40代既婚男性が本気で離婚を考えた時の行動やサインとは?【100人アンケート】

40代既婚男性が本気で離婚を考えた時の行動やサインとは?【100人アンケート】

人生経験を重ねて40代の既婚男性。恋愛をしてもなかなか本気になることは少ないもの。

また、本気になった場合でも、それを読み取るのは難しいことも少なくありません。それでも、付き合っていれば、相手の心情の動きや、行動をつかみたいもの。

それでは、40代既婚男性の本気はどのように見分ければよいのでしょうか。

今回は40代既婚男性を振り向かせるための行動や、振り向かせるためのテクニック、本気を感じる態度やサインなどについてご紹介します。

この記事を読む前に

不倫は「誰かしら不幸になるもの」

しかし、それを分かってはいても叶えたい恋というのはありますよね。
相手の状況によっては離婚させたほうが幸せになる場合だってあります。

そんな方は別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

⇒別れさせ屋の口コミを見る

目次

40代の既婚男性が本気になってしまう理由とは?

既婚の男性が不倫をして本気になってしまうというのは、かなりリスクの高い行為です。

特に40代の既婚男性は大人としての分別や常識もあるもの。

それなのに、なぜ40代の既婚男性が本気になってしまうのでしょうか。

 

妻に愛情を感じられない

男性に限らず、人間にとって愛情は必要不可欠なものです。

既婚男性にとって、妻は愛情を感じる唯一の女性であるはず。しかし実際には、多くの男性が妻との関係で愛情が感じられない、冷え切っているといった悩みを抱えています。

そんなとき、妻以外の誰かからの愛情が欲しい、愛情を与えたいというのは当然の感情。

もし妻に愛情を感じられないという場合や、結婚生活に愛がないという場合、他の女性に対して本気になってしまうのは仕方がないことといえるでしょう。

 

若さを失いたくない

40代の男性といえば、どのようなイメージでしょうか。

ほとんどの女性は、大人で精神的にも経済的にも余裕があると思っているかもしれません。

しかし、多くの40代の男性は、もうすぐ若さがなくなってしまうと焦っているものです。

さらに既婚者となれば、「もう一生誰かに恋をすることはないかもしれない」「このまま年を取っていくかもしれない」という悩みを持っていることも多いもの。

そんなとき、男性の目の前に魅力的な女性が現れると、自分は既婚者なのだからと分かっていながら、ついつい本気の恋愛に走ってしまいます。

 

ストレスを発散したい

40代の既婚男性は、仕事や家庭など多くのストレスを感じています。どれほど自分の好きなことをしていても、忙しすぎればストレスは溜まっていくもの。

また、男性はストレスを家庭で発散するのが苦手です。

そんなときに、奥さん以外の女性との恋愛は仕事や家庭での嫌なことを忘れるのに最適。肉体的にも精神的にも快感を得ることができるだけでなく、不倫をしているというスリルも、ストレスを忘れるために役立ちます。

特に本気の恋愛になれば、すべてを忘れることができるもの。その結果、多くの男性が本気の恋愛にのめりこんでしまいます。

 

男としての自信になる

男性は、いつも自分のことを男性として魅力的だと思いたいものです。しかし、先ほども述べたように、40代になると若さを失い、男性としての魅力もなくなってしまうのではないかという危機感も感じています。

そんなとき、女性にほめられたり、愛されたりするのはうれしいもの。

妻以外の女性に愛されることは、男性の魅力を再び確認して自信を得ることにつながります。

男性は、愛されれば愛されるほど自信を持つもの。そのため、より女性に愛されようとして恋愛に本気になってしまうことがあります。

 

寂しい

女性は子どもができると、子どもの世話が生活の中心になります。また、意識の上でも、女性というよりも母親という面が強くなるため、夫を構うことは少なくなっていくもの。

その状態は、男性にとって非常に寂しいもの。40代の男性でも、「女性に甘えたい」「構って欲しい」という願望を持っている人は少なくありません。

もし妻が子ども中心になり、夫に構わないという場合、既婚男性は他の女性に構ってもらおうとすることもあります。

その場合、本気になればなるほど、相手の女性からも構ってもらえることが多くなり、甘えさせてもくれるため、ついつい本気になってしまいます。

 

40代の既婚男性が本気になる相手女性の条件

40代の既婚男性が相手にするのは大人の女性だけだと思っていませんか?

