別れさせ屋

片思いを諦める?職場の好きな人を別れさせる方法5選

職場の同僚に片思いをするケースは珍しくありません。職場が同じであれば、毎日のように顔を合わせますし、相手が魅力的であれば、日に日に心惹かれていくこともあるでしょう。

しかし職場の好きな人が別の異性と付き合っている場合、恋のハードルは一気に高くなります。下手にアプローチをかけて、好きな人との関係が崩れるのも好ましくないでしょう。職場の好きな人を別れさせたい時にできる方法をご紹介します。

職場の好きな人を別れさせたい場合の心構え

職場の好きな人を別れさせたいと思う時は、まず頭に入れておいてほしいことがあります。大切な心構えとして、しっかり覚えておきましょう。

①時間をかけて取り組む覚悟をする

職場の好きな人を別れさせるというのは、簡単なことではありません。職場の好きな人とその相手の2人の気持ちを動かさなくてはいけないのです。そのため、短期間で別れさせるというのは不可能だと思っておきましょう。

もちろん、相手にアプローチをかけて、浮気の関係に持っていくなど強制的に別れさせることはできるでしょう。しかしそんなことをすれば、あなたの立場は完全に悪くなります。

職場の好きな人の恋人からは非難されるでしょうし、他の社員からも白い目で見られるかもしれません。

社内での関係を崩さず、別れさせるためには、じっくりと時間をかけて、計画を進めていく必要があるのです。

②しっかり情報収集をする

どんな方法で別れさせるにしろ、情報収集は徹底する必要があります。職場の好きな人は恋人のどんなところが好きなのか、またどれくらいの頻度で、どういったデートをしているのかなど、念入りに情報を集めましょう。

現在は同棲生活を送っているのか、それとも別々に暮らしているのかといった情報も大切です。こういった情報がないと、適切な計画を立てることができません。しかしあまりに露骨に質問攻めすると怪しまれます。

「もしかしたら自分もしくは自分の恋人に興味があるのでは?」と警戒されてしまっては元も子もありません。

自然な会話の中で、少しずつ相手の情報を聞き出していきましょう。

③「別れて欲しい」とストレートに伝えない

好きな人が他の人と付き合っているのを見るのは辛いですよね。「早く別れさせたい」と思ってしまうのは、当然の心理と言えます。しかしだからといって「早く別れて欲しい」とストレートに伝えるのはNGです。

好きな人のことを悪く言われたり、「別れた方がいいよ」なんてストレートに言われて、良い気持ちのする人はいません。「じゃあ別れよう」なんて、すんなり別れてくれることはまずないでしょう。

それどころか、あなたの方が鬱陶しがられて距離を置かれてしまうことも。

直接「別れて欲しい」と伝えるのではなく、巧みに相手を心理誘導して、自分から「別れたい」と思わせることが必要なのです。

片思いを諦める?職場の好きな人を別れさせる方法5選

「職場の好きな人を別れさせたい」と思っていても、おそらくあなたのゴールはそこではないはずです。職場の好きな人とその恋人に別れてもらって、自分が付き合うのがゴールではないでしょうか?そのための方法をご紹介していきます。

①自分に目を向かせる

まずはあなたに目を向かせることが大切です。残念ながら、今の状態ではあなたは同僚の一人としか思ってもらえていないでしょう。その状態から、相手にとって「特別な人」になる必要があるのです。

一番分かりやすいのは外見を変えることです。職場の好きな人の好みに合うようなメイクやファッションをしてみましょう。相手の好みが分からない場合は、清潔感のある見た目を心がけてください。

また基本的なことですが、毎日笑顔で挨拶するのを忘れないようにしてください。「おはよう」「お疲れ様」だけでなく「今日も頑張ってるね」「いつも助かる」などと褒め言葉をプラスするとより効果的です。

「いつも見ている」ということを相手に意識させましょう。それによって相手に好印象を持ってもらえるはずです。

②意外なチャンスを逃さない

職場の同僚とはいえ、アプローチできるのは会社内だけではありません。飲み会や食事会などの場は、距離を縮める絶好のチャンス!特に職場の好きな人の恋人が同じ職場ではない場合、気兼ねなくアプローチできます。

