既婚者のライン頻度で好意が分かる?『不倫できそうな女』に送るLINEの特徴

既婚者のライン頻度で好意が分かる?『不倫できそうな女』に送るLINEの特徴

既婚者に好意を持っているとき、まずするべきなのは相手との距離を縮めることです。

でも、両想いにはなりたいけれど、相手がどう思っているのか分からないのは不安なもの。もしかしたら遊ばれるかもしれないと思うと、なかなか連絡することもできなくなってしまいます。

では、どうすれば相手の本気度を知ることができるのでしょうか。そんなときに便利なのがLINEです。

実は既婚者から送られてくるLINEの頻度や内容から、相手の好意を探ることができます。

今回は、既婚者からのLINEから、相手の心を知る方法についてご紹介しまう。

この記事を読む前に

不倫は「誰かしら不幸になるもの」

しかし、それを分かってはいても叶えたい恋というのはありますよね。
相手の状況によっては離婚させたほうが幸せになる場合だってあります。

そんな方は別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

⇒別れさせ屋の口コミを見る

既婚者がLINEを送ってくる心理

好意のある既婚者からLINEが送られてくるのはうれしいものです。しかし相手は既婚者。

そもそも、既婚者の男性はどのようなつもりでLINEを送ってくるのでしょうか。

 

キープしておきたい

女性の心理に敏感な男性や、これまで女性と遊び慣れているという男性の場合、女性が好意を持っているかどうかというのはすぐに分かるもの。

既婚者なら、不倫になることを警戒して、好意を持っている女性とはできるだけ距離を置くこともありますが、好きでいてくれる相手は手放したくないもの。

ただし、直接会うと、関係が発展してしまうこともあります。既婚男性はそういった迷いを持っているもの

不倫になるのをを避けながらも、相手をキープしたいというとき、LINEで探りを入れることがあります。

 

異性の友人が欲しい

既婚者の男性であっても、奥さん以外の女性と話をするのは楽しいものです。

また、下心がなくても、女性ならではの物の見方や考え方を知りたいという男性も少なくありません。そんなときに役立つのが異性の友人。

既婚者の男性の場合、女性の友人と遊びに行ったり、食事をしたりすると奥さんから疑惑の目で見られることもありますが、連絡するぐらいならいいだろうと考えて、LINEを送って来ることがあります。

 

好意を持っている

特にこれといった用事がないのに、相手に連絡を取りたいというのは女性に好意を持っている可能性もあります。

好意を持っている相手が今どうしているのかというのは、誰でも知りたいもの。

といってもいきなり電話を掛けるのもハードルが高いため、ちょうどいいコミュニケーション手段としてLINEが選ばれます。

 

連絡手段として便利

気になる相手の行動というのは気になるものです。特に好意を持っている既婚者の男性からLINEが送られてくると、「どういう意味だろう?」と悩んでしまうこともあります。

しかし、男性には特に深い理由はなく、ただなんとなくLINEを送っているということも考えられます。

LINEはメールよりも気軽で、非常に便利な連絡の方法。ヒマだから、誰かと話がしたいといった場合にLINEを送っているのかもしれません。

 

頻度で分かる男性の本気度

LINEでは内容も大切ですが、男性は本当の気持ちを隠そうとしていることもあります。

ではそんなとき、男性の気持ちを知るためにはどうすればよいのですか。

LINEから気持ちを知る場合、注目したいのはLINEを送って来る頻度。頻度によっては、男性の本気度を知ることができます。

 

毎日LINEを送って来る

もし既婚者の男性が毎日LINEを送ってくるという場合、相手は好意を持っていると考えてよいでしょう。

特に、毎日同じ時間にLINEを送って来るという場合や、会社が終わったあとや寝る前といった、決まった時間に送られてくるLINEは本気の証拠。

というのも、LINEを決まった時間に送ってくるというのは、相手にきちんと読んでほしいから。本当は電話で声が聞きたい気持ちを我慢している可能性もあります。

また、毎日規則正しくLINEが送られている場合、あなたの存在が男性の中で大きくなり、毎日の生活に欠かせないものとなっているのかもしれません。

 

週に一度程度はLINEがある

週に一度程度、好きな人からLINEが来るというのは非常にうれしいもの。

「相手も自分のことを意識しているかも!」と考えたくなってしまうかもしれませんが、残念ながら、週に一度程度のLINEの場合、相手はあなたのことを友達としてしか考えていないのかも。

というのも、好意がある場合のLINEは頻度がとても多くなるのか少なくなるのかのどちらかです。

しかし、週に一度程度というのであれば、どちらでもありません。好意というよりは、ちょっとしたヒマつぶしにちょうどいい関係だと思われているかもしれません。

 

LINEでの連絡は月に数回

好きな相手と月に数回しかLINEができないというのは、脈なしサインのように思えます。

しかし、実際には月に数回という場合には、強めの好意があると考えてよいでしょう。

というのも、遊びではなく、真剣に好意を持っている相手のことは、時間が経っていても必ず思い出すもの。

しかし、男性は自分が既婚者であることを考えてLINEを我慢しているのかもしれません。

また、もしかすると、男性は自分が相手に好意を持っていることにも気付いていないのかもしれません。

 

