Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

元嫁と復縁したい!元妻とヨリを戻す復縁方法をまとめてみました

元嫁と復縁したい!元妻とヨリを戻す復縁方法をまとめてみました

日本では数多くの離婚が起きていますが、その中には改めて離婚を後悔してしまった方もいるのではないでしょうか。
しかし、一度別れた嫁と復縁するのは至難の技。
そこで、今回はもう一度元嫁と復縁したい方がどうすればいいのかということについて紹介します。

復縁の可能性がある後悔する離婚とは


性格の不一致や家庭内暴力など、どうしても相手と別れたい方にとって離婚は最善の手。
しかし、中には別の理由で別れてしまった方もいます。
そのような方の中には、離婚そのものを間違ってしまったと後悔している場合も。
一体どのようなケースなのか、見ていきましょう。

1.相手に無理やり離婚させられた

自分は嫁のことが好きだったにも関わらず、相手の思いに押されて離婚。
このようなケースは、男性にとって辛いことです。
もちろん相手の思いは様々ありますが、誤解が原因であれば非常に勿体無いこと。

もし自分に責任がある場合は、相手にこれまでの自分とは違うということを伝えてみましょう。
相手の見方が変わるかもしれません。

2.子供と会えなくなった

離婚する上では、どちらに親権があるのかも考えなくてはなりません。
もし親権が元嫁にある場合、男性はなかなか会えなくなってしまいます。
毎日子供の笑顔を見られたのに、いきなり見られなくなるのは悲しいですよね。

3.孤独感に襲われる

結婚生活が長ければ長いほど、離婚した際の孤独感が強いです。
孤独感自体は男女ともに襲われるものであり、元嫁も孤独感に苛まれているかもしれません。
もしそういった状況が互いに続いているのならば、復縁するチャンスがあります。

4.周囲の目が怖い

今の日本では、まだ「結婚して当たり前」という社会。
自分たちで離婚することを決めたとしても、周囲から「勿体無い」「何やってんの?」など責められる恐れも。
少しだけなら平気かもしれませんが、よく言われてしまうと自然に離婚したことの後悔が生まれてしまいます。

5.経済的・時間的余裕が無くなった

結婚していた当初は、お互いに働いたり休んだりすることで生活をある程度有意義なものにできたことでしょう。
しかし、離婚してしまうと金銭面でも時間面でも追われる日々に。
男性の場合は、元嫁に慰謝料や養育費を払うケースもあります。
そういった状況だと、結婚していた時と比べて経済的な余裕が無くなってしまいます。

6,好きな人が見つからない

離婚後、新たなパートナーを探すために婚活を始める男性もいます。
しかし、元嫁と比較するとあまり好きになれない女性しか会えない場合は、後悔してしまうことも。
一度離婚することで、結婚時には見えなかった元嫁の良さが見つかり、復縁を望むようになります。

元嫁と復縁は可能なのか


もし上記のような項目に当てはまるのならば、復縁してみることを考えてみましょう。
元嫁との復縁は不可能ではありません。
しっかりと相手のことを考えたり、自分の性格を直したりすることで元嫁が戻ってくることがあります。

復縁方法その1.冷却期間を設ける

離婚してすぐに元嫁にアタックしても、復縁できる可能性は低いです。
まずはジッと我慢して、ある程度の冷却期間を設けましょう。
冷却期間とは元嫁に会わない時期のことであり、別居期間とほぼ同じ。
ある程度会わない機会を設けることにより、元嫁の気持ちや自分の気持ちをじっくり考えられます。
この中で、自分が気づかなかった元嫁の良さや、自分に対しての不満店を見つけられるかもしれません。

冷却期間は人それぞれ

具体的な冷却期間はお互いの関係によって変わるものであり、はっきりと言えません。
協議離婚といったお互いに話し合って離婚したのであれば、数ヶ月で復縁できます。

しかし、家庭内暴力や浮気が原因で離婚した場合は数年かかってしまうことも。
冷却期間を終えるタイミングが、お互いのピリピリとした関係が感じられなくなったときがいいでしょう。
もし相手から連絡が来たのならば、冷却期間を辞めてもいい大きな目印です。

復縁方法その2.子供を手厚くサポートする

親権が元嫁にあるのならば、精一杯子供のサポートをしてあげましょう。
シングルマザーの子育ては大変であり、仕事や家事に追われて子供の様子をなかなか見てあげられません。

そんな時に、男性が支えてあげるのがおすすめ。
支えてあげることにより、子供の生活や将来性を考えた上で復縁できる可能性が高まります。
仕事が忙しくて会いに行けない場合は、金銭面でサポートしましょう。
ただし、金銭面ばかりになると好印象になりにくいです。