しかしやり過ぎは禁物。「鬱陶しい」と思われないよう、適度な距離感を心がけましょう。ベタベタとボディタッチをしたり、酔い過ぎて相手に迷惑をかけるのは絶対に避けてください。

また残業や休日出勤も、職場恋愛の意外なチャンスです。周りにいる人も少なく、いつものピリッと張り詰めた空気も少しだけ緩くなるでしょう。

仕事の合間に一緒に買い出しに行ったり、自然と会話も増えるかもしれません。仕事が終われば、「ついでに食事でもしていっちゃう?」なんて誘いやすいのもポイントです。

③仕事のサポートをする

同僚であれば、仕事のサポートをすることも距離を縮めるチャンスとなります。仕事とはいえ、合間に雑談をすることもあるでしょう。あなたの仕事ぶりを見て、相手があなたに興味を持つきっかけになることもあります。

ただしあくまでも「仕事中」であることを忘れないようにしましょう。忙しい時に雑談をすれば、マイナスの印象を与えかねません。

また同じことを何度も聞きに行ったり、簡単な仕事なのにサポートを頼めば「仕事できない人」として認定されてしまう可能性もあります。

そうなると、恋愛関係に発展するどころか、マイナスな印象を持たれてしまいます。彼だけでなく、職場内でのあなたの評価が下がってしまうかもしれませんので、十分に注意しましょう。

④相談相手になる

別れさせるためには、タイミングがとても重要です。どんなに仲の良いカップルでも、喧嘩をすることもあるでしょう。そのタイミングは別れの方向に誘導するチャンスともなります。

そのタイミングを見失わないよう、あなたが相談相手になっておくのです。異性としてアプローチすると警戒されてしまうかもしれませんが、同僚として近づけば相手も心を許してくれるでしょう。

喧嘩をして、相手の愚痴をあなたにこぼしてくれれば、さりげなく別れの方向に誘導することができるかもしれません。また相談相手になることで、相手の情報収集もしやすくなります。

まずは下心を隠して、同僚として仲良くなるように努めましょう。恋人の話を聞くのは辛いかもしれませんが、そこはグッと我慢してください。

⑤別れさせ屋を利用する

職場の好きな人を別れさせるには、かなりの根気と綿密な計画が必要になります。もし失敗すれば、恋愛対象になるどころか、あなたと職場の好きな人の関係も悪くなってしまうでしょう。

さらには職場内でも、恋人のいる好きな人にアプローチをしたとして、白い目で見られる可能性もあります。そういったリスクを避けたいのであれば、別れさせ屋を利用するのがおすすめです。

別れさせ屋とは、名前の通りターゲットと恋人を別れるための工作を行ってくれる業者のことです。依頼内容や相手の状況に合わせて、自然なシナリオを作成してくれます。

ちなみに、別れさせ屋はM&Mがオススメですよ

M&Mへの無料相談はこちら

■受付時間:LINE 24時間/お電話 10:00~24:00

 

 

 

また、別れさせるだけでなく、気持ちをあなたに向けさせてくれることも。別れさせ屋を利用して、同僚を別れさせた工作事例を下記に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

別れさせ屋を使って職場の同僚を別れさせた体験談

ではさっそくですが、別れさせ屋を使って同僚を別れさせた体験談をご紹介していきます。

依頼主は30代女性のA子さん。同僚のBさんのことを好きになったのですが、残念ながらBさんには恋人の女性と同棲状態でした。

Bさんを諦めきれなかったA子さんは別れさせ屋に相談します。A子さんはBさんについての情報はあったものの、相手の恋人についての情報はほとんどありませんでした。

別れさせ屋ではまず情報収集を行います。するとBさんの恋人には、他に男性の影があることが分かりました。恋人は二股をしていたのです。

別れさせ屋は女性工作員を恋人に接触させ、二股をしていることを聞き出します。次にBさんの趣味だったゴルフの練習場で、Bさんに男性の工作員を接触させました。

Bさんと工作員は親しくなり、Bさんの恋人という設定で先ほどの女性工作員を引き合わせます。何度か会って親しくなる中で、恋人が二股をしていることをさりげなく伝え、Bさんと恋人を破綻させました。

