復縁したい

別居から復縁の兆しやきっかけが知りたい!

別居から復縁の兆しやきっかけが知りたい!

現在別居中でも、復縁を望んでいる人は少なくありません。

別居期間が少しずつ長くなってくると、「このまま離婚してしまうのではないか」と不安になることもあるでしょう。子供がいるなら、なおさら将来に不安を抱くはずです。

しかし、別居は悪いことだけではありません。離れてみて寂しさを感じたり、お互いの大切さを知ることができるため、険悪な状態で同居を続けるよりも、冷静になる時間を作れるのです。

離婚回避をするためには、別居状態から抜け出すきっかけを作らなければなりません。夫の立場で物事を考えることも必要ですし、別居中には注意をしておかなければならないことも存在します。

これらを知っておけば、きっと離婚回避をするヒントになるでしょう。ぜひ参考にして後悔のない選択をしてください。

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの復縁屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

この悩み、まずはプロの復縁屋M&M に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼復縁屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

 

別居状態から抜け出すためにはきっかけを作ろう

別居状態から抜け出すためにはきっかけを作ろう

別居状態が長く続けば、ますます修復が難しくなります。だからといって、十分な冷却期間を置かなければ、お互いの考えを整理することは困難でしょう。

適度なタイミングと、何らかのきっかけによって、簡単に元の生活に戻れることもあるのです。

別居状態だからこそ、将来の話をしよう

別居状態にあるからこそ、将来の話をしてみましょう。別居のきっかけは夫婦それぞれ異なりますが、「現在の事」しか考えていない場合が多い傾向にあります。

その時の自分の気持ちが抑えられなかったり、我慢が限界に達っしたために、今の状態になっているのではないでしょうか。

少し冷静になったタイミングで、子供のことや老後の生活などについて話してみましょう。

どちらも、自分一人で抱えるには大きな問題であるため、不安や寂しさを想像します。この不安や寂しさがきっかけとなって、復縁に至ることもあるのです。

「あなたを手放したら、一人で乗り越えられる問題なのか」を考えてもらいましょう。

お互いの役割を確認し、お互いの大切さを知る

お互いの役割を確認し、大切さを再確認することができれば、復縁のきっかけになる事があります。

別居すると、今までは折半で行っていた家事を、全て自分で行わなければならないため、お互いの大切さを知る良い機会になるのです。

食事の支度や掃除、ゴミ出し。自分が苦手だったり、任せていた家事が多い人、時間に余裕がない人は、早い時期にパートナーの大切さに気づくことになります。

さり気なく、「食事は摂ってる?」「洗濯はできてる?」と気遣う事で、復縁しやすい雰囲気を作ってあげましょう。

これがきっかけで、夫から復縁を申し出やすくなるはずです。

別居状態を受け入れ、夫が動くのを待ってみる

別居状態を受け入れ、夫が動くのを待ってみる

別居状態を受け入れて、夫が動くのを待つのもひとつの方法です。別居状態から抜け出すためには、何かしら「自分から行動をしなくては」という気持ちになってしまいます。

焦る気持ちは、さらに口数を増やし、殺気だった雰囲気になる可能性もあります。

しかし、妻がどっしりと構えて、事態を受け入れることで、夫はゆっくり考える時間を得られるのです。

妻からあれこれ言われたり、詮索されるのを嫌がって別居状態に至った場合も考えられるため、夫に冷却期間を与えてみましょう。

あなたが普段よく話すタイプであれば、夫はこの心配りに気付いたとき、復縁のきっかけになる可能性があります。

夫に、あなたと別の未来を生きるイメージをさせてみる

別居を機会に、あなたと別の未来を生きるイメージをさせてみても良いでしょう。寂しさを感じて、あなたとの関係を考え直すきっかけになる可能性があります。

