別れさせ屋

メンヘラ妻と離婚したい!上手な別れる方法やメンヘラ妻の特徴は?

インターネット用語でよく使われる「メンヘラ」。メンタルヘルスの略語で学術用語ではありません。心の健康や均衡を保てていない人について使われます。

いわゆる一緒にいるのが面倒くさいタイプの人を指すこともあり、配偶者がそれに当てはまる場合は、生活がつらくなってしまうことがあります。

妻がメンヘラにあてはまるのかどうか、メンヘラ妻とスムーズに離婚する方法について解説します。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

メンヘラ妻の特徴

妻の態度から、「これってメンヘラ?」と疑ってしまう。妻の様子を聞いた友人などから「それはメンヘラ」と言われ気になっているなど。そもそもメンヘラとはどんな特徴を言うのでしょうか。

メンヘラは学術用語ではありませんので、きっちりとした定義はありません。しかし、一般的にメンヘラと呼ばれる特徴はあります。

メンヘラ気質が疑われる特徴についてみていきます。

①感情の起伏が激しく常にマイナス思考

人は誰しも絶好調のときばかりではありません。しかし、メンヘラの場合、その波が激しく扱いにくいという特徴があります。

さっきまで機嫌がよさそうにしていたのに、急に暗く沈んでいたり、爆発して怒りだすなど。何がきっかけかわからないので、一緒にいると振り回されてしまいます。

物事について、何かとマイナス思考というのもメンヘラにありがちです。メンヘラの人は自分に自信がないことが基本にありますので、過度な心配や妄想がきっかけで目の前のことをマイナスにとらえてしまいます。

相手に対してもマイナス思考をベースに考えを押し付けますので、受け取る側としてはそのたびに自信がそがれたり、不愉快になったりすることがあります。

②夫や子どもへの依存が強い

メンヘラの人の大きな特徴に依存心があげられます。夫や子どもへの依存が強く、それが行動になって現れます。

例えば、一日に何度も自分から連絡をしたり、連絡することを強要したりします。返事がないなど連絡がつかないと執拗に返信を求めたり、怒りをぶつけたり。

誰からみてもそれが当然と思える、浮気のあとや子どものトラブルの渦中であればまだ理解できますが、メンヘラは通常モードでそれを繰り返すのが特徴です。

携帯電話のチェック、SNSを常に見ているなど、コミュニケーションを通り越して監視状態になることも。

メンヘラ行動の元にあるのは、自分が認められたい、ないがしろにされたくないという気持ち。相手の都合や状況を考えず自分に構って欲しいという思いを全力で表します。

③距離感がわからず友達が多いようにみえる

大人になり家庭を持つと、仕事や家族に時間がいきますので、友人との時間は少なくなります。友人や知人とはそれぞれの関係性に応じて、適度な距離をとってお付き合いするのが通常でしょう。

メンヘラさんは、仲良くなれそうな人がいると関係性にかかわらず距離を縮めます。異性であっても平気で交流を深めることも。

とにかく誰かとつながったり仲良くすることを望みますので、SNSで自分についてしょっちゅう発信したり、常に誰かにメッセージを送っていたりします。

相手がメンヘラ気質ではないのであれば、離れていったりすかされたりしますので、仲良しの「お友達」がころころ入れ替わるのも特徴です。

やたら、友達が多くその相手が次々に変わる妻はメンヘラの傾向があります。

④自分の好意をおしつける

妻として母として、夫や子どもに良かれと思ってやっていることはたくさんあります。

しかし、相手の都合を全く考慮せずただ好意を押し付け、それが受け入れられないと激怒したり、「出ていく!」など極端なことをいちいち言うのはメンヘラ傾向です。

誰でも、自分が相手のためにと思ってやったことがわかってもらえないと腹がたちます。嫌味のひとつも言いたくなるのが普通です。しかし、それがいつまでも続いたり、別れまで持ち出すのは大人の行動ではないでしょう。

メンヘラ傾向の特徴として、「私はこんなにやってあげているのに相手はわかっていない」という被害者意識のようなものがあります。よって、自分の気持ちが通じないときには、異常な癇癪を起こすこともあります。

別れたいのに別れられない場合の最終手段!
別れたいのに別れられない場合の最終手段!依存関係を解消する方法とは好きで付き合った相手なのに、いつからか気持ちが冷めてしまって『別れたい』と思うこともあるでしょう。 別れたいと思ってすぐに別れるこ...

