年下の既婚男性に好意がある時の職場での行動やサインの特徴7選!

年下の既婚男性に好意がある時の職場での行動やサインの特徴7選!

好きな人の気持ちを読み取ることは難しく、なかなか確信がもてません。好きな男性が既婚者、しかも年下であればさらにわかりにくいもの。

年下であれ既婚者であれ、男性の好意サインは実はしっかり現れています。好意サインがわかればタイミングよく次の行動に移すことができるでしょう。

年下の既婚男性の気持ちが知りたいという方のために、彼らに好意があるときの行動そしてサインを具体的にご紹介します。

 

この記事を読む前に

不倫は「誰かしら不幸になるもの」

しかし、それを分かってはいても叶えたい恋というのはありますよね。
相手の状況によっては離婚させたほうが幸せになる場合だってあります。

そんな方は別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

⇒別れさせ屋の口コミを見る

年下の既婚男性が職場で見せる好意のサインと行動7つ

年下であっても、既婚であっても男性が好きな女性に取る態度は、概ね同じようなもの。しかし、ハードルがある分、その見せ方がシングル男性や年上男性とは若干異なります。

既婚で年下の彼が送っている好意のサインや、気持ちが現れた行動についてみていきます。

 

尊敬の姿勢を見せる

若いころの恋愛や、突発的なラブアフェアであれば異性の性的な魅力が重要で、そこに興味をそそられて関係を持つことがあります。

社会人が職場で恋をするのであれば、性的な魅力は一要素に過ぎません。人間的な魅力に惚れることから気持ちが入っていきます。

年下の既婚男性が、年上の女性に惹かれるポイントは、人間として尊敬できる点があるかどうか。尊敬とは、スペックに向けられるそれではありません。大らかさや、きめ細やかさ、許容など自分にはないものに対して向けられます。

男性の方が年上である場合などは、心では尊敬していてもそれを行動で表すことはなかなかできないもの。しかし、年下であれば、素直に感情を見せてくれます。

直球で仕事の姿勢を褒めてきたり、「○○さんみたいにすればよいよ」などと他の人に言うなどの行動があれば、年下の彼はあなたを尊敬し好意を持っています。

 

ファーストネームで呼ばれる

男と女の関係で名前の呼び方は重要です。名前を呼び合う習慣のないカップルは破局しやすいといわれるほど。

男性は好きな女性との距離感を測るために名前を呼ぶことがあります。まず、普段から名前で呼びかけることの少ない男性があなたについて、名前を呼ぶのであれば多少の好意アリ。「苗字+さん」であったとしても嫌いな相手の名前は呼びません。

さらに進んでファーストネームで呼ばれるのであれば、彼はあなたのことを憎からずと感じているのでしょう。

ファーストネームで呼び合うことが推奨される企業や、誰にでもファーストネームで呼びかける男性はこの定義にはあてはまりませんのでご留意ください。

 

男らしさをアピール

あなたと話しているときに、「男」をアピールしてくる男性は好意がある可能性が高いと言えます。

「僕がやっておきますよ」だけでなく「男なんで任せてください」と言ってみたり、男らしい趣味やスポーツに携わっていることをさりげなく話すなど。

反対に言うと、男としてかっこよくあろうという姿勢を見せてこないのであれば、残念ながら今は脈ナシかも。「体力がない」「毎日のゴミ出しは自分の仕事」などは、例え事実であっても好きな女性には言いたくないものです。

好きな彼が「男」アピールをしてきたら、絶賛するのがセオリーです。「さすが」「すごい」でしっかり心をつかみましょう。

 

家族の話しをしたがらない

好きな女性の前では、「一人の男」であろうとするのが男性です。他の人との会話の中では、妻や子どもの話題を頻繁にしていたとしても、好きな人の前ではそれはしません。

もちろん、妻子は彼にとって日常の風景ですので何かの拍子に家族の話題が混ざることはありますが、積極的には言わないでしょう。あえてこちらから配偶者についての質問を振ったとしても、はぐらかしたり短い返事で終わらせたりします。

