沖縄県で別れさせ屋が行った工作事例集【別れさせ屋リスト付き】

沖縄県で別れさせ屋が行った工作事例集【別れさせ屋リスト付き】

別れさせ屋に依頼をしてみたいけれども、別れさせ工作がどのように行われるのか知りたい。そこで、おススメの別れさせ屋リストと合わせて沖縄県であった実際の事例について紹介をします。自分と重なるケースがあるのかチェックして見てみて下さいね。

初心者必見!沖縄県でおすすめの別れさせ屋3選

別れさせ屋に依頼をしたいけどどこがいいのか分からない。そんなあなたに向けて、おすすめの別れさせ屋を選んでみました。特徴をしっかり読んで、あなたに合った別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋M&M

別れさせ屋M&M
公式サイト
電話で相談
LINEで相談

別れさせ屋M&Mの特徴

    • 初めてでも安心!実力が試せる「お試しプラン」や予算に合わせた工作のプランニングが得意
    • 弁護士や探偵依頼経験者から評価が高い探偵事務所として表彰
    • 100%の満足がモットー。精鋭スタッフを取り揃えた高い調査・工作品質、無料アフターサポートを実現

別れさせ屋リライアブル

別れさせ屋リライアブル
公式サイト
電話で相談
LINEで相談

別れさせ屋リライアブルの特徴

    • 工作実働回数型の別れさせ屋で、実働回数を保証。他社工作水準以上に工作をしてくれます。また、回数が余っている際には別れさせ後の復縁防止にも使うことも可能です。
    • 成功率重視の工作、顧客満足度を追求し続けた結果、楽天リサーチで「スタッフ対応満足度」「信頼度」「提案力」で1位を獲得。
    • 本契約が怖い場合、仮契約で実力を判断した上で本契約をするか判断することが可能。調査や工作の事前事後の打ち合わせや報告も抜かりがない為、安心して任せることが出来ます。

別れさせ屋フィネス

別れさせ屋フィネス
公式サイト
電話で相談
LINEで相談

別れさせ屋フィネスの特徴

    • 成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。
    • 手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。
    • 実働回数型の別れさせ屋のため、冷却期間が必要な案件であっても工作回数さえあれば延長料金が必要ありません。

沖縄県で別れさせ屋が行った別れ工作

那覇市の妻と別れたい

妻と結婚してから5年が経ちますが、 子宝にも恵まれて幸せに夫婦生活を送っていました。
子供を保育園に預けるようになると、妻はすぐに仕事に復帰し、お互いが忙しくなるにつれてすれ違う日々が続きました。

私は、小さなことが積み重なり妻とは別れたいという気持ちになったのです。
しかし、私が一方的に別れを告げると円満に離婚が成立しない可能性が高いため、別れさせ屋に依頼をすることを決めました。
妻の勤務先は那覇市にある飲食店です。

工作員は妻の仕事終わりに接触を行うため 、勤務先の周辺の調査を開始しました。
18時に勤務先を出た妻は、飲食店の近くにある ドラッグストアに入店しました。
工作員は妻に接触し、「この薬よく効きますよね」と話し始め、短時間ではありますが印象を残すことが出来たのです。

翌日、妻は勤務先を出た後、本屋に入店しました。
妻が本を選んでいると、工作員は偶然を装って2度目の接触を開始。
工作員は妻に対し「よく会いますね」と声をかけ、二人でそのままファミリーレストラン2行きました。
工作員も既婚者のため、話題は夫婦生活の話になりました。

工作員が「旦那さんってどんな人なの?」と話題を振ると、妻は私の愚痴をたくさん言い始めたのです。
不満だけではなく、1年前から好きな男性がいることを工作員に話し始め、最後まで話を聞いてみると妻と男性はすでに付き合っていることがわかりました。
妻の気持ちは私にはなく、世間体を気にして離婚をしなかったことも判明したのです。

工作員は、離婚を決めきれない妻の気持ちに賛同しながらも、相手の男性をすすめることで、妻の「もう一度人生をやり直したい」という言葉を引き出したのです。
二日後、妻は私に対し「離婚がしたい」と言ってきたため 、私はすぐに離婚に応じました。
私の思い描く希望通りの進展に、別れさせ屋に依頼してよかったと感じています。

沖縄市の夫と別れたい

私の夫は自己中心的な人で、妻である私に一言も相談もなく、沖縄市にマイホームを購入しました。
マイホームという大きな買い物を勝手に一人で決めた夫に愛想を尽かし、不満を拭いきれなかったため私は離婚を決めました。

私が何を言っても話し合いをすることを拒むため、プロである別れさせ屋に依頼をすることにしたのです。
工作員は夫の退勤時から尾行開始し 、18時頃に車で勤務先を出たため 、夫の車のすぐ後ろをぴったりついていると、古着屋のチェーン店によって行きました。
工作員は、古着屋チェーン店での接触を チャンスだと感じ、夫が手を伸ばした古着を先に手に取ることで接触を始めたのです。

夫は「 その服人気ありますよね、生地もいいしおすすめです」と話し始め、私に古着を譲ってくれました。
後日、夫の退勤時を狙ってスーパーに立ち寄ったところ、工作員は偶然を装って夫に話しかけると、夫も工作員のことを覚えており、以前購入した古着の話になりました。
夫と工作員は意気投合し、連絡先の交換には難なく成功。

