【不倫】既婚者からもう会わないと言われたら。別れを告げられた後にやるべき一発逆転の方法

【不倫】既婚者からもう会わないと言われたら。別れを告げられた後にやるべき一発逆転の方法

既婚男性の恋人から「もう会わない」と言われたらショックですよね。道ならぬ恋はもろい関係だと理解はしていてもあっさりと受け入れられるものではありません。

一方的に別れを告げられたら受け入れるしかないと絶望しなくても大丈夫です!逆転のチャンスはあります!

まずは相手の心理や理由を知りましょう。そして、相手の愛情を蘇らせるのです! 

この記事を読む前に

不倫は「誰かしら不幸になるもの」

しかし、それを分かってはいても叶えたい恋というのはありますよね。
相手の状況によっては離婚させたほうが幸せになる場合だってあります。

そんな方は別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

⇒別れさせ屋の口コミを見る

別れを切り出す既婚者の心理とは

既婚男性が分かれを切り出す理由は様々です。あなたのことを想っての場合もあれば保身の場合もあります。

別れを切り出されるのはショックですが、パニックになってしまえば本当に別れが確定です。相手がそう言いだした背景について分析し、突破口を見つけましょう。

 

 妻にバレそうだから

何らかの理由で奥さんが疑っている、バレかけているなどの場合、決定的な証拠を掴まれる前に別れを切り出す男性は多いです。あるいは既にバレていて、奥さんに別れるように責められているのかもしれません。特に、突然電話やLINEで「もう会わない」と告げられたのならば既婚男性のすぐ横に奥さんがいて、そうするように仕向けている可能性もあります。

この場合、男性の気持ちは大きく分けて2つです。1つ目は修羅場を避けたい、奥さんや家族から責められたくない、などの保身の気持ち。

2つ目は奥さんにバレることであなたが責められたり慰謝料を請求されたり社会的な制裁を加えられたりするのを避けるため、迷惑をかけたくないという気持ちです。

「もう会わない」が疑われている既婚者男性が最後に示せる愛情なのかもしれません。既婚男性からも愛情がまだ感じられるのならば、ほとぼりが冷めるまでは距離を置いた方がトラブルを防げますし、復縁もスムーズです。

 

不倫が本気になりそうだから

既婚男性にとって、不倫は「ちょっとした遊び」のつもりだった場合、どちらか一方もしくは両方が本格的に好きになってしまうのは辛く、そしてリスクを伴う事態です。

責任、将来、嫉妬、罪悪感、世間体などが重くのしかかってきて耐えられなくなってしまいます。

これ以上不倫にのめり込むことを恐れ、別れを考えるのです。離婚からの再婚は不倫の1つのゴールになりますが、なかなか簡単な道ではありません。家族や信用、お金など多くのモノを手放す覚悟が求められます。

どちらかが本気になり、このままでは割り切った遊びができなくなる、そう危機感を抱くと男性は泥沼になる前に別れを切り出すのです。

 相手女性が離婚、再婚、愛してる、慰謝料など、本気を匂わせるようなセリフを言い出した後に別れを切り出すのならば既婚男性は「重い」と感じて逃げようとしている可能性があります。

 

不倫相手の人生を想って

自分と不倫したことによって相手女性の出会いや結婚のチャンスを奪ってしまうのではないかという申し訳なさから別れを切り出す既婚男性もいます。

離婚する気のない既婚男性と長年付き合う女性が払う代償は大きいです。「このまま結婚できなくなってしまったら申し訳ない」「彼女の人生のチャンスを奪ってしまうわけにはいかない」と責任感の強い男性ほど考えます。

そこに相手女性の意思は全く関係ありません。女性側がいくら「一緒にいたいの」「これ以上何も望まないの」などと言っても男性自身の「女性の婚期を奪ってはいけない」という価値観は揺るぎないものなのです。

いささか一方的ではありますが、相手女性の人生に責任がとれない既婚男性のせめての思いやりとも言えます。

女性が節目の年を迎えたり、ライフスタイルに変化があったりするタイミングで言い出しやすいです。

 

興味がなくなった、冷めた、飽きた

既婚男性にとって、不倫の楽しさの1つは「非日常感」です。不倫は家庭だと味わえないスリルや背徳感、男女の駆け引き、ドキドキがあります。

しかし、不倫関係が長く続くと非日常が日常になり、魅力的に見えなくなってしまうのです。

最初は楽しかったアリバイ工作や人目を偲んだデートなどを「面倒くさいな」と感じるようになり、リスクを負ってまで続けたいと思えなくなってしまいます。

相手女性も不倫に慣れ、良くも悪くも取り繕うことなく、我儘を言うようになったり所帯じみたりしてくると男性は「マンネリな奥さんとは違う刺激を求めていたのに、これでは面倒な奥さんが2人いるようなものじゃないか!」となってしまうのです。