メンヘラ妻と別れる方法

メンヘラ気質の人と一緒にいると、こちらまで振り回されて精神的に沈んでしまうことがあります。自宅に帰るのがつらい、スマートフォンをみたくないなど、妻の存在を拒んでしまうことも。そうなれば、これ以上一緒に暮らしていくのは難しいでしょう。

メンヘラの妻と別れる方法についてみていきます。

①話し合う

メンヘラと一言でいっても、様子や度合いには差があります。もし、あなたの妻が中程度以下のメンヘラで、人の話しを聞ける状態であるなら話し合いが有効です。

できるだけ妻の状態が良いときを選んで、あなたはとにかく冷静でいましょう。また、話しがこじれたり妻がメンヘラモードになれば、それ以上の話し合いは出来ませんのでストップしてください。

メンヘラとの話し合いは根気がいります。繰り返し実践することで、妻のほうにも何を言われているのか考える時間がもてます。

もし可能なのであれば信頼できる第三者の同席をお願いするというのもひとつの方法です。

②徐々に距離をおく

妻と通常のコミュニケーションが難しいと感じているのであれば、徐々に距離をおくという方法がよいでしょう。

まずは、あなたが嫌だと思っていることや妻に求めることを端的に伝えます。ここでケンカをしてはいけません。あくまで伝えるという姿勢で話します。それによって妻が態度を改めようと努力するなら彼女のメンヘラ度は低いでしょう。

改める気配がないのであれば、家庭内での別居や本格的な別居を申し入れます。ここではまだあくまでも「冷却期間」として提示してください。そして最終的に離婚につなげます。

メンヘラの特徴として、目の前のものに執着しそのこと以外は考えられず異常な行動に出るということがあります。あなたが目の前にいる状態では、彼女は常にあなたのことを考え、自爆してしまいます。

夫婦が物理的に離れることで、相手の気持ちが落ち着き良い離婚ができる可能性が高まります。

③別れさせ屋をつかう

妻のメンヘラ症状が重く、現在の夫婦関係がかなり悪いと感じている。妻に対して配慮することも煩わしいと感じるほどであれば、別れさせ屋を使いましょう。

あなた自身が彼女の毒気に押されて、心理的に少々参っている状態では話し合いなどを思うように進めることは難しいもの。ここはプロの第三者に任せてスムーズに離婚するのがお互いのためです。

別れさせ屋は合法的なサービスで、妻に浮気を仕向けたりするなどで心理的に離婚に導いてくれます。事前に妻の事を伺い、綿密な計画を立てて工作を行い、あなた自身が望む状況を作り出してくれます。

本当にひどいメンヘラや、メンヘラによってあなた自身が疲れ切っているのであれば、無理せずに安全で便利な方法を使うべきです。

divorce-2
別れさせ屋を利用して離婚をしたい!離婚工作ってどんなことするの?この記事を読んでいるあなたは、「なんとしてでも旦那と離婚したい!」と思っているのではないでしょうか。 離婚したいと思いながらも、離...

メンヘラ妻と別れるときに注意すること

メンヘラの人は、自分に構って欲しい、自分を大切にして欲しいという自己中心的な思いがあります。自分はこれだけやっているのに相手が思うような反応をしないという考えも持っています。そして、思い通りにならないと異常な行動に出ることも。

そのため、離婚や別居に持ち込む方法を誤ると問題が大きくなり、こじれてしまうことが珍しくありません。

メンヘラ妻と別れるときの注意点についてみていきます。

①相手との距離を保つ

あなたが離婚や別居を決意し、妻と交渉するとします。あなたは、常識のある大人の男性ですから、愛情は冷めたとはいえ妻に対して家族としての思いやりや、情のようなものを持っているでしょう。しかし、それをもって彼女に情けをかけるとまわりまわって結局、離婚までの道のりが長くなる可能性が高くなります。

