既婚者男性が恋に落ちる瞬間ってどんな時?家庭のある既婚者男性が他の女性に恋する理由

既婚者男性が恋に落ちる瞬間ってどんな時?家庭のある既婚者男性が他の女性に恋する理由

気になる既婚男性がいる場合、どうすれば恋に落ちてくれるのだろうと悩んでしまうこともあるかもしれません。

既婚男性は独身者に比べると、恋に落ちることを警戒しているもの。

では、どうすれば既婚男性は恋に落ちてくれるのでしょうか。

今回は既婚男性が妻以外の女性に恋に落ちる瞬間や、相手を惚れさせるときの注意点、既婚者男性を本気にさせる方法などをご紹介します。

この記事を読む前に

不倫は「誰かしら不幸になるもの」

しかし、それを分かってはいても叶えたい恋というのはありますよね。
相手の状況によっては離婚させたほうが幸せになる場合だってあります。

そんな方は別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

⇒別れさせ屋の口コミを見る

家庭のある既婚者男性が他の女性に恋する理由

そもそも、既婚男性は奥さん以外の女性と深く関わってはいけないものです。

それなのに、他の女性に恋してしまう既婚者男性は意外に多いもの。

では、なぜ家庭のある既婚者男性も、他の女性に恋してしまうのでしょうか。

 

家庭が上手くいっていないから

結婚しているからといって、すべての人たちの家庭生活が上手くいっているとは限りません。

それどころか、仕事や子育て、嫁姑問題などのもめごとも多く、家庭の多くは上手くいっていないもの。

また、奥さんが仕事や家事などに集中していて、自分を構ってくれないと不満を持っている既婚者男性も少なくありません。

そんなとき、既婚者男性は日頃の生活への不満から、ついつい他の女性に目が向いてしまいます。

さらに、奥さんとの関係が悪くなっていく場合、他の女性が魅力的に感じることも多くなり、結果として妻以外の女性に恋愛感情を抱いてしまいます。

 

癒される相手が欲しい

男性は女性に対して「癒し」を求めているものです。しかし、結婚してしまうと、奥さんが癒してくれるということも少なくなります。

というのも、結婚して「恋人」から「妻」や「母」になれば、やらなければならないものも増えるもの。

さらに、相手と一緒にいることに慣れてしまうと、どうしても相手への気持ちがおろそかになってしまいます。

既婚者男性にとって、それは大きな不満の原因。

特にこれまで癒してくれていた奥さんが変わってしまった、奥さんからの要求が多いというときには、どうしても奥さん以外の女性に癒しを求めてしまうものです。

そのため、自分に優しくしてくれる女性や癒しを感じる女性に対して、恋心を感じてしまいます。

 

非日常を求めている

結婚していると、恋愛をしていたときのドキドキや興奮といった非日常感は少なくなるもの。

さらに子どもが出来てしまうと、非日常の喜びよりも、安定した環境が重要になります。

もちろん、安定した環境や夫婦関係は必要なものですが、だからといって、男性はすぐには割り切れるとは限りません。

既婚者男性でも、いつまでも恋愛をしているときのような非日常感が欲しいと思う人も珍しくありません。

既婚者男性の場合、奥さんに対して恋愛感情を持ち続けようとすることもありますが、奥さんがそれにこたえてくれることはあまりないもの。

そうなると、既婚男性は奥さん以外の女性に対して恋愛感情を持つことで、恋愛の非日常感を楽しもうとすることがあります。

 

既婚男性が他の女性に恋する瞬間

既婚者男性でも他の女性に恋愛感情を持つことはあります。しかし、既婚者男性の恋愛は不倫になってしまうため、恋愛感情を持つことを警戒している人も多いもの。

しかし、実際には既婚男性も恋に落ちてしまうことがあります。

では、既婚者男性はどのような瞬間に恋に落ちるのでしょうか。

 

相手に新鮮な魅力を感じたとき

既婚者男性の中には、恋愛をしないように注意している人も少なくありません。

しかし、だからといって恋愛をしたい気持ちがなくなったわけではありません。

また、家庭に入った女性はついつい外見を磨くことに手を抜きがち。家ではノーメイクで、ファッションにもあまり気を使わなくなります。

そんなとき、奥さん以外の女性がきれいにしている姿を見たり、頑張っている姿に新鮮な魅力を感じると、ついつい心が動いてしまうもの。

特にこれまで女性として意識していなかった身近な相手の、今まで感じなかった魅力を知ったときには、既婚者男性でも恋に落ちてしまいます。

 

ドキドキを感じたとき

どのような男性でも、魅力のある女性と一緒にいるとドキドキしてしまうものです。

といっても、ちょっとしたドキドキを感じることは珍しくないもの。そのため、ドキドキしたというだけでは、恋愛にはなりません。

しかし、このドキドキした感情を何度も感じるようになると、相手に好意以上の恋愛感情を抱いてしまうことになります。

つまり相手を女性として意識している状態。一度相手を意識すると、一緒にいるだけでドキドキしてしまい、さらに相手を意識してしまうため、相手への気持ちが恋愛感情になりやすくなります。