実は、40代の既婚男性が本気になる女性には年齢ではなく、共通する条件があります。

 

一緒にいて楽しい

一緒にいて楽しいというのは、男女の相性の基本です。

40代既婚男性の場合、一緒にいるときに、特に重要になるのが会話です。会話には、女性の知性や常識、気配りなど様々なものが現れます。

そのため、会話が上手にできる女性は誰でも一緒にいて楽しいものですが、40代既婚男性が求めているのは話し上手より聞き上手な女性。

既婚の男性は、常に自分の話を聞いてくれる人を求めています。自分の話を真剣に、親身になって聞いてくれると思うだけで、既婚男性は本気になってしまうのです。

 

癒される

女性の中には、男性は顔や性格、体型などで女性を選ぶものと考えがち。

実際にそういう男性は多いものですが、実はそれ以上に多くの男性が求めているものがあります。

それが「癒し」。癒される女性ほど、男性に人気があるものはありまえせん。

というのも、男性は仕事や家庭などで多くのプレッシャーにさらされています。職業や役職、仕事の内容などによって違いはありますが、ほとんどの男性が毎日ストレスと戦っているといっても過言ではありません。

既婚の男性は家に帰って奥さんに癒してもらおうと考えますが、しかし奥さんは家事や子育て、自分自身の仕事などで、夫を癒すことができないということも珍しくありません。

そのため、男性は家でも癒されないという状態に。そんなとき、癒しを与えてくれる女性は非常にうれしい存在です。

つまり40代既婚男性にとって、癒しを与えてくれる女性には、ついつい本気になってしまうことがあるのです。

 

妻では満たされないものを満たしてくれる

40代既婚男性が不倫に走るきっかけは、妻に対して不足や不満を抱いたとき。

そのため、既婚男性が本気になるときには、奥さんにないものを求めているということになります。

つまり、既婚男性が本気になるのは、奥さんとは逆のタイプだということ。もし相手を本気にさせたいなら、奥さんのことを聞き出して逆の魅力をアピールすることが重要。

もし可能であれば、男性の周囲の人に話を聞いて奥さんのタイプを知り、それとは逆の女性を目指しましょう。

 

見た目が好みのタイプ

男性は誰でも好みの見た目というものがありますが、そういった女性と出会える機会というものは、それほど多くはないもの。

そのため、見た目が好みのタイプの女性には、すぐに惹きつけられてしまいます。

また、40代の既婚男性の場合、奥さんとはセックスレスになっていることも少なくありませんが、そんな場合、肉体的に魅力のある女性に誘われると断るのは非常に困難です。

40代の大人の男性は、経験を重ねているので見た目には惑わされないと思っている方も多いかもしれませんが、いくつであっても男性にとって女性の見た目は非常に重要なのです。

 

ミステリアスな部分がある

男性は言うことを聞いてくれる女性に好意を持つ反面、自分の思い通りにならない女性に強い魅力を感じます。

もし肉体関係があったとしても、自分の知らない部分があると感じると、さらに興味をかきたてられて、どうしても離れることができなくなってしまうもの。

また、男性の中には、追いかけられるよりも追いかけたいという本能があります。

そのため、追いかけても捕まえられない女性に対しては、ついつい本気になってしまうのです。

 

40代の既婚男性を振り向かせるためにすべき行動

40代の既婚男性に振り向いてもらうのはかなり難しいもの。しかし、ちょっとしたコツをつかむことで、40代の既婚男性にも振り向いてもらいやすくなります。

では、40代の既婚男性を振り向かせるための行動とはどのようなものなのでしょうか。

 

プライベートを追求しない

40代の既婚男性に限らず、男性は全般的にプライベートのことを追及されることを好みません。

しかし、多くの女性はついつい男性にあれこれと質問してしまいがち。

特に既婚男性の場合は、奥さんや家庭のことなどを聞かれると、泥沼にはまってしまうのではないかと警戒してしまうものです。

食べ物の好みや趣味などであれば構いませんが、それ以上に男性の内面に踏み込むような質問をするときには、少し注意したほうがよいでしょう。

 

大人の女になる

40代の既婚男性は、女性に対して肉体的には若さを求める反面、精神的には大人でいてもらいたいと思うもの。

たとえば、「連絡が取れない」「仕事や家庭の用事があって会えない」という場合に不機嫌になってしまうような女性に対しては「面倒くさいな」と感じてしまいます。

さらに、精神的に依存されてしまうと、さらに負担を感じるもの。そうなると、振り向いてもらうどころか、関係を絶たれてしまうこともあります。

40代の既婚男性に振り向いてもらいたいなら、まずは精神的に自立した大人の女性を目指しましょう。

 

人間として信頼してもらう

恋愛に対してガードの固い40代の既婚男性の場合、女性として意識させる前に、人間として信頼してもらうことが重要です。

たとえば、仕事で知り合った相手なら、仕事でよい関係になることが必要。もし仕事でよい関係を築くことができれば、相手の信頼度は一気にアップします。

逆にいきなり女性の部分を見せると、危険を感じて引かれてしまうかもしれません。

 

