ストーカー扱い・ストーカー警告からの復縁!復縁の究極手段も紹介します。

ストーカー扱い・ストーカー警告からの復縁!復縁の究極手段も紹介します。

「元彼・元カノと復縁がしたい!」この記事を読んでいるあなたは、その思いで苦しんでいるのではないでしょうか。

相手への復縁の気持ちが強すぎるあまり、相手に付きまとってしまい、ストーカーのような扱いを受けるケースがあります。

しかし、実際にストーカー警告を受けると、法律により罰金が課せられる場合も。

今回の記事では、そんなストーカー警告を受けないよう、安全に復縁できる究極の手段について紹介します。

 

ストーカー警告とは

ストーカー警告を受けてしまうというのは、ストーカー規制法に該当してしまうことを指します。

相手に付きまとう行為に該当してしまうことにより、ストーカー警告を受けてしまう。

このようなケースは実は多くあるのです。例えば以下のようなケースです。

  • 待ち伏せて、通路を塞ぐ
  • 家や職場の近くで見張りをしている
  • 家や職場に押しかけてしまう
  • 監視されていると感じさせる
  • 自分自身と無理やり会うように仕向ける
  • 乱暴行為やDV行為に働く
  • 無言電話やSNSで執拗に追いかける
  • 本人への名誉棄損
  • 汚物などを本人宅などへ送る嫌がらせ
  • 性的な写真や映像を送る

 

上記に該当をする行為をした者に対してストーカー規制法が成立をします。

さらにストーカー禁止をされたのにも関わらずストーカー行為に該当した行為をしてしまうと50万円以下のの罰金が課せられてしまいます。

そのため、一番いいのは復縁したい相手にストーカーとして認識をさせない、認識をしてしまう前に一旦ブレーキをかけることが大切です。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが、客観的に考えて上記のような行為を行いそうであれば、立ち止まって考えてみましょう。

本当に相手のことを考えるならば、上記のような行為は逆効果となります。

 

ストーカー警告・ストーカー扱いの状態から復縁する方法

ストーカーのような行為をしてしまうのは、どうしてもその相手と復縁がしたいからというもの。

そこで、ストーカーとして認識されてしまった状態からの復縁を叶えさせる方法を紹介します。

 

ストーカーを辞めて期間を置く

ストーカーとして認識をされてしまう、嫌悪感を抱かれている状態だと相手の立場からすると何をしても全て逆効果になります

そこで、いったん期間を置くことが大切で、相手の感情が落ち着くのを待ちましょう。

不安な気持ちもわかりますが、逆効果なストーカー行為を繰り返し、取り返しのつかない結果になるよりかは良いですよね。

完全に嫌われてしまう前に実行をして、作戦を考える時間として時間を稼ぐことをお勧めします。

元彼と復縁したい!連絡はしてもいいの?可能性は?復縁成功例を紹介!

 

元カノ・元カレが魅力に感じる人として磨きをかける

ストーカーとして認定されてしまうと、あなたにどれだけいいところがあったとしても全て裏目に出てしまいます

そこで、復縁したい相手と距離を置いておきつつ、あなた自身の魅力に磨きをかけましょう。

磨きがかかることで、精神が安定するだけでなく、友人伝い、SNS伝いで復縁したい相手に伝わる可能性があります。

また、復縁したい相手が直してほしい思っているあなたの特徴を改善するような自分磨きを行いましょう。

時間が経過し、「変わった」と感じさせることができれば、もう一度付き合う可能性も見いだせることができるのです。

 

タイミングを見極めること

復縁を求めるタイミングを見極めるのは大切なことです。

おそらく相手に「ストーカー」と認定をされている状況になってしまったら、あなた自身が何をしても復縁は難しいです。

ただし、この状況が永遠に続く訳ではありません。相手もあなたと連絡を取りたいタイミングが必ずあるはずです。

そのタイミングを知りたいのであれば、占い師に聞くというのが実は効果的な場合もあります。

実は占いによって復縁を成就できたケースは実は多いんですよ。また他の新しい発見もできる可能性もあります。

電話占いを受けるならヴェルニで無料相談してみよう

 