中には、配偶者を「家族」ととらえ、好きな女性の前であっても母親の話しをするレベルで話題にする既婚男性もいますので、判定が難しい場合は他のサインと合わせて見極めましょう。

 

二人きりのときは対等であろうとする

会社の同僚であれば、年次の差がひとつでもあると先輩は先輩。後輩は後輩です。

他の同僚がいる場面では、先輩を立てるのが通常で、年下としてわきまえた立場をとるのが礼儀です。

しかし、二人きりの場面であれば好きな女性には対等に接したいと考える年下男性が多いよう。年上の女性に甘えたいという感情とはまた別に、男としてリードしたいという気持ちの現れといえるでしょう。二人でいるときには、男としての位置に彼が立つようであれば好意がある可能性があります。

プライベートな場面や二人きりのときであっても、「後輩」という立ち位置を変えない場合は、愛想よく接してきたとしても同僚としての親切ととらえた方が良さそうです。

 

意味のないメッセージが送られてくる

男性の多くは、用事がないのに気の利いたメッセージを送るという芸当に長けていません。もちろん、何度もやり取りをしていて、気楽にメッセージを送り合う間柄であれば、軽い報告やインスタグラムに書けよ、と言いたくなるようなメッセージを送ってくることもあります。この場合は友達という位置づけだと推測できます。

まだ、それほど関係が深いわけではなく、やり取りした回数が少ないにもかかわらず、意味のないメッセージを送ってくるのであれば、好意がありそう。「○○で飲んでます」というメッセージや、行った場所の写真などがそれです。

ごくたまにでも何かしら着信があるのであれば、対応次第で恋に向けることができるでしょう。

 

仕事以外の個人的なことを知りたがる

「休みの日は何してるんですか」など、プライベートな質問は基本的に興味がある相手にしかしません。もっと突っ込んで、「彼氏とかいるんですか」は、どうでも良い相手には聞きません。

ただ難しいのが、会社の後輩として会話の糸口として聞いているという可能性もなくはないということ。男性が社交的な性格の場合は、「これはもしかして」と思うほどきわどい質問を投げかけていても、それほど意味がないということもなくはありません。

「その色、好きですよね」「前におっしゃってましたね」など、あなた個人を普段から観察していることが伺える一言がプラスされていたなら、脈アリかも。さらに、こちらの返事について好意的に反応してくるようであれば、彼はあなたを女性として気にかけています。

 

年下の既婚男性が求めている女性とは

気になる男性の気持ちを射止めるためには、彼が求めている女性を知り、それに近づくことがひとつの方法です。

年下で既婚の彼が求めている女性像とはどんなものなのでしょうか。彼らが潜在的に求めている女性について検証します。

包容力がある

甘え上手な女性や、我儘な女性が好きと公言している男性がいます。そんな男性であっても、100%頼ってくるだけの女性や、自我を思い切りぶつけてくる女性を望んでいるわけではありません。

年下で既婚の男性が求めているのは、包容力があって大らかな女性。彼は、会社では男同士の戦いの中にあり、家庭では夫として父親としての役目を担っています。彼らが恋人に求めるのは自分が安心して羽根を休められるような包容力。男としての自尊心を満たしてくれながら、安心を与えてくれる女性に惹かれます。

ときに甘えることも必要ですが、基本的には大らかな気持ちで受け止めることで彼の心を引き寄せることができます。

優しい

年上であれ年下であれ、男性は基本的に優しい女性を求めます。特に既婚者であれば、妻や子どもに優しく接することを求められる立場にあるため、自分が優しくしてもらえる相手を必要としています。

特別な優しさは不要です。話しかけられたら笑顔で手を止めて答える。メッセージにはすぐに返信する。唐突なお願いごとにも臨機応変に対応するなど。それだけことで男性は満たされます。