その後工作員と夫は居酒屋に場所を移し、女性の話題にうまく持って行きました。
すると夫は「今、好きな人がいて一緒になりたいが、妻と離婚したい理由を探している」と話始めました。
工作員は「早く離婚した方が幸せになれるでしょう」と離婚を後押ししたことがきっかけで、夫は離婚を決意したのです。

後日、夫から「離婚がしたい」と話があったため、私はすぐに承諾し、沖縄市にあるマイホームを飛び出しました。
夫とは揉めることもなく、上手に離婚が出来たため、別れさせ屋の方には感謝の気持ちでいっぱいです。

沖縄県で別れさせ屋が行った別れさせ工作

沖縄市の浮気相手と別れさせたい

私は彼のスマホを勝手に覗いてしまい、結果彼が浮気をしていることが判明しました。
私がスマホを見なければ、浮気がわからないほど、うまく浮気をしていたと感心しています。
会いたい時に会えて、会う時間も私に合わせてくれ、一緒にいる時はいつも 笑顔で過ごしていました。
そんな彼が浮気をしていた実を私は認めることができず、一人で悩んでいました。

考えれば考えるほど、私に対する彼の態度が薄っぺらく感じ、別れよう考え始めたのです。
しかし、別れたい気持ちがある反面、私は彼の事が好きなので別れる決断をすることができませんでした。
このままでは、私は駄目になってしまうと感じたため、別れさせ屋に依頼をすることを決断しました。

翌日、工作員は 彼を尾行し浮気相手を割り出すことができ、実際彼が浮気相手と会っていたことを工作員から聞いた時は本当にショックを受けたのです。
私は彼が浮気していた事実を知っていたため、冷静に工作員の話を受け止めることができたと思っています。

それ以降は浮気相手に対し工作を始め、見事彼から彼女を引き離すことに成功し別れることに至りました。
彼は私に浮気がバレていることは知らないため、もし喧嘩になった場合浮気をしていた事実を突き付けてあげようと思っています。

先日彼から「そろそろ結婚しようか」という言葉を頂いたため、私はもう一度彼を信用して結婚するつもりです。
来月沖縄市に住んでいる私の親に、挨拶をする予定です。
結婚をする前に浮気の問題について解決できたことは、今でも良かったと思います。
また、離婚問題が発展した場合は別れさせ屋に依頼しようと決めています。

那覇市の彼女と別れさせたい

私は彼氏と5年交際しており、そのうちの2年は那覇市で同棲をしています。
そんな幸せな日々が続いていたある日、彼が急に同棲を解消し那覇市にあるアパートから出て行ったのです。

彼の親友からは「ほかに好きな人ができて、その女性を大切にしたい」と言っていると伝えられたのです。
彼とは今も交友関係が続いているため、連絡をすることも食事に行くこともあります。
彼の新しい新居に遊びに行ったときに、新しい彼女について話を聞いてみました。

彼は、「同棲を解消して出て行ったのは彼女が出来たため」だとあっさり認めたのです。
私には「彼と結婚できる」とずっと思いこんでいたため納得できるはずはなく、彼に対し復縁を迫りました。

彼がどう答えるのか、私には見当がついていましたが「彼女がいるから私とは復縁できない、でも今も大切な女性であることは変わっていない」と素直な気持ちを話してくれたのです。
彼と交際をしている彼女は、まだ那覇市にある大学に通っているため同棲はしていません。

しかし、彼女の卒業を待って結婚をしたいと考えている彼に対し、正直焦りはありました。
私は慌てて別れさせ屋に依頼をし、翌日から尾行をお願いしたのです。
彼は会社の帰宅途中に食材を買い、彼女が住んでいる女子寮に入って行きました。

翌日、彼女は大学で必要な専門書を買いに本屋に寄ったため、工作員が彼女に接触を開始。
彼女が見ていた専門書の知見がある工作員だったため、話は盛り上がり連絡先の交換をスムーズに行うことができました。

工作員は毎日のように彼女とメールを行い、心の距離を徐々に縮めていきます。
連絡を取りようになってから2週間後、工作員と彼女は会う約束を行ったのです。
彼女とは専門書の話や、人気スポットの話、コスメの話で盛り上がりを見せ、より仲良くなった頃に恋愛の話を聞き出すことにしました。

彼女は「彼と付き合い始めのころ、私は2番目の女だったんですよ」と悲しげな顔で話はじめ、親からは卒業したら沖縄市の実家に戻ってくるように言われているようで、どうしたら良いのか悩んでいました。
工作員は彼女に対し「彼も大切だけど、親のほうが大切だと思うよ」と別れを促したのです。
工作員の話を聞いた彼女は、彼に別れを告げました。
私は彼から復縁の話をされていますが、もう少し彼のことをじらしてみたいと考えています。

沖縄県で本気で別れさせたければ別れさせ屋に依頼しよう

小さなきっかけが積み重なり、別れたいと思う気持ちは徐々に強くなります。
しかし、自分の力だけでは別れることが出来ない場合は、別れさせ屋に相談することを考えてみてはいかがでしょうか。
電話ではもちろん、メールやLINEでの相談も受け付けていますので、プロである別れさせ屋に話を聞くだけでも検討されてみては。
実際に依頼をするときには別れさせ屋の口コミ評判や料金沖縄県の復縁屋の復縁工作事例を比較してみながら自分に合った工作や別れさせ屋を選んでも良いでしょう。