こちらから送ると返事が返って来る

あまりLINEは送られてこないけど、こちらから送ると返事が返って来るという場合、相手の気持ちはどう考えればよいのでしょうか

残念ながら、既婚者男性のほうから送られてこないということは、それほどの好意はないのかもしれません。

しかし、可能性はゼロではありません

本当に脈なしならば、こちらからLINEを送っても返事があまり返ってこないもの。しかし、返って来るということは、相手はあなたに対して悪い感情を持っているわけではありません。

言い換えれば、相手に自分を意識させる努力が必要な状態だと考えればよいでしょう。

 

好意がある男性が送って来るLINEの特徴は?

男性からのLINEを読んでいると、「もしかして相手も好意がある?」と思ってしまいます。

でも、既婚者の男性はそんなつもりはないのかもと悩んでしまうことも。

では、好意がある男性からのLINEにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

毎朝LINEを送ってくれる

毎日決まった時間に送られてくるLINEは脈ありのサインですが、特に脈ありだと考えてよいのが、毎朝のLINEです。

ほとんどの人にとって、朝は憂鬱な時間で、あわただしくて余裕もないもの。

また、一日の始まりに心を落ち着けたり、準備したりという人も多いものです。

そんな大切な時間にLINEを送ってくれるというのは、かなり高い好意の証。というのも、好きな人のLINEから一日がスタートするのは誰にとってもうれしいものだから。

その日最初に頭に浮かんだ人があなただという場合、ほぼ両想いだと考えてもよいかもしれません。

 

特に内容がない

同性の友人や知人の場合、内容のないLINEを送り合うのはよくあることです。しかし、男性の場合、特に内容がないLINEは好意を持っている証拠になります。

というのも、男性は内容や用事がないのに連絡をするのは苦手なもの。

しかし、好きな女性に対しては、何でも話したい、聞いて欲しいという欲求があります。

そのため、内容がない場合でも、好きな人や気になっている人にはついついLINEを送ってしまうことがあります。

 

質問が多い

気になる相手のことは何でも知りたくなるものです。

そのため、相手からのLINEに質問が多いという場合は、あなたのことが気になっていると考えることができるでしょう。

さらに、イエスかノーかで答えられない質問をする場合、できるだけ会話を長引かせたいという気持ちも潜んでいます。

そのため、LINEで色々と質問された場合には、好意があると考えてよいでしょう。

 

返信が早い

既婚男性の場合、LINEを送ってもすぐに返信があるとは限りません。

これはもし奥さんと一緒にいるときにLINEが来ても、奥さんを優先させなければならないから。

しかし、既婚男性なのに返信が早いというのは、奥さんよりもあなたを優先させている証拠です。

 

会ったあとにLINEがくる

食事や飲み会の直後に、「楽しかったね」「家に着いた?」といったLINEが送られてくることもありますが、これも好意があるLINEです。

こういったLINEを送ってくるということは、既婚男性はいつもあなたのことを考えています。

また、「別の男性と会っているのではないか」など、相手が嫉妬している可能性も。その確認のためにLINEを送って来ることもあります。

嫉妬を感じるようになれば、恋愛感情が生まれている証拠。

そのため、会ったあとのLINEはとても重要だといえるでしょう。

 

誕生日や記念日のLINE

男性は他人の誕生日や記念日を覚えることが苦手なものです。

そんな男性が誕生日や記念日のLINEをくれるというのは、あなたのことを大切に考えているから。

そのため、誕生日や記念日を覚えていて、LINEで連絡をくれた場合は、脈ありだと考えることができます。

ただし、クリスマスやお正月などの記念日の場合は、社交辞令ということもあるため注意したほうがよいでしょう。

 

心配してくれる

好意のある相手のことは心配になってしまうもの。

元気がないときや、落ち込んでいるときなどに心配のLINEをくれる相手は、あなたに好意を持っているでしょう。

さらに、相手のことをしっかり見ていなければ、元気がないことにも気付かないもの。

もしかすると、普段から相手はあなたのことを気にかけているのかもしれません。

 

遊びの相手に送るLINEの共通点

既婚男性と付き合いたいと思ったときに気になるのが、遊ばれているのではないかということです。

では、相手が遊びか本気かを見分けるには、どんなLINEに注意すればよいのでしょうか。

 

日中にLINEが来る

好きな相手からLINEが来るとそれだけで満足してしまうものです。

しかし、もし仕事の時間にLINEが来る場合には、遊びの可能性があります。

というのも、通常であれば仕事の時間にプライベートのLINEを送ることはしないもの。それなのにLINEを送ってくるというのは、時間が大幅に空いたり、やることがなくヒマだったということが考えられます。