そして重要なのは、男性側に同じことを求めないこと。「私はすぐにやってあげているのに、あなたはやってくれないわよね」などと言わない優しさを彼らは求めています。

自分だけに向けられる無償の優しさを持つ女性に、男性は憧れています。

 

経済的・精神的に自立している

既婚で年下の男性は、経済的にも精神的にも自立している年上女性に魅力を感じます。年下だからといって交際費用を割り勘にしたいとか、ご馳走になりたいという意味ではありません。自分の生き方を設定し、人に頼らないだけの力を身に着けている点を見ています。

恋愛をスタートすると、多かれ少なかれお互いに「依存心」が出てきます。依存というと、よくないことのように聞こえますが、依存心があるからこそ相手を大切にしたり、特別だと感じたりするものですので、カップルにとってある程度の依存は不可欠です。

しかし、それが度を越してしまうと関係がうまくいかなくなってしまいます。そのことを既に熟知している既婚男性が求めるのは、あらゆる意味で自立することを当然と考えている女性。一人の人間同士として向き合うことができそうな女性に彼らは惹かれます。

 

素直でわかりやすく安心感がある

年齢が若い女性は素直で、ある程度の年齢を重ねると物分かりが良いことが美徳とされたりします。素直であることと、物分かりがよいということは根本的に違います。女性は自分が年上である場合、素直さを捨てて物分かりよくあろうとしたりすることが。

男性は、何かを我慢しつつ受け入れる物分かりのよい女性より、素直な女性を好みます。自分をいつわって良い顔をする女性よりも、素のままの女性に男性は惚れるのです

物分かりがよいということは裏を返せば、本心がみえないということ。我慢しつつ何でも許してくれる女性よりも、自分の欲求をストレートに表現する女性に本能的に安心感を覚えます。

我儘にということではなく、気持ちを素直に出せる女性でいることが、既婚の年下男性を魅了するために重要です。

 

年下の既婚男性を本気にさせる方法

気になる年下の既婚男性。向こうが好意を持っていたとしても、軽い遊びや都合の良い関係にはなりたくありません。

年下の既婚男性を本気にさせるテクニックをご紹介します。

男をたてる

私の方が年上だからとリードしたり、無理に頼らせようとしては逆効果です。男性は、というより人間はラクなやり方があるのであれば、ついそれにのってしまうという悲しい性があります。頼らせてくれるならがんばる必要はないし、相手のことを真剣にとらえなくても良いなと判定してしまいます。

相手が年下であっても、しっかり彼をたてましょう。「あなたのおかげで助かった」「いてくれて良かった」と伝えることで彼は自然に恋の手綱を握ることができます。

「あなたがいてよかった」という言葉の奥には、「あなたがいなくては困る」というメッセージが込められています。自分が必要とされているのだと男性に刷り込むことで、徐々に気持ちが本気モードになっていきます。

恋心を満たす

自立していて優しい女性が好き、とは言っても年下既婚の男性は、お母さんを求めているわけではありません。彼の気持ちを本気モードにするには、恋心を満たすことが大切です。

そのためには、ずばり女性としての外面の美しさをみがくこと。美しさと言っても、若作りをするという意味ではありません。肌、髪、爪といった部分を丁寧にケアし清潔で年齢相応の美しさをキープするということです。

ファッションについても、ただ露出部分を増やすのではなく、美しく輝くデコルテをほんの少し見せたり、女性らしいウエストラインを強調したアイテムを身に着けて、上品な色気を演出してください。

適度な距離を保つ

既婚男性が、誰かに恋心を抱いたとしても最初のうちは家庭にまで影響を及ぼすような恋にするつもりがないことが殆どです。よって、恋の始まり時点から、どんどん距離を詰めてくる女性には深入りしないよう気持ちのブレーキをかけてしまいます。

既婚で年下の彼との恋の初期は、適度な距離をキープしましょう。恋愛はしつつ、男性の状況を考慮しているという程度の距離感がベター。

距離の取り方が上手な女性に彼はどんどんハマっていきます。彼が本気になった時点で、思いっきり距離を縮めればOKです。

 