飽き性だったり非日常感が好きだったりする既婚男性の中にはすでに他の女性に興味を持っている場合すらあります。

 

家庭を優先させることに決めた

家庭と不倫相手を天秤にかけた結果、「家庭を大切にする」と既婚男性が結論を出した場合、不倫相手に別れを告げます。

家族の病気、子どもの受験、家庭のトラブル、奥さんの妊娠や出産などを機にそのような決断を下す既婚男性が多いです。真面目な既婚男性の場合、健気な家族の姿を見て不倫を続ける罪悪感が背負えなくなる場合もあります。

ロマンチストな男性や責任感の強い男性は不倫が盛り上がっていたとしても、ちょっとしたきっかけで「男(夫・父親)の責任」に目覚めやすいです。

相手女性のことをどんなに愛していても、むしろ「別れの痛みに耐えながら家庭に戻る俺」というシチュエーションに酔ってしまい、その場で引き留めるのはなかなか難しいでしょう。

 

既婚男性が別れようとしているサインはコレ

既婚男性が別れを考えている時に良く見せる言動などについてまとめました。「なんだか以前と違う?」と感じたらそれは既婚男性の心変わりが原因かもしれません。

覚悟と対策をしましょう。

 

レスポンスが遅くなる・雑になる

以前は頻繁にレスポンスをくれたのに既読スルー、下手すると未読スルーが多い場合、関心を失っている可能性が高いです。

男性は興味のある相手や好感を持ってもらいたい相手ならば相手を待たせることなく丁寧な返信をします。

しかし、相手女性への関心や優先度が下がってしまうと対応は雑になりがちで、レスポンスが遅くなるうえに簡単な返事やスタンプ1個程度のことしかしたくなくなってしまうのです。

あるいはフェードアウトを狙っている場合もあります。いきなり別れを切り出すのは不誠実だったり、相手女性にすがられるリスクがあったりすると考え、意図的にレスポンスを鈍くしているのです。

女性は「どうして返事をくれないのだろう」と待っていても、既婚男性は「返事をしないのが返事」のつもりの場合もあります。

 

次のデートの約束をしない、時間やお金を使わなくなる

なかなか次のデートの約束を取りつけることができない場合、既婚男性が交際の継続を望んでいない可能性が高いです。

「そのうち行きたいね」「いつか行こう」などと言いながらも具体的に予定を立てようとすると「忙しい」「タイミングが悪い」「もう少し仕事が落ち着いたら」などと言いだして逃げ腰になります。

デートはしていてもお金をかけなくなった場合も要注意です。付き合い始めは素敵なレストランやホテルを用意してくれていたのに最近はチェーン居酒屋と安ホテルになってしまった、以前は全部奢りだったのに最近は割り勘……これは既婚男性が「お金をかける価値がない」「お金を払ってまでつなぎ留めたいとは思わない」と判断したからです。

男性は好きな相手の為ならば時間もお金も惜しみません。「時間がない」などと言わず、多少無理して「時間を作り」ます。

敢えてデートの頻度を落としたりお金をかけなくなったりしてフェードアウトを狙ったり相手女性が愛想をつかして去っていくのを待っている場合も少なくありません。

 

セックスが変わる

男性は不倫を終わりにしたいと思うようになると相手女性に手間やお金、時間などをかけなくなります。

それと同様にセックスも淡泊になる場合も少なくありません。セックスレスになったり雑になったりなどが多いです。相手女性に性的な魅力を感じにくくなったり余計な情を抱かないようにしようとしたりするのがその理由になります。

しかし一方で、「思い出作りのために燃える」というタイプの既婚男性もいるので「最近激しくてますますラブラブね」とは安心できません。今までしなかったプレイや情熱的なプレイなどを行い「思い残しのないように」と考えているのです。

もちろん、いつもと違ったセックスだからといって、イコール既婚男性が別れたがっているとは限りません。ただのマンネリ打破の可能性も十分にあるので悲観し過ぎなくて大丈夫です。

会話やデート、お金の使い方や態度などで総合的に判断しましょう。

 

会話が弾まない

好きな相手との会話は弾むものです。「最近会話がかみ合わなくなった気がする」と感じているのならば、既婚男性の心は離れつつあるのかもしれません。

自分の話を聞いてくれない、スマホを触りながら話す、話した内容を否定されてばかりいる、おざなりな返事ばかり、すぐに会話を打ち切るなどに心当たりがあるのならば要注意です。

