離婚してでも一緒になりたい女の特徴は?既婚男性を決意させる心理学

離婚してでも一緒になりたい女の特徴は?既婚男性を決意させる心理学

不倫には大きく分けて二通りの結末が待っています。

一つ目が奥さんとの結婚生活を続けるという結末。もう一つが離婚して不倫相手と幸せになる結末です。

不倫相手の女性にとっては、もちろん後者を望みますよね。

それには男性にとって、あなたが「離婚してでも一緒になりたい女」にならなければいけません。

「離婚してでも一緒になりたい女」の特徴を見ていきましょう。

 

この記事を読む前に

不倫は「誰かしら不幸になるもの」

しかし、それを分かってはいても叶えたい恋というのはありますよね。
相手の状況によっては離婚させたほうが幸せになる場合だってあります。

そんな方は別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

⇒別れさせ屋の口コミを見る

既婚男性が離婚を戸惑うのはなぜ?

 

 

不倫する男性は少なくありませんが、実際に離婚をして恋人と一緒になる人はほとんどいないのが現実です。男性が離婚をしないのは、それだけリスクがあるからです。

まず男性が気にするのは、金銭的なところでしょう。不倫がバレると、妻から慰謝料を請求されます。離婚しなければ、不倫がバレても50~100万円程度ですが、離婚ともなれば200~300万円が相場とも。それに加えて財産分与なども発生し、場合によっては一文無しになることも考えられます。それほどの金額を払って、離婚するほどのメリットがあるでしょうか?

また不倫は世間からあまりいい目では見られません。自分の親や妻の親にはどのように報告したらいいでしょうか?会社の人からは何と言われるでしょうか?考えれば考えるほど、離婚が億劫になってきますね。

子供がいる場合は、なおのこと離婚がしづらいでしょう。たとえ妻に不満があったとしても、子供は可愛くてかけがえのない存在のはず。離婚した後に彼が子供を引き取ることだって考えられます。母親が親権を持ったとしても、養育費や今後子供と会う頻度など、話し合うことは山ほどあるでしょう子供がいる既婚男性は、離婚に相当な決断力を必要とします。

 

離婚して彼女と一緒になりたいと思う瞬間は?

 

 

それでも離婚して、彼女と一緒になろうと決意する男性はいます。離婚してでも彼女と一緒になりたいと思う瞬間は人それぞれです。

妻に対して不満が募った時かもしれませんし、今の生活に刺激がなくなった時かもしれません。結婚してすぐに嫌気がさす人もいれば、何年も連れ添ったにもかかわらず何かのきっかけで離婚を決意する人もいます。

どの場合にせよ、共通しているのは恋人であるあなたが、何かしらで妻を上回っていると男性が感じた時です。それは愛情かもしれませんし、性格かもしれません。あなたがいろいろなリスクを乗り越えてでも、「離婚してでも一緒になりたい女」になったときに、彼に離婚を決意させることができるはずですよ。

 

離婚してでも一緒になりたい女の5つの特徴!

 

 

「離婚してでも一緒になりたい女」にありがちな特徴を見ていきましょう。

少なくとも、美貌や若さだけでは彼と妻の築き上げてきた絆を引き裂くことは不可能だと思った方がいいかもしれません。彼が「一生そばにいてほしい」と感じる女性になりましょう。

そのためには内面や家庭的なテクニックを磨いていく必要がありますよ。

今回は5つの特徴を挙げていますが、どれかひとつが当てはまっていればいいというわけではありません。

既婚男性が離婚するというのは、相当高いハードルになりますので、すべての特徴を満たすような女性を目指しましょう。

 

メンタルが安定している女性

「奥さんといつ別れてくれるの!?」「離婚するって言ったじゃない!」なんて怒ったり、泣きわめく女性と一緒になりたいと思うでしょうか?彼が好きなあまり、一刻も早く離婚してほしいという気持ちはよく分かります。でも感情のコントロールがうまくない人と結婚しても、きっとうまくいきません。

離婚して夫婦になるということは、今後二人でいろいろな試練を乗り越えていくということです。楽しいことばかりではありません。そんな結婚生活を一緒に送りたいと思えるのは、やはりどんな時も冷静でメンタルの安定している女性なのです。

もちろん不安になったり、寂しくなったりすることもあるでしょう。そんな時も、感情に身を任せて怒るのではなく、冷静に自分の気持ちを伝えるように心がけましょう。メンタルが安定していないと、彼に「離婚してでも一緒になりたい女」とは思ってもらえませんよ。

 

いつも笑顔の女性

またいつも笑顔でいる女性は、「離婚してでも一緒になりたい女」として男性の心を癒す存在になります。

毎日一緒に過ごす妻は、どうしても笑顔でばかりはいられません。疲れた顔や、夫婦生活にイライラした顔も見せているはず。そんな時に、いつも笑顔のあなたと過ごす時間は、彼にとってかけがえのない時間になります。

疲れ切った表情や顔を見せる妻との対比で、あなたの笑顔がよりキラキラして見えるのです。そして「こんな女性とだったら、楽しい結婚生活を送れそうだな」と思うようになります。

特に家庭内で離婚の話をしている最中は、家が暗くなりがちです。あなたと過ごす時間だけは、楽しく癒しの時間を送りたいと思ってしまうのが男性の心理です。たとえ彼が妻との離婚に時間がかかっていても、笑顔で彼を癒すように心がけましょう。

 

価値観が一緒の女性

「離婚してでも一緒になりたい女」と思わせるには、自分が相手にとって「運命の相手」だと思わせる必要があります。あなたならどんな時に「運命の相手」だと感じますか?