ストーカー警告・ストーカー扱いからの復縁最終手段「復縁屋」

何をやっても裏目に出てしまうストーカー状態。

あなたが接触をしても効果がない状況であれば、あなたの代わりに復縁したい相手に働きかけてもらう必要があります。

そういった働きかけをしてくれたり、復縁したい相手に別の異性が近づいていれば遠ざけてくれる「復縁屋」という存在があります。

調査から始めてくれるので、現実を踏まえてどういった復縁工作をするべきかを提案してもらうことが出来ます。

復縁屋を使う時には復縁屋の口コミ評判を見ながら慎重に検討してみましょう。

 

ストーカー警告・ストーカー扱いから復縁屋を使って復縁した事例

元カレと復縁がしたくて、半年くらい悩んでいました。

最初はどうしても別れたくなくてストーカー扱いされてしまうようなことを何度もやってしまい、ストーカー警告を受けてしまいました。

 

本当に私が悪いのですが、色んな異性に会ってきた中で考えてもどうしても結婚まで考えられるのが彼しかいなかったのです。

しかし、連絡手段は全て着信拒否をされていたり、SNSは全てブロックされている状態でストーカーをするぐらいしか彼とやり直す手段が思い浮かばない状態でした。

 

そこで、復縁屋という存在を知り、半信半疑、でも本気で復縁が出来たらそれ以上のことはないと考えて思い切って相談をしてみることに。

意外にも私のようなケースが多いということで、復縁工作についてじっくり話を聞きながら、手元には元カレの情報はあるし、お試しでできるならやってみてもいいかなと思い、復縁工作を依頼してみました。

 

それから元カレの職場から尾行調査を行ってもらい、まず別の女性がいないかどうかをチェックしてもらいました。

幸運なことに会社の同僚には女性がいたものの、元カレに言い寄っている状況ではなかったので、まずは元カレに男性工作員を近づけさせて心境等の情報収集をすることに

 

元カレはサッカーが大好きだったので、サッカー居酒屋に行くタイミングで男性工作員を派遣してもらい、お酒の力を利用したサッカー話から懐に入ってもらうことに。

するとすぐに話せるようになり、ワールドカップがあったのでそのままワールドカップの日程に合わせて元カレと会ってもらうことに。

それから1対1で居酒屋に行くようになりお互いの仕事から恋愛事情について話すようになり、やっと私についての情報を探れるようになりました。

 

元カレは最初は私のストーカー行為がムカついたけども、今なにもされなくなった状態を振り返ると自分自身も悪いことをしていたのかもしれない、と少し冷静になっていました。

そこで、工作員から心理誘導をしてもらい、自分から連絡が取りづらいということを言わせた後に、日付をおいて私から連絡をするようにと指示をくれました。

それから、LINEの文章を復縁屋に見てもらいながら彼に送ると半日後に返信がありました。

 

それからLINEを見てもらいながら返信をしつつ、裏では男性工作員が元カレに対して心理誘導を引き続き行ってもらい、なんと食事の約束を取り付けることが出来ました。

もちろん相手も多少は警戒をしているとは思うので、落ち着いた居酒屋に入り、復縁したい気持ちを抑えながら近況報告や仕事が楽しい等、ストーカーするような女じゃないよということを暗に伝えながらなんとか元カレとコミュニケーションを取ることが出来ました。

 

それから、2ヶ月くらい経ち、デートを重ねるようになると、元カレから行ってみたいところがあると、とある場所に連れて行ってもらいました。

そこは私たちが初めて会ったところで、もう一度やり直したいと言ってくれました。実は裏で工作員がかなり動いてくれて、元カレの中の結婚したい相手像を私に少しずつすり替えさせていき、別れてしまったことを後悔させるように仕向けてもらっていました。

まさか元カレ、彼から復縁を申し出てくれるとは思いませんでしたが、復縁屋が動いてくれなかったら今の私たちはなかったと思います。

あまり人には言えませんが、本当にどうしようもないときには復縁屋に頼ってみてもいいと思います。

 

ストーカー警告・ストーカー扱い状態からの復縁方法まとめ

ストーカー警告・ストーカー扱いをされてしまうとどうしても復縁しづらいというのがあります。

復縁の最終手段を使う時には復縁屋・復縁工作の口コミ評判復縁屋・復縁工作の値段料金相場を見ながら、あなたに合った復縁方法を検討してみることをおすすめします。