また、そんな時間にLINEをもらったほうも、返事をしにくいもの。

こういった時間に気配りをせずにLINEを送って来る既婚男性は、あなたのことをあまり大切に考えていないのかもしれません。

 

絵文字やスタンプが多い

男性はあまりLINEのスタンプや絵文字などを使わないもの。

そのため、好きな男性からハートマークなどが来るとついついうれしくなってしまいます。

でも、そんなときにはちょっと注意が必要です。

というのも、絵文字やスタンプはリアクションが面倒なときにも使いがちなもの。もしかすると、相手は適当にコミュニケーションをしているだけかもしれません。

また、相手と同じ絵文字やスタンプを送ると女性は喜ぶものですが、遊び慣れている男性ならそういったテクニックにくわしいこともあります。

そのため、絵文字やスタンプが多いという場合には、ちょっと注意したほうがよいかもしれません。

 

飲んでいるときのLINE

酔っているときには、誰でも感情を上手にコントロールできなくなることがあります。

また、ついつい気持ちが盛り上がり、本気ではないのに調子のよいことを言ってしまいがち

そのため、夜中に急に真剣なLINEが来たという場合には、相手が飲んでいないか確かめることが必要です。

普段はいい加減な男性が急に真剣になると、女性の気持ちが動いてしまうこともあります。

そのため、飲んでいるときのLINEにはくれぐれも気を付けましょう。

 

既婚者男性を本気にさせるLINEの方法

既婚者男性にとって、不倫は魅力的である反面、とても危険なもの。

そのため、相手を好きになってもできるだけ自分の感情を抑えようとすることもあります。

では、そんな既婚者男性を本気にさせるためには、どのようにLINEを使えばよいのでしょうか。

 

気配りをする

既婚者の男性の場合、なかなか気配りをしてもらうことは少なくなります。

そんなとき、女性から気配りをしてもらうだけで、ついつい相手のことが気になってしまうことがあります。

もしすでに好意を持っている相手や、女性としての魅力を感じている相手ならなおさら。

小さな気配りを積み重ねることで、少しずつ既婚者男性も本気になってくれるかもしれません。

 

好きな気持ちを伝える

既婚男性は恋愛に対して臆病なものです。また、既婚男性の中には「自分は男性として相手にされていない」「既婚者が相手にされるはずがない」と思い込んでいる人も。

そのため、女性が好意を持っていても、それが相手に伝わっていないことも少なくありません。

もし、気になる既婚男性がいる場合には、LINEなどでも好きな気持ちを伝えることが重要です。

少しずつ好意をにおわせることで、相手に対して好意を伝えるだけでなく、脈なしな相手に対してもドキッとさせて、気持ちをこちらに向ける効果もあります。

 

相手のことをほめる

相手に好きになったもらいたいときには、相手をほめることは基本的なことですが、既婚者男性に対しては非常に大きな効果があります。

実は既婚男性は、あまりほめられる機会が少ないもの。特に、奥さんと一緒にいる時間が長くなれば、ほめられることもめったになくなってしまいます。

といっても、男性の中に「ほめられたい」という気持ちがなくなるわけではありません。

むしろ、年を重ねて責任が大きくなると「ほめられたい」「認められたい」という気持ちは大きくなるもの。

そんなとき、自分を肯定して、ほめてくれる相手がいると、ついつい本気になってしまうことがあります。

 

すぐに反応しない

恋愛では相手を待たせたり、じらせるのも効果的な方法。それはLINEの場合でも変わりません。

例えば、今まですぐに返信してくれた女性からなかなか返事が届かないとどうしても気になってしまうもの。返信を待っている間は、相手のことばかり考えてしまいます。

そのため、LINEではすぐに反応しないという方法も効果があります。

ただし、この方法は何度も使わないこと。既婚者男性の場合、仕事もプライベートも忙しいため、あまり時間が経つと、疲れてしまい、本気になるどころか「これ以上一緒にいない方がいい」という結論に達してしまうかもしれません。

相手をじらす方法は何度も使わず、ここ一番というときだけにしておきましょう。

 

しばらく時間を置く

もし、どうやっても相手が本気になってくれないという場合には、しばらく時間を置くことも必要なことがあります。

というのも、既婚者男性の場合、気持ちが変わりやすいもの。「相手のことは好きだけど不倫はできない」「不倫をすると相手を不幸にしてしまう」などと様々なことを考えて、どういう態度を取ればいいのか分からなくなってしまうこともしばしばです。

もしマイナスの気持ちのときに何度も連絡をすると、そのまま関係が消滅してしまうことにもなりかねません。

もし本気で既婚者男性と付き合いたいなら、あせらず、時間をかけることも必要です。

 

おわりに

いかがでしたか?

LINEの頻度や内容からは様々な男性の心理が伝わるものです。

LINEを使えば、既婚者男性の心理を見抜くだけでなく、相手の気持ちを盛り上げることもできます。

ただし、LINEを奥さんに見られてしまうと、大きなトラブルになってしまう可能性も。

不倫には大きなリスクがあるため、くれぐれもご注意ください。