既婚男性との職場恋愛のリスク

既婚男性との恋愛にはリスクがあります。職場恋愛となれば、トラブルの可能性はさらに高くなります。

職場の年下既婚男性と恋愛関係を持った場合のリスクについてみていきます。

全てを失うことも

既婚男性と未婚女性の恋は法律的には問題があると判定され、職場や社会でも基本的には認められません。

もし、社内で二人の関係が公になれば、人事異動や更迭など会社からペナルティーをかせられる可能性があります。会社の体質によっては、退職を求められたという例も見られます。

男性の家庭にもバレてしまったなら、大抵の場合、彼との関係は清算することになります。

即ち、最悪の場合は仕事も恋人も一気に失うリスクがあるということです。

 

自分だけが負債を担う

相手が既婚者であることを知りつつ男女関係を継続していたことが、相手の配偶者に知れたなら損害賠償請求を受けることがあります。あなたは賠償金を支払い、彼は配偶者との婚姻関係を継続するということになったりします。

また、あなたが彼と一途に交際している間に、既婚の彼は子どもをもうけて育てたり、家を購入したりと別のルートで前に進んでいたりします。

あなたがいつかふと子どもを持ちたい、家庭を持ちたいと思ったときには、時間だけが経過して形あるものは何も残っていないということがあるのです。

多くの場合、既婚男性との恋は女性側だけが大きな負債を担うことになるということを理解しておくことをおすすめします。

 

不倫をリピートするように

既婚男性との恋はスリリングで、運命的な喜びをもたらしてくれます。ゴールが基本的にありませんので、「恋」そのものの楽しさや切なさを存分に味わうことができるのです。

シングル同士の恋や、結婚生活はそんなものではありません。二人の関係の基礎は安定感や穏やかな時間であり、惚れたのはれたのと叫ぶことはありません。

不倫恋愛の醍醐味を知ってしまった女性は、それを繰り返す危険があります。つらい出来事も悲劇のヒロインのように受け止めてしまう傾向の女性は特に要注意です。

不倫には終わった後にもまた繰り返してしまう中毒性のリスクがあると心にとめておきましょう。

 

年下既婚男性との恋を始める前に考えておくべきこと

気になる男性が年下の既婚者で、まだ具体的に恋が始まっていない又はまだ始まったばかりなのであれば、一度ここで立ち止まって考えておくべきことがあります。

まず、あなた自身の今後の人生について。結婚がしたいのかしたくないのか。子どもが欲しいのかどうかを考えましょう。不倫恋愛は稀に略奪婚につながることがありますが多くの場合、結婚にいたることはありません。それでも彼と恋愛がしたいでしょうか。

もし、このまま突き進むのであれば、どれくらいの期間、この恋を続けるのかの目途を決めておくのもひとつです。

あれこれ考えた結果、既婚で年下の彼のことがどうしても好きで、運命だと感じるのであれば、困ったときのために、別れさせ屋について知っておくのも良いでしょう。自分だけではどうにもならない関係を上手に動かしてくれるプロがいます。

まずは、後悔のないよう自分の気持ちと向き合っておくと先々でのトラブルを小さくすることができます。

 

見逃し厳禁!年下既婚男性の好意サインはコレ!

年下かつ既婚の男性の好意サインや脈あり行動についてご紹介し、彼の気持ちを本格的に盛り上げる方法についてもみてきました。

既婚者であっても年下であっても、男性は好意のある女性に対しては何かしらサインを送っています。見逃すことなくしっかりチェックして上手に恋につなげていきましょう。

不倫恋愛は、未婚女性側に大きなリスクがついています。どうしても好きという相手であっても、主導権はしっかり握ってあなた自身が幸せでいられるようコントロールすることが大切です。

大好きな年下の彼の行動を見極め、タイミングよく恋を進めてください。