少し勇気がいる方法ですが、「もしあなたと別れるしかなくなったら、どんな生き方をしたらいいかな」と呟いてみましょう。

単に距離を置いていただけの別居から、夫は「あなたという最大の理解者と別れて進む未来」を具体的に考えるようになるはずです。

不倫や浮気が原因で別居に至った場合には、効果が期待できないかもしれませんが、少なからず寂しさを感じた場合には、あなたと話し合う機会を望んでくるでしょう。

第三者に仲介してもらう

復縁を、第三者に仲介してもらうのも良いでしょう。2人だけで話し合うと、揉めたり、感情的になってしまう事があります。これらを避ける意味では、協力してくれる人がいれば助けを求めても良いのです。

仲介には、夫の身内が適任と言えるでしょう。夫のことを良く分かっていますし、もしあなたの話を聞かないような場合でも、身内の意見なら、多少なりとも耳を傾けるはずです。

他人からは言いにくいことでも、身内なら許される場合もあります。もし共通の友人に仲介してもらうときには、プライベートな問題であるため、絶対的な信頼を置いている人が望ましいでしょう。

別居から復縁の兆しやきっかけが知りたい!
別居から復縁の兆しやきっかけが知りたい!現在別居中でも、復縁を望んでいる人は少なくありません。 別居期間が少しずつ長くなってくると、「このまま離婚してしまうのではないか」...

別居中の夫が考えること

別居中の夫が考えること

別居中の夫も、あなたと同じように将来を考え、思い悩んでいるかもしれません。

復縁するためには、夫の立場や、不安、考えている事を理解しておく必要があります。一般的なパターンを参考にして、今後の対策を練りましょう。

寂しい気持ちになり、別居を後悔している

夫は、別居によって寂しい気持ちになり、後悔している可能性があります。これは良い兆候で、夫が改めてあなたの大切さに気付いたなら、関係を修復できるきっかけになるからです。

特に、家事分担の有り難みが分かっただけではなく、「寂しい」という感情がある場合には、その後の結婚生活もうまく行くことが多いでしょう。

一方で、「あなたがいないと不便だ」という意味で別居を後悔しているなら、復縁してもうまくいかない可能性があります。

よって夫から復縁を提案された場合には、単に「不便だから復縁をする」のか「感情」が含まれた復縁かどうかを、よく観察しましょう。

別居生活が快適で、このまま離婚を望んでいる

いざ別居を始めたら、夫婦離れた生活が快適で、夫が離婚を望んでいる場合もあります。夫に想いを寄せる女性がいたり、身の周りの世話を焼いてくれる人がいる場合には、復縁は難しいでしょう。

夫によっては、自分の身の周りの事を難なくこなせる場合もあり、あれこれ口を出す妻がいない方が楽だと考えていることもあります。

この場合には、お互いの家よりも外で会う事を提案してみましょう。

あなたが夫の居心地の良い場所にいきなり踏み込むことは避け、まずは夫に「仕事の延長」という気持ちで会ってもらう事をおすすめします。

徐々に時間を増やしたり、距離を縮めるように努めましょう。

嫁と離婚して男が後悔したこと7選!後悔する理由や体験談「もう顔も見たくない」と思って離婚したのに、元嫁との離婚を後悔する男性は少なくありません。反対に離婚したことで、毎日が楽しくなったという...

別居中に注意すべきこと

別居中に注意すべきこと

別居中といえども、法律上夫婦関係は継続しています。あなたに復縁の気持ちがあればなおさら、「話し合う前に、離婚された」という事態は避けなければなりません。

どのような点に注意すべきかを、一つずつチェックしていきましょう。

別居中でも、お互いの住まいや連絡先は分かるようにしておこう

別居していても、住まい、連絡先は明らかにしておきましょう。可能であれば、別居の理由や目的を記した合意書を作成しておく方がベターです。

夫婦には同居義務が法律で定められています。一方的に別居をスタートさせると、同居義務違反という事になるのです。

不倫や暴力行為があった場合、双方が納得した上での別居は、同居義務違反には当たりません。

夫に別居を強要されてしまった場合でも、別居後にあなたの意思表示を文書で残しておいた方が良いでしょう。賃貸住宅の場合、勝手に住居を解約されてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