既婚男性はあなたとの会話を楽しんでいないし、盛り上げようとする気もありません。

また、将来についての話題を避けるようになったら注意してください。

離婚や慰謝料などの生々しい話しはもちろん、「次の春に〇〇へお花見に行こう」「来月公開の映画を見に行こう」など近未来の簡単に実行できる話題や「年を取ってしがらみがなくなったら世界旅行へ行こう」などすぐには実行できないけれど夢のある話も嫌がるようならば既婚男性はあなたとの未来を思い描いていないし、望んでもいません。

 

既婚者から「もう会わない」と別れを告げられた後にやるべき一発逆転の方法は?

不倫はとても脆い関係です。しかし、「もう会わない」と言われたから諦めるしかないと絶望するのは早すぎます。別れを決意した既婚男性の心を取り戻せる可能性はゼロではありません!

友達ポジションを狙う

仕事仲間や趣味仲間として良き理解者になろうとしましょう。別れが辛く寂しいものであるのは既婚男性も同じです。

恋人としてではなく、友達になりたいと申し出てみてください。一度は身も心も許した仲です。支え続けていればやがて再びチャンスが巡ってきます。

この時、自分から「まだ好きなんです」や「体だけでも」などと申し出ないのがコツです。そのようなことを言ってしまうと復縁ではなく、セフレ一直線です。

一線は決して越えずに傍で支え続けることで既婚男性は「もう一度特別な関係に戻りたい」と思い直します。

ただし、友達としてですら関係を続けたくない、言葉通りに「もう会わない」と言われた場合は食い下がるのは悪手です。他の方法で逆転を狙いましょう。

 

 別れることに理解を示す

一旦は素直に別れを受け入れます。このとき、「素敵な思い出をありがとうございました」など健気さを見せましょう。そして別れた後は自分磨きに力を入れ、イイ女になってください。

ポイントは別れた後に一切既婚男性と関わりを持とうとしないことです。連絡を取らないのはもちろん、SNSに足跡も残さないようにしましょう。

そうすることで既婚男性は「逃した魚は大きかった」と思うようになり、もう一度恋人に戻りたいと考えるのです。

いつまでも未練を見せたり関わろうとしたりすると既婚男性は「別れてもこの子は俺のモノ」「俺はまだ愛されている」と思って満足します。そうなるとわざわざ自分からアクションを起こして復縁しようという気にならないのです。

 

別れさせ屋を利用

少しお金がかかりますが、最終手段、どうしても既婚男性の心を手に入れたい時の秘策です!

別れさせ屋を利用して既婚男性と奥さんを別れさせましょう。工作員が奥さんを誘惑して、それに既婚男性が気づけばあなたの元に帰って来る可能性が高いです。

この時のポイントは別れさせ屋を使った事実を絶対に誰にも言わないこと!墓場まで持っていく覚悟を持ちましょう。

たとえ既婚男性があなたの元に戻ってきたとしても、「実はあの時あなたの心を取り戻したくて……」などと言うと「重すぎる、怖い」「嵌められた」と不快感を示す場合が多いです。

ネタとして面白がってくれたり「そんなに愛していてくれたんだね」と感動してくれたりする可能性はあまりありません。

 

しつこく食い下がらない

別れを納得できない場合、「ちゃんと話し合おう」「悪いところあったら直すから」「別れたくない!」と食い下がりたくなるかもしれません。

でも、既婚男性に連絡を取ろうとしたり、待ち伏せしたりするのは悪手です。彼の心はどんどんと離れてしまうでしょう。あなたが必死に食い下がれば下がるほど、「やっかいだなぁ、早く縁を切ろう」「これ以上関わってたまるか」と考えてしまいます。

別れを受け入れてくれない女性を既婚男性は「いじらしい元恋人」ではなく、「敵」と認識してしまうのです。

あなたが納得できなかったとしても、既婚男性の中では既に納得して答えを出しているのを理解しましょう。

 

 既婚者を振り向かせたいなら別れさせ屋も見てみよう

既婚男性が「もう会わない」と行ったのならばそれはあなたにとっては突然のことでも、相手にとってはよくよく考えてのことです。

嫌われたわけではなくても「会わない方が良い」と判断してしまったのならばそれを覆すのは簡単ではありません。

無理に縋ろうとするよりも健気な姿を見せて「やっぱり惜しいな」「自分には彼女が必要だな」と思わせるのが得策です。1人では難しい場合は別れさせ屋の利用を検討してみましょう。親身に話を聞いてくれ、あなたの力になってくれますよ。