口の固さをアピール

既婚男性にとって、一番避けたいのは不倫が発覚することです。男性が自分から不倫をしていると人に話をすることはないため、重要なのは女性の口の固さということになります。

しかし、男性の中には、「女性は口が軽い」「なんでも友達に話してしまう」といったイメージを抱いている人も多いものです。

実際に、人のうわさ話や職場のゴシップを話題にしている人も少なくないため、さらにそのイメージは強くなります。

そのため、口の固い女性に対してはそれだけで好感度がアップするもの。

もし振り向いて欲しい男性がいる場合には、その人の前で他人のうわさ話などは避けたほうがよいでしょう。

 

さりげなく好意を示す

既婚男性は恋には非常に憶病なもの。特に40代の男性になると「自分は女性にとって魅力がないかもしれない」と思っていることもあります。

そのため、男性のほうから好意を伝えることはあまりありません。

そんなときに必要なのが、女性の側から好意を示すこと。好意を示されると、それだけで女性を好きになってしまうこともあります。

ただし、やり過ぎるのは禁物。あからさまに好意を伝えると「誰にでもやっているのかもしれない」「もし付き合ったら周囲にばれてしまう」と考えて、相手の心は離れてしまいます。

 

40代の既婚男性を本気にさせる”落とす”テクニック

40代の既婚男性と不倫をするとき、遊ばれて終わってしまうことも珍しくありません。

それは女性にとってはできれば避けたいもの。では、40代の既婚男性を本気にさせるためにはどうすればよいのでしょうか。

相手をじらす

相手に好意を持っていればいるほど、思い切って行動したくなるものです。

しかし、いくら好きだからといっても、その気持ちをストレートに伝えればいいというわけではありません。

また、男性は「相手に好かれている」と思うと、自信を持ってしまい、相手をコントロールできると考えがちなもの。

そのため時には思わせぶりな態度を取ることも必要です。

「今までは時間があれば会えたのに、最近では断れるようになった」「自分は相手に愛されているのだろうか」と考えさせることで、男性を本気にさせることができます。

 

落ち込んでいるときに近づく

どのような人でも、落ち込んでいるときはあるもの。特に男性の場合、表面には出さなくても、仕事や家庭のことで悩むことも多いものです。

そういったとき、優しく思いやってくれる女性が現れると、ついつい心を許してしまいます。

そのため、男性を落としたいなら落ち込んでいるときや弱っているときを見逃さず接近することが重要です。

さらに、一緒にいることでで悩みを忘れさせることができれば、「この人と一緒にいると気持ちが明るくなる」と思わせることができます。

 

過去を意識させる

男性の場合、相手を好きになると過去の恋愛について知りたくなるものです。そのため、元カレの話などを聞き出そうとするかもしれません。

そんなとき、正直に話すよりも、あいまいにしておくのが効果的。

男性にとって、別れた元カレであっても潜在的なライバルだと考えています。そのライバルが自分よりも上の相手かもしれないと思うことで、一層恋心に火がつくことも。

過去の恋愛の話は正直に伝えるよりも、彼の嫉妬心を刺激するように工夫するとよいでしょう。

 

すべてを受け入れるとアピール

男性が求めているのはすべてを受け入れる相手です。

本来なら、奥さんがすべてを受け入れてくれれば一番よいと思っていても、実際にはなかなかそうはいかないもの。

そこですべてを受け入れてくれるかもしれないという女性が現れれば、男性の心はその女性に一気に傾いていきます。

そのため、まずは相手の男性のことをくわしく知り、どんなことでも受け入れてあげるとアピールしましょう。

特に欠点を受け入れるのが重要。欠点を受け入れるのは難しいものですが、それを受け入れてくれる相手には、既婚男性でもついつい本気になってしまいます。

 

既成事実を作る

もし好きな相手が真面目な男性であれば、既成事実を作ってしまうのも効果があります。

真面目な人であればあるほど「やってしまったことには責任を取らなければならない」と考えるもの。

肉体関係を作るだけでなく、食事に行くというのも立派な既成事実。少しずつ、既成事実を積み重ねていくことで、男性の気持ちに入り込むことができます。

 

40代の既婚男性が本気で離婚を考えてくれた時のサインや行動は?体験談を聞いてみた!