別居に至った原因をハッキリしておこう

別居するためには、別居に至った原因をハッキリしておきましょう。別居には、正当な理由が必要になり、民法の「夫婦の協力扶助義務」に違反しないよう配慮する必要があるからです。

多くの別居は、夫婦関係が冷めたり、性格の不一致などが理由であるため、第三者(裁判所)によって別居に正当な理由があるかを判断されることになります。この際、「夫婦の協力扶助義務」を満たしていれば、違法な別居にはあたらないのです。

つまりは、夫婦が同程度の生活を営むことができるよう、生活にかかる費用をお互いが協力して支払う必要があるため、子供がいる場合は、非常に心強い制度だと言えるでしょう。

離婚届の不受理の申出をしておこう

別居を決心しても、離婚を考えていない場合には、離婚届の不受理申出を出しておきましょう。離婚届の不受理申出を出しておけば、たとえ夫が離婚届を出すことがあっても、受理されることはありません。

協議離婚届は、夫婦に離婚の意思を確認する手続きがなく、書面が整っていれば受理されてしまいます。

勝手に離婚届を作成、提出したことは違法と認められても、戸籍を戻すためには、調停や訴訟を起こさなくてはならないため、手間がかかるのです。

離婚届の不受理申出は、あらかじめ本籍地の役所で手続きを行います。夫がどこで離婚届を出そうとも、受理されることはありません。

別居中に財産を処分されないよう注意しよう

別居中には、財産を処分されないよう注意しましょう。処分されたり、使われたお金を後々回収することは、難しい場合がほとんどです。

事前に持ち出しておくのがベストですが、不可能であれば、コピーをとったり、証明になるものを用意しておきましょう。

弁護士に相談できる環境であれば、家庭裁判所から財産を処分しないよう命令を出してもらうこともできます。

しかし、弁護士や裁判所などの手を借りる事態になると、復縁しようという気持ちにはなれないことがほとんどです。

穏便に別居生活を送るためには、備えをしつつも、夫とコミュニケーションが取れる状態にしておきましょう。

固有財産は持ち出しておいても良い

別居を決意したら、固有財産は持ち出しておくことをおすすめします。トラブルを防ぐためにも、可能であれば、夫の了承を得て持ち出しましょう。

  • 自分が働いたお金で購入したもの
  • 贈与を受けたもの

これらは固有財産ということができます。しかし、現在夫が占有しているものである場合、黙って持ち出すと「窃盗罪」に該当する可能性があります。

夫に必要なものではなく、明らかに自分の物である場合に限って、「別居からの離婚」に備えることも必要です。

持ち出しをする場合、勝手に家に出入りすると住居侵入罪になる恐れがあるため、夫に了承を得て家に戻るようにしましょう。

奥さんから慰謝料請求を減額する方法!不倫・略奪する前に知っておくべき基礎知識真剣に交際している男性が既婚者である場合、気になるのは男性の配偶者に自分との恋愛がバレてしまったときのことです。 配偶者の状況や性...

別居から復縁までの道のり

別居から復縁までの道のり

別居から復縁までに至るまでは、夫婦によって抱える問題や温度差がさまざまであるため、それぞれ辿る過程も異なります。

一般的に以下のような手順を踏んで復縁を試みると良いでしょう。あなたの「離婚したくない」という気持ちが分かれば、きっと真摯に向き合ってくれるはずです。

まずはお互いに話ができる状態にする

気まずい状態で別居を始めた場合には、お互いが思っていることを話せる状態まで戻れるよう努めましょう。

どちらかに「別れたい」という気持ちがある場合、突然復縁を望んでも、うまくいかないことがほとんどです。

焦る気持ちはぐっと堪えて、じわじわ夫との距離を縮めるようにしましょう。決してしつこくはせず、夫が必要なタイミングで顔を出すようにします。

しかし状態が改善しても、しばらくは復縁の話題がメインになることは避けるようにした方がベターです。改善に向かったのであれば、自然なタイミングで夫から復縁を求めてくるでしょう。