メンヘラ気質の女性は、優しい男性や大らかな男性と結びつきやすいもの。彼女はあなたの中の優しさを見抜いていて本能的にそこにすがろうとします。

本気で離婚を考えているなら、必要以上の気遣いや優しさは無用です。妻とはきっちり距離を保って交渉をしましょう。具体的には、具合が悪そうなLINEメッセージが来ても返信をしないなどです。

離婚を前提にしている以上、優しくしないことが優しさだと意識して距離を離してください。

②SNSを利用しない

メンヘラ気質の女性は、はっきり交際している状態や結婚している状態であって、平穏な日が続いていても不安がどこかにあります。要はあなたや子どもを信用しきれないということなのですが、SNSなどを細かにチェックしてその内容から勝手に妄想を膨らませて、余計に病んでいったりすることがあります。

これから離婚をしようと考えているときや、離婚に向けて進んでいる状況下ではSNSなどの投稿は控えましょう。通常で見るとまったく関係のない仕事の情報などでも彼女はどうとらえるかわかりません。

あなた自身が疑われる行動はこの期間は慎むのがベスト。女性との本格交際など当然ご法度ですが、軽いデートややり取りも、妻に知られると大変なことになります。

離婚がきっちり整うまではできるだけ大人しく気配を消して過ごすのがおすすめです。

別れさせ屋を口コミ実話からランキング比較!費用や評判は?【2020年最新】別れさせ屋に依頼して離婚させたい場合、どれくらいの失敗・成功率なのか、どこが良い探偵社なのか気になりますよね。今回の記事では口コミ評判・実話からランキング形式でおススメの別れさせ屋を紹介します。...

メンヘラは治るのか?離婚その前に

妻の態度や行動に悩まされ離婚を考えてしまうことがあります。しかし、もし妻の状態が改善さえすれば、やり直すことができるかも。そう思えるのであれば、少し立ち止まって考えましょう。

メンヘラは治るのか。この答えはいろいろありますが、まず出発点としてメンヘラとは学術的に認められた疾患ではないということを理解しておく必要があります。

本当に精神の病気である可能性はここでは横におきます。メンヘラと感じる行動は、単純に面倒くさい性格であったり、未熟さから来るもの、場合によっては夫婦関係や家族関係から引き出されたものであることも。

メンヘラ行動を改善するために夫婦でカウンセリングを受けるという方法があります。妻は嫌がるかもしれませんが、改善の望みのある妻であれば、二人が今後うまくやっていくためと言えば最終的に納得するはずです。

インターネットスラングとして有名になった、「メンヘラ」という言葉に振り回されすぎず、夫婦の問題として改善方法を探ってみるのもよいでしょう。

嫁と離婚して男が後悔したこと7選!後悔する理由や体験談「もう顔も見たくない」と思って離婚したのに、元嫁との離婚を後悔する男性は少なくありません。反対に離婚したことで、毎日が楽しくなったという...

妻がメンヘラ!離婚の仕方がポイント

メンヘラ妻について、メンヘラの特徴や具体的に離婚を進める方法についてご紹介しました。

メンヘラは定義がありません。しかし、些細なものであってもあなた自身が不快に思い、生活に支障をきたしているなら離婚の理由になるでしょう。

メンヘラ傾向の女性は、感情のコントロールが利かない、相手の行動を深読みしてマイナスにとらえるなどの特徴があります。離婚や別居の仕方によっては後々まで後を引き、大きなトラブルを引き起こす可能性があります。あなたは自分を抑えて慎重に対処する必要があり、場合によっては別れさせ屋などの利用も検討するべきでしょう。

夫婦関係の悪さは、あなたの心身の健康に影響を与えます。しっかり考えて、上手に離婚して良い未来を切り開いてください。

絶対に復縁したいあなたへ!無料で相談できる復縁屋3選

LINEや電話で無料相談が可能な復縁屋でオススメの探偵社を3つ紹介します!

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(途中解約可・着手金が半額)
契約形態 実働回数保証
公式サイト M&Mの公式HP

LINEで相談電話で相談

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
(電話相談:10:00~24:00)
オススメ
お試しプラン 有り(契約金の1/3程度の料金でお試し)
契約形態 実働回数保証
公式サイト リライアブルの公式HP

LINEで相談電話で相談

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り(着手金半額)
契約形態 実働回数保証
公式HP フィネスの公式HP

LINEで相談電話で相談