Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

別れさせ屋が千葉県で行った別れさせ工作事例

別れさせ屋が千葉県で行った別れさせ工作事例

別れさせ屋に依頼をしてみたいけれども、別れさせ工作がどのように行われるのか知りたい。そこで、千葉県であった実際の事例について紹介をします。自分と同じケースがあるか見てみて下さいね。

千葉県で行われた別れさせ工作とは

妻と別れたい

私は妻からDVや精神的暴力を受けており離婚を考えています。 現在でも男性に対してのDVは、認識されておらず、証拠をしっかり集めても、妻が平気でうそをつき、女性優位の立場になるかもしれないと思い悩んでいました。私にもプライドがあるので、妻からのDVが原因で離婚したと親族や職場に知られたくない気持ちもありました。一人で解決することが困難だと判断したため千葉市にある別れさせ屋に依頼をしました。
調査員に妻の事を調べてもらった結果、妻は私を縛り付ける一方で、自由にお金を使い、様々な活動をしていることが分かりました。そのため、今回は「異性の工作員を接近させる」という方法で工作を行うことにしました。 趣味が多く、自由に活動している妻と工作員はスムーズに関係が構築されました。徐々に会う回数が増えどんどん深い仲になっていきました。 妻が工作員に気があるのが分かっていたので、工作員が「離婚してくれたら僕たちの関係が進展させられるのに」という生殺しのような状態にすることに。妻の態度がよそよそしくなったころ「浮気をしているでしょ」と詰め寄るとすぐに白状しました。別れさせ工作は無事成功し、妻とは離婚することが出来ました。

夫と別れたい

私は身体の問題で子供ができないことから、何かにつけて姑がつらく当たってきました。夫は私の事を全くかばおうともしない態度に、私はノイローゼ寸前の精神状態にまで追い込まれていました。夫は千葉市で経営している家業を継いでいるため、常時在宅の状態。別れさせ屋に相談してもあまり良い回答は得られませんでした。
しかし涙をこぼしながら、真摯に窮状を訴える私の姿に、別れさせ屋も「まずは素行調査から」というかたちで依頼受けてくれました。
しかし作業は難易度は高いものでした。夫に特別な秘密はなく、つけいる弱味もありません。
「彼氏と大ゲンカしている最中、バッグを奪われて投げ捨てられた。お宅の庭に落ちてしまった」と言うきっかけを若い女性工作員が作ることにしたのです。
やり方次第では、不自然さの付きまとう危険な工作も、訓練を受けた工作員の手練手管で、まずは無事に成功しました。
インターホン越しに事情を説明した女性工作員は夫との接触に成功しました。当時は雨が降っていたため、夫が千葉駅まで送ってくれることになりました。
分かれ間際に夫の連絡先を聞き出した女性工作員は、その後連絡を続け、デートにまでこぎつけました。初めは夫も緊張していましたが、次第に打ち解ける始めました。自宅から外に出ることの少ない単調な生活を送っていた夫は、工作員の新鮮な魅力にほだされるまでに、時間はかかりませんでした。
こうしてふたりの仲が深まったタイミングで、私は夫に証拠写真を突き付けました。すぐに夫も白状し見事離婚を成功させました。

千葉県で彼女や妻を取り返した事例とは

浮気相手と別れさせたい

彼女の浮気相手が働いている千葉市の高級ホストクラブに女性工作員を2人入店させました。
最初は、あまり浮気相手に好意を持った態度を示さず、男と女の駆け引きに徹することにしました。
女性工作員は、美人でお金持ち、5年後に一部上場を目指しているベンチャー企業の美人社長に設定にしてもらいました。店に通い始めてから二週間たたない内に、アプローチをすることに。「今夜アフターをしたいんだけど付き合ってくれるわね?」と有無を言わせない多少強引な誘いに浮気相手は断ることが出来ませんでした。店の外には運転手付きのメルセデスを待たせておいて、完璧なシチュエーション作りあげたのです。女性工作員と浮気相手の交際は約1ヶ月続き、その間に浮気相手からから彼女の存在を聞き出すことに成功。
「私と真剣に付き合いたいなら、他の女性とは全て手を切ってほしい」
工作員は目の前で浮気相手から彼女に電話をかけさせ、別れの告白をさせることに成功しました。

不倫相手と別れさせたい

妻の不倫が分かり、証拠集めのために別れさせ屋に依頼をしました。
片道40分ほどの道中を電車と徒歩で通勤している浮気相手に接触する事はそれ程困難ではなく、工作開始から1週間目に、ある仕掛けを使って自然な形で接触することに成功しました。
接触したときに女性工作員がメールアドレスを浮気相手に伝えたところ、後日浮気相手から女性工作員にメールが送られてきた。「先日はありがとうございました。」最初こそ短文のメールでそっけない内容だったが、女性工作員が甘いメールを送り続けることで浮気相手からのメール内容も徐々に変わっていきました。
「彼氏いるの?」「もしよかったら今度食事にでも行かない?」
ここまでくれば、工作は成功したのも同然でした。後は妻と、どうやって手を切らせるかだけが問題でした。女性工作員が浮気相手と千葉市内でデートを重ねていく上で、浮気相手の口から妻への悪口が、次々と出てくるようになったのです。「妻とはただの遊び」「妻とはそろそろ見切りをつけようと考えていた」など次々に口に出してきたのです。ある日、浮気相手と妻が会っているところに女性工作員が偶然を装って鉢合わせをさせることにしました。女性工作員は妻に対して、浮気相手と妻の二人しか知らない秘密の数々をを決め手として暴露したのです。 「あなたのとはただの遊びだって、彼から聞いたわよ」隣にいる浮気相手は何も言えずただただ黙っているだけでした。女性工作員が浮気相手に「どっちの女を取るのか今この場でハッキリ決めて !?」と、迫ったら、躊躇することなく、浮気相手は女性工作員を選んで一件落着しました。

千葉県で本気で別れさせたければ別れさせ屋に依頼しよう

小さなきっかけが積み重なり、別れたいと思う気持ちはだんだん強くなります。
しかし、自分の力だけで上手に別れることが出来ない場合は、別れさせ屋に相談することも考えてはいかがでしょうか。
電話ではもちろん、メールやLINEでの相談も受け付けているところも多いので、一度別れさせ屋に話を聞くことも検討されてみては。
実際に選ぶときには別れさせ屋・別れさせ工作の口コミ評判や料金を比較してみたり、別れさせ工作と合わせて復縁を検討しているなら千葉県の復縁屋・復縁工作の口コミ評判も見ながら自分に合った別れさせ屋を探しましょう。