さまざまな角度からアプローチを試みる

スムーズに話をできる状態に戻れたら、さまざまな角度からアプローチすることを意識しましょう。「復縁」や「離婚」といった直接的な言葉は用いず、間接的に将来を想像させるというテクニックです。

  • 子供の成長を話題に出してみる
  • 一緒にいることを前提に将来の話をしてみる

ということをしてみましょう。

復縁することができたなら、どのような未来になるのか、どのような楽しみがあるのかということを夫に想像してもらうのです。

夫の気持ちが離婚に傾いていた場合には、思った以上に時間がかかることが考えられますが、子供の成長同様、焦らず、丁寧にアプローチすることを心がけましょう。

離婚することのデメリットを知ってもらう

夫の気持ちが復縁に傾いてきたら、離婚することのデメリットを知ってもらいましょう。

長い結婚生活には、トラブルや揉め事はつきものです。デメリットを知る事で、多少の困難には目をつぶり、「やはり復縁しよう」と意思を固めさせる狙いです。

具体的には、

  • 離婚をしてお互いが年を取ったらどうなるのか
  • 子供が結婚する時にどう思うのか

お金の問題や心配事を軸に話題にしてみましょう。

しつこい説得は慎みながらも、付かず離れずの距離で、時間をかけて夫婦の意見を擦り合わせることが必要です。夫を思いやる気持ちを忘れず、話を進めましょう。

離婚寸前の別居状態から復縁し関係修復する方法は?結婚生活がうまくいかず、冷却期間として別居という選択肢を選ぶ夫婦は珍しくありません。でも別居した後に離婚するのか、それとも復縁するのかは...

別居からの復縁は、お互いの話し合う姿勢が大切

別居中は、お互いの生活が見えないため、同居していた時よりも不安に感じる事が多くなるでしょう。

お互いに考えていることが分からない状況であるため、適度な距離を保ちつつ、コミュニケーションを取る必要があります。

たとえあなたに離婚の意思がなくても、別居と同時に、万が一に備えた別居理由や財産について把握しておくと良いでしょう。

復縁するためには、焦らず時間をかけて、夫と話し合う時間を増やしましょう。

今は苦しくても、時を重ねて、今回の別居が「夫婦の絆を深めるきっかけになったね」と笑える日が来るかもしれませんよ。

絶対に復縁したいあなたへ!復縁屋オススメ3選

【1位】復縁屋M&M
第一位は復縁屋M&M。
復縁屋M&Mは依頼者の声に耳を傾け続けて業界では先駆けて「お試しプラン」を導入しています。 また、安心安全の返金制度や分割工作制度も整えているだけでなく、徹底的な自社スカウト及び試験、研修によるスタッフの質向上に力を入れているのも特徴です。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 30万~

LINEで相談公式ページ

【2位】リライアブル
復縁屋リライアブルは、数少ない工作実働回数を保証している別れさせ屋。
確実な工作が出来る土台を整えているだけでなく、成功率の高い紳士的な提案をする体制を貫いており、 楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得しています。
オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 40万~

LINEで相談公式ページ

【3位】フィネス

成果別報酬制度を導入。案件進捗状況が分かりやすいのが特徴。手厚い顧客フォローにも定評があり、例え単発工作プランであっても、電話やLINEでの相談回数に制限がありません。実働回数型の復縁屋のため、冷却期間が必要な案件でも柔軟に対応可能です。

オススメ
お試しプラン 有り
返金制度 有り
最低着手金 45万~

LINEで相談公式ページ