復縁方法その3.自分が変わった姿をしっかり伝える

元嫁と復縁したいという気持ちの前に、まずはなぜ離婚に至ったのかを考えてみましょう。
理由の中には、男性側が問題で別れてしまったというケースもあります。
もしそうであれば、早速改善してみることが大切。

例えば子供の面倒を見てこなかったのであれば、子供を喜ばせるような行動をしてみましょう。
酒癖や浮気癖が原因ならば、原因を断って仕事に励みましょう。
これまでの生活を改善することで、新たな自分に変われます。
変わった姿で再度元嫁にアタックしてみると、思っていた以上にあっさりと復縁できる可能性が高まります。
もちろん、外見を磨くだけでも効果がありますよ。

復縁を目指す上でしてはいけないこと

復縁する上でしてはダメなこと
どれだけ復縁しようとしても、うまくいかない男性もいます。
失敗している理由の中には、復縁を目指す上でNGなことをしている場合も。
復縁したい男性がしてはいけないこととして、主に3つあります。

1.自分から一方的に連絡しない

どれだけ元嫁と復縁したくても、相手が望んでいなければ、意味がありません。
そのことを考えずに何度もアタックしても、さらに嫌われることに。
特に男性側が原因であるにも関わらず、元嫁に直して欲しいところを指摘するのは、ほぼ復縁することは不可能です。

アタックするのであれば、さりげなくするのが最適。
いきなりストレートに復縁を求めるのではなく、子供の話や近況報告などをメインに連絡してみましょう。
もちろん、頻繁に送るのもNGです。
時間をかけて連絡することで、相手から連絡をくれるようになります。
そうなれば、復縁のチャンスも近くなりますよ。

2.とりあえずアタックしてみる

復縁を望む際には、「なぜヨリを戻したいのか」という問いに対する答えが必要。
しかし、「さみしいから」「金銭面的に辛いから」といった理由では成功しません。
なぜなら、復縁したい理由としてはあまりにも軽すぎるからです。

すぐにアタックするのではなく、一旦自分で離婚した理由を探ってみましょう。
復縁をしたいという思いを伝える上で大切なポイントが秘められています。
ここで考えるべき点は、相手の気持ちに立って考えるということ。
「もし元嫁の気持ちになった上で、こんなことされたらどんな思いを受けるだろうか」
この気持ちを持って振り返ることで、元嫁の深層心理が見えてきます。
その際に見えた思いを解釈し、反省したことも踏まえて伝えることで、相手に自分が変わったというところをアピールできます。

3.何も変わっていない

復縁する上では、男性の内面と外見の変化が求められます。
離婚直前と何も変わっていないようであれば、相手の気持ちも変わりません。
復縁を望むのであれば、まずは時間をかけてこれまでの自分から脱却してみましょう。
そうすることで、相手の見方も大きく変わります。

どうしても復縁できないときの方法

どうしても復縁したい
ここまで復縁するための方法や、NG行為などを紹介しました。
しかし、中には元嫁の連絡先を知らなかったり、何度やっても失敗したりしてしまう男性もいるのではないでしょうか。
どうしても復縁したいのにできない場合は、復縁屋に頼んでみるという方法が残っています。

復縁屋とは

復縁屋とは、ターゲットと依頼者の縁を戻すために工作を行う業者のこと。
主に探偵会社が請け負っており、事前調査をもとに調査員がターゲットに接触。
できる限り自然な形で復縁を実現させます。

復縁屋を選ぶ上でのコツ

復縁屋を選ぶ上で、押さえておきたいコツは2つ。
このコツを押さえておくことで、自分に合った業者を見つけやすくなります。

1.探偵会社の復縁屋を選ぶこと

復縁屋全てが探偵会社というわけではなく、中には調査業の届け出をしていない業者も。
しかし、工作の質が探偵会社よりも劣る場合があります。
復縁屋を探す際には、まず探偵会社が行なっているかをチェックしましょう。

2.お試しができること

復縁屋はあまり世間的に有名な業者ではなく、情報量も少ないです。
もしどんなことをしてもらえるのか分からないのであれば、お試しができる復縁屋に依頼してみましょう。
お試しということもあり、どのように作業してもらえるのか確認できます。

3.口コミを調べること

復縁屋を選ぶ際には口コミや評判を参考にしたり、実際にどういった実績や強みがあるのかを入念に調べておくことで、復縁屋に依頼した際の成功率がかなり変わってきます。
そのためにも、復縁屋・復縁工作の口コミ評判をおすすめランキングで比較復縁屋・復縁工作の費用料金相場を確認しながら、慎重に選んでいきましょう。