 

守ってあげたいと思う

男性の中には、「女性を守ってあげたい」という本能があります。

しかし、女性は結婚すると強くなるもの。さらに子どもができれば、母としてもっと強くなっていきます。

そんな妻の姿に、既婚者男性は安心しつつも物足りなさを感じていることがあります。「昔は可憐でかわいかったのに」と、奥さんの現在の姿を見て、嘆いている既婚男性は多いもの。

そんなとき、守ってあげたいと感じる女性が現れると、ついつい心が動いてしまいます。

特に職場などで、「助けてあげたい」という女性に出会うと恋愛に発展しやすい傾向にあります。

さらに、女性を守ってあげることができれば、男性が自信を身につけることに繋がるもの。

既婚者の男性は自分に男性としての自信を失いがちなことも多いため、「守ってあげたい」と感じる女性に対しては、さらに大きな恋愛感情を抱いてしまいます。

 

オンとオフのギャップを感じる

既婚者男性に限らず、男性はギャップに弱いものです。

たとえば、いつもクールな女性がちょっと笑顔になっただけで、「かわいい」と感じてしまうことがあります。

逆に、いつも明るい女性が寂しそうにしたり、笑顔の多い女性が真剣な顔になったりすると言った場合にも、同じように魅力を感じて、恋に落ちてしまうことがあります。

これは性格以外にも言えることで、普段は落ち着いたファッションをしている女性がカジュアルなファッションを身につけていたりと言った場合にも、ギャップを感じて恋愛感情を持つことも少なくありません。

 

信頼できると感じる

既婚者男性は恋愛をしないように気を付けているもの。しかし、相手を信頼できると思った場合には、そのガードが一気に下がることがあります。

というのも、既婚者男性は独身の男性とは異なり、最初は恋愛モードを封印しているもの。恋愛になれば不倫になってしまうため、女性に対してできるだけ距離を取ろうとしているものです。

そんな相手に対して、女性としての魅力をアピールしても、相手は心を閉ざしてしまっているため、なかなか心を動かすことはできません。

しかし、仕事などで信頼できると感じた相手には一気に心を許してしまいがち。というのも、既婚者男性であっても女性と仲良くなりたいという気持ちはあるもの。

そんなとき「相手を信頼している」という気持ちがあれば何があっても大丈夫だと考えて、さらに親しくなりたいという気持ちが強くなります。

また、一度信頼した相手に対しては、良い部分が見えやすくなることもあるため、相思相愛の恋愛に発展しがちだということができます。

 

相手に女性を感じる

既婚男性はもちろん、多くの男性にとって魅力的なのは色気を感じる相手です。

特に、女性らしい仕草や女性らしいボディ五ラインなどに対しては、どんな男性でもついつい気になってしまうもの。

たとえば、相手にボディタッチするのも女性ならではの行動ですが、そういった場合、男性は相手の女性を強く意識しています。

その他にも、胸を強調したり、髪をかきあげたりといった仕草でも、男性のハートをつかむことにつながります。

 

嫉妬を感じる

既婚者男性にとって、奥さん以外の女性との恋愛は不倫になってしまうもの。

そのため、既婚者男性の中には、気になる女性に出会って好意を持っても、それを自分で打ち消してしまうことがあります。

しかし、そんな既婚者男性でも、気になる女性に男性の影が見えたり、自分以外の男性と楽しそうに話しているのを見たときには、どうしても嫉妬を感じてしまうものです。

その嫉妬を自覚したとたん、相手に対する恋に気づくことがあります。

 

既婚者男性が恋に落ちる時の態度とは

女性の場合、恋に落ちると表情などで分かってしまうことも多いものですが、男性は恋に落ちてもそれを隠そうとしがちな傾向にあります。

それが既婚者男性となればなおさらですが、実際には既婚者男性の態度に注目すると、恋に落ちているのかどうかを見分けることができます。

では、既婚者男性が恋に落ちるときの態度とはどのようなものなのでしょうか。

 

相手との接点を探す

誰かを好きになったときには、その人の近くに行きたいというのは自然な感情です。それは既婚者男性であっても変わりません。

特に既婚者男性は、女性を好きになったときには「自分は結婚しているのだから恋愛をしてはいけない」と恋愛感情を抑え込んでしまいがちなもの。

しかし、恋愛をしてはいけないからといって、恋愛感情を我慢するのは簡単なことではありません。

そこで既婚者男性は、「話をするぐらいならいいだろう」「近くにいるだけなら構わないだろう」などと自分に言い訳をして、できるだけ相手との接点を探そうとします。

たとえば、聞かなくても分かることをわざわざ相手に尋ねたり、自分でもできることを相手の手を借りたいすると言った場合には、恋愛感情を持っていると考えたほうがよいでしょう。

 