一方、A子さんにもBさんの気を引くための会話術やテクニックを伝えていきます。職場の同僚ということで、仕事でもうまくいくようにアドバイスを与えます。

声をかけるタイミングや、デートに誘うタイミングについても、細かく指示をもらい、A子さんはBさんと付き合うことに成功しました。

そして何よりもA子さんは仕事も軌道に乗り、気持ちが前向きになれたそうです。今では結婚を前提に同棲をしており、幸せな毎日を送っておられます。

 

▼別れさせ屋の事例をもっと詳しく▼

別れさせ屋の体験談をご紹介!これがプロの別れさせ屋だ!この記事を読んでいるあなたは、少なからず別れさせ屋について知りたいと思っているでしょう。 別れさせ屋とは、恋愛関係にある男女を円満...

職場の好きな人を別れさせる場合の注意点

同僚を別れさせ、自分と付き合うことで考えられるリスクも頭に入れておきましょう。同じ職場ということもあり、社外の恋愛に比べ、リスクも高いのです。

比較される可能性が高い

もしあなたが同僚を別れさせてから付き合う場合、元恋人と比較される可能性が高いことを覚えておきましょう。

別れた直後ですから、余計に比較される確率は高いのです。「あの人はこんな時もっと優しくしてくれたはず」「あの人だったらこんなことはしないのに」なんて思われてしまうと、別れへの後悔が生まれることも。

そうなると、相手が元恋人と復縁する可能性も上がってしまいます。そうならないよう、付き合った後も気を緩めず、自分磨きを続けましょう。

「あの人と別れてよかった」「あなたと付き合えて幸せ」だと思ってもらえるように、常に努力することが必要なのです。

立場が悪くなることがある

もう一つは、あなたが略奪愛をしようとしていると知られれば、あなたの立場が悪くなる可能性があるということです。

特に同僚の場合、周りを気にせず猛烈にアタックすれば他の社員にもバレバレです。結果がうまくいったとしても、略奪愛はあまり良い印象を与えません。

また好きな人の恋人が同じ職場だった場合は、あなた一人が悪者になってしまうでしょう。別れさせたいという気持ちや、別れさせるための計画は、周りに知られないようにしましょう。

強引すぎるアタックは、相手にとっても迷惑になることがあります。たとえ別れさせられたとしても、あなたに目が向くことはまずありませんので注意してください。

別れた後は気まずくなることも

職場の好きな人と恋人を別れさせて、無事に付き合えたとしましょう。職場の同僚なら顔を合わせる機会も多いですし、付き合っている間は楽しく幸せな日々でしょう。

しかしどんなラブラブなカップルでも、別れる可能性はあります。同僚の場合、別れた後でも顔を合わせなければいけません。付き合っている時はそれが幸せだったでしょうが、別れた後は顔を合わせる機会が多いがゆえに、辛い日々に変わることも。

相手の新しい恋人について聞くこともあるかもしれません。社外の人であれば、連絡先を消去し、SNSをブロックすれば簡単に縁が切れるでしょうが、職場の同僚となるとそうもいきません。別れた後のリスクについても、頭に入れておきましょう。

別れた後だけではありません。自力でアプローチして、上手くいかないことも考えられます。その場合、同僚とは気まずい関係になってしまうでしょう。

今までのように、友達関係でもいられなくなるかもしれません。職場の好きな人にアプローチをする際には、失敗しないようにタイミングを見極めて、適切なアプローチをする必要があります。別れさせ屋ならそのタイミングもアドバイスしてくれるので安心です。

まとめ

今回は職場の好きな人と恋人を別れさせたい場合の方法や注意点をご紹介してきましたが、いかがでしたか?人と人との関係を終わらせるためには、あなた自身の努力も必要不可欠です。

職場の同僚の場合は特に、顔を合わせる機会も多いですから、常に自分を成長させることを意識しておくようにしましょう。外見だけでなく、仕事のスキルも同時に上げていきましょう。

自力で行うのには限界があります。同じ職場で気まずくなったり、失敗した時のリスクを避けたいのであれば、プロに依頼するのもひとつの方法です。賢く別れさせて、幸せな未来を手に入れましょう。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談