辺情報、対象者の細かな情報を把握するため尾行調査や張り込み調査をしていきます。事前調査の期間は依頼者様が知る対象者の情報量によって変動があるようです。

事前調査の時点で、対象者に特定の浮気相手がいる場合には証拠となる情報を収集し離婚ができる為、調査のみで離婚へと決断される方もいらっしゃるようです。

対象者への事前調査が終了次第、ご依頼者様と別れさせ屋で工作内容についてを協議をし、接触ポイントを見つけて対象者に対して工作員を派遣します。工作員の性別や見た目、性格などは工作内容によっても変わってくるようです。

例として挙げれば、浮気の事実を作った方が早いのであれば、対象者に対して異性の工作員を派遣し、恋愛関係となってもらい離婚事由を作る等です。工作内容によっては同性の工作員を派遣し、離婚における情報収集と離婚への心理誘導を行い、離婚へ導いていくという方法もあるようです。以上が離婚工作の流れとなります。

離婚するのに必要な法定離婚事由

夫婦として一緒に生活をしていく中で価値観や性格が合わず離婚を考える方は少なくありません。しかし「離婚したい」と思ったとしても、離婚後の生活のことや子供のことを考えるとすぐには離婚を決断できないものでしょう。

こちらでは離婚する際に必要な法定離婚事由についてをご紹介します。これを知ることで、離婚する際に有利になる可能性もあります。下記をご覧ください。

不貞行為

婚姻関係があるのに自由な意思に基づいて他の異性と肉体関係を持った場合は離婚事由に該当します。

悪意の遺棄

夫婦には同居・協力・扶助義務のあることが法律に定められています。これらの義務に違反して正当な理由もなく別居を強行したり、共同生活に協力をしない場合は、離婚事由に該当します。

3年以上の生死不明

配偶者の生死が3年以上明らかではない場合は、離婚事由に該当します。

強度の精神病に罹り、回復の見込みがないこと

結婚相手が強度の精神病を患い、症状が重く回復の見込みもない場合は「夫婦はお互いに“協力義務”を十分に果たし得ない」という理由から離婚事由に該当します。しかし、自分の不倫が原因で相手が精神病になった場合は、離婚請求が認められないケースもあります。

その他婚姻を継続し難い重大な事由があること

その他婚姻を継続し難い重大な事由とは、上記の4つ以外で修復できないくらいに夫婦関係を破綻させ、婚姻生活の継続を困難にさせる原因や理由のことです。具体的には、長期間の別居、DV、モラハラ、児童虐待、性的不調和、過剰な宗教活動、過剰な浪費、収監です。これらのどれかに該当する場合は離婚が認められます。

離婚時に一番問題となるのは親権問題について

子供を持つ夫婦が離婚の際に一番頭を抱えるのは親権問題ではないでしょうか。離婚したとしても、親権を手に入れ子供を育てていきたいですよね。とある裁判者のデータによると、親権を得られるのは9割が母親です。しかし、夫婦のどちらが親権を持ち、子供を育てていくかは夫婦の事情であり、女性が絶対に育てなくてはいけないなどという決まりはありません。

親権を確実に手に入れる方法はないのですが、子供にたくさんの愛情を注いでいるのかどうかは非常に重要視されるようです。

また、今まで子供とどんな風に過ごしてきたかを始め、今後も子供と一緒に過ごせるのかどうか、子供のために何か行動をしているのか、子供の意思を尊重しているのか、親が心身共に健康なのか、経済状況は安定しているのか…離婚調停で争う場合には、様々な点を見て調停員は親権者をどちらにした方が良いのかを判断されるようです。

別れさせ屋が行う離婚工作事例

夫のDVが理由で別れたい

私は夫と結婚してから約5年間経ちますが、1年ほど前から夫のDVで苦しんでいます。夫は優しいときもありますが、人が変わったようにDVをふるうことが最近増えてきました。

少し前にいつものように暴力を振るわれていた時に刃物を持ち出してきて自分の身がこのままでは危ないと感じて、どうにかしなくてはと思い夫が仕事に出ているときに、色々調べた結果別れさせ屋に相談をさせてもらいました。

別れさせ屋に相談をしたところ、刃物を持ち出してきたら本当に危険性が高くなり即動いたほうがいいとアドバイスをもらいました。

私の場合、親族に相談をしても火に油を注いでしまった経験もあり、誰にも知られずに別れ工作をしてもらうことにして、夫に女性工作員を近づけるという手口をしてもらい別れることになりました。

実際に工作をスタートさせてから約3か月の間で夫と女性工作員の方が接触からある程度親密な関係にまでもっていくことができて、私への興味が薄れてきていくのを肌で感じ取ることができ、離婚についても夫から言葉にさせることができうまく別れることができました。

様々なアドバイスと誰にも言えない状況で心強い味方になってくれたこと感謝します。本当にありがとうございました。

モラハラ夫と別れたい

結婚前の付き合っていたときは本当にこの人とは運命の人だと思っていましたが、結婚をしてから色々な価値観のずれを感じることが多く、また旦那のお義母さんから散々嫌味や嫌なことをされてきました。

結婚して3年間ずっと耐えてきました、どうしても一生をこの家族と暮していくことに耐えられることは出来ないと思い別れる決心をしました。

別れさせ屋を使うことに抵抗はありましたが、相談をしていく内に信頼できるなと感じたので依頼を決断。

旦那は仕事上、デスクワークで決まった時間と帰り道で女性工作員の方が苦労しましたが、接触してから何度か私に内緒でデートを繰り返す関係になりました。

そこからは離婚の話が進むのは早かったです。離婚できたことはこれからの私の第二の人生のスタートです。これからまた相談することが無いように頑張りますが、なんかあったらまた相談させてください。ありがとうございました。

メンヘラ妻と別れたい

付き合っているときも少し精神的に弱いと感じていたこともありましたが、結婚後私の浮気が原因で完全にばれたわけではないですが、そこから疑心暗鬼となりどんな時でも精神的に不安定な状況を感じるようになりました。

いつでも束縛がすごくなり、仕事をしていても何回もラインや電話が来るようになり、最終的にはケンカをしたときに別れるくらいなら死んでやるという言葉を出したことでこれは自分の力ではどうすることもできないと思いました。

別れさせ屋を使って離婚をしようと考えて、相談から依頼をすることにしました。

そこは経験豊富な別れさせ屋さんでメンヘラ妻とは言いたくないですがそういった精神的に病んでいる女性との別れ工作も数多く経験したことがあるとのことで、
依頼をしてから別れるまでにそこまで時間は掛かりませんでした。別れたことはお互いにとっていいと思いますし、自分では別れることができなかったと、有難く感じております。本当にありがとうございました。

別れさせ屋を使って離婚をするまとめ

別れさせ屋に依頼をする前にまずは無料相談ができるところであれば、離婚工作の実績や経験を聞くことしてみましょう。

特に婚姻関係のある夫婦においては、センシティブな問題もありますので状況判断や自分を有利に進めてくれる情報を理解している別れさせ屋がいいでしょう。

別れさせ屋に依頼をする際に離婚事例を聞くだけではなく、自分の場合にはどんな離婚工作が考えられて、親権や慰謝料問題についても教えてもらえることが重要です。別れさせ屋にも色んな業者がいるので、別れさせ屋の口コミ評判・工作料金をランキング比較!《おすすめ順》を見て比較検討をしながら、自分の状況をしっかり聞いてくれる信頼できるであろう別れさせ屋選びをすることが重要です。