好きなレストランが一緒だったり、趣味が同じだったりすると、親近感がわきますよね。そしてそんな「同じモノ」が多ければ多いほど、相手が運命の相手だと感じるのではないでしょうか?

物以外でも、育ってきた環境がそっくり、将来に描く未来設計が同じ、人生において大切に思っていることが共通している、そういった価値観が一緒ということは大切な問題です。

あなたが相手にとって「運命の相手」になりたいのであれば、彼の話を聞きだして共感できる話題を探しましょう。相手の話を否定してばかりでは「この人とは合わないな」と思われてしまいますよ。

 

優しい女性

不倫をしてしまう男性にありがちなケースとして、家庭に安らぎを感じられなくなってしまったのが原因ということも。

仕事で忙しくしている男性ならなおのこと、家に帰ってほっとした時間を過ごしたいと思うものです。そんな中、妻からは冷たくされ、家庭に居場所がないと感じると、他の女性に癒しを求めたくなってしまうのが男心。

そんな時に恋人であるあなたにできるのは、優しくて癒しの空間を提供してあげること。あなたが優しく彼を包み込んであげると、彼は癒しを感じられます。こんな女性と結婚したら、温かくて幸せな家庭を築けるに違いないと思うのです。彼をいつも尊敬し、優しく包んであげる存在でありたいですね。

 

色気のある女性

美貌だけでは足りないとお話ししましたが、もちろん外見も大事な要素です。内面だけではダメですし、外見だけでも足りません。両方を満たしていることが重要なのです。

結婚していると、どうしても普段のあられもない姿を見せることになります。ノーメイクで部屋着姿でダラダラしていたり、下着姿やすっぽんぽんの姿すら見慣れているかもしれません。

そんな時に、あなたが自分のためにオシャレしてくれるのを見ると、男性は嬉しくなるものです。あなたが男性と一緒にいる時は、恥じらいを捨てずに、いつでも美しく若々しい姿でいるように心がけましょう。若くて美人な女性は、彼にとっても「自分のものにしたい」と思えるものですよ。

 

既婚男性を後押しするためにできる3つのこと

 

 

とは言っても、既婚男性が離婚するのをただ待っているだけでは先に進みません。「離婚まであと一歩」というところまできたら、あなたが背中を押してあげるのも大切ですよ。

言葉ではなく、態度で彼の背中を押してあげる方法をご紹介します。ただしあまり時期が早いと、あなたの前から去ってしまう可能性も。時期を見極めたうえで、彼の背中を押してあげてくださいね。

 

期限を決める

彼が妻との離婚を決意できるよう、期限を設けましょう。あなたの人生のためにも、期限を設けることは必要です。

あなたはいつまで彼を待つことができますか?30歳まで?40歳まで?10年後などと長すぎるのはあまり効果がありません。少なくとも1~2年後に設定し、「〇〇歳までに離婚してくれなければ、あなたとは別れる」ということを冷静に伝えましょう。

感情的に言うのではなく、冷静に伝えるというのがポイントです。そして一度決めた期限は変えないようにしましょう。あなたが本気であるということが、彼に伝わらないからです。もしかしたらあなたにとっては辛い決断になるかもしれませんが、彼の覚悟を見たいのであれば、あなたも中途半端な気持ちではダメですよね。

 

家庭的な女性になる

次のポイントは「家庭的な女性になる」ということです。

彼の妻は既に家庭のことをしているはずです。掃除や洗濯、料理や片づけ、大抵の妻であれば一通りの家事はこなしているに違いありません。

一方、あなたはどうでしょうか?彼を満足させる程度の家事をこなすことができますか?「一緒にいたい」と思ってもらえるよう、一人の間に家事の腕を磨きましょう。家庭的な女性になれば、彼はあなたと「結婚して幸せな家庭を築きたい」と思うはずです。「私と結婚すれば、幸せな結婚生活を送ることができる」ということを、彼に理解させていきたいですね。

 

お金を貯めていざという時に備える

不倫をすることで、既婚男性だけでなくあなた自身もリスクを背負っていることを忘れないようにしましょう。男性は離婚をすることで、無一文になる可能性もあります。子供がいれば、慰謝料だけでなく養育費を払い続けなければいけません。あなた自身に慰謝料が請求されることだってあるのです。

彼が全財産を失ったときに、あなたは彼を支えてあげることができますか?「愛があれば何もいらない」と思うかもしれませんが、結婚して幸せな生活を送るためには、最低限のお金は必要なのです。お金があれば、彼と一緒に新しい場所で一からやり直すこともできるかもしれません。

お金を貯めておけば、いざという時にも安心ですね。彼も財産を失うことへの不安があるはずですが、あなたがお金を貯めてくれていると分かれば、安心して離婚話を進められるかもしれません。

 

まとめ

「離婚してでも一緒になりたい女」の特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたか?不倫はいけないことですが、男性の中には離婚して今の生活を捨てででも一緒になりたいと感じる女性はいるのです。それにはあなたと一緒にいることに、それだけの幸せを感じなければいけません。

彼に優しさと癒しを与え、彼にとって失いたくないかけがえのない存在になりましょう。もし彼が離婚を決意したにもかかわらず、なかなか相手と別れられないということであれば「別れさせ屋」というプロの助けを借りるのもひとつの手です。

あなたが幸せな未来を掴むことができるよう。相手としっかり話し合いながら進めていきましょう!