相手に近づく

男性でも女性でも、好きな人には良い部分を見てもらいたいもの。

特に男性の場合、力仕事をはじめ、男性でしかできないことを手伝うと、相手に対してアピールすることができると考えています。

また、恋愛感情を隠そうとする場合でも、好きな相手が困っていればすぐに助けてあげたいというのは非常に自然な感情。

そのため、相手が困っているときや、手伝ってほしいときなど、すぐに手助けができるようにできるだけ好きな相手に近づこうとします。

もし、自分が困っているとき、すぐに男性が手伝いに現れるという場合には、その相手はあなたに恋愛感情を抱いているのかもしれません。

 

うわさに敏感になる

誰でも好きな人のことはできるだけ知っておきたくなるものです。

もし独身の男性であれば、相手にアプローチすることで直接相手のことを知ることができますが、既婚男性の場合、自分で距離を縮めるのは不倫になってしまうためできれば避けたいと考えています。

また、好きな相手に対する周囲の評判も気になるのは当然のこと。

その結果、既婚男性が恋に落ちると、その相手に対するうわさに敏感になります。

特に既婚男性は、「自分は既婚者なのだから恋愛をしてはいけないもの」と考えてしまいがちですが、それでも相手のことをあきらめられない場合には、相手に対するうわさ話などから、心の中だけでも距離を縮めようとします。

 

既婚者男性を惚れさせる時の注意点

気になっている既婚者男性に好きになってもらうというのは、一見理想的に思えるものです。

しかし、既婚者男性の場合、相手に惚れさせるときには注意したいポイントもあります。

 

不倫の覚悟をする

既婚者男性と恋愛をするというのは、つまり不倫をするということです。それがどれだけ純粋な気持ちであっても、周囲から見れば許されないことに変わりはありません。

そのため、既婚者男性と恋愛をする場合、周囲が敵になってしまうという覚悟をすることが必要です。

また、不倫が発覚すると、奥さんから多額の慰謝料を請求されるということも。さらに仕事や友人を失ったり、家族に縁を切られたりといった可能性も高くなります。

その他にも、周囲に見放されたうえに、結局は既婚男性も去ってしまうといった悲劇が起きることも考えられるため、不倫を始めるときには、様々なトラブルを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

将来を夢見ない

不倫には、将来はありません。

もし略奪婚に成功したとしても、今度はあなたが「また不倫をするのではないか」「誰かに奪われるのではないか」と心配しなければいけません。

さらに、多くの不倫では、結局は既婚者男性は奥さんの元に帰ってしまうもの。もちろん、あなたの将来の計画が狂ってしまったとしても、既婚者男性は責任を取ってくれません。

もし既婚者男性と本気で恋愛をしても、明るい将来は望めないということは覚えておきましょう。

 

既婚者男性を本気にさせる方法は?

既婚者男性と恋をするのは大きなリスクを抱えることになります。

それでも彼を本気にさせたい!そう思ったときにはどのような方法があるのでしょうか。

 

本気で愛情を注ぐ

既婚者でも独身者でも、男性を本気にさせたいと思ったときには、こちらも本気で愛情を注ぐことが必要です。

本気で愛情を与えてくれる相手に対しては、誰でも本気になってしまうもの。

特に既婚者の場合、独身者以上に愛情に飢えていることがあります。

奥さんがいるのにどうして?と思うかもしれませんが、もし子どもがいる場合には、奥さんの愛情は子どもに集中してしまうことがよくあります。

また、結婚してしまうと、付き合っていたときのように愛情を注ぎ合うのは難しい面も。

それは仕方がないこととあきらめている既婚男性も多いものですが、それでも心の中では、女性からの愛情を求めています。

そんなとき、自分のことを第一に考えてくれる女性が現れると、思わず本気になってしまうのです。

 

精神的に自立する

既婚者男性にとって、一番負担になるのは不倫の相手に離婚を迫られたり、依存されたりすることです。

もし何度も「離婚して!」と迫ったり、「あなたがいないと生きていけない」など、重い発言を繰り返すと、既婚者男性は危険を感じて、少しずつ離れていこうとするもの。

逆に、離婚を迫らず、依存してこない相手とは、長く関係を続けたくなるものです。

そのためにも必要なのが精神的な自立です。

さらに精神的に自立していると、既婚者男性は「自分が捨てられるのではないか」と不安を感じて、ついつい追いかけたくなってしまいます。

つまり、精神的に自立することは、相手を追いかけるのではなく、相手に追いかけられるようになること。

男性は、追いかけられるときよりも、追いかけるときのほうが本気になるものです。

もし相手に本気になって欲しいと思うなら、精神的に自立した女性を目指しましょう。

 

まとめ

既婚者男性は恋愛に対してハードルが高く、なかなか恋愛しないと思っている方もいるかもしれませんが、実際には既婚者男性でもきっかけさえあれば恋に落ちるもの。

男性の心理を理解することで、既婚者男性でも落とせるチャンスが大きくなります。

といっても、やはり不倫はリスクが高いものです。

遊び半分で既婚者男性を落としてしまうと、あとになって大きなトラブルになってしまうこともあるので、十分注意しましょう。