ここでは、40代の既婚男性が本気で離婚を考えてくれた時の男性の行動について、体験談を紹介します。

当時、40代既婚男性と不倫関係にあった女性100名にアンケートを取り、その時のリアルな話を紹介しますね。

自分から関係を急に終わらせたら

関係をこちらから急に終わらせた時、もう会えなくなると思ったのか色々条件を出してきました。今まではなあなあにしていたのに、白黒はっきりな感じで話をしてきた。家には居場所が無くそろそろ子供も義務教育が終わるからをリアルに離婚について語ってきました。(30代女性 Hさん)

離婚を急かさず待っていたら…

基本的に元から冷えきった家庭だったため離婚をするとずっと言っていましたがいきなり、「別居するから!」と言い出したときにはかなりビックリしました。それまでは口だけだと思って居たので嬉しい反面戸惑いもあったのは確かです。(30代女性 Aさん)

とにかく居心地の良い空間を作ることに専念したら…

自分自身仕事などしっかり自立することをまず考え、生活の面で甘えることなく結婚に関しても言葉にも出さず、とにかく居心地の良い空間を作ることに専念し、たまに態度に出して…を繰り返しました。すると、離婚では慰謝料が発生するであろうことから、彼が自由に使えるお金の範囲内で資産運用を始め離婚の準備を始めてくれた。離婚の話を進めだす時期や、その後の結婚までいつまで待てばよいのか、うまくいくことを信じての時期(期間)をはっきりさせてくれた(30代女性 Mさん)

若さを生かして夜の営みでは全力で彼をメロメロにさせた

いつも相手からくる連絡が会社に勤めていたり、奥様と一緒にいなかったりする日や時間帯に多くやりとりをしていたが、いろいろ考えてくれるようになってから頻度や時間帯が変わった。また、会う頻度や時間帯、私の家に泊まりに来る日数も増えた。関係性について私からいつも質問するときは、曖昧に応じていてはっきりしに感じだった。しかし、本気で考えてくれたときは、彼が考えていることとしようとしていることをはっきりと私に伝えてくれた。独りよがりな考えだけでなく、私にも問いかけてくれた。(20代女性 Wさん)

常に居心地のよい相手になるように務めたら

自分と一緒にアパートを借りて一緒に住み始めてくれました。奥さんには養育費と家のローン以外の金銭的な援助は一切せず、家庭内別居を貫いてくれました。離婚届も書いてある状態で後は弁護士を通しての話し合いだけという状況を作ってくれました。(20代女性 Nさん)

「私と家族、どっちが大切なの?」と言って私を優先させていたら

当時、既婚男性は妻との間に幼稚園児と小学生低学年の2人の子持ちで妻も仕事を持っていた。男性の仕事が休みで妻が仕事だった日の日中、2人の子供を連れて私と4人でピクニックに行った。なぜそのような行動をしたのか尋ねると、「いずれ君がこの子たちのお母さんになるかもしれないから、今の内から少しずつ距離を縮めていきたんだ。」と言われた時にこの男性は本気で離婚を考えているのだと感じた。(40代女性 Mさん)

あまりうるさく自分のしたいことなどを押し付けたりしないようにしたら

夏休みやゴールデンウィークなどの長期の休みに一緒に過ごしてくれるようになりました。それまでは家族が優先だったのに、ある時から私を優先してくれるようになり一緒に旅行に行ったり、一緒に私の家で過ごすようになりました。一番嬉しかったのは、お正月を一緒に過ごせたことです。
また、月々の生活費なども私に渡すようになってきました。もうその時には私の方に気持ちがあると感じました。(20代女性 Nさん

言葉には出さず、彼が落ち着ける空間作りを工夫したら…

自分が一番大事にしている高価な物を私の家に置いておくようになりました。彼からは命の次に大事なものだと前々から聞いていました。その品物を持ってきてずっと置いておくということは、本気なんだとその時確信しました。(30代女性 Kさん)

 

40代既婚男性が本気になった時に送るラインの特徴は?

40代既婚男性が本気になったときは、行動や態度に現れるもの。なかでも特徴的なのがラインです。

40代男性が本気になると、ラインの回数が増えて、返信もマメになります。

また、愛情を伝える言葉や、今何をしているのか尋ねるようなラインを送ってくることも。

その他にも、具体的な将来の話をしたり、相手を気遣うようなラインも多くなります。

 

まとめ

精神的にも大人である40代の既婚男性はなかなか本音を口にしないもの。そのため、相手が本気なのかどうか不安になることがあります。

しかし、男性は女性に比べて本心を隠すのが苦手。そのため、本気になったときには、すぐに行動や態度に現れます。

もしなかなか本気になってくれない既婚男性を好きになった場合でも、ちょっとしたテクニックを使うことで、相手を本気にさせることが可能。

どうしても落としたい男性がいる!という方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。